1848520 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

November 16, 2019
XML



素材はNEO HIMEISM 様からお借りしております。


「火宵の月」オメガバースパラレルです。

詳しい設定についてはコチラのページをご覧ください。

苦手な方はご注意ください。

火月と禍蛇が暮らしている家は、同じ児童養護施設出身の者達が暮らしているシェアハウスだった。

バース性に対する差別を法律上では禁止されているものの、未だにバース性の差別は社会に蔓延っており、Ωの子供達は親から虐待を受けたり、捨てられたりして児童養護施設に引き取られた。
二人は共にΩで、彼女達は16歳の誕生日を迎えて施設から出た後、このシェアハウスで暮らし始めた。
このシェアハウスでは男女共にΩが多く、そのほかにβの男女が数人と、合計20人が共同生活を送っている。
「他の皆は帰ってないの?」
「うん。ねぇ火月、学校で何かあったの?俺にだけは隠さないでちゃんと話してよ。」
「実はね・・」
火月は親友に、学校で起きたことを話した。
「何だよそいつ、腹立つな!Ωには何してもいいっていうのか?」
「僕が悪いんだよ、番が居ないから。禍蛇はいいよね、番が居て。」
「あぁ、琥龍のこと?あいつ俺の番の癖に、この前俺とデート中なのにもかかわらずあいつ、βの女を見かけたらナンパしてるんだぜ、俺の前で堂々と!まぁ、後でシメてやったけどな。」
禍蛇の番である琥龍とは同じ施設仲間で、彼は事情があって親から捨てられたαだった。
主に貴族や政治家、資産家などの特権階級出身のαだが、家督争いや遺産相続などの「お家騒動」に巻き込まれ、施設に預けられたりするαの子供が稀に存在している。

琥龍も、そんなαの一人だった。

彼の実家は戦前華族であったが、戦後すぐに没落の憂き目に遭い、それから日本では有名な財閥の一つとして国内外でも知られている。
「あいつ、俺と番になって結婚する気あるのかな?まぁ、あいつはαだから、色々と縁談が来ているんだろうけど。」
「番が居るのと居ないのとでは大違いだよ。禍蛇は羨ましいよ、琥龍から愛されているんだもん。」
「火月も番を探せばいいじゃん。そうすれば襲われなくなるかもよ?」
「僕はいい。僕みたいなΩを欲しがる人なんて居ないもん。」
「そんなに自分を卑下しなくてもいいんじゃない?俺は火月の方が羨ましいよ。俺よりもスタイルいいし、頭もいいしさ。」
「そうかなぁ。ねぇ禍蛇、禍蛇が通っている学校にはαの生徒や先生は居るの?」
「居るよ。でも殆どβの生徒や先生が多いかな。火月の学校の方はどうなの?」
「どっちかというと、βが少数派で、αの方が多いかな。僕と同じΩの生徒は居るけれど、αやβと同じ教室で勉強できないんだ。」
「何それ、酷いじゃん。まぁ、火月が通っている学校は進学校だから、そうするのも無理もないけどさぁ、学校側がΩを軽く扱っているんじゃないの?」
「まぁ、学校側が決めた事に僕達は逆らえないし、別の学校でαの生徒がΩの生徒のヒートに当てられて集団レイプ事件が起きたっていうから、そういった事件を未然に防ごうとしているから、仕方ないよ。」
「でもさぁ、それだと俺達Ωが男女見境なくフェロモン撒き散らしている獣だって見ているようなもんじゃん。何かすっげぇ腹立つ~!」
禍蛇がそう叫んだ時、玄関のチャイムが鳴った。
「誰かな、こんな時間に?」
「今日は俺達を除いてみんな、会社の研修に行ってて明日の朝まで帰って来ないって言ってたし・・一体誰なんだろう?」

禍蛇がそう言いながらインターフォンの画面を見ると、そこには泥酔状態のαと思しき数人の男達が映し出された。

『男日照りのΩちゃん、俺達の相手しろよ~』
『金なら沢山払うからさ~』

「警察に通報するね。」

火月がスマホを持って二階の部屋に逃げ込もうとした時、裏口のドアの鍵が誰かに回される音がした。

「おい二人とも、無事か!?」
「琥龍か、脅かさないでよ!」

ドアを開けて姿を現したのは、禍蛇と火月の幼馴染である琥龍だった。

「さっきαの野郎どもがこの家に来るのを見たから、警察に通報したぜ。二人とも、大丈夫か?」
「うん。それにしてもあいつら、何でここの場所知ってたんだろう?」
「さぁな。最近ここらへんでΩの襲撃事件が増えているから、警察に通報したらすぐに来てくれたぜ。ったく、最近変な奴が多くて困るよな。」
琥龍はそう言うと夕飯のカレーを一口スプーンで掬ってそれを頬張った。
「今後もこんなことがあるようなら、引っ越しを考えた方がいいかもしれないね。」
「そうだね・・でもさ、引っ越したら色々と不便だよ?それに、お金ないし・・」
施設から出て、禍蛇と火月はアルバイトをしながら高校に通っているが、バイト代ではスマホ代を含む生活費を稼ぐだけで精一杯だった。
「何だったら俺ん家来るか?部屋沢山余ってるし、万が一の事を考えたらそれがベストだと思うんだけどなぁ。」
「却下。琥龍ん家は周りにαが沢山居るし、琥龍の家から学校に通う距離が遠いし、色々と不便だよ。」
「そうか。なぁ火月、お前学校で虐められたりしてねぇか?」
「え、なんでそんな事急に聞くの?」
そう言って火月が琥龍の方を見ると、彼は低く唸った後、こう言った。
「実はこの前、俺が住んでるマンションの近くで飛び降り自殺があったんだよ。自殺したのは、お前と同じ高校に通ってた男子高校生で、最近Ωだって病院の検査でわかって、人生を悲観して死んだんだってさ。Ωだからって人生終わりっていう事はないのになぁ。でも、お前と同じ高校に通っていたって聞いたから、お前もΩだって事で色々と苛められているんじゃないかと思ってさぁ・・」
「僕は大丈夫だよ、琥龍。まぁ、うちの学校はΩの生徒ばかり集めた特殊学級があるから、αやβの生徒とは余り交流がないし・・」
火月はそう言いながら、数日前自分の机が何者かによって傷つけられていた事を思い出した。
「何かあったら俺を呼べよ、火月。お前を苛める奴は片っ端からぶっ飛ばしてやるから。」
「有難う琥龍、そう言ってくれるだけでも嬉しいよ。」
「琥龍、俺がお前の番なんだけど?何で火月ばっかり構う訳?」
「何だぁ、ヤキモチか?」
「違う、俺が隙見せるとてめぇが火月に手ぇ出しそうで油断できねぇんだよ!」
禍蛇はそう琥龍に向かって怒鳴ると、彼の頭を拳骨で殴った。
「いってぇな、何すんだ暴力女!」
「うるせぇスケベ野郎、この間も部屋に女連れ込んでただろう?」

隣で口論を始める禍蛇と琥龍の姿を見ながら、火月は彼らの関係が羨ましいと思った。

いつか自分にも、番が現れるのだろうか。

「火月、どうしたの?」
「ううん、何でもない。先にお風呂、入ってくるね。」

無理に二人に向かって笑顔を浮かべると、火月はリビングから出て浴室へと入ると、深い溜息を吐いた。

その頃、有匡は都内某所にあるホテルで開かれている資産家のパーティーに出席していた。

「有匡、来てくれて嬉しいよ。」
「お久しぶりです、義父上(ちちうえ)。」
有匡がそう言って養父に挨拶すると、彼の隣に美しい振袖姿の若い女性が立っている事に気づいた。
その姿を見た途端、彼はこのパーティーの目的が解った。
「有匡、紹介するよ。こちらは三条家の・・」
「申し訳ありませんが義父上、少し酒に酔ってしまったようです。外の風に当たってきます。」

義父に反論する隙を与えず有匡は彼にそう言うと、そのままパーティー会場から出て行った。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村w






最終更新日  July 13, 2021 05:11:57 PM
コメント(2) | コメントを書く
[火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:流離 吉原裏同心1 佐伯泰英(09/20) クレオパトラ22世さんへ わたしは途中…
クレオパトラ22世@ Re:流離 吉原裏同心1 佐伯泰英(09/20) これ最初から読んでいます。 なかなか面…
千菊丸2151@ Re[1]:ダイソーで見つけたもの。(09/18) クレオパトラ22世さんへ ダイソーのシ…

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

明日文学フリマ大阪… New! わかつきひかるさん

チェンマイに佇む男… New! アジアの星一番Ver4さん

JUNO/ジュノ New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


カテゴリ

ドラマ・映画

(114)

日記

(171)

グルメ

(417)

読書記録

(1979)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(1)

連載小説:双つの鏡

(219)

連載小説:光と影の輪廻

(0)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(203)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

連載小説:毒と蜜~運命の罠~

(0)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁

(0)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(23)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(3)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(5)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(11)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

© Rakuten Group, Inc.