1940845 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

October 14, 2021
XML




「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方はご遠慮ください。


「ですが・・」
「とにかく、これ以上あの子に関わらないで下さい!」
院長の坂田みどりはそう言うと、歳三達を睨みつけた後、院長室から出て行った。
「取りつくしまがない、というのはこういう事だな。」
「あぁ・・」
「帰ろう、総司君の事が心配だし、店の仕込みはまだやっていないし・・」
歳三達が施設を後にしようとした時、一人の職員が彼らの元へと駆け寄って来た。
「待って下さい!」
「あなたは、確か病院で会った・・」
「勝っちゃん、この人と知り合いなのか?」
「トシ、この人なんだ、沖田君の事をノートにまとめて渡してくれたのは。」
「はじめまして、小田と申します。あの、ここだと何ですから、何処か静かな所でお話しましょうか?」
「はい。」
施設を出た後歳三達が向かったのは、二十四時間営業のファミリーレストランだった。
「沖田君が発達障害だと気づいたのは、わたし自身がそうだからです。」
「え?」
「見た目は普通の人と変わらないんですが、わたしは二年前、三十歳の時にASD(自閉症スペクトラム症候群)と診断されました。
当時、勤めていた職場でいじめに遭って、その所為でうつになってしまって・・メンタルクリニックで、漸く今まで抱えていた違和感の正体がやっとわかったんです。」
そう言った小田沙織は、少しぬるくなったミルクティーを飲んで溜息を吐いた。
「今の仕事は、障害者雇用で採用されて、以前の職場は一般採用枠雇用だったのですが、見た目が普通だから、報連相が出来ない時点で“社会人失格”の烙印を押され、マルチタスクも出来ない、雑談が出来ない・・それらの事が重なってわたしは職場で孤立し、心を病みました。それ以前にも・・中学・高校時代にも、いじめに遭いました。もっと早くわかっていたら、あんなに辛い思いをしなくて済んだのに・・だから、沖田君にはわたしのような辛い思いをさせたくないんです!」
沙織はそう言葉を切ると、歳三達に頭を下げた。
「どうか、あのこをあなた達の“家族”として迎えてあげて下さい!」
「わかりました。」
歳三達が帰宅すると、リビングでは総司がレティシアと、新しく家族となったゴールデンハムスターのチロと遊んでいた。
「お帰りなさ~い!」
「こら総司、駄目だろう、チロをレティシアが居るリビングに連れて来たら。」
「大丈夫です、ほら・・」
レティシアはチロを睨みつけながら恐る恐る近づくと、チロは彼女の鼻を噛んだ。
レティシアは悲鳴を上げ、キャットタワーへと逃げていった。
「まるで、トムとジェリーだな?」
「総司、チロはちゃんとケージに入れておけよ。ハムスターは小さいから、ちょっとした事で死ぬことがあるんだからな。」
「うん!」
「うんじゃなくて、“はい”だろ。」
「はい!」
その日の夜、歳三と勇が寝室で休んでいると、総司が居る和室の方から悲鳴が聞こえた。
「何だ!?」
二人が和室に入ると、総司が泣き叫んでいた。
「総司、どうした?」
「いやだ、いやだ~!」
「大丈夫だ、ここにはお前をいじめる奴は誰も居ないから!」
二人は総司が泣き止むまで、彼を抱き締めた。
「やっと寝たな。」
「あぁ。」
「俺達に会うまで、この子は色々と辛い思いをしてきたんだ。俺達が、この子を支えてやろう。」
「わかった。」
歳三と勇は、総司を自分の“家族”として正式に迎える為、家庭裁判所に居た。
「遅いですね?」
「えぇ・・」
総司の母親・みきは、五分遅れてやって来た。
「すいませ~ん!」
彼女は、酒臭かった。
「あの子、もう要らないからあんた達にあげる~」
みきはあっさりと、総司の親権を放棄した。
「総司君、元気でね。」
「さようなら。」
こうして総司は、歳三達と“家族”の一員となった。
「おはよう、総司。もうご飯出来てるぞ。」
「はぁ~い!」
総司は味覚過敏で食べられる物が少なかったが、何故か勇と歳三の手料理だけは食べられた。
「総司、もうすぐ運動会だな。」
「うん・・」
「お弁当作って見に行くから、楽しみにしてろよ!」
「わかった・・」
総司の顔が何処か暗い事に、歳三は気づいた。
「総司、何か俺達に隠している事ねぇか?」
「ないよ・・」
「じゃぁ、これはどうしたんだ?」
歳三はそう言うと、総司に授業参観日のプリントを見せた。
「僕、誰も来てくれないから、それ・・」
「いいか、お前ぇはもう一人じゃねぇ。俺達が居るだろ!」
「ごめん、なさい・・」
「謝るな。」
歳三はそう言うと、総司を抱き締めた。
「そうか・・」
「なぁ勝っちゃん、何とか都合をつけて行ってやろうぜ。」
「あぁ、俺達は家族だからな!」

そして、授業参観日当日。

「なぁ勝っちゃん、おかしくねぇか?」
「大丈夫だ。それにしても、トシのスーツ姿は久しぶりに見るな。」
「そうか?まぁ、ここ三年ばかり着物ばかり着ていた所為か、ネクタイの締め方を忘れちまったよ。」
「はは、トシは顔が良いから何でも似合うな。俺がネクタイを締めてやろう。」
「ありがとう。」
「髪、伸びて来たな。」
「そろそろ切らねぇとな・・」
「いや、そのままにしてくれ。」
「あんた、俺が大学卒業した時、髪切って凄く落ち込んでいたよな?」
「あぁ、お前の黒髪は綺麗だから・・」
「まぁ、昔あった長さまで伸ばすのもいいかな?」
「トシ・・」
「おいおい、そんな顔するなって、調子が狂う。」
「あぁ、済まない・・」
「じゃぁ、行って来る。」
授業参観日の教室は、何処か子供達は浮足立った様子だった。
「なぁ総司、お前の母ちゃん、来るのか?」
「来る訳ねぇじゃん、こいつ母さん居ねぇし。」
「お前んち、父ちゃん二人だもんなぁ。」

総司は、歳三が来るのを待っていた。

そして五時間目の算数の時間が始まった。

「今日は、分数の引き算をしま~す!」
「は~い!」

総司は他のクラスメイト達が次々と手を挙げているのを見ながら、問題を解いていた。
その時、教室の扉が開いて、歳三が入って来た。

彼は漆黒のスーツに身を包み、肩先までの長さがある黒髪をハーフアップにしていた。

―誰、あの人・・
―イケメンじゃない?

「あれ、誰の父ちゃん?」
「俺の父さんだよ。」
「え~!」
「いいなぁ、あんなイケメンが父ちゃんとか、うらやましい~!」
「そこ、静かにしなさい!」

総司は、少し誇らしげな気持ちになった。

「先生、さようなら~」
「みんな、寄り道しないで帰るのよ~」
「は~い!」

放課後、保護者の懇親会が行われた。

「はじめまして、沖田総司の養父の、土方歳三です。」
「あぁ、何処かのホストさんかと思ったら、総司君のお父さんでしたか。」
「皆さんに、お伝えしたい事があるので、こうしてこちらに参りました。」

歳三はそう言って軽く咳払いすると、総司の発達障害について話した。

「あの子は、今まで皆さんにご迷惑ばかりお掛けしてきましたが、あの子はとても良い子です。ですからどうか、あの子を温かい目で見守ってやってください、お願いします!」

そう言って深々と頭を下げる歳三を、他の保護者達は温かく迎え入れてくれた。

それから数日経ち、食堂に千景がやって来た。

「またてめぇか?」
「そんな顔をするな、歳三。俺はただここには飯を食いに来ただけだ。」

白スーツ姿の千景がそう言って空いているカウンター席に腰を下ろすと、歳三は間髪入れず沢庵で彼の顔を叩いた。

「またここに居たのですか、風間?」
「天霧、これから俺は・・」
「さぁ、帰りますよ。」
「だから・・」
「帰 り ま す よ。」

天霧は歳三達に一礼すると、千景を無理矢理席から立たせ、店から出て行った。

「一体何がしたいのですか、あなたは?沢庵ビンタをされにわざわざ高級ブランドの白スーツを着て・・」
「俺はただ、あいつに会いたいだけだ。」
「しつこい男は嫌われますよ、大概になさい。」
「うるさい、早く車を出せ。」
「はい・・」

天霧は溜息を吐きながら、車のハンドルを握った。

「なぁ、あいつは一体何しに来たんだろうな?」
「さぁな。それよりもトシ、どうしてあんなにあの人に冷たくするんだ?」
「あいつとは昔付き合っていたんだが、色々とあってな・・別れたんだ。」

歳三は、静かに千景と付き合っていた頃の話を、勇に話し始めた。

歳三と千景が初めて会ったのは、彼が、“メンバーの頭数が足りないから”と無理矢理女装させられて参加した合コンだった。
その時歳三は腰下までの長さがある黒髪をシニョンでまとめ、真紅のドレスとハイヒール姿だった。
長身の持ち主でありながら何処か中世的な美しさを持った歳三は、同性にも異性にもモテた。
その日の合コンも、歳三ばかりが男性陣に声を掛けられ、うっとうしくなった彼は足早にその場を後にした。
飲み足りなかったので彼はホテルのショットバーでカシスオレンジを数杯飲んでいたが、酒に弱い彼はすぐに泥酔してしまった。
そして翌朝気が付くと、ホテルのベッドの上で千景と共に全裸で寝ていたのである。
その日以来、歳三は千景に彼が住むマンションの部屋に呼ばれ、抱かれた。
そんなある日、歳三が住むマンションの部屋に突然、千景の秘書と名乗る男が訪ねて来た。

“坊ちゃまはいずれ風間家を継がれるお方。どうか坊ちゃまと別れて下さい。”

その時歳三は、彼が風間家の御曹司である事を知った。

「それで、彼とはどうなったんだ?」
「別れた。まぁ、あいつとは身体から始まった関係だからな。後腐れなく別れたから良かった。」
「そうか・・」
「向こうは、まだ俺に未練があるみたいだが、俺はあんたしか要らねぇ。」
「トシ・・」
「勝っちゃん・・」
「トシ・・」
二人が見つめ合っていると、そこへ一人の青年が店に入って来た。
「トシさ~ん!」
「てめぇ・・」
「やっと見つけましたよ、トシさん!僕と結婚して下さい!」
青年はそう叫ぶと、歳三に大輪の薔薇の花束を差し出した。
「悪いな、俺は・・」
「え、まさか・・」
青年は、歳三と厨房に居る勇を交互に見た後、床にくずおれた。
「嘘だ、トシさんが人妻だなんて・・」
「オイ落ち着け、俺はまだ・・」
「嫌だ、トシさんは僕のだぞ!」
「どさくさに紛れて変な事言うな。」
「トシ、その人は・・」
「あぁ、こいつは大学時代の後輩で、伊庭八郎だ。」
「トシさん、トシさぁ~ん!」
「うるせぇ、黙れ。」
「トシさ~ん!」
暫く青年は歳三から離れようとしなかった。
「僕、ずっと幼稚園の頃からトシさんの事を想っていたんですよ、それなのに~!」
「何でここがわかったんだ?」
「インスタですよ。」
「済まんトシ、店の宣伝になるかと思って、アカウントを作ったんだ。」
「そうか。それよりも八郎、いい加減離れてくれ、仕事が出来ねぇ。」
「わかったよ~!」

(はぁ、調子狂う・・)

歳三がそんな事を思いながら厨房で皿洗いをしていると、そこへ勇がやって来た。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  October 14, 2021 07:47:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
[薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:憧れの…(01/18) クレオパトラ22世さんへ シャーペンや…
クレオパトラ22世@ Re:憧れの…(01/18) この筆箱を色鉛筆の筆箱にしている方がお…
千菊丸2151@ Re[1]:茨~Rose~姫 第一章 1.(09/03) 風とケーナさんへ ケーナ様、いつもこち…

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

謝東興でカレン族の… New! アジアの星一番Ver4さん

中国民主化宣言の瞬… New! 神風スズキさん

にわか武器商人が米… New! hoshiochiさん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


第7話


薄桜鬼中華風ファンタジーパラレル二次創作小説「連理の桃花」


第1話:運命の出会い


薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁


薄桜鬼芸能界パラレル二次創作小説:憧れの王子様


☆1☆


カテゴリ

ドラマ・映画

(116)

日記

(180)

グルメ

(417)

読書記録

(2023)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo 登場人物

(1)

連載小説:Ti Amo

(114)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(3)

連載小説:双つの鏡

(219)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

薄桜鬼 二次創作小説:白日

(2)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(210)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(87)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(152)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(14)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説:女王達の輪舞曲<ロンド>

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり

(8)

薄桜鬼腐向け二次創作小説:貴方に伝えたいこと

(1)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(4)

薔薇王の葬列 現代パラレル二次創作小説:美しき炎

(0)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(24)

薄桜鬼 大正浪漫転生パラレル二次創作小説:愛している

(2)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(6)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(12)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

PEACEMAKER鐵 転生パラレル二次創作小説:光と影の輪廻

(2)

薄桜鬼 遊郭パラレル二次創作小説:毒と蜜~運命の罠~

(1)

薄桜鬼 現代家族パラレル二次創作小説:君に、会いたい。

(2)

薄桜鬼 現代妖パラレル二次創作小説:幸せを呼ぶクッキー

(4)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼 二時間サスペンスドラマパラレル 二次創作小説:沢庵刑事トシの事件簿

(2)

薄桜鬼 現代昼ドラ風不倫パラレル 二次創作小説:禁断の果実

(2)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

薔薇王の葬列 ファンタジーパラレル二次創作小説:優しい竜とエルフの姫

(1)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

PEACEMAKER鐵 大正転生パラレル二次創作小説:希うものは

(0)

薄桜鬼×天上の愛 地上の恋 クロスオーバー二次創作小説:玉響の夢

(2)

天上の愛 地上の恋 ギムナジウムパラレル二次創作小説:天使の箱庭

(1)

魔道祖師腐向けファンタジー二次創作小説:泡沫の恋の果て

(1)

© Rakuten Group, Inc.