285556 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

60代、主婦の生き方

PR

全1518件 (1518件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2018年04月21日
XML
カテゴリ:アクセサリー
04月21日(土)05時02分

このところ 暖かい日が続き、今日も 良いお天気の予報。

15日に 無時 第9回目のアクセサリー個展を 終えることができた。


例年どおりの 友人・知人の来場と、明るく楽しい場の反応が 嬉しい。

今回 初来訪の東京在住の従弟は、”聞いてどうするの?”と思うくらい 熱心に作品を眺め、質問多数。

風邪で今回は無理かと思われた二男も 最後の2日に駆けつけてくれた。

花のメンテナンスに訪れた 若い男性も、呼びかけに応じ じっくり鑑賞、”すてきですね”の連発。

近年 顔を見せてくれる画家の男性も、最終日に訪れ 観賞と世間話をする。

いずれも 人の波が落ち着いた会期の後半に 現れ、ゆっくり お話ができた。


一歳に満たない男の子から92歳の母の友人まで、大勢の方々とお会いでき、お互いの無事を喜び合い、わたしに生き甲斐をくださる方々。

孫・連れ合い・親・ご本人 それぞれに何らかの悩みや苦労を抱えている方々も、アクセサリー個展の一瞬の時間・空間に癒されたと 感謝していただき、わたしも 恐縮する。


相変わらず 統一感のない作品群。

この方にはこれ、あの方にはあの作品、ひそかにイメージしたわたしの期待を当てた・見事に外した 友人・知人たちの鑑賞眼に、今年もまた 刺激をいただいた。

人が何を求め 何に興味を示すかは その時によって違うことを 今年もまた実感。

品よく おしゃれに飾りきれない 個展会場の空間も わたしの色かと おもう。


最終日は 16時に後片付けを 開始。

助っ人は昨年に引き続き お手伝いをお願いした方々で 手際よく、1時間半近くで 会場を空にすることができた。

最後の最後まで、友人たちのご厚意・尽力あっての個展開催なのだと 感謝あるのみ。


再びの来場は無理かと思われた母が 3年ぶりに介護タクシーで来場できた。

例年以上に夫の気遣い・手伝いが大きく、わたしの気力・体力・知力の衰えを カバー。

小さな会場とはいえ その準備と費用が多大な 個展というものの実現をサポートしてくれる夫への感謝は 非常に大きい。

毎年 何らかの家庭の事情など、そのつど 足を運んでいただくのは困難かとの懸念を覆し「年1度 これがあって集まれるのよ」「元気そうで安心したよ」「また よい作品 期待してるよ」「こんなの 見たことない、きれいね」「お花も 素晴らしい」「あなたの帽子も すてきね」「このドレス、すてきねぇ。この作品が ぴったりよ」・・・・・


幾つになっても ほめ・励ましで 前向きになれる わたし。

関わってくださった すべての方々に感謝しながら 来年10回目を目指すべく、会場予約をした。






最終更新日  2018年04月21日 05時38分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月15日
カテゴリ:アクセサリー
04月15日(日)05時21分

初日には 長く感じられた6日間の開期も、今日 最終日を迎える。

昨日は 二男が帰省。

一昨日 訪れた親戚の叔母さん(姑さんの妹・母と同じ87歳)が再び 陣中見舞いをしてくださっているところに、空港から個展会場に直行した二男が 10数年ぶりで 再会。

前日 亡き姑さんが夢に現れたという叔母さんは、姑のおもいを背負って お赤飯を炊き、わたしのために再び来場してくださった。

実は 高齢・多忙ということもあり ご案内をためらってきたが、このたび 初めて お誘いした。

未だ現役で詩吟を教えている方なので、先日の 来場ではわたしのみならず 友人も その若々しいお姿に びっくり。

昨日はさらに 炊き立てお赤飯他を持参してくださり 息子とも会え、たまたま だれもいなかったので しばしのコーヒータイムを楽しんでいただけた。

わたしのやや10年の活動に 驚き、非常に喜んでくださった おばさん。

一昨日は 少女のように会場をめぐり、ご自身のためにと ピンクが目立つ 淡水パールの作品を 気に入っていただけ わたしを喜ばせてくださる。


こんな喜びの再会の後 来場したのは、父の教え子であり、今も母に寄り添ってくださる わたしの後輩でもある女性。

忙しい日常の合間を縫って アクセサリーをご覧いただけ、今季のワイヤー作品のきっかけとなった作品に 注目してくださった。


午前には、幼馴染の一家が このところ恒例となった 作品鑑賞に訪れ、同級生の動向・少し先に孫に作品をとの依頼を打診される。

今後、幼児や小学生向けのアクセサリーも 視野に入れようかと わたしの刺激になる。


本来なら疲れが大いに見える 5日目ながら、相変わらずの人の流れ・学生時代の友人・先輩ほかの来場もあり、わたしのパワーにつながった。


駅前通りから 少しはずれた、天然石・アクセサリーで埋まった夢の小部屋の空間の5日間が あっというまに過ぎる。


あと1日、どなたのお顔を見られるかな?どんな出会いがあるかな?わくわくする 朝だ。






最終更新日  2018年04月15日 05時54分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月14日
カテゴリ:アクセサリー
04月14日(土)01時38分

9日に、例年通り 朝7時半に 赤帽で、荷物を搬入。

あらかじめ打ち合わせしてあった 美術館の係りの人と様子を見ながら、会議用テーブル他を 並べていただく。

ほどなく昨年から 準備のお手伝いをしてくださる友人が いらして、ふたりで 布貼り・飾りつけを 開始。

いつもより早いペースで仕事が進み、ランチどきに差し入れをしてくださった 一昨年までのお手伝いの方と 3人で、食べながら 仕上げに向けて 話し合う。

13時に ほぼ終了、そのころ 開期中は来られないという友人も来場して、作品鑑賞とおしゃべりタイムができた。

実はわたしは8日の晩から 胃の具合が悪く、搬入日は朝から ほとんど食べられない状態。

9日の作業中も ひとりなら 耐えられなかったかもしれない。

友人たちに支えていただき、感謝あるのみ。

夕方、心配して 夫が迎えに来てくれた。


10日  体調は戻らず、夫が 病院探しをしてくれる。
(初日)
     好天の中、次々と来場。

     30名弱の友人知人が 作品鑑賞・談笑タイムを楽しむ。

11日  食欲が前夜から 徐々に回復、迷ったが 病院には行かず。
(2日目)
     この日の友人知人は 20名弱の来場。
    
     初日同様 旧交 温めタイムでもあった。

12日  体調・来場数とも落ち着いた 感。
(3日目)

13日  体調はほぼ 回復、食欲も戻る。
(4日目) 
     昼時以外は、人が入れ替わり立ち替り。

     今季 力を入れたワイヤー仕立てに注目が集まる。

     地元の友人・知人が 多数来場、花屋さんが花のメンテナン
     もしてくれた。


2日目にには 介護タクシーで母が2年ぶりに 来場。友人たちが あたたかく 迎えてくれる。

4日間で、赤ちゃん連れの母娘・祖母から成人した孫までの3代・時期を同じにした絵画展のメンバーの方々などなど、第1回目には 考えられなかったような方々にも わたしの作品をご覧くださり、パワーをいただく。

あと2日、わたしの あれもこれも作りたいの気持ちを バックアップしてくださる友人・知人たちと、アクセサリータイムを共有できる幸せを 満喫しよう。






最終更新日  2018年04月14日 02時27分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月08日
カテゴリ:雑記
04月08日(日)06時42分 晴れ

昨日は 寒い日、今朝の路面は 真っ白。

まだまだ 冬の 感。


昨晩は ホテルのディナーショーに 行く。

28回目 30年経ったという平均年齢78歳の おじさまグループの、恒例の会。

2年前に メンバーが入れ替わったが、新しい方もすっかり 馴染んだ。

わたしの 会参加の きっかけは、平成16年に亡くなった 離れて住む 舅の介護のおつかれ見舞いにと、友人ご夫妻が招待してくださったもの。

以来、コーラスメンバーと知り合いになったこともあり、不定期に わたしも 行っている会だ。


それぞれに 過去の経歴は輝かしく、今なお ご活躍されている 74歳~もう少しで81歳になろうとしているメンバーの ハーモニーは、楽しいおしゃべりと共に、場を和ませる。

昨日は、ショーが始まる直前に お客さんが救急車騒ぎとなったハプニングも あった。


歌は いいもんだ!を実感し、美味しい料理に舌鼓を打つ 夜のひとときを 400人を超す方々と、ともに笑い 拍手しながら 過ごす。


わたしの 年齢感は、70歳を超えたら かなり判断・身体能力が 落ちるというもの。

多くの友人・知人の行動を見ながら 75歳の後期高齢者区分の前から 年齢との闘いを 感じてきた。

わたし自身は 50歳半ばに、頸椎の不具合から 15歳は歳をとっているよと言われる体調を 経験している。

何もなくても 70歳はこんなものかなと想像してきた。

最近は70歳まで まだ4年以上もあるのに、身体も頭脳も 衰えを感じ、カバーするための努力をしなくてはならなくなっている。

同い年の夫も しかり。

世の中の先輩たちも、失敗をしながら 努力で克服する姿を たくさん見てきている。


昨晩の会、平均年齢78歳ですよの メンバーの声に、場内に歓声と拍手が 沸く。


時代と共に かつての最大級のおしゃれをした高齢のお客さんたちから、ラフな装い・ノーアクセサリーなど ホテルのディナーショーの類では 考えられないような雰囲気と 客層の若干の若年化が 進んだ 感。

そんな中で、米寿まで頑張りますよの コーラスグループの 演奏活動にかける意気込み・惜しみない努力の結晶の舞台は、年齢を重ねることへの不安や憂鬱感を 払拭する 楽しいひととき。


明後日からの アクセサリー個展の6日間は、わたしも 年齢を忘れよう!を意識した。






最終更新日  2018年04月08日 07時35分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月06日
カテゴリ:アクセサリー
04月06日(金)09時35分 くもり

天気は雪 というほどではないが、白いものが 乾いた路面に 舞い落ちる。

弱めの暖房で、室温は20℃。

そろそろ タイヤ交換かなの 夫に、まだまだ の声をかける わたしだ。


一昨日の 看護師さんとの面談で 気持の区切りをつけ、昨日は 冬物の洗濯の合間に ワイヤーからめの天然石の活かし方を 考え続ける。

もう 時間がないと おもいつつも、試行錯誤で ブローチを作った。


以前のワイヤーからめ作品は、編み針で編んだ 天然石原石そのものを いかしたもの。

今回は視点を変え、色・太さ・質感の違う カラーワイヤー複数使いで、一粒でも天然石が華やかさを出し、ワイヤーならではの空間で、ブラウスやカットソーにも華を添えられるものを めざす。

たぶん どこにもないものに できそう。


先ほど テレビでチラ視したニュースに、アメリカの実験結果から 年齢を重ねても 脳の細胞は活性化を望めると あった。

高齢に向かい 死滅するばかりの脳細胞とおもわれがちに、希望がわく話題だ。


わたしも アクセサリーつくりを通して、試行錯誤しながら 考え続け、手を動かし、残っている能力を 伸し続けたい。






最終更新日  2018年04月06日 09時57分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年04月05日
04月05日(木)05時54分

昨日は 1週間ぶりに、母の元へ出向く。

歩行車持参で、カルチャー句会に 付き添う。

15時ころ 居室に戻り、母と ゆっくり おしゃべりタイムを持つ。

17時から 予約を入れていた 看護師さんと面談。


先日、介護認定見直し後の介護計画の面談では 話しきれなかった、母の生活についての 問題点を 話し合う。

母を 我が行く道ととらえ、できるかぎりのことをしたいとおもう 私の行動は、がんばりすぎ・やりすぎと 指摘を受ける。

高齢になると あらゆる面での能力が 落ちがち。

まして 脳出血2回・転倒繰り返しの母に関しては、今後の能力向上は 望みにくい。

十分理解しているはずのわたしなのに、これ以上生活能力が落ちたら・このまま頭脳面も衰えるばかりかとおもうと 不安で仕方ない。

日常の現実を見つめながら、あせりや不安に陥りがちなのは、母ではなく わたし。

これを はっきり指摘していただき、自分の気持ちの割り切りどきと 承知。


かたくなに 老人ホームでの友人づくりを拒み、いつも 人のいない時間帯を選んで ひとりポツンと食堂で食事をとる母が 看護師さんも気になるそう。

これに関しては、嚥下障害の関係もあり、おしゃべりしながらの食事は 難しいという 母の事情もある。

買い物のこだわりは、わたし頼みではなく、施設に任せたらと 提案を受ける。


家族の支援も がんばりすぎると、高齢者を支え切れなくて 支える側の家庭崩壊になりますよ と。

安心な老人ホームに 入居できたことを 幸運におもい、全面的に お任せすべきの、割り切りは わたしがせねば。

こころを軽くして、母も できれば夫も 少し距離を置きながら、わたし自身を 解放しよう。



4月から もう1年、夫の勤務が延長となった。

半年ほど前から 完全退職を夢見て いろいろ準備していた夫は、90パーセント 落胆したもよう。

わたしは 90パーセントの 安堵を得た。

このご時世に、請われて職をいただける ありがたさには、感謝しかない。



昨日は、デパートで 無料の血管年齢測定に参加。

わずか数分で、血管年齢 58歳・身長と体重の割合は ほぼ適正・体脂肪率は高め(34パーセント)という結果。

運動をこころがけてくださいとのこと。

献血をしばらくしていないので、身体状況の よいめやすになった。


個展荷物運び込・飾りつけ準備まで あと3日間に迫る。

アクセサリーづくしの 夢の空間、実現が 楽しみだ。






最終更新日  2018年04月05日 06時49分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月31日
03月31日(土)20時28分

終日 よいお天気だった。

個展の大詰めの 準備を進めている。


28日の 介護計画等の関係者の集まりのあと、すぐに ケアマネさんから 母がトイレから出たあとのつかまりをしやすいよう、業者にポールの手配したと 連絡が入る。

昨日、夕方 取り付け完了との 連絡があった。

母も、安心して つかまれると 大喜び。

コートかけは、下の部分が折れていたとのことで 施設に処分依頼、大型ごみとして 出してくれることになる。


先だっての 歩行車・今回のポール取り付けは 実に 素早い対応をしてくれて ありがたい。

いつも お世話になる看護師さんは
「娘さんが来て めんどうをみるようなので、あまり 手出し・口出しをしてません」とのこと。

こちらからは、母の必要以上の遠慮や 判断ミスの多さから、いつも 目配り・気配りしていないと 大事に至った過去多数を お伝えする。

「あぁ そうでしたか。こちらも もう少し 気配り・目配りしましょう」


伝わっているはずとおもう こちらとは違い 90件近くの高齢者を看ている看護師統括のかたにすれば、頻繁に顔を見せる家族がいることは、家族に任せて大丈夫と思われても しかたないか。

いろいろな場面を経験しながら、相手にわかるよう こちらの状況を伝える 難しさを 感じた。

これからも、介護現場にかかわる方々にわかりやすく 情報・要望を 発信し続けよう。






最終更新日  2018年03月31日 20時49分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月29日
03月29日(木)21時51分

終日、気持のよい晴れ、風は強いが あたたかな1日だった。


昨日 午前は 介護認定見直し後の 介護計画のため、施設の 看護師・ケアマネ・デイサービス先のセンター長が 母の部屋に集まり、わたしからの最近の母の様子・ほかの現場からの報告などを しあう。

転倒ほかの近況は、わたしから すでに それぞれの部署に連絡済。

それを確認するための メモを渡す。

それを見ながら、それぞれの立場から 母の現況を述べ、今後の介護計画を 練った。

トイレから出た後に転倒したのを踏まえ、つかまるポールを設置することとなる。


その後、母を定期の通院のため、病院に連れてゆく。

今回から、歩行車 持参。

どこでも 都合のよい場所・ときに 座れ、病院の椅子より立ち上がりやすく、車椅子より 母は楽だったそう。

朝のうちに わたしが受付を済ませたが、MRIがあったため、待たされた。

午前の打ち合わせが長引き、病院到着時が遅くなったので、昼食時間が不足。

母の希望に添い アイスで時間つなぎをして 受診。

母・わたしの受診を終えたあと、食堂で 遅めのランチをとった。


母のMRIは 少しずつ 前頭葉の萎縮が見られるものの、1年前と そう大きくは変わらないそう。

転倒防止策を練ること・歩行訓練をすることを アドバイスされる。

わたしは 例年のこの時期より、血圧が安定。

1月の受診同様に 母娘ともに、同じ薬を処方された。


午前の部は、それぞれの立場の方々に、個展案内のハガキを受け取っていただき、この期間中は特に 母をしっかり見ていただくことをお願いした。

午後の医師にも、個展を来年も実現したい わたしの気持ちをお伝えし、母娘の力になっていただけるよう 昨年同様 お頼みする。

こちらの 気休めにすぎないだろうが、情報の共有は また お世話になる可能性の方々にとっても よいはず。


母を 居室に連れ帰り、少し おしゃべりをしたのちに わたしは退出。

近所で会う約束をしていた友人と ひさしぶりの交流タイムを過ごし、早朝から夕方までかかった 事務的なかかわりや通院から 解放された。

わたしの疲労を察して、夫が迎えにきてくれ、帰宅途中の車中・夕食後は 爆睡。

今朝は すっきり、目覚めた。



3月27日0時43分に アクセス数を見たら トータルで280,000・クリックされたのが333と出た。

切れのよい数字を目にして、ちょっぴり うれしくなった。






最終更新日  2018年03月29日 22時33分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月27日
カテゴリ:雑記
03月27日(火)06時23分 晴れ

昨日は 厚手のコート・ムートン1枚・毛のベストほかを、洗濯した。

毛のベストは手洗いで、ほかは 洗濯機のお世話になる。

年々 作業や支度が遅れ気味になってきたので、今年は 早めに 洗濯を始めた。


コートは 中綿がポリエステル綿のもので、例年 洗濯をして 不具合なし。

ムートンも 自家用 普段使いとしては、自宅の シャンプー・洗濯機洗い・ブラシかけで 問題 起きず。

今週は 暖かめだが、まだまだ 5月連休くらいまでは、寒さの戻りも 十分予想される。

ダウンのベスト・コート・夫のムートンの敷物の洗濯は もうすこし あとにするつもり。


毎日の洗濯機洗いでも、備え付けのごみ取りには、結構な量の グレーのゴミが たまる。

大物洗いでは とくに、こんなに繊維がゴミとして出るの というくらい、ごみ取りに 残る。

買い替え前の ごみ取りは ネットの袋で、隅にたまったゴミ取り出しに 難儀した。

今回は、ネットが ごみ取りケースにセットされ、1回ごとに ゴミ取り出しするのが 楽しみな感。

最初は、歯ブラシなどで こそげていたが、思うようにきれいにならず、ティシュで強めに こすると すっきり取れることに 気付いた。


ゴミとして取れるのは、ほぼ 衣類の繊維。

こんなに1回の洗濯で、生地から こすり取られているのかとおもう。

毎日、ごみ取りケースの 掃除をしながら、細かい繊維を逃さない ごみ取りケースの すごさを 感じている






最終更新日  2018年03月27日 06時23分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月26日
カテゴリ:雑記
03月26日(月)07時10分 晴れ

このブログは、今日で 満12年。

昨日までのトータルアクセス 279、310。昨日は167件クリックされ、50件(過去のもの含めて)どなたかに 見て頂けたらしい。 

アルバイト的な 添削指導の仕事を16年間した後、1年間ほど ファックス通信を 友人たちに出していた。

二男がブログの設定をしてくれ、ブログだけに 絞る。

不得手分野が多い わたしにとって 波はあるものの、毎日や 数日おきに 書き綴ったこのブログで12年間の経過を顧み、これは 得意分野のひとつになったかもしれないと おもう。

活字の好きな母は、一番の読者だが、このごろは 反応が鈍くなっているのが 残念。


文字が下手・物覚え悪い・作業は早いが 仕上げが雑・ポジティブにみられて かなりネガティブ・・・・


不得手分野の数々は、日常の わたしの頭を 悩ます。

この中で、いま 直面しているのが、”仕上げが 雑”


アクセサリーつくりに関して、アイデア は どんどん沸く。

仕事の手は 以前に比べて遅くなっているが、作業意欲は 二重丸。

問題は、今回の最終テーマとなった ワイヤーのコサージュの、裏の仕上げ。

気の向くまま カラー・太さの違うワイヤーと天然石を組み合わせ、どこにもない世界が できつつある。

わたしが つけたくなる作品たちを 眺めながら、裏に着けたブローチピンや ワイヤーの鎖通し部分が 気になる。

裏も 丁寧に緻密に 仕上げたい 気持ちがある。

おもい通りのピンや金具が 見つからないほかの言い訳で、納得のゆく出来栄えに なっていない。

今回 個展会場に訪れていただく方々には、そこのところをあたたかく 見守っていただきたいのが、わたしの 図々しい お願いだ。

そこは 許容するからねと 言っていただけるような、素敵な作品を どんどん つくるつもり。






最終更新日  2018年03月26日 08時43分03秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1518件 (1518件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

プロフィール


楽天アンバー

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

コメント新着

 マイコ3703@ ブログを幾つか読ませて頂きました♪ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 Mieko0106@ はい、読みましたよ。 楽しくよみました。そして、なんか自分も…
 Mieko0106@ はじめまして この記事よんで、つい読んでみたくなら、…
 マミ母@ Re:北海道神宮参拝と「判官(はんがん)さま」(01/01) 明けましておめでとうございます。 今年…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.