213407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

大阪城東キリスト教会

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

ラザロ式典社 大木@ ご依頼のマイクロバスの件です 主の御名を讃美します こちらの不手際で …
大阪城東WIN@ Re:イザヤ書46章より(04/14) イザヤ書46章、バビロンの偶像を背負う…
大阪城東WIN@ Re[1]:イザヤ書28:16、暗記術、公開(03/19) 毛利光孝さん >ワケわかりません( ´△`) …
毛利光孝@ Re:イザヤ書28:16、暗記術、公開(03/19) ワケわかりません( ´△`)
林 浩一@ Re:ヨブ記38章より(01/2 とても良いブログで嬉しいです。 自然は一…

Freepage List


   日本フリーメソジスト・大阪城東基督教会

「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。」(聖書)

大阪の観光名所といえば、一度は足を運ばれる大阪城。
  そのお城に最も近い教会が、私たちの大阪城東基督教会です。

教会がある、ここ城東区鴫野の町は、OBP(大阪ビジネスパーク)の東側、
  マンションが建ち並ぶ住宅街です。

その町の協力のもと、教会から生み出された「全愛幼稚園」は、
  50年の歩みを数え、それゆえキリスト教保育を経験し、
  卒園された方々は、とりわけ近所には大勢おられます。

通りに掲げられた教会の看板には、
  「温もりある神の愛を受けて、湧き上がる希望に生きる教会」と紹介され、
   平日は地域の幼稚園として園児の声が聞こえ、
   日曜日には朝から、喜びの讃美の声が響いています。

聖日礼拝(日曜日)は、午前10時30分から始まり、
  礼拝出席者は神さまの愛の豊かさに感激し、
  頑固な心が不思議と変えられていく経験をします。

いつまでも残るもの、信じ合える事、望みを持つ事、愛を得て与える事が、
  現実のものとして、あなたの人生にもやってくるのです。嬉しいことです。

最寄の駅は、JR環状線、京橋駅(南口より)下車、徒歩10分です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  536ー0014 大阪市城東区鴫野西3-6-2 牧師 篠原利治 (06)6961-1619
2017/11/19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ダニエル書8章を読んで思うこと。それは、「ダニエルが見た、第二の幻」のこと。これは、終末期の「反キリスト」の予型です。

ダニエルは、ベルシャザル王(バビロン)の治世、第三年目に「第二の幻」を見ました。この時、バビロンにいるダニエルは、幻の中で、ペルシャのスサに居る事になります。このスサは、ペルシャの首都で、バビロンより西500キロも離れた所にあります。

われダニエルは先に幻を見たが、後またベルシャザル王の治世の第三年に、一つの幻がわたしに示された。その幻を見たのは、エラム州の首都スサにいた時であって、ウライ川のほとりにおいてであった。(ダニエル書8:1〜2)

「第二の幻」には、一匹の雄羊と、一匹の雄やぎが登場します。雄羊とはペルシャ帝国を表し、雄やぎとはギリシャ帝国を表します。ギリシャ帝国は、後に四つの国に分かれ、その一つが「反キリスト」の予型になります。

こうして、その雄やぎは、はなはだしく高ぶったが、その盛んになった時、あの大きな角が折れて、その代りに四つの著しい角が生じ、天の四方に向かった。その角の一つから、一つの小さい角が出て、南に向かい、東に向かい、麗しい地に向かって、はなはだしく大きくなり、天の衆群に及ぶまでに大きくなり、星の衆群のうちの数個を地に投げ下して、これを踏みつけ、またみずから高ぶって、その衆群の主に敵し、その常供の燔祭を取り除き、かつその聖所を倒した。(ダニエル書8:8〜11)

この「反キリスト」については、パウロもテサロニケ書において「不法の者」として、主イエスもマタイ福音書において「荒らす憎むべき者」として、啓示しています。ここに終末期に関する、預言的なメッセージが重なります。今後、じっくり勉強しましょう。

だれがどんな事をしても、それにだまされてはならない。まず背教のことが起り、不法の者、すなわち、滅びの子が現れるにちがいない。彼は、すべて神と呼ばれたり拝まれたりするものに反抗して立ち上がり、自ら神の宮に座して、自分は神だと宣言する。(2テサロニケ書2:3〜4)

預言者ダニエルによって言われた荒らす憎むべき者が、聖なる場所に立つのを見たならば(読者よ、悟れ)、そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。(マタイ福音書24:15〜16)






Last updated  2017/11/19 07:53:11 AM
コメント(0) | コメントを書く


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.