1843136 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

March 2, 2021
XML





「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。


「すいまへん、誰か居てはりますやろうか~?」
「へぇ。」
竜胆こと歳三が帯状疱疹で入院してから一月が経った。
人気芸妓の突然の入院と休業に、はじめ花街中は驚いたが、暫くすると竜胆が不在中に「野村」を助けようとする動きが広まった。
「おおきに、助けて貰うて。」
「困った時はお互い様どす。」
そんな中、「野村」を一人の男が訪ねて来た。
その男は、洒落た洋装姿で、頭には帽子を被っていた。
「うちに何か用どすやろか?」
「竜胆はんは居てはらしまへんやろか?今日はポスターの撮影で来たんだすけど・・」
「ポスターの撮影、どすか?」
「へぇ。」
その男はビール会社の宣伝部長で、吉田稔麿と名乗った。
「春月ちゃん、どないしたん?」
「おかあさん・・」
「すいまへん、竜胆はんにお会いしたいんどすけど・・」
「まぁ、竜胆は今、体調を崩して入院してますえ。」
「へぇ、そうですか。ほな。」
男はそう言うと、「野村」から出て行った。
「おかあさん、あの人は・・」
「変な方やなぁ。ちゃんと名前聞いたか?」
「へぇ、確か吉田様と・・」
「吉田様なぁ・・」
「何でも、ビール会社の宣伝部長やとか・・」
「怪しいなぁ・・一度、うちの方から竜胆に吉田様の事を聞いてみるわ。」
「おかあさん、おおきに。」
「礼なんて要らへん。竜胆はうちの大切な娘や。」
さえはそう言うと、竜胆の元へと向かった。
「吉田様?」
「知っている人か?」
「いいえ。うちは知らへん人どす。」
「そうか。何や今朝うちを訪ねて来てなぁ、ビールのポスター撮影したいいうてあんたに会いに来たんや。」
「ポスターなんて聞いてまへんえ。」
「そうか。それよりもな竜胆、あんたこの前のお座敷で、近藤はんに会ったそうやなぁ。」
「へぇ・・」
「あんたとあの人とは、昔色々あった事は知ってる。」
「うちはもう、あの人の事は忘れました。」
「そうか、そうならええけど・・」
さえはそう言うと、病院を後にした。
歳三は溜息を吐きながら、さえが病室から去った後寝返りを打った。
左半身にまだ痛みが残っている所為で、満足に寝返りが打てない。
(いつまで、こんな状態が続くんだ。)
「竜胆、おるかえ!?」
「またてめぇか?」
翌日、歳三が病室で読書をしていると、そこへ坂本がやって来た。
「毎日こうも俺の所に来るかね?そんなに暇なのか?」
「会社は中岡に任せちゅう。」
「そうか。それ、何だ?」
「あぁこれか?クッキーじゃ。」
「俺ぁ甘い物が苦手だ。」
「しょうが味のクッキーだから、甘さ控え目ぜよ。ほれ、いっぺん食うてみぃ。」
「ふん・・」
歳三は少し苛々しながら、坂本が持って来たしょうが味のクッキーを一口食べた。
すると、口の中には微かな甘味が広がった。
「悪くはねぇな。」
「そうか。おまん、いつ退院するがかえ?」
「さぁな。先生によれば、あと一月したら退院出来るそうだ。それがどうした?」
「実はなぁ、歌舞伎の良い席が手に入ったから、おまんと一緒に・・」
「下心が見える・・」
「心配せんでえぇき。おまんの妹分達もみんな連れて行っちゃるき!」
「そうか。」
歳三は、入院して二月後、漸く退院できた。
だが、頭痛がまだ治まらないので、髪はなるべく負担がかからない夜会巻きや束髪などの洋髪などを結うようになった。
「もう嫌や。肩先まで切ってしまおうか。」
「そないな事言うたらあきまへんえ。」
「うちの髪やのに、どっちが主なのかわからへんわ。」
鏡の前で髪を櫛で梳きながら、歳三はそう言って溜息を吐いた。
「おぅ、来たかえ!」
「坂本はん、おおきに。」
「みんな美人揃いで目移りするにゃぁ。」
「いやぁ~、相変わらずお世辞が上手い事!」
「さ、行くぜよ!」
「へぇ。」
歳三が坂本達から少し離れて歩いていると、彼の前に一人の男が現れた。
「お久しぶりだすなぁ、竜胆さん姐さん。」
「てめぇ・・」
「そないな顔して、睨まんといて下さい。」
そう言った男―吉田稔麿は口端を上げて笑った。
「竜胆、何しゆうがか、早う行くぜよ!」
「へぇ。」
歳三は吉田に背を向けると、そのまま坂本の元へと向かった。
「やっと見つけたぞ、土方歳三・・」
吉田は南座へと入っていく歳三の姿を見つめてそう呟いた後、その場を後にした。
「いやぁ、楽しかったわぁ。」
「ほうか、そりゃ良かった。」
歌舞伎鑑賞の後、坂本は歳三達を自分の行きつけの高級料亭へと連れて行った。
「こない美味しい所、よう知ってはりますなぁ。」
「京はわしの庭と同じもんじゃき。ここは全部俺が払ってやるき、好きな物頼みや!」
「いやぁ~、坂本様、太っ腹やわぁ!」
「ほな、うちら好きな物頼みますえ~!」
「あんたら、たいがいにしぃや。坂本様、すいまへんなぁ。」
「妹分はわたしの妹と同じようなもんじゃき!今夜はぱぁっと騒ぐぜよ!」
坂本はそう言うと、料亭の仲居に料理を注文した。
「あらぁ、何や賑やかやなぁと思うたら、坂本様どすか。」
「八千代さん姐さん、どうしてここへ?」
「仕事の打ち合わせでここに来たんや。竜胆、あんたは男を誑し込むのが上手いなぁ。」
「まぁ、何の事どす?うちが姐さんのお客様を奪ってしまったとでも?」
「あんた、近藤はんだけでは飽き足らず、坂本様にまで色目を使うて・・」
「何じゃぁ、おまんすっかり落ち目になったから、元妹分に嫉妬かえ?見苦しいのう!」
「うちは、この子に嫉妬なんてしてまへん!」
「本当に気にしとらん相手やったら、わざわざ嫌味を言いに来る筈なかろうが!」
「ほな、うちはこれで失礼します。」
八千代は唇をかむと、そう言って部屋から出て行った。
「坂本様・・」
「あんな女、相手にすな!」
「へぇ・・」
歌舞伎鑑賞から暫く経った、京に秋の終わりが近づいている頃。
「竜胆、あんたに会いたいって、東京からお客様が来てはるえ。」
「お客様、どすか?」
「お久しぶりね、竜胆さん。いいえ、トシさんとお呼びすればいいのかしら?」
舞の稽古帰り、歳三が「野村」に戻ると、そこには近藤の妻・常子の姿があった。
「奥様・・」
「少し、あなたと話したい事があるのよ、いいかしら?」
「えぇ・・」
常子が歳三を連れて行ったのは、祇園の南座近くにある洋食屋だった。
「何でも、好きな物を頼んでも構わないわよ?」
「では、コーヒーを。」
「わたくし、あなたと主人がまだ続いていると、疑っているのよ。」
「まぁ、そないな事・・」
「いくら男同士で、“間違い”がないと言っても、あなたと主人は恋人同士ですものね。」

そう言った常子は、嫉妬と憎悪で歪んだ顔を歳三に向けた。

「はっきり言うわ。主人と二度と会わないで!」

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  March 2, 2021 09:59:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
[薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:竜胆と桜 第5話(03/02)   本とココア さん
いつもありがとうございます。
毎回楽しく読ませて頂いています。(小6隠れ腐女子⸜(* ॑꒳ ॑*)⸝★)
私も小説を書いていて、文末表現?繋ぎ言葉?オノマトぺ?5W1H?倒置法?擬人法?・・・いや〜訳分かんないっっ!!ちゃんと勉強したんですけど、意味分かっててもちゃんと場に合った使い方出来ない・・。
将来小説家希望なんですが、もう、もう。
ダメですー_(⌒(_´-ω-`)_
終わりですー
千菊丸2151さんの様な作品を書けるようになりたーい。
なんか私の作品に足りないとこあったら教えてください!
私のヒーローはいつも千菊丸2151さん、貴方ですっ!
これからも、よろしくお願いしマース。 (May 22, 2021 06:16:29 AM)

Re[1]:竜胆と桜 第5話(03/02)   千菊丸2151 さん
本とココアさんへ

はじめまして。
わたしも色々と文法やら適当です。
なので、わたしがお教えする事はないかと思います。
まぁ、小説というのは、自由な発想で書いていればいいので、余り気にしないでください。

こちらこそ宜しくお願いします。 (May 22, 2021 01:42:07 PM)

PR

X

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

クレオパトラ22世@ Re:ダイソーで見つけたもの。(09/18) New! 会議に出たとき用の覚書などに、ダイソー…
千菊丸2151@ Re[1]:頭がパンクしそうです。(09/17) New! マトリックスAさんへ コメントありがとう…
マトリックスA@ Re:頭がパンクしそうです。(09/17) New! こんにちは。 ご無沙汰しております。 …

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

次女の赤ちゃんのお… New! friendly0205さん

9月18日 記事更… New! 紅子08さん

週刊少年ジャンプ202… New! あくびネコさん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


カテゴリ

ドラマ・映画

(114)

日記

(171)

グルメ

(417)

読書記録

(1967)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(1)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:双つの鏡

(219)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(205)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(23)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(10)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(3)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(5)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(11)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(2)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

© Rakuten Group, Inc.