1316411 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2016.12.28
XML

※BGMと共にお楽しみください。

桂の姿が見えた途端、歳三は座っていた椅子から立ち上がって彼を睨みつけた。

「高杉、これは一体どういうことだ?」
「落ち着けよ、桂。今日お前を呼んだのは、これから大事な話をするためだとさっき言っただろう?」
晋作はそう言うと桂の肩を軽く叩き、彼に座るように目配せした。
「それで、大事な話とは何だ?」
「次に“時空の扉”が開くのは二週間後の大晦日だと言う事は、確かだな?」
「ああ。それがどうかしたのか?」
「実はその日に、俺は大きな花火を打ち上げようと思うんだ。」
「大きな花火だと?お前、まさか江戸で英国公使館を焼き討ちしたような事と同じ事をしようとしているのか?」
「ご名答。」
晋作はグラスに注がれた水を一気に飲み干すと、そう言って桂に向かって笑った。
「てめぇ、誰かと思ったら大樹公が御上洛した際に野次を飛ばした奴だな?何処かで会ったことがあると思ったぜ。」
歳三はそう言うと、晋作を睨んだ。
「野次を飛ばすも何も、俺は当たり前のことを言っただけさ。」
「この野郎・・」
歳三が拳を固めて晋作を殴りつけようとした時、総司が彼の手を掴んで制した。
「土方さん、暴力はいけません。」
「だが総司、こいつは国賊だぞ!」
「おいおい、国賊とは聞き捨てならねぇな。俺達はこの国の為に俺達のやり方で幕府の腰抜け外交に対して抗議しているだけの事だ。」
「抗議、ねぇ・・京で要人を闇討ちしてその首を三条河原に晒したり、横浜で異人を斬り殺したりするのがお前達のやり方か?そんな事だから、禁門の変でお前達の仲間は天王山で無様な死に方をしたんだったな。」
歳三の挑発に晋作は乗らなかったが、彼は気分を害したようで晋作の眉間には深い皺が寄っていた。
「まぁ、その話はおいといて、まずは飯にするか。ここの飯屋は自分で飯を取りに行く形式なんだとさ。」
晋作はさっと椅子から立ち上がると、料理が並んでいるテーブルの方へと向かった。
「千君、貴方はあの人と一体どういう関係なんですか?」
「話せば長くなりますが、高杉さんは根っからの悪人ではないと思います。ちょっと傲慢で無鉄砲なところがありますけど。」
「あいつは昔からそうだ。松下村塾に居た頃、あいつにどれだけ迷惑を掛けられたか・・」
桂はそう言って溜息を吐くと、グラスの中の水を一口飲んだ。
「俺ぁ、あいつみたいな奴は大嫌いだ。桂、お前ぇもな。」
「そうかい、それは残念だね。」
「総司、千、俺達も飯を取りに行くか。」
歳三達が晋作と入れ違いに料理を取りに行くと、そこには色とりどりの料理が並んでいた。
「何だかどれを食べたらいいのか、迷っちゃいますね。」
「ああ。総司、腹の子の為にしっかり食べろよ?」
「はい。」
「腹の子って・・沖田さん、まさか妊娠していらっしゃるんですか?」
「はい。一度目はあんな事があってもう妊娠はできないと思ったんですけれど、神様がわたしの為に贈り物を授けてくださったのですね、きっと。」
「沖田さん、お腹を触ってもいいですか?」
「いいですよ。」
千がそっと総司の下腹に触れると、そこには小さな命が宿っている温かさを感じた。
「元気な赤ちゃんを産んでくださいね。」
「有難う、千君。さてと、そろそろ戻りましょうか?」
「ええ。」
総司達が料理を載せた皿を持って自分達の席へと戻ろうとした時、突然グラスが割れる甲高い音が店内に響いた。
「ふざけるな!」
桂は怒りで頬を赤く染めながら旧友に向かってそう怒鳴ると、彼の顔を拳で殴った。
「落ち着けよ、桂。話はまだ終わってねぇぞ。」
「お前とこれ以上話す事などない!」

この作品の目次はコチラです。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2016.12.28 17:19:32
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

The Hunger Games … New! カエドンさん

四十七人の刺客 New! おいら♪♪さん

コロの散歩と高齢者… New! クレオパトラ22世さん

夕食は、ガーリック… New! friendly0205さん

科捜研の女19 2… New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1427)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(195)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.