1318213 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2018.09.05
XML
それから、千と桂小五郎は、事件現場となった置屋の中に、真犯人に繋がる証拠を探していたのだが、何も出てこなかった。

「諦めた方がいいようですね。」
「そうだな。」

桂がそう言って一歩後ろに下がった時、彼は何かを踏んだ。
「桂さん、大丈夫ですか?」
「ああ。それよりもこれは一体何だ?」
桂が千に見せたものは、櫛の欠片のようなものだった。
千はそれを懐紙に包んで懐にしまった。
「明日、荻野さんに櫛の欠片を見せようと思います。もしかしたら、櫛の欠片が真犯人に繋がる証拠かもしれませんし・・」
「わかった。また会おう。」
桂と置屋の前で別れた千は、そのまま屯所へと戻った。
一方、牢にいる千尋は、何かが天井を這っている音が聞こえて目を覚ました。
「荻野さん。」
「山崎さん・・」
千尋が上を見上げると、そこには忍装束姿の山崎の姿があった。
「山崎さん、どうしてここへ?」
「副長から荻野さんの様子を見てくるよう命じられました。奉行所では何もされませんでしたか?」
「ええ。山崎さん、副長にわたしの事は心配いらないとお伝えください。」
「わかりました。沖田さんですが、今のところ容態は安定しています。」
「そうですか。何か精のつく物を食べさせてあげてください。」
「わかりました、副長にお伝えします。」

山崎はそう言うと、闇の中へと消えていった。

屯所の離れでは、総司が苦しそうに布団の中で咳込んでいた。

「総司、俺だ、入るぞ。」
「土方さん、お仕事はもうよろしいのですか?」
「ああ、さっき一段落ついたところだ。それよりも総司、お前また痩せたな。」
そう言って歳三は、総司の少し細くなった肩を見て悲しそうな表情を浮かべた。
「大丈夫ですよ。山崎さんが煎じてくれた薬湯を飲んだら少し良くなりましたから。」
「そうか・・」
「安心してください、土方さん。わたしはまだ、貴方を置いて逝ったりはしませんよ。」

総司はそう言うと、優しい光を帯びた翠の瞳で歳三を見つめ、彼に優しく微笑んだ。

「そうだな・・そうだよな・・」

―神様、わたしはまだ貴方の元へは逝けません。どうか、暫くの間わたしを、愛する人の傍に居させてください、お願いします。

季節は、秋から冬へと移り変わっていった。

寒い日が続き、牢に囚われている千尋の体力は、徐々に奪われていった。

そんな中、牢番が千尋の様子を見に行くと、彼が牢の隅でぐったりしていることに牢番は気づき、慌てて牢の中へと入った。

「おい、大丈夫か!?」

牢番がそう言って千尋の額に手を当てると、そこは燃えるように熱かった。

「誰か医者を呼べ!」

小説の目次はコチラです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2018.09.05 17:35:35
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

ようやく冬休み。 New! わかつきひかるさん

12月16日 記事… New! 紅子08さん

みがわりに New! ruka126053さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

アバウト・ア・ボーイ New! おいら♪♪さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:腱鞘炎と創作活動。(12/15) New! クレオパトラ22世さんへ そうですね、…
クレオパトラ22世@ Re:腱鞘炎と創作活動。(12/15) New! 腱鞘炎は長引くと厄介なので、無理をしな…
千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1428)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(197)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(13)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.