000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

2021年08月07日
XML




「薄桜鬼」・「名探偵コナン」のクロスオーバー二次小説です。

作者・出版社・制作会社などとは一切関係ありません。

捏造設定ありなので、苦手な方はご注意ください。


「いらっしゃいませ~」

歳三が現代へとタイムスリップし、毛利家に居候し、“喫茶ポアロ”で働き始めてから一週間が過ぎた。

「土方さんが来てくれて、本当助かります。今まで食事はわたし一人でやっていたから・・」
「いやぁ、俺も千鶴と所帯を持ってから色々と家事をしていましたから、まだ不慣れなものですよ。」
「それでもすごいですよ。」
「そうですかね・・」
いつものように、歳三が作った朝食をコナン達が食べていると、外から大きな音が聞こえた。
「何、今の?」
「さぁな。」
その後、歳三は学校へと向かうコナンと蘭を見送ると、“ポアロ”へと出勤した。
「おはようございます。」
「土方さん、おはようございます。」
「おはようございます、榎本さん。」
「安室さんは、風邪をひいたそうで、数日休むそうです。」
「風邪、ねぇ・・」
歳三がそんな事を呟きながらモーニングの準備をしていると、店のドアベルが鳴った。
「いらっしゃいませ~」
店に入って来たのは、サングラスをかけ、初夏だというのに厚手のコートを着た男だった。
「ご注文は?」
「この“朝定食”を頼む。」
「かしこまりました。」
歳三がそう言って厨房へ向かった後、 謎の男がサングラスを外した。
彼は、喫茶店巡りをしてはその店の料理の評論をする、グルメブロガーである。
最近、この町にある“喫茶ポアロ”の朝定食が美味いという噂を聞きつけ、やって来たのだった。
(さて、頂きましょうか・・)
男はそう思いなが箸で焼き鮭を一口大に切り分け、それを食べると、彼はその美味さに思わず呻きそうになった。
(良い焼き加減・・しかも、鮭本来のうまみを引き出している!)
いつの間にか、彼は“朝定食”を完食していた。
「ご馳走様でした。」
「ありがとうございました。」
“ポアロ”を出た後、男は帰宅するなり思いの丈をブログに綴った。
「何だか最近、“朝定食”を注文される方が多いですね。」
「あぁ、一昨日うちに来たお客様がブロブに“朝定食”の事を紹介してくれたんですよ、ほら。」
そう言って梓が零に見せたのは、件のグルメブロガーのブログだった。
“奇跡、これは奇跡としか言いようがない!良い焼き加減の鮭と、炊き立ての白米との相性が抜群だ!”
「ちょっと大袈裟過ぎませんか?」
「いいじゃないですか、この店の宣伝になるんだし・・」
「そうですね。それにしても、今日も女性のお客様が多いような気がしませんか?しかも年齢層が少し高めの。」
「多分、土方さん目当てでしょうね。安室さんはほら、気さくな感じでJK達から人気でしょう?でも土方さんは、落ち着いたデキる大人なイメージがありますよねぇ。」
「はは、そうですか。それで、土方さんはどちらに?」
「あ、さっき買い出しを頼んでスーパーに行ってくれたんですが、中々戻って来ないですねぇ。」
「まぁ、そのうち戻って来るんじゃないですかねぇ?」
零はそう言いながら、仕事に戻った。
同じ頃、哀とコナンは少年探偵団と共に米花商店街の中にあるスーパーへと来ていた。
「なぁ、あれ土方の兄ちゃんじゃね?」
「何しているんだろう?」
元太達がそう言いながら見ているのは、自動ドアの前で右往左往している歳三の姿があった。
「土方さん、どうしたの?」
「ああ、お前らか・・助かった、今困っている所なんだ。」
「え?」
コナンと哀が歳三から事情を聞くと、歳三は自動ドアから中々スーパーの中へと入れず、困っていた。
「大丈夫ですよ、僕についてきて下さい!」
何とか光彦と元太に手をひかれながら無事にスーパーの中へと入れた歳三だったが、今度は売り場が広過ぎて目的の物が中々見つからなかった。
「えぇと、これが“あいすくりぃむ”と・・」
「ちょっと、アイスクリームは溶けるから最後に買いなさい。常温保存の物を先に買った方が良いわ。」
「あぁ、そうだな。」
ひと通り買う物をカゴの中に入れて歳三がレジへとカートを押していると、彼はある物の前で止まった。
「ちょっと、どうしたの?」
哀が、歳三が見つめている物を見ると、それは沢庵のパックだった。
「行くわよ。」
「わかったよ・・」
歳三は溜息を吐くと、スーパーから出て“ポアロ”へと戻った。
「只今戻りました。」
「随分遅かったじゃないですか?」
「えぇ、でもこの子達が助けてくれました。」
「へぇ。」
ランチタイムを過ぎた“ポアロ”には、ゆったりとした時間が流れていた。
「はぁ、疲れた・・」
「それもそうよねぇ、色々とあったもの。」
哀はそう言うと、溜息を吐いた。
「土方さん、今日はもう帰ってもいいですよ。」
「わかりました。」
“ポアロ”を出て毛利家の中へと入った歳三は、リビングに入ると着替えもせずそのまま眠ってしまった。
『降谷さん、例の件ですが、犯人が捕まりました。』
「そうか。」
『あの土方という男は、あの探偵の所に?』
「あぁ。彼は完全とまではいかないが、すっかりここに馴染んだようだ。」
『また何か動きがあったら報告致します。』
風見は零との通話を終えた後、自分の前に座っている金髪紅眼の男を見た。
「さてと、あなたには色々と尋ねたい事が山程あります。」
「ふん。」
男―風間千景は、机に足を乗せたまま風見を睨みつけた。
「あなたは、一体何の目的で彼らを・・」
「愚問だ。俺は薄桜鬼を我妻にする為・・」
「もうその話は良い。」
(降谷さん、助けて下さい・・)
「へっくしょい!」
「土方さん、どうかされましたか?」
「いや、何でもない・・」
「風邪ですか?」
「さぁな。ここ最近、誰かに見られているような気がするんだが・・」
「あぁ、土方さんって最近人気がありますからね。ほら、この前だって沢山ラブレターを貰っていたじゃないですか!」
「あぁ、そうでしたね。」
恋文は京に居た頃から山のように貰っていたが、それは現代になっても変わらなかった。
まぁ、昔のように実家に送ったりすることはできないので、それらは全てゴミに出している。
「それにしても、土方さんっておいくつなんですか?」
「三十八ですが・・」
「えぇ、嘘!」
「何もそんなに驚く事ないでしょう。」
「だって安室さん三十二なのに若いんですよ!お二人共一体何処の化粧品を使われているんですか!?」
「何も使っていませんよ。」
「え~、うらやましい!」
「そんな事ないですって。」
梓と歳三がそんな事を話していると、店のドアベルが鳴った。
「すいません、今は準備中で・・」
「漸く会えたな、薄桜鬼よ!」
“ポアロ”に入って来た千景は、そう叫ぶと歳三に抱きついた。
「てめぇ、何しやがる!」
「ふふ、つれないな。」
歳三から頬を張られても、千景は何処か嬉しそうな顔をしていた。
「土方さん、この人は・・」
「こいつは俺のストーカーだ。」
「“朝定食”を頂こうか?」
「準備中だって言ってるだろうが!」
「そんなに怒るな。」
「うるせぇ、さっさとここから出て行け!」
「また来るぞ。」
歳三は“ポアロ”から出て行く千景に向かって塩を撒いた。
「どうしたの、暗い顔をして?」
「いや、最近変な客が来て困っているんだ。」
「変な客?」
歳三が“ポアロ”で仕事をしながら溜息と共に哀に対して愚痴を吐いていると、店に千景が入って来た。
「また来たぞ。」
「帰れ!てめぇに出す茶はねぇぞ!」
「ふん、相変わらず愛想がないのだな。」
「お前、いつからここに居るんだ?」
「貴様に会いにわざわざ薩摩から蝦夷地まで船で行こうとしたら、途中で海に放り出されてな。気がついたらここに居たという訳だ。」
「そうか。それで、今更お前が俺に何の用だ?」
「・・養って欲しいのだ。」
「いつもお前ぇの近くに居るあの二人はどうした?」
「天霧は、お前に会いに行くのを止めようとしたが、その事で奴と喧嘩別れしてしまった。」
「そうか。」

(天霧さえいてくれれば助かるんだがな・・)

いつも自分達にちょっかいをかけてくる千景をたしなめくれる天霧が居ないとなると、かなり困った事になる。

「あのな、養えって急に言われてもな、はいそうですかって言えるか!」
「今日から世話になる。」
「人の話を聞け。」
「何だか、大変な事になりそうね。」
「はは、そうだな・・」

こうして、千景は毛利家に居候する事になったのだが―

「こら風間、洗った食器はすぐ水につけろと言っただろう!」
「てめぇ、何で俺が掃除した端から汚すんだ!」

(まぁ、こういうことは予想していたが‥何かもう、土方さん血圧上がって倒れそうだなぁ。)

千景が毛利家に居候してからというものの、毛利家の朝は歳三の怒声から始まるようになった。

「いつまで続くんだろ?」
「さぁな。」
「風間さん、家事をしてくれれば助かるのになぁ。」
「あいつには無理だろ。」

いつしかコナン達は、歳三の怒声に慣れっこになっていた。
それと比例するかのように、歳三は徐々にやつれていった。

「土方さん、大丈夫ですか?」
「すいません、最近疲れてしまって・・」
「あぁ・・そういえば、最近毛利家に新しい下宿人が来たとか。」
「下宿人じゃなくて居候ですよ。しかも、家事を全くしないタダ飯喰らい・・」

歳三がそんな事を梓に愚痴っていると、一人の客が入って来た。

「キャ~、何あの人!」
「イケメン!」

女性客は、彼が店に入って来た途端、黄色い悲鳴を上げた。

(何だ、こいつ?)

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  2021年08月08日 18時07分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

麗子ママの本番「銀… New! 神風スズキさん

アンラッキーガール… New! みつき2733さん

怪獣復活で地球をリ… New! hoshiochiさん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


薄桜鬼中華風ファンタジーパラレル二次創作小説「連理の桃花」


第1話:運命の出会い


薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁


薄桜鬼芸能界パラレル二次創作小説:憧れの王子様


☆1☆


カテゴリ

ドラマ・映画

(116)

日記

(179)

グルメ

(417)

読書記録

(2013)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo 登場人物

(1)

連載小説:Ti Amo

(114)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(3)

連載小説:双つの鏡

(219)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

薄桜鬼 二次創作小説:白日

(1)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(208)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(86)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(152)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(14)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説:女王達の輪舞曲<ロンド>

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり

(8)

薄桜鬼腐向け二次創作小説:貴方に伝えたいこと

(1)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(4)

薔薇王の葬列 現代パラレル二次創作小説:美しき炎

(0)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(24)

薄桜鬼 大正浪漫転生パラレル二次創作小説:愛している

(2)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(5)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(12)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

PEACEMAKER鐵 転生パラレル二次創作小説:光と影の輪廻

(2)

薄桜鬼 遊郭パラレル二次創作小説:毒と蜜~運命の罠~

(1)

薄桜鬼 現代家族パラレル二次創作小説:君に、会いたい。

(2)

薄桜鬼 現代妖パラレル二次創作小説:幸せを呼ぶクッキー

(3)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼 二時間サスペンスドラマパラレル 二次創作小説:沢庵刑事トシの事件簿

(2)

薄桜鬼 現代昼ドラ風不倫パラレル 二次創作小説:禁断の果実

(2)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

薔薇王の葬列 ファンタジーパラレル二次創作小説:優しい竜とエルフの姫

(1)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

PEACEMAKER鐵 大正転生パラレル二次創作小説:希うものは

(0)

薄桜鬼×天上の愛 地上の恋 クロスオーバー二次創作小説:玉響の夢

(2)

天上の愛 地上の恋 ギムナジウムパラレル二次創作小説:天使の箱庭

(1)

© Rakuten Group, Inc.