1515197 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2020.03.30
XML
カテゴリ:連載小説:VALENTI
「ジョージはまだ寝込んでいるの?」
「はい、奥様。」
「全く、あの子は面倒ばかりかけるんだから。」
グレイ夫人は吐き捨てるようにそう言った後、一階へと降りていった。
「冷たいねぇ。」
「そりゃぁ、前妻の子だからね。」
「それじゃぁ、前の奥様はどんな方だったのですか?」
「綺麗でとてもお優しい御方でね、あたし達使用人にも良くしてくれたよ。」
「全く、今の奥様とは大違いだよ。」
「そうそう。」
「ステファニー、奥様がお呼びよ。」
「はい、わかりました。」
ステファニーが二階から一階へと降りてグレイ夫人が居る居間へと入ると、そこにはエドガーの姿があった。
「エドガー様、何故こちらに?」
「ステファニーさん、あなたは今日で自由の身ですよ。」
「それは、一体どういう事ですか?」
「実は・・」

エドガーは、グレイ夫人がステファニーに盗まれたと主張していたダイヤモンドが、NYの質店で発見された事を話した。

「どうして、ダイヤモンドがNYの質店に?」
「それは、あなたの方から説明して下さい。」
「そ、それは・・」
「出来ないというのなら、わたしが説明しましょう。グレイ夫人、あなたは下の息子さんのポーカー賭博の借金を返済する為、ダイヤモンドを質に入れたのですね。」
「そ、そうよ!」
「その質店からわたしが懇意にしている宝石店のオーナーから連絡がありましてね・・あなたが質入れしたダイヤモンドは、屑同然の代物でしたよ。」
「あれは、南アフリカで一番の・・」
「詐欺師の口車にまんまと乗せられて、あやうく全財産を失うところでしたね。」

エドガーはそう言うと、冷たい目でグレイ夫人を睨んだ。

「わたしの婚約者を返して貰いましょう。」
「わかったわよ!」

グレイ夫人はそう言って歯軋りした後、居間から出て行った。

「さぁステファニーさん、早く着替えて下さい。」
「はい、わかりました。」

ステファニーが二階の屋根裏部屋で着替えをしていると、そこへジョージがやって来た。

『どこかへ行くの?』
『えぇ。短い間でしたが、ジョージ様をお知り合いになられて嬉しかったです。』
『また会える?』
『ジョージ様が、会いたいと思えるのなら、会えますよ。』

ステファニーはジョージと抱擁を交わした後、グレイ邸を後にした。

「何だか長いようで短かった一ヶ月でした。」

宿泊先のホテルの部屋のソファに座ったステファニーは、そう言うと溜息を吐いた。

「ステファニーさん、あなたを迎えに来るのが遅くなってしまい、申し訳ありません。」
「謝らないで下さい、エドガー様。」
「ステファニーさん、そんな顔をしている時は、何か心配事でも?」
「えぇ。」

ステファニーはエドガーに、グレイ家の家庭環境を話した。

「そうですか・・」
「わたしはジョージ様の事が気になって仕方がないんです。何だか、弟に姿を重ねてしまって・・」

エドガーはステファニーの言葉を聞いて、彼の弟・レオナルドが、ジョージ=グレイと同じ喘息の持病を持っている事を思い出した。

「エドガー様、これを。」
「これは、ジョージ様の誕生日パーティーの招待状ですね。」
「えぇ。」
「ジョージ様とステファニーさんと出会ったのも何かの縁です。すぐに出席の返事を致しましょう。」
「はい。」

ステファニーとエドガーは、グレイ家の三男・ジョージの誕生パーティーに出席した。

「ジョージ様、おめでとうございます。」
「ありがとう。」
「ジョージ、あなたにお客様が来てるわよ。」
「わかりました、お母様。」

ジョージが玄関ホールへ向かうと、そこには盛装したステファニーと、彼女の婚約者と思しき綺麗な男の人が立っていた。

『お誕生日おめでとうございます、ジョージ様。』
『ステファニー、来てくれたの!』

ジョージはそう叫ぶと、ステファニーに抱きついた。







Last updated  2020.03.30 00:00:09
コメント(0) | コメントを書く
[連載小説:VALENTI] カテゴリの最新記事


PR

Calendar

Profile


千菊丸2151

Archives

Favorite Blog

枕上書 読んでいます New! romance_holicさん

チルソクの夏 New! おいら ^o^さん

降りやまない雨 New! クレオパトラ22世さん

ダイエット食事日記… New! friendly0205さん

電車が止まって大変… New! わかつきひかるさん

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 257(01/08) 風とケーナさんへ 菊は素直で優しいこな…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 257(01/08) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…
千菊丸2151@ Re[1]:滝夜叉姫 夢枕獏(07/03) クレオパトラ22世さんへ 陰陽師シリー…
千菊丸2151@ Re[1]:狐舞 佐伯泰英(07/03) クレオパトラ22世さんへ まあ、作者の…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

ドラマ・映画

(111)

日記

(195)

グルメ

(503)

読書記録

(1702)

大人の発達障害

(11)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載小説:茨の家

(40)

連載小説:翠の光

(32)

連載小説:双つの鏡

(214)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

小説のこと(短編小説etc)

(200)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(56)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

朝ドラ風連載小説「浜菊の如く」

(4)

連載小説:Black Bird~慟哭~

(6)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

進撃の巨人 腐向け二次小説:「一輪花」

(70)

天上の愛 地上の恋  二次小説:「蒼き翼」

(11)

天上の愛 地上の恋 二次小説:「時の螺旋」

(7)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次小説:「薔薇と駒鳥」

(27)

火宵の月 幕末パラレル 二次小説:「想いを繋ぐ紅玉」

(8)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次小説:「華夜」

(13)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次小説:「白い華、紅い月」

(10)

火宵の月オメガバースパラレル 二次小説:「その花の名は」

(5)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 二次小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.