1166874 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パワーアシストロボット、医療機器のLAP 平野 淳 のブログ

November 25, 2010
XML
カテゴリ:資格
おはようございます。寒くなってきました、いよいよ本格的な冬に突入ですね。
今日は店舗レイアウトについて紹介します。(出所:07年度1次試験 第22問)

店舗のレイアウトも、ISM(インストアマーチャンダイジング)の理論と式に沿って考える
ことにより理解が深まります。
ISM と 店舗レイアウトについては、以下の式で考えてみます。

売上高 = 客単価 × 来店客数
     客単価 = 商品単価 × 買上点数
                買上点数 = 動線長 × 視認率 × 立寄率 × 買上率
     来店客数 = 客数 × 来店回数

上記の式において、客単価の増加を図るための取り組みがISMですが、そのうち
店舗レイアウトは買上点数の増加に大きく寄与します。

それぞれの要素を向上させるためのプロモーション例は次のとおりです。
 動線長:レイアウトグルーピング&ゾーニング、動線計画、ワンウェイコントロール
 視認率:POP、棚割り、フェイシング、ライティング、カラーコーディネイト
 立寄率:エンド陳列、マグネット
 買上率:デモ販売、クロス・マーチャンダイジング、値引き

これらを踏まえ、店舗レイアウトの考え方に関しては、以下のような特徴があります。

・一般的に、売場の括り(くくり)は、以前は「売る立場」から考えられたものが、
 近年では「買う立場」からも考えられるように変化してきています。

・お客さまに通路上をできる限り長い距離を歩いてもらえるように、通路は売場内の
 隅から隅へと、最初に大回りしてもらえるように設定することが一般的です。

・お客さまにとって商品が見やすく、さわりやすいように、通路が適切に設計されて
 いることが大切です。

・・・

店舗のレイアウトやISMにお悩みの経営者の皆様、
このような観点から専門家に相談してみるのも良いですよ(^^)。

ランキングクリック!応援クリックは励みになります!

オリジナルアドレスの【ブランディングWebサービス】
コミュニケーションツール【コミュニプロ】
QRコード作成の【Q's make】
短縮転送URL作成の【S&F URL】
ランダムパスワード生成の【ぱすぱすっと】

ではでは~。

---
寒い冬もゴージャスに!






Last updated  November 25, 2010 06:11:51 AM
コメント(4) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:店舗レイアウト - 運営管理の問題(11/25)   金光さま一心 さん
おはようございます。

私が店舗経営・10店舗の経営指導をした経験を思い出して、
今日の記事を読ませて頂いて感じたこと
というか・・・利益・売り上げをあげた点は
【動線計画】・【棚割り】・【エンド陳列】を重視した点だったように思います。

来店客数 = 客数 × 来店回数・・・これは、店員さんの接客態度ひとつですね(笑)

あふれんばかりの【笑顔】で勝負してもらいました!

今日の記事を当時、読ませて頂いていたならばと思いました。(25年ほど前のことです・笑)

大変、勉強になりました。

ありがとうございます。 (November 25, 2010 06:36:07 AM)

Re:店舗レイアウト - 運営管理の問題(11/25)   YASUTIDA さん
こんにちわ!

私は外食部所属ですが、会社は小売業なのでSCで営業しており、
食品のレイアウトは、だから1週ぐるっと回るのか!と納得しました。

食品は違う部署なので、「エンド」「棚割り」の話ばかりで意味分からなかったのですが、そういう視点で次は話を聞いてみたいと思います。

本日も感謝のp完です。 (November 25, 2010 02:57:55 PM)

こんばんは♪   ベン0504 さん
店内が明るく清潔感があって笑顔があってフレンドリーで
商品が良いとなればばっちりですね。
お客さんは店にくるというより人に会いにくるという話もあります。来店回数、
リピーター大事だと思います。^0^
(November 25, 2010 06:11:24 PM)

こんばんは。そろそろ夕飯時、お腹すいてきましたね(^^;)。   jhirano さん
>金光さま一心さん
小売店舗のこうした分析・理論作りも、割と最近の出来事なので、25年ほど前はきっと経営者の勘と経験に依存していたことと思います。
それはそれで見事だったことと思います。

>YASUTIDAさん
小売業も大きくなると縦割りの組織になって、各組織が全体勘を持てなくなると意思疎通がうまく行かなくなることもあるので、注意が必要ですね(^^)。

>ベン0504さん
そうですよね、小売業もサービス業、人のつながりが商売を盛り上げる、いつの時代も共通ですよね(^^)。

ではでは~
(November 27, 2010 07:05:07 PM)

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.