1308096 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2019.02.19
XML
歳三に会わせろと言ってきている男は、大坂の呉服問屋の主で、何でも注文していた着物の代金を歳三が踏み倒した為、その取り立てに来たのだという。

「失礼ですが、貴方のお名前をお聞かせ願えませんでしょうか?」
「わたしは梅澤屋の宗介と申します。」
「梅澤様ですね。大変申し訳ございませんが、副長はただいま外出しておりますので、こちらにお名前とご住所をご記名頂けないでしょうか?」

千尋はそう言うと、懐紙と筆、硯を男に手渡した。

「ありがとう。ほな、後で土方さんによう伝えてくれへんか。早う着物の代金払うてくれへんと、商売上がったりやとな。」

はじめは語気が荒く喧嘩腰な口調で話していた梅澤翁は、千尋に自分の氏名と住所を記した懐紙を手渡した時には、穏やかな笑みを浮かべていた。

「後日副長にわたくしが伺って参りますので、数日お時間を頂けませんでしょうか?」
「構わんわ。わたしは三条の白松屋という旅籠におりますよって、土方さんに連絡取れたら文を送ってくんなはれ。文を受け取り次第こちらにまた伺いますよって。」
「承りました。」

梅澤翁を屯所の門前まで送った後、千尋はすぐさま副長室へと向かった。

「副長、荻野です。今よろしいでしょうか?」
「少し待て。」

暫くすると、歳三が副長室の襖を開け、千尋を中へと招き入れた。

千尋は歳三に梅澤翁の氏名と住所が書かれた懐紙を手渡しながら、梅澤翁が話していた事を彼に伝えた。

「着物か。確か二月前に姉貴の為に注文していたのを忙しくてすっかり忘れちまってた。お前が居てくれて助かった。」
「いいえ、滅相もございません。梅澤様は三条の白松屋という旅籠に滞在されております。」
「後で俺が白松屋に文を使いの者に寄越しておこう。」
「わかりました。ではわたくしはこれで失礼いたします。」

千尋が副長室から出ると、中庭の茂みの方で誰かが言い争う声が聞こえた。

「一体どういう事だ、これは!?」
「それはわたしにもわかりませんよ。それよりも平田さん、そんなに大声を出さないでください、誰かに聞こえでもしたらどうするのですか?」

そう言って男を窘(たしな)める天童は、何処か醒めた目をしていた。

「誰も聞いていないさ。それにしても天童、よくあの土方の隠し子だと嘘を吐いてここへ潜入できたな?」
「土方には女の噂が絶えないと知っていましたし、江戸で少し情報収集しましたからね。まぁ、子供のふりをして土方の事を父上と呼ぶのは反吐が出ましたけれど。」

この作品の目次はコチラです。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.02.19 00:00:26
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:双つの鏡] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

松屋でメルペイ♪ ネ… New! 「ねえさん」さん

安藤記念教会、ガウ… New! friendly0205さん

12月6日 記事更… New! 紅子08さん

リサ・ヴァルデスの… New! romance_holicさん

意外に「ほっ……」と… New! みつき2733さん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) New! クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) New! 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(196)

グルメ

(502)

読書記録

(1422)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(194)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(0)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(4)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.