1452968 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

写真俳句 Ryo

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

人事

2020年11月06日
XML
カテゴリ:人事
嫁ぐ子の秋や末尾の句読点  ​綾​



​​*季語 秋​

*友人がこんな読みをしてくれた

「幸せを掴んでくれて嬉しいけれど
、、、、一つの区切りには、
いつも嬉しくて、
嬉しい寂しさもまざってる」
私の気持ちに寄り添って
読んでいただきうれしい

--余談・句読点--
句読点がなかった時代があり
現在でもお祝い事で
句点・読点をつけないことがある
「区切る・終わらせる」ということが
「縁を切る・終わらせる」
という意味にもつながるので
そんな慣習がある
年賀状の祝賀も句読点はつけないことが多く

本来末尾は読点なのだけど
句点で余韻を表現したり
戸惑いを示したり
そして話し言葉で書くSNSでは
句読点に違和感を感じる世代もあるようだ
広義では句読点には
疑問符(?)や感嘆符(!)なども入る
ルールはあるのだけど
時代で文章表現も変化するのかな


嫁ぐ荷のだんだん増えて火の恋し  綾​






Last updated  2020年11月06日 11時25分39秒
コメント(4) | コメントを書く


2020年10月28日
カテゴリ:人事
昔衣褪せぬ紅絹色秋の晴れ  



むかしきぬあせぬもみいろ あきのはれ






Last updated  2020年10月28日 09時38分44秒
コメント(2) | コメントを書く
2020年09月01日
カテゴリ:人事
​​​​​妣との距離九月サファイア五十年​​​  ​綾



*季語 九月


*やっと秋の足音が聞こえてきたが
台風もやはり秋
被害が少ないことを

9月の誕生石はサファイア
秋の暮れゆく空
ブルーモーメントもサファイア色
ふとこんな俳句を詠んでみた

--サファイア--
コランダム(鉱物名)
赤い色のルビー(クロム含有)も仲間

ブルーのきれいなものはファンシーサファイア
透明に近い無色その他いろいろな色がある
バイオレット、グリーン、イエロー、オレンジ、
ピンク、パープル、ブラック、ブラウン

​​






Last updated  2020年09月01日 16時51分19秒
コメント(4) | コメントを書く
2020年08月05日
カテゴリ:人事
白スニーカー沁むセピア色ヒロシマ忌  ​綾



           --写真は広島の市花--


しろスニーカーしむセピアいろヒロシマき
*季語 ヒロシマ忌 夏

*白いスニーカーは
平和の象徴のように思える

広島平和記念資料館で見た
セピア色の写真
この写真に色を再現させるという話も
一時あったようだ・・・
元気な少年たちが館内に足を踏み入れた時の
スニーカーの足取り
このヒロシマの大地からの呻きを

当時原爆を投下された地には
75年草木も生えないと言われたほどの
この焦土に
いち早く咲いた夾竹桃の花
復興への希望の花

そして広島は豊かな緑によみがえった
今年は原爆投下から75年

普通カタカナで書かない言葉を
特別な意味を持った言葉をカタカナで表す

ヒロシマ、ナガサキの場合
国際性を持った固有名詞
日本語で表す時はカタカナ表記している









Last updated  2020年08月05日 15時15分49秒
コメント(4) | コメントを書く
2020年03月11日
カテゴリ:人事
カレンダーやつと花丸さくら月  




*季語 桜月 春


*ここ1ヶ月ばかり外出を少し控えて
通常の時間帯の電車は混んでなく
なんとなくひっそり
3月の予定は会場閉鎖などでキャンセル
こんな生活が1ヶ月
これからはお花見の時期に
友達といつもの年のように
お花見に行こう
という事になった!!






Last updated  2020年03月11日 20時06分00秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年04月18日
カテゴリ:人事
囀りと野の菜の香り持ち帰る  





*季語 囀 春
​​

*自然生態園での作業とご褒美
先ず蔓延りすぎたスギナ抜き

園路にはみ出した蕗つみ
蔓延りすぎた水辺のクレソン

蓬も摘んで


ごほうびのリュックに満つる春菜摘む  綾​



*季語 春菜 春

春菜のてんぷらの試食
スギナ、草いちごの花、山椒の葉
スギナは後味はほろ苦かったり
草いちごの花はほんのり香りがしたような
山椒の苗をもらって



帰ってから早速
野草のてんぷらを作ってみた
​自然生態園に続く公園で
たんぽぽも摘んできた



https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1490009810/

蕗は細めだったので
茎も葉も細かく切ってあく湯がきして
胡麻油で炒めて
じゃこを入れ煮て胡麻を混ぜ込んだ
ご飯のお供にワインのあてに
おいしい!!
デトックス効果もありお肌にもやさしい

たんぽぽは葉も花も栄養価が高いが
除草剤や農薬の心配がある場所では
気を付ける必要がある
杉菜はアルカロイドを含むので
大量摂取は避けたほうが良いようだ
土筆も同じで
大量に食べなければ
問題はないようだ 







Last updated  2019年04月20日 22時21分11秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年04月16日
カテゴリ:人事
苗札のかな読む声や土の香と  




*季語 苗札 春






Last updated  2019年04月16日 17時09分16秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年02月27日
カテゴリ:人事
六人卓亡き友ありて春暖炉  



季語 春暖炉 春






Last updated  2019年02月27日 15時07分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2018年12月30日
カテゴリ:人事
​煤逃げてコーヒーの香カウンター  



*季語 煤逃げ 冬


*年用意の買いものと思ったが
あまりにもお天気がいいので
富士山を見て隣の駅まで歩いた

コーヒーを焙煎しているお店で
一休み






Last updated  2018年12月30日 21時20分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月05日
カテゴリ:人事
歴代の女の思ひ秋意かな  



*季語 秋 子季語 秋意

昔衣燃える紅絹色照り紅葉 

むかしきぬもえるもみいろてりもみじ

*季語 紅葉 秋 子季語 照紅葉
   

絹糸のピンと張る音律の風  

*季語 律の風 秋

針道に妣の思ひや秋意満つ 

はりみちにははのおもひやしゅういみつ

*季語 秋意 秋

--針道--
縫い物の針の運び方


にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ

*娘が着た着物をその子供に着せようと
腰上げと肩上げをして
付け紐は昔の私の着物から
外してつけてみた
紅絹(もみ)の胴裏は
未だ鮮やかな色を見せて

この紐も誰かの襦袢か何かを
利用して母が作ったのだろう
着物を縫った専門の人の手とは違う

無駄なく使い回しした時代
こういう事がだんだんなくなってきた


七五三昭和の薫り共にあり  

*季語 七五三 冬
  
       ​  2018年10月6日 再編集​
ご訪問いただきありがとうございます。
応援のクリックよろしくお願いします↓
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ






Last updated  2018年10月06日 12時03分01秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全65件 (65件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.