1848469 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

August 3, 2020
XML



素材はNEO HIMEISM 様からお借りしております。

「火宵の月」オメガバースパラレルです。

詳しい設定についてはコチラのページをご覧ください。

苦手な方はご注意ください。

(全く、義父上にはいい加減にして貰いたいものだ。)

パーティー会場から出た有匡は、溜息を吐きながら人気のないバルコニーで冷たい風に当たっていた。
αとして生まれた彼の元には、山の様に名家出身のΩからの縁談が持ち込まれた。
土御門家は名門のαとして戦前からこの国に君臨してきた名家だった。
それ故、その血統を絶やさぬために唯一直系の血をひいている有匡の元へ縁談が殺到するのは当然の事なのだが、有匡はその縁談を全て断って来た。
それは、有匡の亡き父・有仁が相思相愛だった番の母親と家の者に引き離された後、そのショックで病死してしまったからだった。
αとΩは番となり、αの優秀な遺伝子を継ぐ子孫を産む―それが世の理であると、家の為であると、有匡は幼少の頃からそんな教えを学校から、社会から叩き込まれて育った。
しかし、有仁は番であった妻との契約を解消した後、後妻を迎えなかった。
“お父さん、どうして再婚しないの?”
ある日、有匡はいつものように病室の外から窓を眺めている父にそんな質問をぶつけてみた。
すると彼は寂しそうに笑いながら、こう答えた。

―何故だろうね、もう二度と会えないと想っている人が、わたしの事を待っていると想っているからかな・・

その時、まだ子供だった有匡は、父の言葉の意味がわからなかったが、大人になった今となってはわかる。
父は、番だった母の事を待っていたのだ。
亡くなるその日まで、ずっと。
その事を知った時、有匡は家の為だけに利害が一致する名家のΩと番うことを一切拒否した。

(わたしは誰とも番わない・・決して父のようにはならない。)

そう自分に誓いを立てながら、有匡は高校教師として普通の生活を送っていた。
しかし、αである自分を周囲は放っておくはずがなかった。
翌朝、パーティーでの事で早速有匡は義父から小言を食らった。
「有匡、結婚はまだ考えていないのか?お前もそろそろいい年だ。身を固めておいた方が・・」
「お言葉ですが義父上、わたしは一生誰とも番いません。貴方はどうやら、わたしの父にした事をもう忘れてしまったようですね?」
「あ、あれは仕方がなかったのだ!ああしなければ、お前の父親はあのΩに滅ぼされるところだったのだぞ!」
自分に都合のいい言い訳ばかりを並べ立てる義父の姿に、有匡は嫌悪を感じた。
「わたしを、父の二の舞にさせるおつもりですか?」
「有匡・・」
「この際だからはっきりと言っておきます。わたしは家の為の道具ではありません。」
有匡はそう言って椅子から乱暴に立ち上がると、そのままダイニングルームから出て行った。
「まったく、有匡には困ったものだ・・」
「旦那様、そんなに気を落とさずに・・」
そう言って義父を慰めたのは、彼の愛人であるΩだ。
彼女は義父にしなだれかかると、嫣然とした笑みを口元に浮かべた。
「そういえば、有匡様が働いておられる高校では、Ωの特殊学級があると聞きましたわ。その特殊学級の生徒達の中から、有匡様の番を選べば宜しいのではなくて?」
「名案だな。そうしないと、いつまで経ってもあいつは独身のままだろう。」
義父はそう言った後、美味そうにワインを飲んだ。
有匡が高校に出勤すると、校長が彼を校長室に呼んだ。
「校長先生、わたしにお話とは何でしょうか?」
「・・実は、こんな物が先程保護者の皆さんから渡されてね。うちの高校に在籍しているΩの生徒を、専門機関へと隔離して欲しいという嘆願の署名だ。」
「何故、そのような事を?バース性の差別は法律で禁じられている筈・・」
「ああ、表面上ではな。だが、人種差別や性差別が未だ根絶できないのと同じく、バース性への差別は、わたし達の生活に深い根を下ろしている。」

校長がそう言って溜息を吐いた時、廊下が急に騒がしくなった。

有匡が校長と共に校長室から廊下へと出ると、一人の女性が髪を振り乱しながら一人の生徒に掴みかかっていた。

「あの子を返してよ、この人殺し!」
「奥様、落ち着いて下さい!」
「あんたが唆した所為で、あの子は自殺したのよ~!」
女性に掴みかかられた生徒は、無言で俯いているだけだった。
「あれは一体、何なのですか?」
「あぁ、あの女性は、先月自殺した生徒の母親だ。」
「じゃぁ、あの殴られている生徒は?」
「Ω(オメガ)だ。彼は自殺した生徒の番だった。だが、彼は自殺した生徒との番契約を一方的に破棄した。」
「それは、何故です?」
「さぁ・・」

校長はそう言葉を濁すと、校長室へと戻っていった。

(彼は、何かを隠している・・)

職員室に戻った有匡は、教職員専用のサイトにアクセスした。
生徒名簿にアクセスし、自殺した生徒の名前をクリックしようとしたら、“パスワードを入力して下さい”というメッセージが画面に表示された。
いつの間にか、何者かによってアクセス制限がかけられていた。

何処かが、おかしい。

「先生、どうかなさったのですか?」
「いえ、何でもありません・・」
「これから、色々と忙しくなりますねぇ。」
「何か、あるんですか?」
「あぁ、土御門先生はご存知ないんでしたっけ?来週、国のバース機関の視察があるんです。」
「そうですか・・」
「うちは、表向きはΩ優遇措置校ですからね。あ、もうわたし授業に行かないと!」
同僚の女性教師は少し喋り過ぎたと思ったのか、そう言うとそのまま有匡と目を合わさずに職員室から出て行ってしまった。
この学校には、何かがある―有匡は、彼女の話を聞いて確信した。
一方、家庭科室では、火月がクラスメイト達と共にクッキーを作っていた。
「あ、ごめん、手が滑っちゃった!」
火月が、教師が居る席に提出用のクッキーを置いた後、一人の女子生徒がそう言った後、わざと火月に向かって足を突き出した。
火月は、転びはしなかったものの、その女子生徒を睨んだ。
「何よ、文句でもあるの?出来損ないのΩの癖に。」
「そうよ、あんた達Ωが居るだけでも迷惑なのよ。」
悔しいが、火月は何も言い返す事が出来ぬまま、授業が終わるなり片付けを済ませて家庭科室を後にした。
何故Ωに生まれただけで、理不尽な差別を受けなければならないのだろうか。
(α(アルファ)に生まれていれば、人生は楽しいものになってたかなぁ?)
そんな事を思いながら人気のない空き教室で弁当を食べていると、そこへ有匡がやって来た。
「先生、どうしてここに?」
「職員室に居ると何かと息が詰まってな。」
「αの先生も色々と大変なんですね。」
「まぁな。教師は派閥があって、新人のわたしには余り馴染めないんだ。」
「そうですか・・」
「その弁当、自分で作ったのか?」
「はい。シェアハウスでは、“自分の事は自分でする”のがルールなんです。なので、みんな家事全般が出来て、お互いに助け合いながら生活しています。」
「そのシェアハウスには、Ωしか居ないのか?」
「いいえ、βの人も居ます。シェアハウスのオーナーはとても良い人で助かっています。」
「そうか・・」
Ωが差別を受けるのは、就職・進学だけではなく、部屋を借りる際もΩというだけで断られる事があると、有匡は雑誌の記事で知っていた。
「親は居ないのか?」
「えぇ。僕が生まれてすぐに、両親は交通事故で亡くなったんです。ですから僕は、シェアハウスで暮らすまで施設で暮らしていたんです。先生は、どうなんですか?」
「結婚はしていないし、これからするつもりもない。わたしの父は、無理矢理番(つがい)だった母と引き離されて病死した。母は今生きているのか死んでいるのかわからない。」
「すいません、変な事を聞いてしまって・・」
「いや、いいんだ。包み隠さずに話しておけば楽になる。」

有匡はそう言って笑うと、コンビニで買ったサンドイッチを一口食べた。

「あの子は?」
「あの子はΩの生徒です。どうかされましたか、理事長?」
「いや・・昔の知り合いに彼女が何処か似ているような気がしてね・・」
「そうですか・・」
「彼は確か・・」
「あぁ、土御門有匡先生ですか?今年こちらに赴任されたばかりですが、生徒達から慕われていますよ。」
「ほぅ・・」

理事長は、暫く空き教室に居る有匡と火月を見つめた後、秘書を従えて廊下から去っていった。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  July 13, 2021 05:12:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
[火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:流離 吉原裏同心1 佐伯泰英(09/20) クレオパトラ22世さんへ わたしは途中…
クレオパトラ22世@ Re:流離 吉原裏同心1 佐伯泰英(09/20) これ最初から読んでいます。 なかなか面…
千菊丸2151@ Re[1]:ダイソーで見つけたもの。(09/18) クレオパトラ22世さんへ ダイソーのシ…

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

チェンマイに佇む男… New! アジアの星一番Ver4さん

JUNO/ジュノ New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

衣替えに取り掛かる New! クレオパトラ22世さん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


カテゴリ

ドラマ・映画

(114)

日記

(171)

グルメ

(417)

読書記録

(1979)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(1)

連載小説:双つの鏡

(219)

連載小説:光と影の輪廻

(0)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(203)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

連載小説:毒と蜜~運命の罠~

(0)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁

(0)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(23)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(3)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(5)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(11)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

© Rakuten Group, Inc.