000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

October 30, 2021
XML




画像はコチラからお借りしました。

「薔薇王の葬列」二次創作小説です。

作者様・出版者様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方は閲覧なさらないでください。


昔、世界には様々な種族が仲良く暮らしていた。

特に、エルフとドラゴンは仲良く暮らし、エルフ族が治めるヨーク王国では、古来ドラゴンの雛をエルフの子供が育て、生涯のパートナーとして共に生きていた。
そしてその生活を王侯貴族も送っていた。
「姫様、どちらにおられますか~?」
「姫様~!」
「まったく、あの子は何処へ行ってしまったの!?もうすぐアルフレド王子が来ると言うのに!」
ヨーク王国王妃・セシリーは、隣国の王子との見合いの時間が迫る中王宮から姿を消した娘・リチャードの姿を使用人総出で探していた。
「セシリー、あの子にはまだ結婚は早過ぎる。今回の縁談は白紙に戻した方が・・」
「貴方は黙ってくださいな!あの子はまともな身体ではないのですから、政略結婚でもしないと幸せになれないのですよ!」
良き妻、良き母である王妃は、難産の末にこの世に産み落としたリチャードが病弱な上に両性具有である事を知って以来、リチャードの事になると酷く過保護になってしまった。
今回の縁談は、セシリーがリチャードの将来を案じたが故に、勝手にセシリーが承諾したものであった。
しかし姫君として育てられながらも、リチャードは二人の兄達のように剣術や木登り、馬術や狩猟などに明け暮れる日々を送り、貴婦人としての嗜みである刺繍やピアノ、ダンスなどは完璧に習得したものの、リチャードは一日の大半を王宮の外で過ごすようになった。
それは、母・セシリーの過干渉から逃れる為だった。
長兄・エドワードは、リチャードを妹として過保護に扱い、リチャードが馬術をしたり剣術を習ったりするのを猛反対した。
だが次兄・ジョージは、エドワードとは対照的にリチャードと一緒に木登りをして遊んだり、一緒に剣術をしたりしたし、一度も彼はリチャードの事を妹としてではなく、弟として扱った。
しかしリチャードが初潮を迎え、女らしい丸みを帯びた身体へとなってゆくと、セシリーは二人の兄達とリチャードを引き離し、リチャードは王宮から少し離れた塔へと移された。
王宮から塔へと移されても、リチャードは幼少の頃と同じように、ジョージと遠乗りに出掛けたり、剣術の稽古を受けたりしていた。
その日もリチャードは、ジョージと共に鹿狩りの為森へと来ていた。
狩りの成果は散々な結果に終わり、リチャードはジョージと森の入り口で別れ、王宮へと戻る前に湖で水浴びすることにした。
水浴びで髪と肌に纏わりついていた汗をリチャードが流していると、何処からか蹄と嘶きの音が聞こえ、湖畔近くの叢から全裸の男が出て来た。
「エルフの姫か・・俺は幸運に恵まれているのかもしれん。」
男はそう言ってリチャードを見ると、そのまま湖の中へと入ってゆき、徐々にリチャードとの距離を詰めていった。
「曲者、俺に触れるな!」
「男の前で無防備に裸を晒すあんたが悪い。」
男は欲望で滾った金色の瞳でリチャードを見つめると、彼女の乳房へと手を伸ばそうとした。
その時、上空に一頭のドラゴンが飛んできたかと思うと、そのドラゴンはまるでリチャードを男から守るかのように二人の間に降りて来た。
「ふ、ドラゴンに睨まれるとは運が悪いな。まぁ、あんたとはまた会えるような気がする。」
男は口元に不敵な笑みを浮かべながらそう言ってリチャードの髪を一房梳くと、湖を後にした。

(何だったんだ、あいつ・・)

「助けてくれて有難う。」

リチャードからそう声を掛けられたドラゴンは、嬉しそうな声で鳴いた。

「お前、名前は?何処から来たんだ?」

リチャードが自分の目の前に居る金色の柔らかな鱗を持ったドラゴンは、澄み切った青空のような美しい瞳で彼女を見つめると、再び嬉しそうな声で鳴いた。
鱗の光沢具合から見るに、このドラゴンは若い雄のようだ。
あの傲慢な人間の男から自分を守ってくれたドラゴンに色々と尋ねてみたリチャードだったが、言葉を話せないドラゴンはリチャードの質問に嬉しそうな声で鳴くだけだった。

「リチャード様~!」
「リチャード、何処だ~!」

中々王宮へ戻って来ないリチャードに気づいたのだろうか、森の奥から従者達とジョージの声が聞えて来た。
「残念だがお前とはこれでお別れだ、縁があったらまた会おう。」
リチャードがそう言ってドラゴンの頭を撫でると、彼は悲しそうな声で鳴いた。
「リチャード、何処へ行っていたんだ、お前が中々王宮に戻って来ないから心配して探したんだぞ!」
「申し訳ありません、兄上。」
ジョージとケイツビーと共に湖を後にしようとしたリチャードは、急に背中に鈍痛が走るのを感じた。
「リチャード様!」
「待て、ケイツビー。このドラゴンは俺の友人だ。」
ケイツビーが腰に帯びていた剣を抜こうとしているのを慌てて止めたリチャードは、涙で潤んだ瞳で自分を見つめているドラゴンの方へと振り向いた。
「泣くことはないだろう、甘えん坊な奴め。」
「リチャード、まさかこいつも連れて行く気じゃないだろうな?」
「いけませんか、兄上?」
「俺は別にこいつを王宮に連れて行くことには構わないが、母上がこいつを見てどう思うか・・」
「大丈夫です、こいつの事は俺から母上に説明しますから。」
「そ、そうか・・」

一方、王宮ではセシリーがイライラとした様子でリチャードが王宮に戻って来るのを待っていた。

「まったく、あの子は今何処をほっつき歩いているのやら!」
「セシリー、落ち着け。すぐに帰って来るから・・」
「あの子の身にもし何かあったらどうなさるのです、あなた!」
そう興奮して夫である国王に捲し立てる王妃の様子を傍目で見ながら、リチャードの縁談相手であり隣国の王子であるバッキンガムがふと窓の外を見ると、空を飛んでいるドラゴンが徐々にこちらへと近づいてくることに気づいた。
「王妃様、ド、ドラゴンがこちらへやって来ます!」
「まぁ、何ですって!?」
セシリーと国王リチャードが上空を見ると、金のドラゴンの上に愛娘と息子、そして従者が乗っている事に気づいた。
「遅れて申し訳ありませんでした、母上。」
「リチャード、お前が無事に戻って来てよかったわ。それよりも、そのドラゴンはどうしたの?やけにお前に懐いているようだけれど?」
「湖で人に襲われた所を、このドラゴンに助けて貰ったのです。」
「まぁ、そうなの。さぁ、こちらにいらっしゃい。紹介するわね、こちらがスタッフォード王国の第一王子・ヘンリー様・・バッキンガム公爵様よ。」
「初めまして、バッキンガム公爵と申します。」

そう言って自分に向かって右手を差し出したバッキンガムの顔を見た途端、リチャードは彼の顔を拳で殴った。

「リチャード、バッキンガム様に何てことを!」
「母上、こいつです、湖で俺を襲って来た変態は!」
「ふ、まさかあんたがこの国の姫だったとは・・俺はつくづく運が良い。」

リチャードに殴られ、口端から垂れた血を乱暴に拭いながら、スタッフォード王国第一王子・ヘンリーことバッキンガム公爵はそう言うと不敵な笑みを口元に浮かべた。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  October 30, 2021 08:48:59 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

カレンダー

プロフィール


千菊丸2151

バックナンバー

コメント新着

千菊丸2151@ Re[1]:憧れの…(01/18) クレオパトラ22世さんへ シャーペンや…
クレオパトラ22世@ Re:憧れの…(01/18) この筆箱を色鉛筆の筆箱にしている方がお…
千菊丸2151@ Re[1]:茨~Rose~姫 第一章 1.(09/03) 風とケーナさんへ ケーナ様、いつもこち…

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

科捜研の女21 1… New! みつき2733さん

小龍少年が習近平に… New! 神風スズキさん

持つものと持たざる… New! hoshiochiさん

サイド自由欄

ランキングに参加しております、気が向いたらバナーをクリックしてくださいませ。

PVアクセスランキング にほんブログ村

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

◆LINK◆


◆素材サイト様◆


◆お気に入りのサイト様◆


オリジナル小説


Ti Amo


月光花


VALENTI


白銀之華


金魚花火


蒼き炎(ほむら)


玻璃の中で


紅き月の標


双つの鏡


螺旋の果て


華ハ艶ヤカニ


黒衣の貴婦人


わたしの彼は・・


茨~Rose~姫


孤高の皇子と歌姫


麗しき狼たちの夜


蒼き天使の子守唄


蒼の騎士 紫紺の姫君


宿命の皇子 暁の紋章


紅蓮の涙~鬼姫物語~


炎の月~LOVE STORY~


蒼―lovers―玉(サファイア)


・・・lunatic tears・・・


儚き世界の調べ~妖狐の末裔~


皇女、その名はアレクサンドラ


翠の光~ある新選組隊士の物語~


狼たちの歌 淡き蝶の夢~新選組異譚~


二人の皇太子~アメジストとエメラルド~


二次創作部屋


火宵の月


薄桜鬼 双子パラレル小説「鬼嫁物語」


薄桜鬼 薔薇王パラレル小説「I beg you」


薔薇王転生パラレル小説「巡る星の果て」


薔薇王クロスオーバー中世風パラレル「薔薇と駒鳥」


薔薇王韓流時代劇パラレル「白い華、紅い月」


火宵の月オメガバースパラレル「その花の名は。」


火宵の月幕末パラレル小説「想いを繋ぐ紅玉」


火宵の月 韓流時代劇風パラレル小説「華夜」


PEACEMEKER鐵 平安パラレル「綺羅星の祈り」


進撃の巨人 腐向け幕末パラレル小説「一輪花(いちりんはな)」


薔薇王 花街パラレル小説「美しき華たちへ~花街哀歌~」


薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次小説「羅刹の檻」


薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル二次小説「紫の瞳の人魚姫」


PEACEMEKER鐵 中世ヨーロッパ風ファンタジーパラレル「勿忘草が咲く丘で」


刀剣乱舞×薄桜鬼 腐向けクロスオーバー二次小説 輪廻の砂時計


PEACEMEKER鐵 二次小説 オメガバースパラレル「愛しい人へ、ありがとう」


コナン×薄桜鬼クロスオーバー「土方さんと安室さん」


薄桜鬼異世界ファンタジー二次小説「狼と一角獣」


薄桜鬼現代ファンタジー二次創作小説「黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん」


薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説「火喰鳥」


薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説「桜流し」


薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説「銀盤で紡ぐ愛」


薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説「甘い恋の魔法」


第1話


第2話


第3話(性描写あり)


第4話


第5話


第6話


薄桜鬼中華風ファンタジーパラレル二次創作小説「連理の桃花」


第1話:運命の出会い


薄桜鬼 寄宿学校パラレル二次創作小説:蝶の花嫁


薄桜鬼芸能界パラレル二次創作小説:憧れの王子様


☆1☆


カテゴリ

ドラマ・映画

(116)

日記

(180)

グルメ

(417)

読書記録

(2023)

大人の発達障害

(11)

連載小説:龍の華

(2)

連載小説:Ti Amo 登場人物

(1)

連載小説:Ti Amo

(114)

連載小説:VALENTI

(151)

連載BL小説:天の華

(9)

連載小説:茨の家

(43)

連載小説:翠の光

(34)

連載小説:金と黒

(3)

連載小説:双つの鏡

(219)

薄桜鬼 夢小説:融雪

(1)

完結済小説:桜人

(70)

完結済小説:白昼夢

(57)

完結済小説:炎の月

(160)

完結済小説:月光花

(401)

薄桜鬼 二次創作小説:白日

(2)

風光る二次小説:泥中に咲く

(1)

薄桜鬼 夢小説:蒼穹の華(完)

(6)

薄桜鬼 二次創作小説:侍の娘

(2)

小説のこと(短編小説etc)

(210)

完結済小説:鬼と胡蝶

(26)

完結済小説:暁の鳳凰

(84)

完結済小説:金襴の蝶

(68)

完結済小説:金魚花火

(170)

完結済小説:狼と少年

(46)

完結済小説:翡翠の君

(56)

完結済小説:胡蝶の唄

(40)

完結済小説:琥珀の血脈

(137)

完結済小説:螺旋の果て

(246)

完結済小説:紅き月の標

(221)

連載小説:茨~Rose~姫

(87)

完結済小説:黒衣の貴婦人

(103)

完結済小説:lunatic tears

(290)

完結済小説:わたしの彼は・・

(73)

連載小説:蒼き炎(ほむら)

(60)

連載小説:蒼き天使の子守唄

(63)

連載小説:麗しき狼たちの夜

(221)

完結済小説:金の狼 紅の天使

(91)

完結済小説:孤高の皇子と歌姫

(154)

連載小説:その瞳にうつるものは

(1)

完結済小説:愛の欠片を探して

(140)

完結済小説:最後のひとしずく

(46)

連載小説:蒼の騎士 紫紺の姫君

(54)

完結済小説:金の鐘を鳴らして

(35)

連載小説:紅蓮の涙~鬼姫物語~

(152)

連載小説:狼たちの歌 淡き蝶の夢

(14)

完結済小説:宿命の皇子 暁の紋章

(262)

連載小説:女王達の輪舞曲<ロンド>

(3)

完結済小説:玻璃(はり)の中で

(95)

完結済小説:美しい二人~修羅の枷~

(64)

完結済小説:碧き炎(ほむら)を抱いて

(125)

連載小説:皇女、その名はアレクサンドラ

(63)

完結済小説:蒼―lovers―玉(サファイア)

(300)

完結済小説:白銀之華(しのがねのはな)

(202)

完結済小説:薔薇と十字架~2人の天使~

(135)

完結済小説:儚き世界の調べ~幼狐の末裔~

(172)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:鬼嫁物語

(8)

薄桜鬼 腐向け二次創作小説:団地妻トシ

(1)

薄桜鬼陰陽師パラレル二次創作小説:火喰鳥

(3)

薄桜鬼 刑事パラレル二次創作小説:埋み火(完)

(4)

薄桜鬼 花街パラレル 二次創作小説:竜胆と桜(完)

(10)

薄桜鬼 平安パラレル二次創作小説:鬼の寵妃(完)

(10)

天上の愛 地上の恋 二次創作小説:時の螺旋

(7)

天上の愛 地上の恋  二次創作小説:蒼き翼

(11)

連載小説:二人の皇太子~アメジストとエメラルド~

(6)

進撃の巨人 腐向け二次創作小説:一輪花 (完)

(70)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:誠食堂ものがたり

(8)

薄桜鬼腐向け二次創作小説:貴方に伝えたいこと

(1)

薄桜鬼 朝ドラ風パラレル二次創作小説:桜流し(完)

(2)

薔薇王韓流時代劇パラレル 二次創作小説:白い華、紅い月

(10)

薄桜鬼 和風ファンタジー二次創作小説:淡雪の如く

(6)

薄桜鬼ファンタジーパラレル二次創作小説:狼と一角獣

(4)

薔薇王の葬列 現代パラレル二次創作小説:美しき炎

(0)

火宵の月幕末パラレル 二次創作小説:想いを繋ぐ紅玉

(24)

薄桜鬼 大正浪漫転生パラレル二次創作小説:愛している

(2)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第一部:太陽と月

(11)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第二部:黒い華

(8)

薔薇王転生パラレル小説 巡る星の果て 第三部:君の神様になりたい

(0)

進撃の巨人 二次創作小説:腐向け短編(エルヴィン×リヴァイ)

(5)

黒執事×薔薇王中世パラレル 二次創作小説:薔薇と駒鳥(完)

(27)

薄桜鬼×刀剣乱舞 腐向けクロスオーバー二次創作小説:輪廻の砂時計

(9)

薄桜鬼 昼ドラオメガバースパラレル二次創作小説:羅刹の檻

(10)

薄桜鬼 ハーレクイン風昼ドラパラレル 二次小説:紫の瞳の人魚姫

(20)

薄桜鬼 人魚パラレル 二次創作小説:零れ落ちた愛の滴

(2)

薄桜鬼 現代パラレル二次創作小説:戦うメイドと鬼社長

(4)

薄桜鬼×金カムクロスオーバー二次創作小説:レイメイ

(2)

黒執事 腐向け転生パラレル二次創作小説:あなたに出会わなければ

(1)

薄桜鬼 ヴィクトリア風パラレル 二次創作小説:トシ~倫敦の恋人たち~

(2)

PEACEMAKER鐵 腐向け二次創作小説:愛しい人へ、ありがとう

(3)

火宵の月オメガバースパラレル 二次創作小説:その花の名は

(4)

コナン×薄桜鬼クロスオーバー二次創作小説:土方さんと安室さん

(6)

薄桜鬼 魔法学校パラレル 二次創作小説:その愛は、魔法にも似て

(2)

薄桜鬼 フィギュアスケートパラレル二次創作小説:銀盤で紡ぐ愛(完)

(2)

PEACEMAKER鐵 平安パラレル二次創作小説:綺羅星の祈り

(2)

薄桜鬼ハーレクイン風アラビアンナイトパラレル二次創作小説:炎のように囁いて

(4)

火宵の月 韓流時代劇ファンタジーパラレル 二次創作小説:華夜(完)

(18)

薄桜鬼腐向け西洋風ファンタジーパラレル二次創作小説:瓦礫の聖母

(12)

薄桜鬼 バットエンド二次創作小説:出会わなければよかった

(2)

PEACEMAKER鐵 転生パラレル二次創作小説:光と影の輪廻

(2)

薄桜鬼 遊郭パラレル二次創作小説:毒と蜜~運命の罠~

(1)

薄桜鬼 現代家族パラレル二次創作小説:君に、会いたい。

(2)

薄桜鬼 現代妖パラレル二次創作小説:幸せを呼ぶクッキー

(4)

薄桜鬼アメリカンスクールカーストパラレル二次創作小説:人魚姫の恋

(4)

薄桜鬼現代ファンタジーパラレル二次創作小説:黒豹としぞうと飼育員千鶴ちゃん

(3)

薄桜鬼 二時間サスペンスドラマパラレル 二次創作小説:沢庵刑事トシの事件簿

(2)

薄桜鬼 現代昼ドラ風不倫パラレル 二次創作小説:禁断の果実

(2)

薄桜鬼 ヴィクトリア朝風オメガバースパラレル二次創作小説:闇の柩に眠る白雪姫

(2)

薔薇王の葬列 ファンタジーパラレル二次創作小説:優しい竜とエルフの姫

(1)

薄桜鬼腐向け転生刑事パラレル二次創作小説 :警視庁の姫!!~螺旋の輪廻~(完)

(15)

PEACEMAKER鐵 大正転生パラレル二次創作小説:希うものは

(0)

薄桜鬼×天上の愛 地上の恋 クロスオーバー二次創作小説:玉響の夢

(2)

天上の愛 地上の恋 ギムナジウムパラレル二次創作小説:天使の箱庭

(1)

魔道祖師腐向けファンタジー二次創作小説:泡沫の恋の果て

(1)

© Rakuten Group, Inc.