000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

JEWEL

全2件 (2件中 1-2件目)

1

薄桜鬼 大正浪漫転生パラレル二次創作小説:愛している

2021.10.27
XML



「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方はご遠慮ください。


亡き夫と瓜二つの顔をした少年を家の前で保護した千鶴は、急いで風呂の用意をした。
「寒かったでしょう。火鉢の近くにいらっしゃい。」
「はい・・」
「今、着替えを持ってくるわね。」
千鶴は少年を居間に残すと、自分の寝室へと向かった。
「確か、ここに・・」
彼女は押し入れにしまってあった行李の中から、まだしつけ糸が解かれていない子供用の着物を取り出した。
畳紙の中に入れていたので、染みひとつない。
いつか、子供が生まれた時に仕立てておこうと思い、仕立てておいて良かった。
その子供が授かる前に、歳三は自分を残して逝ってしまったが。
「どうぞ。」
「ありがとうございます。」
「あなた、お名前は?」
「俺は・・」
“良いか、お前は別の名を妻に伝えよ。決して真名を伝えてはならぬぞ。”
歳三―今は少年として転生した彼は、千鶴から名を尋ねられた時、咄嗟にこう答えた。」
「隼人です・・」
「隼人君ね。お父さんやお母さんは?」
「いない・・」
「そう。今からご飯作るから、待っていてね。」
「手伝う。」
「え・・」
見知らぬ少年からそう言われ、千鶴は少し戸惑った。
「じゃぁ、お願いしようかしら?」
千鶴と共に台所に向かった歳三は、そこが、生前自分が見た時と余り変わっていない事に気づき、安堵した。
歳三は慣れた手つきで、米を炊いた。
「隼人君、凄いわね。」
「いつもやっていたから、慣れている。」
「そうなの。」
手際良く家事をこなす歳三の姿を、千鶴は興味深く見ていた。
「ねぇ隼人君、もし行くところがないのなら、一緒に暮らさない?」
「いいの?」
「いいに決まっているでしょう。」
「では、お世話になります。」
「これからよろしくね。」
夕飯の後、歳三は千鶴が用意してくれた部屋に布団を敷いて寝た。
夜中に眠れずにいると、廊下の向こうから千鶴の泣き声が聞こえて来たので、歳三はそっと彼女の寝室へと向かった。
すると、そこには布団の中ですすり泣く彼女の姿があった。
「歳三さん・・」
歳三は、そっと千鶴を抱き締めながら眠った。
「ん・・」
翌朝、千鶴が目を覚ますと、隣には何故かあの少年が眠っていた。
子供の体温は高くて、独りで寝る寂しさに耐えられた。
「おはよう、隼人君。」
「おはようございます。」
「ご飯、作ろうか?」
「はい。」
歳三と千鶴が朝食を台所で作っていると、外から人の声が聞こえて来た。
「千鶴さん、居るかい?」
「隼人君、少し火を見てくれないかしら?」
「はい・・」
「すぐ戻るわね。」
千鶴が台所から外へと出ると、そこには一人の青年の姿があった。
「土方千鶴さん、ですね?」
「はい。わたしに何かご用でしょうか?」
「これを。あなた宛の物です。」
「ありがとうございます。」
「では。」
青年は、そう言うと千鶴の前から去っていった。
彼が千鶴に届けたのは、とうに縁が切れた実家からの文だった。

“チチキトク、スグカエレ”

(父様・・)

千鶴の脳裏に、家を出た時に交わした父との会話を思い出した。

“どうしても、行くのか?”
“ごめんなさい、父様・・”
“謝るのは、わたしの方だ。心から、愛する人をと幸せになりなさい。”

そう言って自分を送り出してくれた父の笑顔を、千鶴は今でも思い出しては泣きそうになった。

「千鶴・・さん?」
「ごめんね隼人君・・」
「もしかして、それは実家から・・」
「どうして、それを?」
「浮かない顔をしていたから。」
「そう。」
「隼人君、あのね・・」
「実家に、帰りたいの?」
「え・・」
「ごめん、さっきお手紙を見てしまいました。お父さん、危篤なんですよね?」
「えぇ。でも、わたしはもう家を勘当された身。実家に戻る訳には・・」
「俺が一緒について行ってやる・・」
「そんな、何も関係がないあなたに・・」
「俺、千鶴・・さんに世話になっているから、関係ある。だから・・」
「そう。じゃぁ、一緒に行きましょう。」
「うん・・」
こうして、千鶴は隼人共に実家がある東京へと向かった。
「まだ東京まで着くには時間がかかるから、今の内に休んだ方がいいわ。」
「わかりました・・」
本州行きの船の中で、歳三は千鶴の隣で眠り始めた。
すると、彼は目を開けたらそこが“あの部屋”である事に気づいた。
「また会ったな、人の子よ。」
すぅっと、歳三の前に足音もなく現れたのは、美しい女だった。
「いつまであの女の傍に居るつもりだ?そなたの魂は転生を待つのみ。何故、あの女の元に居る?」
「俺にはまだ、やりたい事がある。」
「やりたい事だと?」
「あぁ。」
「良いだろう。」
女は口端を上げて笑うと、現れたのと同じように消えていった。
(何だったんだ、あの女は?)
「隼人君、起きて。」
「ん・・」
二人は船から降りると、汽車を何度も乗り換えて漸く東京に辿り着いたのは、数日後の事だった。
「ここよ。」
「ここが、千鶴さんの家?」
「ええ。」
白亜の瀟洒な邸宅の前に二人が立っていると、その中から一人の女中が彼らの元へやって来た。
「お帰りなさいませ、千鶴お嬢様。さぁ、どうぞこちらへ。」
女中はそう言うと、千鶴の隣に立っている歳三を見た。
「この子は、わたしの息子です。」
「まぁ・・」
千鶴の言葉を聞いた時、女中は鳩が豆鉄砲を食ったかのような顔をしていた。
「千鶴、来てくれたか・・」
「父様・・」
「その子は・・」
「わたしの息子です。」
「そうか。」
千鶴の父・綱道は、そう言うと嬉しそうに笑った。
「幸せになれて、良かった・・」
綱道は、そう言うと静かに息を引き取った。
父を見送った後、千鶴は親族に呼ばれた。
「え、再婚・・ですか?」
「そう。あなたはまだ若いし・・」
「そんな・・」
「あ、あなたに是非会いたいって人が居るのよ。」
「ちづる、だっこ~!」
「まぁ、急にどうしたの?」
「だっこ、だっこ~!」
急に甘えて来て己の膝上に乗って来た歳三に驚きながらも、千鶴は再婚を勧める親族に断り、その場から離れた。
「どうしたの、さっきは急に甘えて・・」
「あの婆さん、自分の息子とお前を結婚させるつもりだぜ。」
「え・・」
「安心しろ、お前は俺が守ってやるからな。」

そう言った隼人少年の顔に、千鶴は亡き夫のそれに重ねた。

(あなた・・あなたなの?)

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  2021.10.27 18:09:34
コメント(0) | コメントを書く


2021.10.12



「薄桜鬼」の二次創作小説です。

制作会社様とは関係ありません。

二次創作・BLが嫌いな方はご遠慮ください。

「さぁ千鶴お嬢様、そろそろ時間ですよ。」
「嫌です。」
その日は、千鶴の祝言の日だった。
彼女は、家同士の利害関係が一致したというだけで、一度も顔を合わせた事がない相手と結婚する事になっていた―筈だった。
「お願いです、わたしをここから連れ去って下さい!」
「千鶴様・・」
土方歳三は、少し困ったような顔をしながら、千鶴を見た。
「ずっと、あなたの事をお慕い申し上げておりました。」
「お嬢様・・」
「わたしは、家の為に犠牲になりたくないのです!」
「逃げましょう。」
思わず、歳三は千鶴の手を取ってしまった。
「本当に、よろしいのですか?」
「はい、あなたと一緒なら・・」
こうして、千鶴は歳三と共に家を飛び出し、夫婦となった。
華族令嬢と、その家の書生との駆け落ちは、新聞に大々的に報じられた。
はじめは二人の恋を女学生達が“ロマンス”だと言って盛り上がり、二人をモデルにした小説まで出版されたが、やがて二人の恋は世間の人々から忘れ去られていった。
「いらっしゃいませ!」
「姉ちゃん、いつものやつね!」
「はい。」
海辺の田舎町で、千鶴は食堂で汗水垂らしながら働いていた。
歳三と駆け落ち同然に結婚したもの、現実は厳しかった。
「へぇ、東京から来なすったのかい。悪いけど、うちはもう人手が足りてるんだ、他を当たってくんな。」
「はい・・」
何件か断られた末に漸く決まったのが、今の職場だった。
「千鶴ちゃん、これ旦那さんに。」
「ありがとうございます。」
同僚の小母さんから千鶴が貰ったのは、懐紙に包まれたシベリヤだった。
「旦那さん、早く風邪が治るといいね。」
「はい・・」
歳三は、病弱でありながらも無理をして働いた所為で、結核に罹り、長い間床に臥せっていた。
「只今帰りました。」
「お帰り。」
「今日は、体調が良さそうですね?」
「あぁ・・」
「今日は、隣の家の小母さんからシベリヤを頂きましたよ。」
「二人で食べよう。」
「お茶、淹れますね。」
千鶴は涙を堪えながら、台所で茶を淹れた。
『ご主人はもう長くかもしれません。早くも一ヶ月、長くても三ヶ月しかもたないでしょう。』
「なぁ千鶴、これを食べた後、行きたい所があるんだが・・」
「行きたい所、ですか?」
「あぁ。」
歳三が千鶴を連れて行った所は、呉服屋だった。
「ようこそいらっしゃいました。さ、こちらへ。」
店主に案内されたのは、店主とその家族が住む離れだった。
 そこには、白無垢が衣紋掛けに掛かっていた。
「さぁさ、奥様はこちらへ。」
「え、あの・・」
一時間後、羽織袴姿の歳三は、美しく化粧をされた花嫁姿の千鶴を見て思わずため息を吐いた。
「美しい・・」
「さぁ、お二人とも、行きましょうか?」
「はい・・」
二人が呉服屋の店主らと共に向かった所は、呉服屋の向かい側にある写真館だった。
「どうして、こんな・・」
「今まで一度も二人で写真を撮った事がなかっただろう?だから、最後に撮っておきたいと思ってな。」
「あなた・・」
「そんな顔をするな。」
「はい・・」
歳三は自分の死期を悟っていた。
だから、今まで苦労をかけてきた妻に白無垢を着せてやりたかったのだ。
「はい、撮りますよ。」
この時撮った二人の結婚写真が、彼らにとって最初で最後の写真となった。
「今日は、素晴らしい思い出をありがとうございました。」
「礼を言われる事はしてねぇよ。」
帰りに寄った洋食屋で、ライスカレーを食べながら、歳三は妻と過ごす残り僅かな時間を楽しんだ。
―奥さん、お可哀想に・・
―お子さん、いらっしゃらなかったのでしょう?
―他に身内も居られないようですし、お子さんも・・
歳三の葬儀を手伝ってくれた近所の主婦達の囁きが、仏間の襖を閉めても否応なしに聞こえて来た。
(あなた、どうかわたしを守ってください・・)
千鶴は、歳三の形見であるロザリオを握り締めると、涙を流した。
桜の季節に歳三が逝き、瞬く間に厳しく長い冬がやって来た。
東京と比べ、この地の冬の寒さは骨の髄まで凍えそうだ。
今までは共に人肌で温め合う夫が居たが、今年の冬は、千鶴にとって辛いものになった。
「良く降るね。」
「そうですね。」
その日、食堂は朝から降った大雪の所為で開店休業状態だった。
「気をつけて帰んなよ。」
「はい・・」
千鶴が寒さに震えながら帰宅し、家の中へ入ろうとした時、彼女は一人の少年が家の前に倒れている事に気づいた。
「ねぇ、大丈夫?」
「ち・・づ・・る・・」
少年は苦しそうに千鶴の名を呼ぶと、そのまま意識を失った。
彼は、歳三と瓜二つの顔をしていた。
(まさか、あの人が帰って来てくれたなんて・・)
そんな事を思いながら、千鶴はその少年を放っておけず、彼を仏間に寝かせ、医者を呼んだ。
「う・・」
「大丈夫、あなたは独りじゃないからね。」

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村






最終更新日  2021.10.12 17:51:52
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.