938278 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

写真俳句 Ryo

全207件 (207件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

動物

2020年01月21日
XML
カテゴリ:動物
二十秒潜りて彼方水輪鳰  



*季語 鳰 冬






Last updated  2020年01月29日 17時21分39秒
コメント(2) | コメントを書く


2020年01月08日
カテゴリ:動物
さざ波や冬鷺の足ゆすり微々  


さざなみや ふゆさぎのあしゆすりびび

*季語 冬鷺 冬






Last updated  2020年01月08日 16時09分05秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年08月16日
カテゴリ:動物
目輝かせ小山見つけて蜥蜴の子  




*季語 蜥蜴 夏


*ジューンベリーの木の根元に
カナヘビの幼体がちょろちょろ
まだすごく小さい

蝉の穴もいくつか
ニイニイセミもここから巣立ったようで
この蝉は湿った土が好きなようだ
この辺りの標高は高いのだけど
切り土で敷地内の低いところは
水分が十分あるようだ

数日前胡瓜に来るカメムシ用捕獲トラップに
蜥蜴が入って可愛そうなことに
抜けられなかったようだ
これの兄弟かな
日本蜥蜴も来てくれるといいな~

カナヘビなのだが総称名の蜥蜴で詠んでみた








Last updated  2019年08月16日 18時08分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年08月13日
カテゴリ:動物
まだ青き衣まといて秋の蝉  



*季語 秋の蝉 秋


五番目の蝉穴出でて青き翅  


*季語 蝉生まる 夏 子季語 蝉の穴

*ジューンベリーの根元に蝉穴を見つけた
ニイニイゼミの地味な茶色の翅でないが
家から見ていて動きがまさにそれ
横這い忍者歩き
上から下りてくるところを目撃
今朝羽化したのだろう
この辺りでは夏一番にニイニイゼミの声を聞く
少々遅生まれ
まだまだ暑いものね
昼過ぎには無事飛び立った






Last updated  2019年08月13日 20時12分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年07月31日
カテゴリ:動物
影揺らし夏蝶空へ午後三時  



*季語 夏蝶 夏

*やっと長い梅雨が上がり
青空が広がって暑い夏がやって来た
今日は風が庭を通り抜ける

近くに林があるからか
色々な蝶が庭を通り抜ける










Last updated  2019年08月01日 14時04分19秒
コメント(8) | コメントを書く
2019年07月18日
カテゴリ:動物
人は墓標蝉は空蝉残すかな  



*季語 空蝉 夏










Last updated  2019年07月18日 22時14分36秒
コメント(6) | コメントを書く
2019年07月09日
カテゴリ:動物
虫を追ひ低きを飛びて夏燕  



*季語 夏燕 夏

三溪園南門を出たところにある
本牧市民公園の池
渡り鳥の時期には
色々な鴨たちがくつろいでいる



7月は水生植物で池の水が見えないくらい
ミズカンナ、ミソハギ、スイレン
その上を燕が縦横無尽に飛びかって
とんぼも揚羽蝶も逃げながら
池の上や花の周りを飛んでいる
結構な速度で写真になかなか収まらない






























ミズカンナは葉が大きく
カンナに似ているのが由来
花は全体に粉をかぶり白色を帯びている
不思議な花






Last updated  2019年07月09日 18時41分14秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年07月07日
カテゴリ:動物
軽鳬の子のやんちゃな水輪はらはらと 



*季語 軽鳬の子 夏

*夕方かるがもの親子を見かけた
育ったのはたった一羽のようだ
カメラを向ける方向に警戒の目をむけて
まだ飛べないけどだいぶ大きくなった子を
見守っている

池が途中何か所が分断されているので
隣の池に行くには
まだ飛べない子をつれて大急ぎで
地上を移動

​夕方なので写真ははっきりしないのだが・・・​






Last updated  2019年07月08日 14時15分55秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年07月05日
カテゴリ:動物
鉛空翅の重さや梅雨の蝶  



*季語 夏の蝶 夏 子季語 梅雨の蝶






Last updated  2019年07月05日 20時51分03秒
コメント(4) | コメントを書く
2019年06月23日
カテゴリ:動物
小さきもの蛍袋の仮の宿  



*季語 蛍袋 夏


自宅から7~8分のところにある
谷戸源流部の生態系を維持していて
里山の貴重な自然を残している自然生態園に
雨の合間にパーカーを着て行ってきた
周辺の住宅地開発にも
他からの土を入れないで
整地したと聞いている

ホタルブクロの八重が咲いていた
この場所なので自生種だろう



ホタルブクロとヤマホタルブクロの見分けは、
花の萼(がく)片で見分けるが
八重の場合は
外側の萼片が変化したような形なので
見分けがつきにくい



この花の場合外側(萼片)と
内側(花弁)がほぼ同じ長さ
八重には園芸種が多い
ヤマホタルブクロだろうと思うのだけど・・






Last updated  2019年06月23日 16時09分41秒
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全207件 (207件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.