1312756 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2019.11.19
XML
「天上の愛 地上の恋」二次創作小説です。

作者・出版社様とは一切関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方はご覧にならないでください。


「お疲れさま!」
「お疲れ。これからどうする? 一杯やろうか?」
「いいね。」
NY市内にある病院のロッカールームで、アルフレートが同僚達とそんな話をしながら白衣を脱いで私服に着替えようとした時、白衣のポケットに入っていたポケットベルが鳴った。
「いつも帰ろうとするときに急患か・・ついてないな。」
「ああ。でも仕事だから仕方がないな。」
同僚と溜息を吐きながらアルフレートが緊急救命室へと向かうと、丁度救急車から担架に乗せられた急患が救命士によって運ばれてくるところだった。
「患者の容態は?」
「ハドソン川から身投げしたようで、全身打撲に後頭部強打、低体温症にも罹っています。」
「厄介だな。」
アルフレートが担架に乗せられた急患の意識を確かめる為、彼の目にライトを照らしたとき、自分の腕を急患が掴んだ。

(何だ?)

「アルフレート、急げ!」
「は、はい!」

慌ててアルフレートは同僚とともに手術室へと入った。
急患で運び込まれた男は、一命を取り留めた。

「患者の意識は?」
「まだ戻らないみたいです。後頭部を強打している上、低体温症に罹っていますから、意識を取り戻すまでは暫く時間がかかるでしょう。」
「そうか。アルフレート、警察の方が君に話を聞きたいと言って来ているんだが、時間あるかい?」
「はい。」
一日の疲れが取れないまま、アルフレートは警察官が待っているカフェテリアへと向かった。
そこには、肥満体の刑事とオリーブのように痩せている刑事がテーブルに座っていた。
「お忙しいところ、申し訳ありませんね。」
「いいえ。それで、わたしに聞きたいこととは何でしょうか?」
「この病院に運び込まれた急患の人、身元が判るものを所持していないのです。ですが、こんな物が彼の私物の中にありました。」

太鼓腹を揺らしながら、肥満体の刑事がテーブルの上にある物を置いた。

それは、双頭の鷲が象られた美しい勲章だった。

「アルフレートさん、あなたは確かご先祖がオーストリアの方でしたね?」
「ええ。わたしの曽祖父は、第一次世界大戦前にオーストリア=ハンガリー帝国からアメリカに移民として海を渡ってきました。この勲章なら、曽祖父のアルバムで一度見たことがあります。」
「申し訳ないのですが、そのアルバムをお借り出来ませんか?」
「はい。捜査に役立つことになるのでしたら、お貸しいたします。」
「有難うございます。詳しいことが解りましたら、またこちらに伺います。」

刑事達はアルフレートに礼を言うと、カフェテリアから出て行った。

カフェテリアから出た彼は、急患の男が居る病室へと入った。
彼はベッドの上で静かに眠っていた。
やはりあの時、彼が自分の腕を掴んだのは錯覚だったのだろうか―アルフレートがそんな事を思いながら刑事から預かった勲章を男の手に握らせようとした。

その時、男の蒼い瞳がゆっくりと開かれた。

「アルフレート?」

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  2019.11.19 00:00:25
コメント(0) | コメントを書く
[二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

お気に入りブログ

ていおうの New! ruka126053さん

絶望のつきあい方。 New! わかつきひかるさん

7番房の奇跡 New! おいら♪♪さん

違いの分かる人と山… New! クレオパトラ22世さん

息子 始めてのアル… New! カエドンさん

バックナンバー

日記/記事の投稿

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:蒼き炎 -60-(12/06) クレオパトラ22世さんへ この作品の時…
クレオパトラ22世@ Re:蒼き炎 -60-(12/06) 今フランス、ナポレオンの少し後の時代の…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 240(12/26) 風とケーナさんへ ジゼルから贈られた薔…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 240(12/26) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

カテゴリ

ドラマ・映画

(103)

日記

(197)

グルメ

(502)

読書記録

(1425)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(141)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(31)

連載小説:双つの鏡

(174)

連載小説:鬼と胡蝶

(15)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(195)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(40)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(2)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(42)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋「時の螺旋」

(7)

二次小説:進撃の巨人 腐向け小説「一輪花」

(8)

二次創作小説:天上の愛 地上の恋 「蒼き翼」

(11)

二次創作小説:黒執事×薔薇王中世パラレル「薔薇と駒鳥」

(27)

二次創作小説:火宵の月 幕末パラレル「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

二次創作小説:火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル「華夜」

(7)

二次創作小説:薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」

(8)

二次創作小説:火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.