1810413 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

Jun 7, 2021
XML




「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。



1912(大正元)年12月。

京都・南座では、毎年恒例の顔見世興行が行われていた。

「ねぇばあや、あの人達綺麗ね。」
「お嬢様、あの方達は花街の芸舞妓さん達ですよ。今日は、あの方達も歌舞伎を鑑賞されるのですよ。」
「へぇ、そうなの。」
「さぁ、急ぎませんと。」
「えぇ。」
少女とその乳母は、芸舞妓達とともに南座へと向かった。
「竜胆さん姐さん、お待たせしました。」
「遅かったやないの、春月ちゃん。」
そう言って自分を見つめる歳三の顔は、何処か蒼褪めているかのように千鶴には見えた。
「何やの、人の顔をジロジロ見て?」
「いやぁ、姐さんのお座敷姿、久しぶりに見るなぁと思いまして。」
「そうか?」
歳三はそう言うと、姿見の前で一周した。
漸くあの帯状疱疹の後遺症である忌々しい頭痛から解放され、約半月振りに彼は髪を結い、黒紋付の正装姿になっていた。
「姐さんには、誰かご贔屓の役者はんでも居てはります?」
「また、その話かいな。」
歳三はそう言って苦笑した。
毎年、この季節になると花街の芸舞妓達は花簪の“まねき”に贔屓の役者の名を入れて貰う事で色めき立っていた。
「それにしても、今日はえらい冷えますなぁ。」
「そうやなぁ。もうすぐ初雪が降りそうやなぁ。」
そんな事を二人が言いながら屋形から出ると、雨が降って来た。
「雪やなくて雨やったわぁ。」
「そうどすなぁ。」
歌舞伎鑑賞後、二人が屋形に戻ると、玄関先に見慣れないハイヒールが置かれてあった。
「とにかく、今日はお帰り下さい!」
「そうはいかないわぁ。竜胆って女に会わせなさい!」
奥の部屋から、ヒステリックな女の声が聞こえて来たかと思うと、その声の主が玄関先へとやって来た。
「あんたが、竜胆ね?」
女は毛皮の外套を羽織り、洒落たデザインのドレスを着ていた。
「へぇ、竜胆はうちどすけど・・」
「あの人を返しなさいよ、泥棒猫!」
女はつかつかと歳三の元へと近寄ると、そう叫んで彼の頬を平手で打った。
「春月ちゃん、警察呼んで。」
「わかりました。」
「ちょっと、待ちなさいよ!」
「待つも何も、先に手を出してきたんはそちらはんどす。」
「そんな、あたしは・・」
「何を言うても無駄どす。」
千鶴の通報で駆け付けた警察官により、女は連行されていった。
「姐さん、大丈夫どすか?」
「大丈夫や。」
「これで顔、冷やしとき。」
「おおきに、おかあさん。あの人、一体誰やったんどすか?」
「何や、東京で有名なカフェーのマダムやそうや。」
「カフェーのマダム・・」
さえの言葉を聞いた歳三の脳裏に、あの忌まわしい女の顔が浮かんだ。
「八千代とは関係のない女や。」
「そうどすか・・」
その日の夜、歳三は伊庭八郎のお座敷に出ていた。
「トシさ~ん!」
「おい、人が酌をしている間に抱きつくな!」
「だって、トシさんに久しぶりに会えたから嬉しくて・・」
「だからって、抱き着くな!」
「ごめ~ん。」
そう言いながらも、八郎はトシゾウから離れようとしなかった。
「伊庭様は、昔から姐さんの事がお好きなんどすなぁ。」
「まぁな。」
歳三はそう言いながら、軽く咳をした。
「姐さん?」
「ただの風邪だ。」
「そうどすか。玉子酒でも作りますえ。」
「俺ぁ下戸なんだ。」
「あぁ、そうどしたなぁ。」
「道、雨で濡れて滑りやすくなっているから気をつけて歩けよ。」
「へぇ。」
お座敷があった料亭から屋形に二人が戻った頃には、雨は雪へと変わっていった。
「寒ぃ~」
「トシちゃん、そないなだらしのない姿をしていたらあきまへんえ。」
火鉢の前にはりついて離れようとしない歳三を見たさえは、呆れ顔で彼にそう言った後溜息を吐いた。
「せやかておかあさん、こないな寒い日にお座敷なんてよう行かれしまへんえ。」
「よう言うわよ。さ、はよご飯食べて舞の稽古行ってきよし。」
「へぇ。」
歳三は溜息を吐いた後、漸く火鉢の前から離れた。
「お師匠はん、今日もよろしゅうお願いします。」
「竜胆はん、お久しぶりどすなぁ。最近風邪ひいてはるって、春月ちゃんから聞いたえ。」
「季節の変わり目やさかい、少し体調崩してしもうたんどす。すぐに治りますさかい、心配せんとくれやす。」
「そうか。」
だが歳三の風邪は、良くなるどころか悪化していった。
「姐さん、大丈夫どすか?」
「大丈夫や。」
そう言いながらも、歳三は激しく咳込んだ。
「あんた、一度病院で診て貰った方がええんと違うか?」
「そうどすか?そないな事・・」
「まぁ、“ただの風邪”やったらええんやけど・・」
「へぇ。」
歳三は、咳が“単なる風邪”だと最初は思い込んでいた。
 しかし、その咳は二週間経っても続いた。
「竜胆、顔色が悪いぜよ?」
「へぇ、何やらたちの悪い風邪にかかってしもうて参ってしまいました。」
「おぉ、そりゃいかん!わしが玉子粥で作っちゃるき!」
「まぁ、その気持ちだけでも充分どす。」
歳三はそう言いながら笑おうとしたが、その時激しく咳込んだ。
「大丈夫かえ?」
「へぇ。」
そう言った歳三は、懐紙が血に染まっている事に気づいた。
「どないしたんや、あんた、顔真っ青やで!」
「おかあさん・・」
「部屋で休んどき。」
「へぇ。」
歳三は、自室に入った途端、気絶した。
「姐さん!」
「誰か、お医者様を!」
歳三は、大学病院に入院する事になった。
「大変申し上げにくいですが・・土方さんは肺結核です。しかも、かなり重いです。」
「そんな・・」
「土方さんから、子どもの頃に一度、結核に罹った事があるようです。その頃は治ったようですが、再発したようです。」
「じゃぁ、姐さんは・・」
「長くもって二年、短くても半年でしょう。」
「そんな・・」
「嘘や、あの子が・・」
医師から歳三の病状を告げられたさえと千鶴は、互いに抱き合って泣く事しか出来なかった。
(まさか、昔罹った労咳がまだ残っていやがったとはな・・)
歳三は咳込みながら、ベッドの中で寝返りを打った。
「勝っちゃん、会いてねぇな・・」
「トシ?」
「どうしたの、あなた?」
「いや、今誰かに呼ばれたような気がしてな・・」
「気の所為でしょう?早く行かないと、船に乗り遅れてしまうわよ?」
「あぁ、わかった。」
勇は妻子と共に、上海行きの船に乗り込んだ。
(トシ・・)

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






Last updated  Jun 7, 2021 08:14:51 AM
コメント(2) | コメントを書く
[薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:竜胆と桜 第8話(06/07)   マトリックスA さん
こんばんは。

暑くなってきましたが、淡々と書き綴って
おられますね。

書いたことのない人には、「二次作品は元があるから気楽」
実は私自身、初めはそう思っていました。

とんでもないですよね^^;

書き進めていくと「あの先生はこんな言い回しされるかな・・・。」

とか考え込んでしまって先へ進めなくなってしまうことが
多々あります。

自作ならば、少々拙なる文章であっても「これが私の作風だ」
と開き直れる・・・私の場合ですよ。

その点エッセイは楽です。
感じた事、言いたいことを書くだけですから。(^^♪


ではまたお邪魔します。

応援☆ (Jun 7, 2021 08:16:44 PM)

Re[1]:竜胆と桜 第8話(06/07)   千菊丸2151 さん
マトリックスAさんへ

大変ご無沙汰しております。
二次小説はわたしの妄想が赴くままに書いています。
他の人と比べても意味がないので、わたしはただ己の妄想を物語にしているだけです。

まあ、公式様への配慮は一番しておりますがね。
二次小説なので。 (Jun 8, 2021 06:06:35 AM)

PR

X

Profile


千菊丸2151

Calendar

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:土方さんと安室さん 第1話(07/24) マトリックスAさんへ コメントありがとう…
マトリックスA@ Re:土方さんと安室さん 第1話(07/24) こんばんは。 拙なる短編をお読みいただ…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 290(01/22) 風とケーナさんへ 菊は天使のような歌声…

Favorite Blog

フィラデルフィア・… New! おいら、ジャスティン・ヒーハーフー ^o^さん

歯科の通院できるだ… New! クレオパトラ22世さん

ビール飲みながらオ… New! アジアの星一番Ver4さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


Category

ドラマ・映画

(112)

日記

(171)

グルメ

(416)

読書記録

(1949)

大人の発達障害

(11)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:双つの鏡

(219)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(205)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(62)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火

(3)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(18)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(10)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(3)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説「土方さんと安室さん」

(1)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(10)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~

(10)

© Rakuten Group, Inc.