1939848 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

October 14, 2021
XML




「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方はご遠慮ください。


「お宅の息子さんの所為で、うちの子は今度の大会に出られなくなったのよ!」
「それはうちの子も同じですが、何か?」
歳三がそう言って加害生徒の親を睨むと、彼女は一瞬怯んだが、彼を睨みつけながらこう言い放った。
「まともじゃない子は、親もまともじゃないのね!」
「はぁ!?じゃぁ何か、一方的に一人の人間を袋叩きにしたあんたの子の方がまともだってのか!」
「何ですって!?」
「言っておくが、あんたらのガキがしたのは犯罪だ!未成年だからって何でも許されると思うなよ!」
「二人共、落ち着いて下さい!」
「うるせぇ!先生、もしかして俺達をここへ呼んだのは、示談にしろとかいうんじゃねぇだろうな!?」
「そ、それは・・」
「もう警察に被害届は出したので、俺達はこの件を“なぁなぁ”で済ませるなんて思わないで下さいね!」
「は、はい・・」
「ちょっと先生、何納得しているのよ!?」
「うちの子の将来がかかっているのよ!」
「てめぇら、自分らの子が悪い事をしたのに、“ごめんなさい”も言えねぇのか!」
「ひぃ・・」
「トシ、もうその辺にしておけ。」
「帰るぞ、勝っちゃん!」
「待てって!」
呆然としている佐原達を教室に残し、歳三はその場から去っていった。
「お帰りなさい。」
「ただいま。」
「学校に呼び出されたのは、僕の事件の事でしょう?」
「あぁ。」
「それよりも、さっきこんなFAXが来てたよ。」
「サンキュ。」
総司からFAXを受け取った歳三は、それを見て絶句した。
“店を閉めろ。さもなければ店を焼く。”
「何これ・・」
「総司、警察に連絡しろ。」
「わかった。」
警察が通報を受けて土方家に来た時、総司は少し不安そうな様子でレティシアの頭を撫でていた。
「総司、部屋へ行ってろ。」
「わかった。」
「このFAXの送り主について心当たりは?」
「いいえ。コロナも終息したっていうのに、気味が悪い・・」
「何かわかったら、こちらから連絡致しますので。」
「お願い致します。」
謎のFAXが送られて来てから、店の前に大量の吸い殻が捨てられるようになった。
「ったく、一体誰が・・」
「ねぇ、この吸い殻全部口紅ついているよ?」
「じゃぁ犯人は女か?」
「それは警察に調べて貰おうよ。」
吸い殻を店の前に捨てた犯人は、総司の同級生の母親だった。
彼女は今回の事件で自分の子どもが停学処分になった事を知り、逆恨みでやってしまったと、警察で自白した。
「何でうちの子が・・」
「まだわからないのか、お宅のお子さんは傷害事件を起こしたんだ。下手すりゃ被害者は死んでいたのかもしれないんだぞ!」
「うわぁぁ~!」
「良かったね、犯人捕まって。」
「そうだな。それよりも総司、怪我の具合はどうだ?」
「少し良くなったよ。でも、ギブスの中が蒸れて臭いのが嫌かな。あと一週間で取れるからいいけど。」
「そうか。」
「ねぇ、前はホームレスの炊き出しをしていたけれど、どうしてやめちゃったの?」
「実は、変なメールが届いてな。“これ以上炊き出しをするつもりなら、店に火を放つ”ってやつだ。」
「犯人は、まだ見つからないの?」
「あぁ。」
「変な人も居るんだね。」
「さてと、今日は弁当を作る日だから、手伝ってくれ。」
「わかった。」
一週間後、総司の左腕のギブスが取れた。
「あ~、辛かった。」
「良かったなぁ、とれて。」
「うん。これで、あの臭さとはさよならだ。」
「ただいま~。」
歳三と総司がそんな事を話していると、丁度町内会の会合を終えた勇が帰宅した。
「お帰り。」
「いやぁ~、久々にみんなに会って、色々と話が弾んでつい長居してしまったよ。」
「コロナの所為で中々会えなかったから、仕方ねぇよ。」
「明日のランチの仕込み、終わったよ~」
「総司、ありがとう。」
「どういたしまして。」
「コロナも終息したし、また無料弁当配布サービス、再開するか。」
「公園でもするの。」
「いや、知人の厚意で、都内のカトリック教会で出来る事になったんだ。」
「そうか。あの脅迫メール、まだ誰が送ったものなのかわからねぇのか?」
「あぁ。」
勇はそう言うと、歳三が淹れてくれたコーヒーを飲んだ。
「はい、お父さん。」
「お、ドーナツか。」
「この前、新しくオープンしたドーナツ屋さんのクーポン貰ったから、買って来たんだ。」
「そうか、ありがとう!」
「おい勝っちゃん、甘い物ばかり食っていると太るぜ?」
「すまん・・」
「この前病院の健康診断で“太り過ぎ”って言われたんだろ?」
「う・・」
「明日から、俺とウォーキングしよう!」
「わかった・・」
「僕も付き合うよ、リハビリがてらに身体を動かしたいし。」
「ありがとう、総司!」
こうして勇は、歳三と総司と共に毎朝ウォーキングする事になった。
「はぁ、はぁ・・」
「この位でへばるなんて、情けねぇな。」
「父さん、そんなに疲れます?」
「俺は、お前達と違って、運動不足だから・・」
勇はそう言うと、首に巻いているタオルで額の汗を拭った。
「それにしても、朝早くに身体を動かすのは気持ちがいいなぁ。」
「あぁ、そうだな。」
「さ、少し休憩して歩きましょう。」
「わかった。」
公園でひと休みした後、勇は歳三達と公園内を一周した。
「なぁ、何処かで声が聞こえないか?」
「気のせいだろう?」
「いや、あっちの方から・・」
勇はそう言った後、突然遊歩道の方へと走り出した。
「待てって!」
「どうしたんですか、父さん!?」
歳三と総司が慌てて後を追うと、彼は段ボール箱の前に座り込んでいた。
その中には、“誰か飼って下さい”という貼り紙と共にゴールデンレトリバーの子犬と、ファンシーラットが恐怖で震えていた。
「酷いな・・」
「あぁ。」
「とにかく、この子達を動物病院へ連れて行こう。」
「わかった。」
犬とファンシーラットの飼い主は現れず、歳三達は子犬を“きなこ”、ファンシーラットを“もちお”と名付けた。
「ハムスターは飼った事はあるが、ファンシーラットははじめてだなぁ。」
「それに、ハムスターと違ってケージも大きいやつが必要らしい。」
勇は帰宅途中で寄った書店で購入したファンシーラットの飼育本に目を通しながらそう言った後、溜息を吐いた。
「まぁ、今日は色々とペットショップに行ったりして忙しかったから、疲れただろう?後は俺と総司がケージの組み立てをやっておくから、あんたは休んでくれ。」
「わかった、お休み。」
勇が寝室に消えた後、歳三と総司は“きなこ”と“もちお”のケージを組み立てた。
「お~いもちお、きなこ、お前達も休め。」
歳三の言葉を理解したかのように、二匹はそれぞれのケージの中に入って休んだ。
「俺達も寝るか。」
「うん。」
その日の夜、歳三達が寝室で休んでいると、突然リビングの方から“きなこ”の鳴き声が聞こえた。
「どうした?」
「子犬って、夜泣きするんですよね。」
総司はそう言って“きなこ”を抱き上げると、自室へと引き上げた。
「暫くこの子、僕の部屋で寝かせます。」
「わかった。」

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  October 14, 2021 07:58:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
[薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:憧れの…(01/18) クレオパトラ22世さんへ シャーペンや…
クレオパトラ22世@ Re:憧れの…(01/18) この筆箱を色鉛筆の筆箱にしている方がお…
千菊丸2151@ Re[1]:茨~Rose~姫 第一章 1.(09/03) 風とケーナさんへ ケーナ様、いつもこち…

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

わげもん~長崎通訳… New! みつき2733さん

マカオ作戦成功・脱… New! 神風スズキさん

砂漠は逃げ回るけど… New! hoshiochiさん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


第7話


薄桜鬼中華風ファンタジーパラレル二次創作小説「連理の桃花」


第1話:運命の出会い


薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁


薄桜鬼芸能界パラレル二次創作小説:憧れの王子様


☆1☆


カテゴリ

ドラマ・映画

(116)

日記

(180)

グルメ

(417)

読書記録

(2023)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo 登場人物

(1)

連載小説:Ti Amo

(114)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(3)

連載小説:双つの鏡

(219)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

薄桜鬼 二次創作小説:白日

(2)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(210)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(87)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(152)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(14)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説:女王達の輪舞曲<ロンド>

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり

(8)

薄桜鬼腐向け二次創作小説:貴方に伝えたいこと

(1)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(4)

薔薇王の葬列 現代パラレル二次創作小説:美しき炎

(0)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(24)

薄桜鬼 大正浪漫転生パラレル二次創作小説:愛している

(2)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(6)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(12)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

PEACEMAKER鐵 転生パラレル二次創作小説:光と影の輪廻

(2)

薄桜鬼 遊郭パラレル二次創作小説:毒と蜜~運命の罠~

(1)

薄桜鬼 現代家族パラレル二次創作小説:君に、会いたい。

(2)

薄桜鬼 現代妖パラレル二次創作小説:幸せを呼ぶクッキー

(4)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼 二時間サスペンスドラマパラレル 二次創作小説:沢庵刑事トシの事件簿

(2)

薄桜鬼 現代昼ドラ風不倫パラレル 二次創作小説:禁断の果実

(2)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

薔薇王の葬列 ファンタジーパラレル二次創作小説:優しい竜とエルフの姫

(1)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

PEACEMAKER鐵 大正転生パラレル二次創作小説:希うものは

(0)

薄桜鬼×天上の愛 地上の恋 クロスオーバー二次創作小説:玉響の夢

(2)

天上の愛 地上の恋 ギムナジウムパラレル二次創作小説:天使の箱庭

(1)

魔道祖師腐向けファンタジー二次創作小説:泡沫の恋の果て

(1)

© Rakuten Group, Inc.