186318 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

大阪城東キリスト教会

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ラザロ式典社 大木@ ご依頼のマイクロバスの件です 主の御名を讃美します こちらの不手際で …
大阪城東WIN@ Re:イザヤ書46章より(04/14) イザヤ書46章、バビロンの偶像を背負う…
大阪城東WIN@ Re[1]:イザヤ書28:16、暗記術、公開(03/19) 毛利光孝さん >ワケわかりません( ´△`) …
毛利光孝@ Re:イザヤ書28:16、暗記術、公開(03/19) ワケわかりません( ´△`)
林 浩一@ Re:ヨブ記38章より(01/2 とても良いブログで嬉しいです。 自然は一…

Freepage List


   日本フリーメソジスト・大阪城東基督教会

「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。」(聖書)

大阪の観光名所といえば、一度は足を運ばれる大阪城。
  そのお城に最も近い教会が、私たちの大阪城東基督教会です。

教会がある、ここ城東区鴫野の町は、OBP(大阪ビジネスパーク)の東側、
  マンションが建ち並ぶ住宅街です。

その町の協力のもと、教会から生み出された「全愛幼稚園」は、
  50年の歩みを数え、それゆえキリスト教保育を経験し、
  卒園された方々は、とりわけ近所には大勢おられます。

通りに掲げられた教会の看板には、
  「温もりある神の愛を受けて、湧き上がる希望に生きる教会」と紹介され、
   平日は地域の幼稚園として園児の声が聞こえ、
   日曜日には朝から、喜びの讃美の声が響いています。

聖日礼拝(日曜日)は、午前10時30分から始まり、
  礼拝出席者は神さまの愛の豊かさに感激し、
  頑固な心が不思議と変えられていく経験をします。

いつまでも残るもの、信じ合える事、望みを持つ事、愛を得て与える事が、
  現実のものとして、あなたの人生にもやってくるのです。嬉しいことです。

最寄の駅は、JR環状線、京橋駅(南口より)下車、徒歩10分です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  536ー0014 大阪市城東区鴫野西3-6-2 牧師 篠原利治 (06)6961-1619
2017/03/22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。今日はヘブル人への手紙2章「イエスの死の目的」です。

その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。:ヘブル人への手紙2章9節

◆要約

もし、御使いたちのことばでさえ、動くことなく、不従順が処罰の対象となるなら、私たちがこんなに素晴らしい救いをないがしろにした場合、どうしてのがることができましょう。この救いは最初主によって語られ、それを聞いた人たちが、確かなものとしてこれを私たちに示し、神も、力あるわざと聖霊の賜物によってあかしされました。
神は後の世を、御使いたちにではなく、人間に従わせられるのです。私たちは今なおそれを見ていませんが、しばらくの間、御使いよりも低くされたイエスのことは見ています。イエスは、死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠を受けました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。神が、彼らの救いの創始者を、多くの苦しみを通して全うされたということは、万物の存在の目的であり、また原因である方として、ふさわしいことであったのです。
主も、私たちと同じように血と肉とを持ちました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっている人々を解放するためでした。主はご自身が試みを受けて苦しんだので、試みられている者たちを助けることができるのです。

(岡崎道成)

◇解説

ヘブル書2章より
ただただ世俗化、悪習慣にのみ流されて、泥沼状態ばかりの人生になるよりは、はっきりとした歴史的啓示に立ち、神の言葉に養われて歩む方が幸いです。

「こういうわけだから、わたしたちは聞かされていることを、いっそう強く心に留めねばならない。そうでないと、おし流されてしまう。」(ヘブル2:1)

モーセに勝る、解放者イエス。ひとり立てり。 死の力を持つ者を滅ぼし、死の代価を自ら支払って、死を恐れる奴隷状態である私たちを、見事に解放してくださった主に、ハレルヤ!

「このように、子たちは血と肉とに共にあずかっているので、イエスもまた同様に、それらをそなえておられる。それは、死の力を持つ者、すなわち悪魔を、ご自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷となっていた者たちを、解き放つためである。」(ヘブル2:14-15)

アロンに勝る、大祭司イエス。ここにあり。 人を救う為に、人になる(受肉)必要あり。また、永遠の命を与える為に、神である必要あり。ここに主イエスあり。神であり、人であるお方。我らの救い主に、ハレルヤ!

「そこで、イエスは、神のみまえにあわれみ深い忠実な大祭司となって、民の罪をあがなうために、あらゆる点において兄弟たちと同じようにならねばならなかった。主ご自身、試錬を受けて苦しまれたからこそ、試錬の中にある者たちを助けることができるのである。」(ヘブル2:17-18)

(篠原利治)





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017/03/22 07:49:21 AM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.