352800 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

60代、主婦の生き方

PR

全1676件 (1676件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2019年02月23日
XML
カテゴリ:雑記
02月23日(土)05時17分

個性的な 花柄のツーピースを いただいた。

あなたのアクセサリーを 合わせてみてねの メッセージ付き。

個展で活かせるかな、難しいかな 思案中。


桜の枝を いただく。

例年 かたい蕾から、満開の花を 咲かせている。

今年は 何日目かな? 楽しみだ。


夫が バレンタインのお返しだよと あったか手袋を プレゼントしてくれた。

「地味な色だね」に「ばあさんだもの これくらいがいいよ」と 夫。

いつも被る ピンク系のハンチングに ピッタリの手袋だった。


昨日は 「クレオパトラの夢」聴き比べの 情報をいただく。

チック・コリア と ケニー・ドリュー・トリオ。

同じ曲ながら、まったく 違って聴こえる。

昨晩の 疲れ切った頭には 後者の演奏が 実にここちよく 入ってきた。

ひとつひとつの楽器が 個性を十分に発揮していると感じる。

別の日には チック・コリアも よさそう。


わたしのために、試して・咲かせて・履いて・聴いてみてと 気持ちをかけていただき、うれしい。






最終更新日  2019年02月23日 05時22分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月22日
カテゴリ:雑記
02月22日(金)21時16分

昨晩 21時22分 大きな揺れを感じ、同時に 緊急地震速報が 鳴る。

昨年9月の 余震と思われるそうだが、我が家は 被害がなかった。


今日は 定期の脳外科受診日、昨晩の地震の影響を考慮して JRを使用せず、予定通りの行動ができる。

早朝に家を出、2時間半かけて バス・地下鉄・バスを乗り継ぎ 病院着。

いつもよりスムーズに 会計まで 運ぶ。


バスで帰路につくが、途中下車して 居酒屋(旧サンローゼ)でランチタイムを とる。

サンローゼはわたしにとって 懐かしい場所ながら、すでに 居酒屋に代わって4年近くなる という。

開店早々の時間だったようで、1番目の客となり ゆったり気分で 昔の思い出に浸る。

元気回復したのちに 地上を歩いて、千秋庵ビルや旧サンデパートビルの解体を 目にした。

文章教室の帰りに お茶のみをしていた カタオカビルの喫茶店も なくなったもよう。

その流れで、一度覗いてみたかった 最近オープンの メガドンキホーテ2店舗を 訪れる。


昼食でエネルギー補給をした後でなくては 無理かとおもわれた 店内の煩雑さと物の多さ。

ドンキホーテの店の形態は どこの店舗でも 変わらない。

年齢を重ねて 今までよりさらに、ついてゆけない感を 持ったが、飛び交う アジアのお客さんの声やら 目が忙しい 品ぞろえなど、やはり 直に味わってみるものだと おもう。

値段は 底値もあれば 高く感じるもの 多数。

どこになにを置くのか、店員さんが 大変だろうなとも 考える。

ほぼ、商品をチェックして いつものデパートにたどりついたときには どっと疲れが出た。


今日は バスの中から 母の最後の住まいを眺め、市電には 懐かしいおもいを重ねて 見る。

今どきの 街なかと、過ぎ去った日々を 同時に味わえた 1日となった。






最終更新日  2019年02月22日 21時47分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月21日
カテゴリ:アクセサリー
02月21日(木)16時12分 晴れ

春の訪れを期待させる 気温と雪融けが 続く。

毎年 何も起こらないときは ない。

とくに この1年は、わたしの股関節手術と 母の死という わが家にとっての一大事を 抱えた。


10回目の個展という 目標なしでは、へこんだままの気分だったか。

体調改善・母への寄り添いがなくなるなど、一連のことが落ち着いた いまながら、好きなアクセサリーつくりの 手が進まない。

家事があって正解というほどに、やる気のない日々も 続きがち。


重大な病気を次々と発表した スポーツ選手やタレントの方々のニュースを横目で眺めながら、恵まれたわたしの環境を おもう。

数日、アクセサリーつくりに没頭したのちは 数日、外に出かけることで 気分転換。

近所の用足しだったり、友人との電話交流だったり、バスでスーパーに出向いたり・・・・

もっともっと アクセサリーに向き合って、昨年の遅れを取り戻さねばと あせる反面、これもまた わたしの与わった環境と、妙に 悟ってしまう。


原点に 帰ろう。

個展会場で 1年ぶりにお会いする方々の 笑顔を思い浮かべて、わたしのペースで 前進しよう。






最終更新日  2019年02月21日 16時33分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月14日
カテゴリ:料理
02月14日(木)09時40分 雪

昨日も 今日も 曇りの天気予報なのに、雪が降り続く。

夫が 朝に 夜に 除雪をしてくれ、感謝いっぱいだ。


ずっと 使い続けている 自家製塩麹。

最近は、水分多め・ごはん入り・塩分控えめ、出来上がった時点で スピードカッターにかける。

とろとろ状態を 空のペットボトルに入れ、肉・魚・野菜にと 利用。

麹の粒がなく 非常に使いやすい。

肉・魚は 購入後すぐに 塩麹まぶしをしておくと、あせって 使い切ろうとする必要がなく、冷蔵保存で 長持ちする。


この時期は 酒粕が 美味しい。

甘酒が好きだが、作るのは 面倒くさかった。

京都の友人が 自家製甘酒の牛乳割で、肌の調子が良いと 聴く。

いまのわたしは 肌荒れとほとんど 無縁。

でも やってみようと 酒粕を購入し、お湯で ほどく。

その後、オリゴ糖・生姜(チューブ)・三温糖・塩少々を入れ、スピードカッターで 粉砕。

じっくり火を通して、まことになめらかな口当たりの甘酒 完成。

甘さ控えめの 上品な味わいに仕上がり、ご機嫌だ。






最終更新日  2019年02月14日 10時00分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月10日
カテゴリ:料理
02月10日(日)03時51分

昨日の最低気温は -17℃、今日は -14℃か。


昨晩は 鶏のから揚げを作り、すり胡麻を たっぷりかけた。

数日前のテレビで見かけた 中華料理店の作り方に ヒントを得る。

卵白泡立て+水溶き片栗粉を 味付けなしの鶏モモ肉にからめ、油で揚げた。

すり鉢ですった 醤油味付けの胡麻をたっぷりかけて 食す。

すりたての胡麻の 香ばしいかおりに、食欲が進む。

夫の 晩酌のつまみに作った 白いから揚げは、肉の柔らかさ・うまみが 胡麻の香ばしさで、グレイドアップ。

その後の 夫が楽しみにしていたカレーにも 醤油すり胡麻を試しにかけてみたところ、ご満悦だった。


煎り・すり・練り胡麻、胡麻油など 夫婦そろって ゴマ好き。

昨日は 夫に胡麻すりを頼み、豊かな 食卓になった。






最終更新日  2019年02月10日 04時12分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月09日
カテゴリ:母の死関連
02月09日(土)05時27分

あと2日で 母が亡くなって 百か日を迎える。

昨日の母の友人(93歳)への 寒中お見舞いの電話で「お母さんが亡くなったなんて 未だに信じられないわ。私は ひとりでなんとか 暮らしているよ。心配してくれて ありがとう」

少し 母のおもいで話に 花が咲く。


母が亡くなった時、食堂での出来事だったので ほかの方へのご迷惑を思い浮かべた。

この件に関しては いつも混雑を避けるために 最後に食堂へ行っていた母ゆえ、ほぼ入居者がいなくなった時点での 突然の心肺停止であったと 施設職員からうかがい、ホットした。

食堂での出来事ゆえ 厨房には人がいたし、すぐそばに看護師詰所があり 適切な対応をしていただけ、亡くなるときまで 人がそばにいたことは、極端な寂しがりやの母にとって 幸せだったと感じる。


2年ぶりに 昨春のわたしの個展に自力(手押し車・介護タクシー)で来てくれ、アクセサリーに興味のない母が 遠方の大切な友人ふたりのために わたしの作品を自ら選んだ。

「お母さんの 形見として、いつまでも大切にするわ」と 母の友人たちに 感謝される。


亡くなる前の半年間に、美術館・藻岩山ロープウェイ(2回)・墓参り・音楽会・友人たちとの会食ほか、母の希望をかなえられた。

お雛様・仏壇・こだわりのパリの風景画は、亡くなるまで 一緒。


老いも若きもみな「こんな 恵まれた人生の終わり方は ほとんど見かけない」と 言っていただく。

「いやいや お母さんはまだまだ 生きていたかったかもしれないよ」  夫の言葉に

「現世は すでに忘れているよ、大好きなお父さんと一緒だもの」わたしは、そう思うようにしている。

どなたかが 母の死に関するブログを読んでくださったので、あらためて 母について記してみた。






最終更新日  2019年02月09日 05時57分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
02月08日(金)07時08分 くもり

外気温 -14℃、玄関フード内 -8℃。

日中も気温が上がらない 予報。


<あさイチ>・<ノンストップ>で見かけた トングとサバ缶トマト煮に 興味を持つ。


トングは 夫が調理のとき よく使う。

テレビを見ながら わたしは 活かしていないことを実感、新潟の職人技の トングにも 気持をひかれた。

100円ショップで見つけた 新潟のエコー金属株式会社で扱う トングを購入。

わが家にある ばね部分が分断されたものではなく、1枚の金属でつくられているものだ。

先は ナイロン製、くっつかない加工がされた鍋の 表面を傷つけることなく 使える。

これから、どんどん 活かしてみよう。


飽きがちになった サバ缶。

玉ねぎ・トマト缶・みそ・醤油で 簡単煮込みということで 興味を持つ。

玉ねぎ1個→半個+レンジかけ玉ねぎ(冷凍)、トマト缶→ピューレ(冷凍)、減塩の味噌と醤油→適当、おろしにんにくと塩コショー入れで ぱぱっと煮込み。

白ワインは入れなかったが、なかなか よい出来だ。

今朝 軽い除雪を終えて お腹をすかせた夫にも 評判がよく、うれしい。






最終更新日  2019年02月08日 07時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月05日
カテゴリ:音楽
02月05日(火)08時48分 晴れ

昨日は 風が強く、夫の帰りを心配したが 運よく 同僚に車で送ってもらい 帰宅。

夕食どきは できたての鶏飯ほかを味わいながら 夫婦のおしゃべりに 花が咲く。


21時過ぎからは ユーチューブで あれこれ検索しながら 4時間ほど 音楽を視聴。

わが家のテレビ画面は 43インチ、十分 楽しめるものも 多い。

ごく一部のジャンルを除いて、夫婦ともに さまざまな音楽に興味を 持つ。

昨晩は 演歌・シャンソン・1960年代から2000年前くらいまでのジャズ・ロックほか、次々と 堪能。


夫はすでに視聴していたものも多く たくさんの解説が入る。

グループの特性・声の出し方・演奏スタイル・・・・・実に多くのことを知っていることに 驚く。

いろいろなジャンル・人の 音楽を聴きながら「長谷川きよしは 小さな場所でのコンサートに 行ってみたいね」と なる。

歌い比べの画面も多く観ながら、長谷川きよしさんの ギターテクニックと声の艶に 夫婦で 聞き惚れた。


世界中の 知ってる・知らない 人・歌や音楽・会場のコンサート場面がうかがえる ユーチューブには 感謝しかない。






最終更新日  2019年02月09日 09時31分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月04日
カテゴリ:雑記
02月04日(月)08時32分 雨

外は みぞれもよう、玄関フード内 3℃で 暖かく感じる。


この1週間、車が使えない生活での 気付きが多い。

弁当持参で 出勤する夫は 万歩計の数字が上がり、わたしは 昼食時に 有効に時間が使える。

夫の完全退職後は、”朝のうちに弁当用意が楽”を 実感。

買い物は、必要不可欠・リュックあるいは買い物カートで持てる範囲で収めるよう 十分検討してから。

その際の 店や金融機関他 用足しの順番をよく考え、適度な運動と 時間の有効利用を 常に頭に置く。

ネット注文の吟味も 忘れない。

ゴミは、以前にもまして 溜めず、日々の清潔を こころがける。


昨日は朝いちばんで 夫とスーパーに出向き、朝の買い物の お得感を味わってもらう。

午前中は 来客、午後はバスで 夫とカラオケに 出向く。

わたしの下手な歌には 付き合いたくないと、夫はほとんど わたしとカラオケタイムを 共にすることが なかった。

今回は、夫から「行ってみるか。車でないから 酒も飲めるし」

目的はここかとおもうが、ふたりで仲良く リュックを背負い バスに乗った。

採点機能のテクニックはパーフェクトしか出ない夫と 減点ありのわたしとの差は、歴然。

わたし14曲・夫3曲で 2時間が あっというまに経過。

酒類も飲み放題に ご機嫌な夫だった。

バスで出歩ける 心身の状態維持が、良い結果もたらすことも 実感する。






最終更新日  2019年02月04日 11時28分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月01日
カテゴリ:雑記
02月01日(金)05時55分

吹雪もよう、風の音が 部屋からも確認できる。


昨日、UHB”ノンストップ”で 取り上げた 家の中の危険。

その中で、最も興味を引いたのが ”トイレに 閉じ込められる”の件。


晩年の父で、まず 味わう。

このときは 実家のトイレの鍵が壊れたのではなく、中にいた父が 鍵をどうやってはずすのかを忘れ、出られなくなった。

たまたま わたしと母がそばにいて、声掛けをして 難を逃れる。

こんなこともあるのかと 驚く。


次は 自宅で わたしが危うく トイレから出られなくなる場面が。

鍵の不具合だったが、その場は四苦八苦して なんとか出られた。

で、我が家は 通常、トイレのドア 開け放し だ。


昨日のテレビから、わたしたちと同様・もっと大事に至る人々が 世の中で たくさん味わってきたことと 知る。

外での危険は いろいろあるが、緊張感もあり 怪我や災難に対する注意をする わたし。

安心感のある自宅では、つい 気が緩む。

滑って転んではいけないぞ・階段から滑りおちないように・トイレに閉じ込められないように・・・・緊張感が失せないように 気を配る。


かつて 2階から下まで階段を滑り落ち(滑り台のように)で尾骶骨傷め・階段の最下段 踏み外し(足の小指骨折)を味わった わたし。

どちらも 大惨事に至らなかったが、三度目は 絶対にミスをしてはならぬと 頭に叩き込む。

トイレのドアの危険も 昨日のテレビで 再確認、今後も 気をつけよう。






最終更新日  2019年02月01日 06時31分46秒
コメント(0) | コメントを書く

全1676件 (1676件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

プロフィール


楽天アンバー

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

コメント新着

 rabbee@ Re:ローストビーフとローストポーク(10/26) 優しいご主人ですね。 作ってくれて、洗い…
 rabbee@ Re:勇み足?予期せぬ発疹(10/18) かゆみを伴う皮膚の炎症はつらいですよね…
 マイコ3703@ ブログを幾つか読ませて頂きました♪ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 Mieko0106@ はい、読みましたよ。 楽しくよみました。そして、なんか自分も…
 Mieko0106@ はじめまして この記事よんで、つい読んでみたくなら、…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.