1747679 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2021.05.01
XML



画像はコチラからお借りいたしました。

「火宵の月」「薄桜鬼」の二次創作小説です。

作者様・出版社様・制作会社様とは一切関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。


「そうか。ここを辞めてしまうのは残念やなぁ。」
「お世話になったのに、申し訳ありません。」
火月は菊にそう言って頭を下げると、彼女は突然大声で笑いだした。
「女将さん?」
「阿呆やなぁ。そないな事でうちが怒るかいな。」
「えぇ・・」
「あんたが人妻やったやなんて、知らんかったわ。」
「火月ちゃん、ご主人と仲良うな。」
「はい!」
こうして、火月は池田屋の女中を辞めた。
「これから、お世話になります。」
「あぁ、こちらこそ宜しく頼む。」
火月は隊の風紀を乱さぬよう、土方から男装を命じられたが、彼女は快く受け入れた。
「本当にいいのか?」
「はい。有匡様のお傍に居られるのなら、これ位苦ではありません。」
「そうか。」
有匡は幹部隊士だけが持つことが出来る休息所を与えられ、そこに火月を住まわせるようになった。
突然現れた金髪紅眼の美少年に、隊士達は一斉に騒ぎ出した。

―なぁ、あいつ一体誰なんだ?
―さぁ・・

金髪紅眼という珍しい容姿故なのか、火月は隊内では目立つ存在となっていた。

「お前ぇを何でここに呼んだのか、わかるよな?」
「はい・・」

火月が隊内で噂となっている事を聞いた土方は、有匡を呼び出した。

「お前ぇの女房は良く働いてくれている。だがな、あの容姿はかなり目立つ。今、京では未だに尊王攘夷を叫んで異人斬りをする輩がうろついていやがるから、そいつらに目ぇつけられねぇようにしておけ。」
「わかりました。」

有匡はそう言うと、土方に向かって頭を下げた。

「そういえば、お前ぇの失踪した母親の消息だが・・監察方に色々と探って貰ってはいるが、中々掴めねぇ。」
「そうか。」
有匡は、スウリヤが何故実の父親から命を狙われているのかがわからなかった。
一体どんな理由や事情があって実の娘を殺そうとしているのか―有匡は全てを知りたかった。
「有匡さん、こちらにいらしたのですね。」
「井上さん。」
井上源三郎は、厨で昼餉の支度をしている有匡の姿を見つけると、彼の元へと駆け寄って来た。
「この文を、必ずあなたに渡すように言われたんだ。」
「あぁ。」
井上から文を受け取った有匡は、それが母の字で書かれたものである事に気づいた。
「井上さん、あなたに文を渡した人は・・」
「あぁ、まだ屯所の近くに居ると思うけれど・・」
「失礼!」
「有匡さん!?」
屯所から飛び出した有匡がスウリヤの姿を探していると、少し離れた所に壺装束姿のスウリヤが立っていた。
「久しいな、有匡。」
「母上・・」

二十数年余の、母との再会に、有匡は何も言えなかった。

何故、自分達の元を去ったのか。

何故、実の父親から命を狙われているのか。

尋ねたい事は山程あったのに、いざ本人を前にすると有匡は何も尋ねられなかった。

「今まで、お前達には辛い思いをさせてしまって済まなかった。」
「母上・・」
「わたしが伝えたい事は、全て文に書いてある。」
「待ってください、母上!」
「妻を大切にしろ、有匡。」

スウリヤはそう言うと、有匡の前から去っていった。

「有匡様、どうかなさったのですか?先程から、浮かない顔をされているようですが・・」
「実はな・・」

有匡がスウリヤに会った事を火月に話すと、彼女は驚きの余り目を丸くした。

「お義母様は・・」
「何も話してはくれなかった。」
「そうですか。」
「ただ、妻を大切にしろと言われた。」

有匡はそう言いながら皿を洗っていたが、手を滑らせてしまい、割れた皿の破片で指を切ってしまった。

「大丈夫ですか!?」
「あぁ、大丈夫だ。」

有匡がそう言いながら指先を見ると、そこにはある筈の傷口が塞がっていた。

“わたし達は、誰にも知られてはならない秘密がある。それは―”

「有匡様?」
「何でもない。」

有匡は無理に笑顔を浮かべると、火月を安心させる為に切った指先を見せた。

「ほら、大丈夫だろう?」
「良かった。」

火月が安堵の表情を浮かべているのを見た有匡は、決して“秘密”を彼女には話さないでおこうと決めた。

“火月、お前は・・”

何処からか、誰かの声が聞こえて来た。

“お前は・・お前だけは、幸せに・・”

誰かが幼い自分を抱いてすすり泣いている。
鳴り響く銃声と村人達の悲鳴。

「火月、どうした?うなされていたぞ?」
「昔の夢を見ていたんです。」
「そうか・・」

有匡はそう言うと、火月を抱き締めた。

「これで眠れるか?」
「はい・・」

“お前は・・鬼なんだ。”

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






Last updated  2021.05.01 22:23:36
コメント(0) | コメントを書く
[火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉] カテゴリの最新記事


PR

X

Calendar

Profile


千菊丸2151

Recent Posts

Favorite Blog

男はつらいよ 私の寅… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

コロも混合ワクチン… New! クレオパトラ22世さん

通信教育7月スタート… New! わかつきひかるさん

すし一番でランチ寿… New! アジアの星一番Ver4さん

古い写真 New! マトリックスAさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:竜胆と桜 第8話(06/07) マトリックスAさんへ 大変ご無沙汰してお…
マトリックスA@ Re:竜胆と桜 第8話(06/07) こんばんは。 暑くなってきましたが、淡…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 283(01/22) 風とケーナさんへ 菊とルドルフ様の絆は…
風とケーナ@ Re:蒼―lovers―玉 283(01/22) 千菊丸様、こんばんは♪ いつも本当にあり…

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


Category

ドラマ・映画

(112)

日記

(172)

グルメ

(416)

読書記録

(1937)

大人の発達障害

(11)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:双つの鏡

(219)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(203)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(60)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火

(2)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜

(8)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花(完)

(70)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(14)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(10)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(3)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(3)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(6)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~

(6)

© Rakuten Group, Inc.