1900539 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

July 30, 2021
XML

※BGMと共にお楽しみください。

「薄桜鬼」・「名探偵コナン」のクロスオーバー二次小説です。

作者・出版社・制作会社などとは一切関係ありません。

捏造設定ありなので、苦手な方はご注意ください。


「安室さん、どうして僕達がここに来るってわかったの?」
「公園で君が刑事達と話をしている姿を、見ていたからね。それに好奇心が強い君の事だから、きっと“彼”がもう誰なのか気づいているんじゃないかと思ってね。」
「流石、三つの顔を使い分ける事が出来る訳ね。わたし達がここへ来る事を読んでいたって事ね。」
哀はそう言うと、溜息を吐いて首をすくめた。
「それで、どうするつもりなの?」
「さぁ、それは君次第さ、コナン君。」
零はそう言うと笑った。
「それで江戸川君、“彼”は一体何者なの?」
「土方歳三。幕末の頃新選組の“鬼の副長”と呼ばれて恐れられ、五稜郭の戦いで死んだけれど、遺体が見つかっていないから、一時ロシアで生存しているんじゃないかという話が出ていたみたいだ。」
「新選組といえば、今でも映画やドラマの題材にされる程人気なのよね。幕末を生きた坂本龍馬と同じ位人気があって、彼らが過ごした京都には、色々と彼らにゆかりのある場所を訪ねるファンも居るそうよ。」
「ふぅん。それでコナン君はいつ、“彼”が土方歳三だと気づいたんだい?」
「彼が握っていた懐剣に彫られた家紋だよ。左三つ巴の家紋の事を調べたら、自然とわかったんだ。」
「へぇ。さてと、立ち話はこれ位にして、“彼”に会いに行こうか。」
零はそう言うと、病室のドアをノックした。
「風見、“彼”の様子はどうだ?」
「今は薬で眠っています。」
零の部下である風見裕也は、そう言った後首を軽く傾げた。
「どうした、何かあったのか?」
「えぇ、実は・・」
風見は、数分前に起きた出来事を零達に話した。
今はベッドの中で眠っている男―土方歳三が、意識が戻った時、風見に向かってこう言ったという。
「山南さん、何であんたここに居るんだ!?」
その後、興奮状態になった歳三は看護師によって鎮静剤を打たれたという。
「その“山南さん”って、新選組総長で切腹した山南敬助の事じゃない?」
「彼の友人、でしょうか?」
「それは、後で彼に聞くしかないな。」
コナン達がそんな事を話している間、歳三は懐かしい夢を見ていた。
それは、戊辰の戦を終え、千鶴と夫婦となった頃のものだった。
「今年も綺麗に咲きましたね。」
「あぁ。」
蝦夷地の厳しい冬を越え、二人はあの時と同じように遅咲きの桜を見ていた。
「なぁ千鶴、何か俺に隠している事はねぇか?」
「実は・・」
千鶴はあの時、歳三との間に子を授かっていた。
だが、その子は産声を上げる事無く彼岸へと旅立ってしまった。
千鶴はその頃から体調を崩すようになったが、その事を歳三に隠していた。
そして―

(俺が、もっと気遣ってやっていれば・・)

“歳三さん。”

自分の名を呼び、優しい笑顔を浮かべてくれた千鶴は、もう居ない。

千鶴を喪った歳三は、魂の抜け殻となっていた。

(千鶴、お前に、もう一度会えたら・・)

「気が付いたみたいですね?」

歳三が目を覚ますと、そこには金色の髪に褐色の肌をした青年が自分の前に立っていた。

「てめぇ、何者だ?」
「はじめまして、“土方歳三”さん。僕は、降谷零といいます。さてと、色々と質問したい事は山ほどありますが、何故あなたが自殺をしようと思ったのか、その理由をお聞かせ願えませんかね?」
「・・お前ぇに話す事なんざ、何もねぇ。」
「あなたにはなくても、僕にはあるんですよね、聞きたい事が沢山。だから、協力してくれませんかねぇ?」
「嫌だ、と言ったら?」
歳三の言葉を聞いた零は、口元に笑みを浮かべると、スーツの胸ポケットから、“ある物”を取り出した。
「これ、ご存知ですよね?」
「てめぇ、それは・・」
「そう、あなたが若い頃に詠んだ、“豊玉発句集”の複写本です。」
「何だと・・」
「早速ですが、この複写本を英訳して、全世界にあなたの黒歴史を拡散させても良いんですよ?」
(うわぁ、えげつねぇ~!)
(流石公安ってところね・・)
二人のやり取りを傍で聞いていたコナンと哀は、そんな事を思いながら慌てふためく歳三の姿を見ていた。
「ちょっと、怪我人をいじめるのはそこまでにしておきなさいよ。あなた、この人に自殺しようとした理由を聞こうとしていたんじゃないの?」
「あぁ、そうでしたねぇ。」
(わざとね。)
(わざとだな。)
「ねぇ安室さん、どうしてこの人の事を調べているの?」
「それは、まだ君達には言えないなぁ。」
そう言ってコナン達に微笑んだ零だったが、その目は全く笑っていなかった。
「わたし、あなたみたいな完璧主義な人が自殺を図ろうとした理由が何となくわかったような気がするわ。そうね、最愛の奥さんの後を追おうとしたって事かしら?」
「何で、そんな事が・・」
「わかったかって?あなたが今もその手に握り締めているそのリボン、きっと亡くなった奥さんが最期まで身に着けていた物ね。あなたは京都で色々と浮名を流していたんでしょうけれど、奥さんの事を心底愛していたのね。」
「あぁ、そうだ。俺は千鶴の後を追おうとしていた。それなのにどうして・・」
「だったら、一度は捨てようとしていたその命、僕達の為に使ってくれませんかねぇ?」
「それは一体、どういう意味だ?」
「実は最近、この町で変質者が出没しているんですよ。目撃者からの情報によると、変質者の特徴は背丈があなたと同じ位で、金髪紅眼、そのターゲットは必ず女子高生かあなたと同じ年の成人男性・・」
歳三の脳裏に、ある男の顔が浮かんだ。
「その顔、どうやら犯人に心当たりがありそうですね。」
「まぁな。」
「さてと、これからあなたの処遇について色々と考えなければなりませんが、いくら公安の僕でも百五十年以上前に死んだ人間の戸籍を取り寄せるなんて神業は出来ませんから、新しくあなたの戸籍を作る事にして、さしあたっての問題は、仕事と住居ですね。コナン君、少し相談したい事があるから、ちょっといいかな?」
「うん。」
歳三の病室から出た零は、コナンにある提案をした。
「彼を工藤邸に住まわせたらどうだろう?」
「あ~、それは難しいかも。だって赤井さんとあの人、上手くいかなそうだし。」
「そうだったね・・」
FBI捜査官・赤井秀一は、“黒の組織”の目を欺く為、大学院生・沖矢昴として変装して生きてきたが、現在“黒の組織”の残党狩りの為に“赤井秀一”として工藤邸で暮らしていた。
「あの男と彼は、顔を合わせれば喧嘩しそうだ。」
「じゃぁ、小五郎のおっちゃんに頼んで、僕達と住めるようにするよ!あ、仕事は・・」
「僕が、“ポアロ”のマスターに頼んで、彼を雇って貰えるようにするよ。」
「決まりだな!」
「で、こいつが今日から居候する事になった・・」
「土方歳三だ。今日からよろしく頼む。」
病院を退院した歳三は、暫く毛利家に居候する事になった。
「俺は毛利小五郎、ここでは探偵事務所をやっている。それと、こっちに居るのが娘の蘭だ。」
「はじめまして。」
そう言って歳三を見ている蘭は、何処か嬉しそうだった。
「コナン、とかいったか?これから世話になるから、礼として料理を振る舞いてぇんだが、台所は何処だ?」
「あ、台所はここですよ。」
「そうか・・」
毛利家の台所に初めて足を踏み入れた歳三は、奇妙な道具が並んでいる事に驚いた。
「これは・・竈か?」
「あぁ、炊飯器といって、この丸いボタンを押したらご飯が炊けるんですよ。」
蘭から家電の使い方を説明されながら、歳三は自分達が生きた時代とは道具や生活様式が様変わりしている事に驚いた。
特に驚いたのは、重労働で会った炊事や洗濯などの家事が、“家電”というものによって簡略化された事だった。
(こんなにも家事が楽になる時代に千鶴と生きていたら、あいつも少しは長生きできたんだろうな・・)
米を研ぎながら、歳三はふと千鶴の事を思い出しては感傷的になってしまった。
「何だ、これは?」
「カレーですよ?」
「この泥水みてぇな汁の中には、何が入っているんだ?」
「牛肉と炒めた玉ネギと人参、ジャガイモと、カレー粉ですよ。」
「食えるのか?」
「大丈夫ですよ。」
その日の夜、歳三はカレーライスを食べて、その美味さに思わず唸った。
「美味ぇ!」
「だろう?蘭が作るカレーは絶品だからな!」
こうして、歳三の現代での生活が始まった。
「おはようございます。」
「あれぇ、土方さん、朝ご飯作ってくれたんですか!?別に良いのに。」
「いえ、これ位させて下さい。はい、どうぞ。」
そう言って歳三が食卓に並べたのは、焼鮭と味噌汁、白米の和定食だった。
「頂きま~す!」
「美味ぇな!いつも朝は洋食だが、偶には和食もいいな!」
小五郎はその日、朝から上機嫌だった。
「ねぇ土方さん、その格好だと目立つから、安室の兄ちゃんが服を買いに行こうって。」
「わかった。」
コナンと共に歳三が待ち合わせの場所へと向かうと、そこには零ではなく風見の姿があった。
「何でてめぇがここに居る!?」
「降谷さんは別件で手が放せないようなので、今日はわたしがお供致します。」
「ったく・・」
こうして三人は近くの大手衣料品店へと向かったのだが―
「キャ~!」
「何あの人、凄いイケメン!」
「モデル?それとも俳優さん?」
歳三が店に入ると、彼の姿を見た女性達が急に色めき立った。
結局、服を買うのに一時間もかかってしまった。
「洋装ってのは、何だか窮屈で仕方ねぇな。」
歳三は薄手のジャケットを羽織った後、そう言ってサングラスをかけた。
スキニーのデニムは彼のスタイルの良さを際立たせ、道を歩いているだけでも女性達から熱い視線を注がれていた。
その事に、本人はまんざらでもないようだった。
(あ~、何だか嫌な予感がする・・)
「では、わたしはこれで。」
風見と“ポアロ”の前で別れたコナン達が店の中に入ると、店内に居た女性客達は歳三に熱い視線を向けた。
「いらっしゃいませ。安室さんから聞いていますよ。わたし、榎本梓といいます。よろしくお願いします。」
「土方歳三だ。今日から宜しく頼む。」

歳三の姿に、“ポアロ”の常連客達は、“ポスト・アムピ登場か!?”とSNSで盛り上がっていた。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






Last updated  July 31, 2021 07:37:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
[コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:土方さんと安室さん 第2話(07/30)   マトリックスA さん
こんばんは。

コメントを頂きありがとうございます。

なんだか面白そうな展開になってきましたか?

それは嬉しいことです。^^


土方歳三は、以前写真を見たよう・・・否、見ました。^^;

今の時代に生まれていても「いい男」でしたね。

応援☆

(July 30, 2021 09:53:47 PM)

Re[1]:土方さんと安室さん 第2話(07/30)   千菊丸2151 さん
マトリックスAさんへ

感想ありがとうございます。
実在の土方さんの写真はまさに美男子です。
いつの世も女性は美男子を放っておかないものです。 (July 30, 2021 10:06:51 PM)

PR

X

Calendar

Profile


千菊丸2151

Archives

Comments

Recent Posts

Favorite Blog

麗子ママが啖呵を切… New! 神風スズキさん

日本沈没ー希望のひ… New! みつき2733さん

メアリー・ポピンズ… New! hoshiochiさん

Free Space

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


薄桜鬼中華風ファンタジーパラレル二次創作小説「連理の桃花」


第1話:運命の出会い


薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁


薄桜鬼芸能界パラレル二次創作小説:憧れの王子様


☆1☆


Category

ドラマ・映画

(116)

日記

(180)

グルメ

(417)

読書記録

(2013)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo 登場人物

(1)

連載小説:Ti Amo

(114)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(3)

連載小説:双つの鏡

(219)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

薄桜鬼 二次創作小説:白日

(1)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(208)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(86)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(152)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(14)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説:女王達の輪舞曲<ロンド>

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり

(8)

薄桜鬼腐向け二次創作小説:貴方に伝えたいこと

(1)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(4)

薔薇王の葬列 現代パラレル二次創作小説:美しき炎

(0)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(24)

薄桜鬼 大正浪漫転生パラレル二次創作小説:愛している

(2)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(5)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(12)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

PEACEMAKER鐵 転生パラレル二次創作小説:光と影の輪廻

(2)

薄桜鬼 遊郭パラレル二次創作小説:毒と蜜~運命の罠~

(1)

薄桜鬼 現代家族パラレル二次創作小説:君に、会いたい。

(2)

薄桜鬼 現代妖パラレル二次創作小説:幸せを呼ぶクッキー

(3)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼 二時間サスペンスドラマパラレル 二次創作小説:沢庵刑事トシの事件簿

(2)

薄桜鬼 現代昼ドラ風不倫パラレル 二次創作小説:禁断の果実

(2)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

薔薇王の葬列 ファンタジーパラレル二次創作小説:優しい竜とエルフの姫

(1)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

PEACEMAKER鐵 大正転生パラレル二次創作小説:希うものは

(0)

薄桜鬼×天上の愛 地上の恋 クロスオーバー二次創作小説:玉響の夢

(2)

天上の愛 地上の恋 ギムナジウムパラレル二次創作小説:天使の箱庭

(1)

魔道祖師腐向けファンタジー二次創作小説:泡沫の恋の果て

(0)

© Rakuten Group, Inc.