225547 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

60代、主婦の生き方

PR

全1364件 (1364件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017年03月26日
XML
カテゴリ:母の入院
3月26日(日)06時42分 晴れ

今、母から 張りのある声で、病院から 電話があった。

「気に入ったわ。昨日のサ高住宅。今までの3年間 西側の窓からたっぷり山をながめてきたから、今度は東側の窓からの風景が 楽しみ。朝日が十分に入るのは、嬉しいわ。よく考えたけど、心の支えのお茶道具は一部 持ち込みたい。お雛様は あんたの家で飾って 毎年必ず写真をとってほしいの。思い出のパリで買った絵画2点は持ち込みたいの」

わたしが入れた
”昨日の住まいは、今までのことをおもうと かなり狭いけど、ほんとうに納得している?”のメールに応えたもの。


昨日、先だってのサ高住の見学に、母を病院から 連れ出す。

あらかじめ夫の車で病院に寄り 母の外出準備を確認、その後 現在の住まいで洗濯ものたたみや ベッドメイクや暖房の準備をして、10時から16時までの病院からの外出の中で、見学を実行。

応接室で職員と面談、大体の説明を受けて 見学開始。

現在 入居可の8階 東の部屋で説明を受ける。

わたしが見学した南の部屋は、ほぼ 入居が確定したそうなので、ざっと 見学はしたが、可能性の高い東の部屋で、じっくり説明を受け、検討。

この段階で 満足、この方向でと母の意思が確定したように見えた。

どこにも座る場所がない中、入院中の身には かなりの我慢をしたと察するが、母の表情は 明るい。

夫の反応も 良い。

食堂・浴室ほかもざっと見せてもらい、再び 応接室で 具体的に相談。

今後の介護認定を含めた生活についての見通しを説明してもらい、関係書類を手にし この場を辞した。


この住まいのほぼ裏にある父とも行った回転寿司で ランチをとり 一服。

父の思い出を語りながら、お気に入りの握り寿司を少々と、念願のソフトクリームを口に 満足の表情を浮かべた母に わたしも安堵した。


ランチ後、母の高齢者マンションに行き、ゆっくりベッドで休ませようとしたが、すぐに

「起きられないから 起こして。今 眠くないから 整理を手伝って」

ベッドの柵を拒んで 椅子を頼りに起き上がっていたのが、それもできなくなっていた母から声がかかる。

母はベッドから離れて、いつもの机の前に座り、机周りのものを指示に従いわたしが 整理・処分。

「あ、ここにあった。どこにしまったかわからなかったものが。この切抜きや書類はもう いらない」

「そうね。空間を作ると頭がすっきりするわね。探し物も出てくるから 一石二鳥ね」と返す わたし。


やや2時間ほどで、3段のカラーボックスの2段分くらいの空間を確保。

病院に帰る時間が迫り、ここで ひとまず 終了。


病院に母を送り届け、夫と気分転換の喫茶店で

「ほんとに満足してくれたかな。そう信じて 手続きを進めて行こうね」となった。


だれにでもいえることだが、住んでみないとわからない 相性の良し悪しやサービス内容の是非など、問題が出る可能性は 十分ある。

でも まずは前進。

経済状況も鑑みたうえで、今のところ 母・娘夫婦の要望を満たすと信じ、手続きを進めることにした。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月26日 07時36分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月24日
カテゴリ:母の入院
3月24日(金)09時52分 晴れ

昨日は、最近の3月にしては たっぷり降った感の雪の中、母の病院に足を運ぶ。

入院して11日目、入院前日からの泊りを含め、6日間の札幌通いで ゆっくりした時間が持ちにくかった。

母は、相変わらずの傷みに耐え、リハビリと入院食で 日々を過ごす。

昨日、各種の検査結果について 主治医のお話があった。


「整形外科の診断も出て、肩は亜脱臼しています。脳出血後遺症による左手マヒからくる 筋肉衰えが激しく、肩の完治は 望めません。食事はきちんと とらなくてはいけません」

「先生のお母様だとしたら、退院後の母はどのように過ごすことが最善と考えられますか?」

「家族と同居か、24時間お世話が望める住まいに移ることです」

痛みと付き合い続けることは、わたしも辛いので

「ブロック注射などの効果はないのでしょうか」

「かえって 痛みが強まる恐れがあります」とのこと。


これらの会話を母も受け止め、次の段階への話を進めることにした。

早速、病院内の相談係に連絡を入れてくれ、急きょ 相談員と面談する。

昨年の脳出血で入院した時と同じ相談員だったので、情況の呑み込みが速い。

近況の説明から

「独居を続ける意向であれば、年内 冬に向かう前の夏くらいまでに、住み替えを考えては。そのためには いまから準備を進めましょう。まずは、介護度の見直しをしましょう。ケアマネさんと連絡を取ります」

とりあえず、母の住まいの近間で 住居の情報がないかとうかがい、今 空きを確認できているものをと、2件教えていただいた。

すぐに母と相談、そのうちのひとつを候補にして 見学の予約をとる。


母の用足しで、書留受領のために郵便局を訪れたら、

「離れたご家族では受領不可です。ご本人の近くの方で受領していただける方は?」

で、仕方なく 私のところへ転送という形にしてもらうことにした。

このあと ? 先ほどのサ高住、ここから歩いていけるな、外観だけでも見てこよう!


15分歩いて、目的地に着く。

わたしも母も よくよく知った界隈、実家から近くの場所。

正式見学の予約は後ほどだが、試しにと 事務所に説明を求めた、

後日の見学も伝えたが、丁寧に対応してくれ 具体的に質問できるチャンスをいただく。

個室の中と持ち込み必要家具の具体例、食堂・介護用風呂・24時間体制・医療関連ほか。


母の希望は、自由に外出できるか?仏壇を持ちこめるか?   可

パーマは? 月2回の美容室出張あり

症状に応じて 職員のサポートあり(含有料)

歩行器の使用で、日常生活がしやすい(母は、車椅子が難しい)との アドバイス、などなど。


見晴らしの良さ・できれば山が見えるなどの母の希望は難しいかもしれない。

情報を求めた友人からの「24時間体制・各階に食堂がある」が魅力とのことも、考えに入れている。

まずは、母を連れて 見学してみよう。


昨日 病院からの帰り際に母が 肩を落として

「ああ、また 片づけをしなくてはならないの」

「大丈夫、責任もって 手伝うし、大量の大切な写真などは預かるから」

昨晩のメールには

「ご飯の支度はもういやになりました」

今朝のメールには

「住み替え楽しみです。昨日は何を持ってゆくかなにを捨てるか いろいろと考えました」


まずは前進して、痛みについても あきらめずに改善の方法を見つけてゆくつもりだ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月24日 11時39分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月17日
カテゴリ:母の入院
3月17日(金)09時41分 晴れ

今日で母は86歳、初めて病院で誕生日を迎えた。

ちなみに昨年は、誕生日の翌日に脳出血(10年ぶり 2回目)で入院、3か月で独居に戻る。

昨年の退院のち 6か月強 朝夕食を食堂でとっていたため、なんとか持ちこたえてきた日常生活も、今年から朝食のみとしたため、みるみるうちに生活能力が落ちてきた。

軽い左手マヒ・高齢・こだわりが強いなどの事情と、食事が口に合わないなどの理由もあり、肩こりからくる上半身の強い痛み・運動不足による立ち上がり困難・甘いものがほとんどの極度の偏食などなど、悪い要素の積み重なりが、今回の入院の運びとなる。

わたしの毎日 朝晩のメールか電話の声掛け、頻繁な立ち寄りでの家事援助ほかも、限界か?

3月13日 入院の際には、病室までなんとか 杖を頼りに歩いてゆけたが、その後の2日間は検査以外寝たきり、3日目もベッドから起こしてもらうのに介助がいった。

4日目の昨日、部屋を移り、窓側の山が見える状態が気に入り、だいぶ 元気回復。

この間、わたしは 病院の面談・金融機関や役所での母関連の用足し・マンションで洗濯をしたり、個展の案内を出す準備に追われている。

昨日の看護師さんとの面談では、脳の病気をした人は特に 朝夕食は必ずきちんととらなくては再発をすると言われ、母は神妙な顔をして聴いていた。

次に生かしてくれると、希望が持てるのだが?
 
毎年 なにか問題を抱えているこの時期、今年もまた だ。

例年に比べ、わたしの体調が良いことが救い。

年齢をひとつ重ね、次はがんばれないと いつもおもいながら、なんとかしてしまうわたしの強さと運の良さ。


昨日は、幼馴染にあれこれぶちまけて、すっきり。

聴いてくれる友がいて、また 今日もがんばろう となる。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月17日 10時10分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月10日
カテゴリ:雑記
3月10日(金)05時57分

ややひと月前に友人からいただいた ソメイヨシノの切り枝。

最初 玄関に飾ったが、日照不足といわれ 居間の窓側に飾る。

つぼみが膨らみだし、夫と毎日ながめながら わくわくして開花を見守ってきた。


数日前から咲きはじめ、今朝は 七分咲。


色が白に近いのがちょっと 残念。

ソメイヨシノって こんな色だっけ? 夫と 花を覗き込む。


昨日は、いただいた友人と 開花経過報告と近況のメールを交わす。



昨秋以降、どんどんひどくなる肩こり・膝の不具合・寝不足の母が、やっと納得して 病院で受診。

ここに来るまで、さまざまな情報提供をしながら様子見をしてきた。

整形外科?はり治療?サプリ?貼り薬?・・・・入浴+貼り薬で一時的に改善するもの、日常的な血行不良で 寒がる・痛みで意欲減退・甘いもので気晴らし・生活の変則サイクル・・・・


曜日限定で外来に出ている脳外科の主治医のもとへ 母を連れ、受診。

これまでの経過報告と家庭の事情説明などを じっくり聴いてくれた。

昨年のいまころ倒れ、早い時期からのリハビリで 嚥下障害・手足のマヒをほぼ克服して一人暮らしに戻ってから、9か月。


独居が故に 人に頼らず 工夫して生活を継続できた反面、高齢の身体にかかる負担の大きさは 日々 増大。

そろそろ 次の段階の住まい選びも視野に入れてと いうところにきている。


母もわたしたち夫婦も納得・満足できる生活が 現在の住まい。

なんとか1日伸ばしで継続したいのは、母が いちばん 思うこと。

痛みが改善し、動きが自由になれば 生きがいにつながる。

わたしも 必ず行く道として 通るはずだから、母の体験は わたしの貴重な疑似体験。

そんなこんなをくみ取ってくださった 主治医から

「ひと月程度、入院して リハビリ がんばってみる?」


母も痛みの我慢の限界を超えたようで、安堵の表情。

先日、1年ぶりに会った同期会のメンバーから 非常に肥った様子にびっくりされたこともあり、食欲コントロール不可に陥っている現在の状態から抜けたいとの本音も あった。

わたしも、栄養バランスのとれた宅配食事でさえ 起き上がり困難で受け取りにくいなど、表面化しにくい生活事情を これまでいつも 憂慮。

わたしが調理をしても買い物に出ても、母の好き嫌いが激しく 気分にもムラがあるため、栄養バランスのとれた食生活は難しい。

病院でまず この負のスパイラルから抜け出し、手足のリハビリで動きがスムーズになれれば、3年前の住み替え当時の 明るい生活に近づけるかもしれない。


入院となれば、リハビリ中心のため(普段着) 洗濯に追われ、 頻繁に病院に顔出しする生活になる。

また 忙しい3月・4月になりそうだが、気分は 母娘とも 明るい。

昨日は、入院決定・ケアマネ連絡から、各種 生活必要事項の連絡等に追われる。


今朝の母との電話で

「昨日 湿布貼りかえてもらったけど、痛くて 痛くて。入院決まって よかったよ。誕生日 早めに祝ってもらって、よかった」


数日後の入院で、痛みの改善に向けての具体的な方向が出ることに 安堵している。


母宅にもおすそ分けして、咲き出した ソメイヨシノ。

両家に 福をもたらすと 信じている。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月10日 07時04分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月07日
カテゴリ:雑記
3月7日(火)05時00分

一昨日、わたしたち夫婦の結婚40年と 母の86歳の誕生日を祝い、焼き立てパンも食べられるレストランで ランチタイムをした。

結婚40年は、ルビー婚というのだそう。

ここまでの道のりは、どこの家庭にもある 山あり谷あり。

今年65歳を迎えるわたしたち夫婦と、昨年のバースデイの翌日に脳出血で倒れながらも復活したわたしの母の、なごやかな笑顔で迎えた レストランでの昼食。

日ごろ、強度の肩こりからくる痛みと闘い 寝不足の母も、このときは 少しだけ 苦痛が和らいだ様子。


わたしたちや母にかかわる 天候や体調を考慮しながら、朝、予定をたてた。

快晴・足元の雪や渋滞もなしの状況で、スムーズにレストランに直行。

結婚記念日用に用意されたピンクのろうそくをながめながらの お酒なしの昼食タイムでは、コース料理の合間に 次々と運ばれてくる焼き立てミニパンも 多数味わう。


前日のデイサービスで、入浴以外は疲れてなにもできず 食欲も減少したという母は、ここでは 完食。

わたしたちも もちろん、おなかがはちきれそうになるまで ランチタイムを楽しんだ。


これからも、山あり 谷ありの毎日となるはず。

また 3人揃って、お楽しみタイムが持てることを 願う。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月07日 05時22分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月05日

カテゴリ:心に響くことば
3月5日(日)06時21分 晴れ

昨日は、嬉しいことが ふたつあった。

ひとつは、久しぶりにわたしのブログを読んでくれたという友人からのメール。

パソコンを変えてから、しばらくぶりだったというが、面白くて 夢中になったそう。

とても 励みになる反応だった。


もう一つは、”夢”の色紙が届いたこと。

先日、書道をする友人から

「好きな言葉は なあに?」

「え?うーん いろいろあるけど 急に言われると」とわたし。

「一文字でも4文字でも、なにか 思い浮かばないかしら?」

「”夢”かな。いつまでも 見ていたいものだし。過去の友人の年賀状の文字が思い浮かんだの」

「いつか、わたしの敬愛する先生に色紙を書いていただくわ」と、友人。


郵便で届いたのは、若山象風先生の”夢”

わたしのイメージを友人がお伝えし 書いてくださったのは、銀色のやわらかな動きの文字と ポイントのぽったり感の赤い点。

たくさんの商業用の文字も手掛けている方が、友人を通して わたしだけの”夢”にしてくださった。

どこまでもやさしく のびやかで ゆったりした文字をながめながら、この文字にふさわしい女性になれたらいいなと おもう。


早速、夫と額探しに店に出向いたが、色紙を貼る台紙を見つけ、とりあえずそこにおさめ 居間の壁に飾った。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月05日 08時37分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月04日
カテゴリ:菓子
3月4日(土)08時12分 晴れ

昨日は、友人のお誘いで 「陸上自衛隊北部方面音楽隊 第77回定期演奏会」を聴くチャンスに恵まれた。

かなり以前には、自衛隊や警察の音楽会に出向いた記憶がある。

統制がとれ、迫力ある演奏だった。

昨晩は、前半が日本人の作曲による5曲、後半は外国人の作曲で2曲、いずれもオリジナルのもの。

わたしにとってはみな、聴きなれないものばかり。

期待に応え、重厚なブラスの音色が会場中に広がる。

思ったよりクラリネットが少ない・男性が多い・観客で寝ている人をほとんど見かけないなどを 感じる。

音楽会の構成が、オリジナル曲にこだわるものだったため、行進曲・スイングジャズなどの軽快な演奏が最後のアンコールの行進曲のみだったのが、ちょっと 残念な気分。

それでも、久しぶりの演奏会は やはりよいものだ。


演奏会に一緒に行った友人から「サレア ペリティーフ(シェ・リュイ)」というパイ菓子をいただく。

代官山の店の品が、三越で手に入ったそう。

昆布・エビ・ゴマ・ブラックオリーブ・グリエールチーズ・ガーリックの6種類のプティパイだ。

甘くないパイ菓子というので有名なようだし、「シェ・リュイ」というお店もかなりの有名店だった。

お店も お菓子も知らず、覚えられそうにない菓子名。

お初に味わったわたしの好みには ピッタリ。

<手塩にかけた塩味のパイ>・・・・お茶請け・おつまみに合うという うたい文句通りだ。

しかも、親指の爪くらいの小さな一粒ひとつぶが 濃厚なお味。

どれも個性的で、ひとつぶの満足感が違う。

またひとつ、よい情報をいただいた。


昼間は母宅で昼食を共にし、区役所で福祉関連の手続きを済ませ、夕方からは よい演奏を聴き、よいお味を教えていただき、充実の1日だった。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月04日 09時02分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月27日
カテゴリ:雑記
2月27日(月)22時15分

朝は晴天だったが、-16度だったとか。

バス停留所での15分ほどの待ち時間は、手先の冷えがきつく 足踏みをしていた。



ヴァイオリンのレッスン時・デイサービス入浴後のマッサージや湿布貼りも、母の肩こりからくる痛みには、一時的にしか 効かない。

今日は遠方の懇意にしている整形外科受診も視野に入れていたが、母の要望で 街のランチで気晴らしタイムに決めた。


10時前に母宅に行き、先日 母のために購入した靴のチェックほかをしたのち、少なくとも2年は行っていないかという商店街に、タクシーで出向く。

ゆったり のんびり ランチタイムを過ごしたのち、念願の市電に乗る。

すいている時間帯で、ゆっくり ゆっくり 乗降ができた。

やや40分ほどの市電の車窓から、感慨深く景色を眺める母の満足感は、かなりのもの。


いつも通っていた道・友人の家・あの建物 この店・・・・・あたりまえに歩き、市電に乗れたころを 懐かしむ。

乗降では、補助階段がある乗り口は さほどでもなく、段差が激しい降り口は 不便を感じるが、ひとまずクリアできた。

大げさな介助とまではいかないが、ある程度の補助があれば 市電も可能かと思わせる場面だった。


当たり前の日常が、当たり前でなくなったとき、思いやりとほんの少しの介助で、楽しみが広がり 体調も上向きになることを確認。

「あんたの おかげ。ほんとうにありがとう」

この一言に、弱いわたし。


今は亡き 姑・舅・父も常に

「すまないねぇ。ありがとう」

言葉に出して 感謝してくれた。

この時の幸せな感覚を忘れずに いま 夫に「ありがとう。わたしは幸せね」を連発する毎日だ。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月27日 22時46分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月26日
カテゴリ:知恵袋
2月26日(日)09時10分 晴れ

昨日、100円ショップキャンドゥで見つけた(株)オカザキの「くつ下洗いの三兄弟」。

洗濯関連のコーナーを見ていて、クリオネの絵?写真?に惹かれて、手に取る。

洗濯時に 一足の靴下がばらばらにならないよう 洗濯バサミ様のものにはさみ、洗濯後はそのまま干せるというもの。(3個一組)

役に立ちそうと感じ、レジカゴに入れた。

ポリプロピエン製ということもあり、書かれた特長そのまま 便利に使えた。


調べてみると、おおむね150~200円くらいで市場に出回っているらしい。

わたしは108円で買えて、ラッキーだった。


(株)オカザキのホームページを見て、様々な商品を出していることを 知る。

面白い・アイデアに富む・役に立つ・・・・だから、こんな商品との出合いが楽しい100円ショップめぐりは やめられない。




どこかのだれかが昨日クリックしてくれた 「親孝行三つ」(2007年12月25日)を、読み返した。

母のメールデビューから10年を超え、「3つのよいことを書く」も同じく継続中ということが、感慨深い。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月26日 09時31分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月24日
カテゴリ:知恵袋
2月24日(金)09時32分 くもり

昨晩から、断続的に ホワイトアウト状態。

真横に雪が流れ 風の音が部屋の中で確認できるほどだ。

今朝は、吹きたまった雪を 夫婦で除ける。



昨年秋から、カルビーのフルグラを2回、定期購入。

製品が好みの味ということは、すでに 確認していた。

1回900g 3袋で、1000円引きで 2500円くらい。

自分でも食べ、友人にも お土産として 使った。


つい 食べ過ぎてしまう。

当初、朝食用にと思っていたが、おやつとしてそのまま バリバリ と。

今朝、最後の袋を開けて、朝食にした。


もともと、油不使用のレーズン・無添加のクルミ・アーモンドや乾しパインなどを加えて 食べている。

今回は、レーズンを切らしていたので 代わりの”+”は、自家製乾しゴボウと人参(どちらも乾煎り済)と、クルミで。

ささがき様の乾しゴボウではなく 薄切り小口のゴボウなので、シリアルになじみ、人参の赤も 鮮やか。

ナッツ類や乾し果物類のみならず 野菜の”プラス”も、なかなか いける!

乾しカボチャも よさそう。


たっぷりの牛乳を飲みながら、 フルグラ + を、ひと匙ずつ、ゆっくり噛んで 食べている。

あれば食べ過ぎるのがわかっているので、2回で 定期購入はストップ。

「お差し支えなければ 理由をおきかせください」

美味しすぎて 食べ過ぎて困るのでとは言えなくて、

「いつも食べている家族が 遠くに行ったので」

こんな断り方をして、自らの食欲をセーブ。

なるべく ゆっくりのペースで、より 美味しく 栄養満点になるような工夫もしながら、のんびり 味わおう。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月24日 10時02分59秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1364件 (1364件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

コメント新着

 マイコ3703@ ブログを幾つか読ませて頂きました♪ ブログを見ていると、時間が経つのも忘れ…
 Mieko0106@ はい、読みましたよ。 楽しくよみました。そして、なんか自分も…
 Mieko0106@ はじめまして この記事よんで、つい読んでみたくなら、…
 マミ母@ Re:北海道神宮参拝と「判官(はんがん)さま」(01/01) 明けましておめでとうございます。 今年…
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.