1810302 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

Jun 15, 2021
XML

※BGMと共にお楽しみください。

「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。

1925(大正十四)年、4月。

「トシさん、元気そうだね。」
「お前ぇは相変わらずだな、八郎。」
“野村”の離れに来た八郎は、昔と変わらず自分に向かって憎まれ口を叩いているかつての想い人の顔を見た。
「父様!」
「おう、お帰り、千歳。今日も学校、楽しかったか?」
「うん!あのね、今日作文でお父様の事を書いたら、先生に褒められたの!」
「そうか、良かったな!」
歳三がそう言って一人娘の頭を撫でると、彼女は嬉しそうに笑った。
「千歳ちゃん、久しぶりだね!」
「八郎おじちゃん、久しぶり。」
「“おじちゃん”か・・はは、何だか複雑だな。」
「まぁ、お前ぇもそんな年になったって事だよ。」
「そうだね。」
「それで?わざわざ東京で忙しく働いているお前が、京都まで来たのには理由があるんだろう?」
「実は・・」
八郎が歳三に話したのは、歳三の親族の事だった。
その親族は、生活に困窮していて、どこからか歳三の事を聞いたのだという。
「何で、今頃になって・・」
「きっと、たかりに来るよ。だから、そいつが来ないように、ここから逃げた方がいい。」
「俺は逃げも隠れもしねぇ。」
「・・そう言うと、思ったよ。」
八郎が“野村”を訪ねた数日後、彼が話していた件の親族がやって来た。
「おぉい~、居るかぁ!」
「あんたか、俺に会いたがっているのは?」
「お前ぇだけが、幸せになるなんて許せねぇ!」
「言っておくが、あんたとは親族でも何でもねぇ。」
「何だとぉ!?」
親族の男がそう言って血走った目で歳三を睨んでいると、彼の顔が突然白く染まった。
「さっさとここから出て行け!」
歳三が背後を振り向くと、そこには真っ赤な顔をして男に塩をぶつけている千歳の姿があった。
男は、何か意味不明な言葉を喚き散らしながら去っていった。
だが、千歳は男が居なくなっても塩を投げ続けた。
「千歳、大丈夫だから・・」
「父様~!」
「俺を守ってくれたんだな、ありがとう・・」

その時、自分にそう言って感謝の涙を流した父の姿を、千歳は生涯忘れる事はなかった。

1945(昭和二十)年8月15日。

その日は、とても暑かった。
戦争が終わった。
沢山の大切なものを奪ったあの戦争が。
抜けるような、美しく澄んだ青空の下、わたし達は、安堵の涙を流した。
「おかあさん、何で泣いてるん?どこか痛いん?」
「どこも痛うない。あんなぁ、涙は嬉しい時にも流すもんや。」
「そうなん?」
「そうやで。もう何もこわい思いせぇへんで。」
「ほんま?」
「ほんまや。うちがあんたに今まで嘘を吐いた事があるか?」
「ううん。」
「さ、外はもう暑いさかい、お家帰ってから冷たい物でも食べようか。何がええ?」
「かき氷!」
「えぇなぁ~、かき氷みんなで作って食べようか!」
青空の下、わたしは幼い娘の手をひいて、ゆっくりと我が家へと帰っていった。
「桜ちゃん、お帰り。外暑かったやろ、すぐに冷たいかき氷作ったげるから、待っとき。」
「は~い!」

縁側につけられた風鈴が、チリンチリンと涼し気な音を立てた。
京の夏も、もうすぐ終わろうとしている。

2011(平成二十三)年4月。

「よう来たな、お疲れさん。」
あの震災で津波に遭い、両親を亡くしたわたしは、愛犬と共に京都に住む曾祖母の元へと引き取られた。
「長旅で疲れたやろ?ワンちゃんの世話はうちでするさかい、千鶴ちゃんはお風呂でも入ってゆっくりしぃ。」
曾祖母は、何も聞いてこない。
どうやってわたしがあの生き地獄から生き延びてここまで来たのか、どんな思いをしてきたのかを、聞いて来ない。
今までわたしの周りには、家族を亡くした辛さを抱えた人達を支えようとする“ボランティア”が、漸く落ち着けた場所にまで土足で入り込んで来た。
物見遊山で来て、“自分は善行を積んでいます”アピールの人に、何も話したくなかった。
「何も、聞かないんですね。」
「言いたくない事は無理に言わんでもよろしい。あんたもこの子も、大変やったんやから。」
「ありがとう。」
「別にお礼言われる程の事はしてへんえ。」
曾祖母からそう言われた後、わたしは今まで堪えていた涙を流した。
「泣きたい時には、泣くのが一番や。」

2020(令和二)年十二月。

曾祖母が倒れたと聞いて、わたしはすぐに東京の自宅から彼女の自宅がある京都へと向かった。
だが、彼女は倒れたというのに、朗らかな笑みを浮かべながらわたしを迎えてくれた。
「よう来てくれたなぁ。」
「もう大丈夫なの?」
「軽い貧血やったから、もう大丈夫や。」
「そう、良かった。」
「あんたと正月を迎えたくて、えらい作り過ぎてしもうてなぁ。今夜はキムチ鍋にしようか。」
「ひいばあちゃんは座ってて。わたしが全部やるから。」
「人を年寄り扱いしたらあきまへん。」
そう言いながらわたしと共に台所に立っている曾祖母は、今年で101歳になった。
「何や、最近変な感染症が流行っているそうやねぇ。千鶴ちゃんの会社はどうなん?」
「う~ん、あんまり変わっていないかなぁ。在宅勤務になった位で。」
「太郎ちゃんは元気にしてるか?」
「うん、もう年だから、覚悟しないとね。」
「まぁ、人や動物には必ず“別れ”が来るもんや。」
「ねぇ、ひいばあちゃんも、大切な人と別れたの?」
「そうや。うちの父ちゃんは、うちが8つの時に労咳で亡くなってしもうた。でもな、お父ちゃんが死んでも、お父ちゃんから愛された記憶は消えへん。うちが生きている内はな。」
「ひいばあちゃん・・」
「これだけは憶えておきや。人は死んでも、愛した人がその人の事を忘れへん限り、その人は生き続けるのや。人も動物もな。」
「うん・・」
「その事を忘れたらあかん。」

2021(令和三)年四月。

桜舞う季節に、曾祖母は静かに旅立った。

「ねぇ、これひいばあちゃんの子供の頃の写真?」
「そうや。ひいばあちゃんの近くに座って写っているのが、ひいばあちゃんの両親や。あんたにとっては、高祖父母にあたるなぁ。」
「じゃぁ、“千鶴”って・・」
「ひいばあちゃんを産んだ後、スペイン風邪で亡くなったひいばあちゃんの母親の名前や。」
妻を亡くし、男手ひとつで曾祖母の事を育てた高祖父。
 その娘を遺して逝くのは、どんなに辛かっただろうか。
「あれ、この人・・」
「あぁ、これは歳三さんの・・ひいばあちゃんのお父さんが芸妓をやっていた時の写真や。」
「へぇ、そうなんだ。」
白粉を塗って、日本髪を結っているからか、さっきの写真とはかなり雰囲気が違って見えた。
わたしがその写真をアルバムの中に戻そうとすると、はらりと何かが落ちた。
それは、高祖父が、曾祖母に宛てた手紙だった。

“千歳へ、もうすぐ父様は母様の元へいってしまうけれど、父様は、ずっとお前を見ているからね。だから、父様の事を忘れないでくれ。歳三”

ひいばあちゃん。

あなたに恩返し出来なかったけれど、あなたの事はずっと忘れないよ。

ずっとわたしを見守っていてね、ひいばあちゃん。

「父様、母様、遅くなってしまってごめんなさい。」
「ずっと待っていたわ。これからはもう、さびしい思いはさせないわ。」
「行こうか、みんなが待ってる。」

(完)

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






Last updated  Jun 15, 2021 09:47:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
[薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)] カテゴリの最新記事


PR

X

Profile


千菊丸2151

Calendar

Archives

Recent Posts

Comments

千菊丸2151@ Re[1]:土方さんと安室さん 第1話(07/24) マトリックスAさんへ コメントありがとう…
マトリックスA@ Re:土方さんと安室さん 第1話(07/24) こんばんは。 拙なる短編をお読みいただ…
千菊丸2151@ Re[1]:蒼―lovers―玉 290(01/22) 風とケーナさんへ 菊は天使のような歌声…

Favorite Blog

自信を無くしたとき… New! みつき2733さん

「六つ子物語 (41) … New! 神風スズキさん

側近を通して見える… New! hoshiochiさん

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Freepage List

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


Category

ドラマ・映画

(112)

日記

(171)

グルメ

(416)

読書記録

(1949)

大人の発達障害

(11)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

連載小説:Ti Amo

(115)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:双つの鏡

(219)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(205)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(85)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(62)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(151)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(13)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説「女王達の輪舞曲<ロンド>」

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火

(3)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(18)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(10)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(3)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説「土方さんと安室さん」

(1)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(10)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~

(10)

© Rakuten Group, Inc.