1316207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2018.11.10
XML
「薄井さん、どうして貴方がここに?沖田さんは何処です?」
「久しぶりだね、千君。君達には我々とある場所へと来て貰おう。」

有無を言わさず、薄井は千の背中に銃を突きつけ、目隠しをされてある場所へと彼は総司と共に連れて行かれた。

「もう目隠しを取ってもいいぞ。」
「はい、薄井様。」
部下らしき男の声が聞こえ、目隠しを外された千は、自分が船底に居ることに気づいた。
「ここは何処ですか?」
「ここは英国海軍の船だ。わたしはある人物から依頼を受け、君と沖田さんをここまで連れて行くように命じられた。あぁ、もう来たようだ。」
コツン、という靴音が響き、薄井達の前に軍服姿の男が現れた。
「マッケンジー大尉、二人をお連れしました。」
「ご苦労。この子が、未来が見える少年なのかね?」
マッケンジー大尉の金の瞳が、怯える千の姿を捉えた。
「ええ。必ずや閣下のお力になれる事でしょう。」
「その少年とあちらのご婦人を船室へ案内しなさい。彼らは捕虜ではない、ウスイ。客人は客人として丁重にもてなさねば。」
マッケンジー大尉によって案内された船室は、寝心地が良いベッドが二台置かれていた。
「沖田さん、大丈夫ですか?」
「ええ。それよりも千君、あの人達は一体何者なんでしょうね?」
「さぁ・・ですが、わたし達の居場所を土方さん達に早く知らせないと・・」
「そうしたいのはやまやまですが、連絡手段がありませんからね。」
千はそう言うと、薄井達によって屯所から連れ出された時に隠し持っていたスマートフォンを懐から取り出した。
液晶画面には、当然ながら“圏外”と表示されていた。
「これ、遠くの人に連絡できる魔法の箱ですよね?」
「ええ。ですがこれを使うには電波が必要です。ここでは電気自体存在しないので使えませんね。」
「そうですか、それは残念ですね。」
二人がそんな話をしていると、廊下の方から船室へと近づいて来る足音に千は気づき、素早くスマホを懐に隠し、ベッドに横になった。
『食事を持って来た。』
『有難うございます。そちらへ置いておいてください。』
マッケンジー大尉と同じ軍服姿の男達はジロジロと千と総司を見た後、船室から出て行った。

(何とかして、ここから脱出しないと!)

一方、襲撃を受けた屯所では、山崎が負傷者の治療に当たっていた。

「山崎、千と総司を見なかったか?」
「いいえ。先ほど斎藤さんと一緒に二人を探しましたが、何処にも居ませんでした。」
「そうか。」
「副長、総司の部屋にこのような文が置かれていました。」
「寄越せ、斎藤。」

斎藤から謎の文を受け取った歳三の眉間の皺が徐々に深くなっていった。

『お前達の大切な宝は預かった。返して欲しくばこの場所まで来い。』

「副長?」
「斎藤、後はお前に任せる。近藤さんに俺は暫く留守にすると伝えろ。」
「承知しました。」

夜明け前、歳三は屯所から出てある場所へと向かった。

そこはかつて、新選組が屯所として使っていた八木邸の前だった。

この小説の目次はコチラです。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2018.11.12 10:08:51
コメント(2) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

夕食は、ガーリック… New! friendly0205さん

科捜研の女19 2… New! みつき2733さん

海外通販でストール… New! romance_holicさん

12月13日 記事… New! 紅子08さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) 株式会社SEES.iiさんへ まだ進撃の巨人30…
株式会社SEES.ii@ Re:一輪花 幕末編 「黒猫」(十二)(12/13) こんばんわ。 進撃のキャラと時代背景の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1427)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(195)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(12)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.