2911751 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

じゃんす的北京好日子 東京編

PR

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


じゃんすー

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(78)

北京生活

(410)

北京のお店情報

(115)

北京でカンフー

(8)

華流最前線

(165)

北京で働く

(94)

北京でスノーボード

(8)

中国語学習

(40)

北京で驚いた体験

(60)

英語と中国語

(9)

北京観光

(12)

東京生活

(0)

逆カルチャーショック

(0)

海外出張中

(0)

最近読んだ本

(0)

先祖遡り

(0)

ランキング市場

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

お気に入りブログ

銀座の百貨店をキャ… New! レジャ研所長さん

富山大と東大、メタ… New! でんすけ@スマイルさん

台湾フェスティバル hasshi49さん

だーれんの中国帰国… だーれんさん
リーガオブログ 北京リーガオさん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:お気に入りリンク追加:「ZAKKA縁側通信」「北京なないろ幼稚園」(10/18) cialis soft professional formulationvia…
http://buycialisonla.com/@ Re:お気に入りリンク追加:「ZAKKA縁側通信」「北京なないろ幼稚園」(10/18) farmaci generici cialis viagracialis er…
ばたさん@ Re:再見! ご愛読有難うございました!(09/03) http://www.batasun.com/ 始めました
matt@ TBtJEVfrqHI j5pz74 http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
matt@ hiKEjPGIqFtzcCly YqnMSr http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…

フリーページ

メルマガ ☆流星花園で中国語☆


F4関連DVD雑誌紹介


ご紹介頂きました!


読者の広場 その1


読者の広場 その2


読者の広場 その3


読者の広場 その4


読者の広場 その5


読者の広場 その6


読者の広場 その7


読者の広場 その8


読者の広場 その9


読者の広場 その10


読者の広場 その11


読者の広場 その12


読者の広場 その13


まぐまぐ大賞投票コメント


スノーボード in 北京


TOEIC中国語版


華流コラム


韓流の次は華流!? 


ジェリー来日予想


F4日本デビューか


台流?漢流?華流?


SMAP × F4


華流エンタメ・F4レビュー


F4 メンバー写真集


ジェリー・イェン出演作品


ヴィック・チョウ出演作品


ケン・チュウ出演作品


ヴァネス・ウー出演作品


レイニー・ヤン出演作品


現地発!華流コラム


日本人俳優@中国


中国の日本アニメ事情


中国コスプレ事情


チャン・ナラサイン会


「流星花園」のみどころ!


スポ根ドラマ「ピンポン」


「狂愛龍捲風」


「イルカ湾の恋人」


ロイ・チウの魅力!


『Silence~深情密碼~』


「Hi! 上班女郎」


F4ケン「おいしい関係」


「天空之城 City of Sky」


映画「男才女貌」


「満城尽帯黄金甲」


「紫日(前田知恵出演)」


流星花園公式ジュエリー


不能説的秘密 


カンフーダンク(大灌籃)


中国語学習のコツ/HSK


ネイティブから学ぶ使える中国語口語表現


HSK高等試験 受験偏


HSK高等試験 結果偏


HSK高等試験 特訓偏


中国語学習法披露します


HSK11級取得までの道


HSK11級取得までの道1


HSK11級取得の道2


HSK11級取得の道3


おすすめ中国語参考書


NHK中国語会話02年


NHK中国語会話03年


TLT中国語


中国語学習機「上海」


女は中国語で


中国語文法・完成


通訳翻訳に役立つ本


北京の街のルール


交通ルール偏


交通事故偏


自転車偏


タクシー偏


三輪車偏


ゴミ捨て偏


スーパー偏


北京グルメ情報まとめ


日中地震考


PR戦略@中国


第1回:広報担当者必読の中国広報事情


第2回:広報活動にともなうチャイナリスク


第3回:チャイナリスクの対応方法


第4回:社会貢献活動をPRすべし


第5回:欧米企業の社会貢献活動PRに学べ


第6回:中国でプレスリリースを発送する


第7回:中国メディア、記者対応の注意点は


第8回:大きい中国、市場はたくさん


第9回:中国でのPR戦略は多様化が必要


第10回:W杯報道に見る中国メディア事情


第11回:広告合戦勃発!外資vs中国


第12回:新聞雑誌、中国人はどこで買う?


第13回:中国のネット人口1億2300万人に


第14回:広報とホステスの深い関係


第15回:靖国参拝への中国メディアの反応


第16回 中国PR市場規模は2100億、日本の3倍


おすすめ中国関連書籍


中国行きのスロウ・ボート


氷点は読者とともに


北京コミュニティ


北京GREE会


北京観光


周口店北京原人遺跡(1)


周口店北京原人遺跡(2)


周口店北京原人遺跡(3)


雲居寺/石経山


雲居寺/石経山(2)


司馬台長城(1)


司馬台長城(2)


白龍潭


川底下村


過去のブログ


1999年10月~12月


2000年1月~3月


2000年4月~6月


過去のブログ2


原宿フィールドワーク


ファミリーヒストリー:先祖遡り


その1:除籍謄本で江戸時代の先祖を知る


通訳案内士最短合格を目指す勉強法(独学)


通訳案内士:英語試験独学合格のコツ


通訳案内士(中国語)受験記(平成30年度)


早稲田MBA受験記


早稲田MBAを選ぶべき10の理由


全1000件 (1000件中 991-1000件目)

< 1 ... 98 99 100

2004年12月04日
XML
テーマ:中国&台湾(3096)
カテゴリ:北京生活
最近こればっかり食べてます。
中華料理も毎日食べてると厭きてきますが、これなら食べられます。日本の中華料理と中国の中華料理は味が違うのですが、家常豆腐と回鍋肉はどこで食べても日本より旨いと思います。はずれもありません。
家常豆腐+拍黄瓜(胡瓜とニンニクをからめたもの)+燕京ビールが定番になってきました。これで20元以下ですから安いですね。

今日も近所の中華屋でこのメニューで一杯やってました。
となりのテーブルで10人くらいで食事してて多分親戚同士かだと思いますが、カードゲームですんごい盛り上がってました。おじさん、おばさん、じいちゃん、ばあちゃん、子供含めて。それを店員がまわりで野次馬したり、入れ知恵したりしてました。日本じゃまず見ない光景ですが、これはこれでいいような気がします。

学生のころレストランでウェイターバイトしてましたが、私語禁止で水も飲んじゃいけなくて、決まりごとが多くて嫌になった覚えがあります。中国のこういう光景を見てると、日本は過度なサービスをしているように思えてきます。もっと肩の力を抜いて仕事をしてもいいんじゃないかなあと思います。






最終更新日  2004年12月04日 23時26分48秒
コメント(5) | コメントを書く
2004年12月03日
テーマ:台湾ドラマ(1)
カテゴリ:華流最前線
今日、中国語学習メルマガ「☆流星花園で中国語☆」の第14号を発行しました。今回で第3話までが終了しました。
現在1425名の方に登録いただいています。

始めたときは、数十人のコアなファンに向けて発行できればいいなと思っていましたが、日本でも予想以上に人気が出てきたのと、中国語学習熱が高まっていることもあり、みるみるうちに読者が増えていきました。
この調子で「冬ソナ」並みにブレイクするのも近い?と思っています。

登録は以下のサイトから行えますので、中国語を楽しく学びたい方は是非どうぞ!
http://nonaka.cool.ne.jp
バックナンバーも読みたいという学習意欲の高い方はこちら
http://nonaka.cool.ne.jp/back1.html

1票お願い致します! 人気blogランキング






最終更新日  2004年12月03日 19時04分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年12月02日
テーマ:中国&台湾(3096)
カテゴリ:北京で驚いた体験
昨日生まれて初めてナレーションという仕事をしました。
会社関係で教育番組を作っているディレクターがいて、その番組の日本語ナレーションを頼まれました。やったことないので心配だというと、「日本人でしょ、標準語喋れるんでしょ、じゃあ大丈夫じゃん」と言うので引き受けました。

スタジオに行ってマイクの前で原稿を読むわけですが、結構緊張するものですね。それと、自分の声を初めてちゃんと聞いたわけですが、こんな声してるのかーとちょっと新鮮でした。
それにしても自分のナレーションは超棒読みで、聞いたらすぐに素人だとわかると思います。日本ではこの質はありえないでしょうが、中国で日本のドラマのDVDなんかを買うと翻訳が適当だったりするので、まあいいかと思いました。

ナレーションて結構面倒な仕事ですね。今回は20分ほどの番組でしたが、1時間や2時間番組のナレーションは大変でしょうね。今回1度やってみましたが、最後のほうはだんだん慣れてきたので次回話があればもう少し上手にできそうです。

1票お願い致します! 人気blogランキング






最終更新日  2004年12月02日 11時20分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年12月01日
カテゴリ:北京で驚いた体験
昨日同僚の送別会だった。よくあることだが、代理店をやめて企業側のマーケ担当になるらしい。聞いてみると日系企業に行くとのこと。道理で以前から日本語の勉強に意欲的だったわけだ。一緒に教科書選びをつきあったり、簡単な日本語を教えてあげたこともあった。ちなみに北京では上海などに比べて日本語はマイナー言語である。勉強人口ランキングでは英語はもちろん伊、仏、スペイン、韓国語などの下にくる。

それで送別会ということでカラオケにいった。朝陽門の近くにある「乏利ビル(ちょっと漢字違うけど)」という北京では3本の指に入るとという豪華なBOXだった。日本と違うところは、ここが高いからかもしれないけど、作りが一流ホテルみたいに豪華である。あと、当然ながら中国語の歌が豊富。日本では「うたひろ」なんかでは韓国語は多くても中国語は少ないし、中国語カラオケ屋「MIC103」は歌は多いが、ちょっと設備がいまいち。

それで何か日本語の歌が聞きたいというので、何がいいかなと探してみるがあるのは古い歌ばかり。タイトルに漢字があったほうがいいかなーとか中国でもカバーされてるのがいいかなーとか色々考えて結局サザンにした。あと、うちのチームメンバーはほぼ20代ですが、思った以上に中国の若い人たちは日本の歌を知りません。聞いたことないという人が多いです。まあ自分も中国語勉強するまで中国の歌聞いたことなかったから同じか。

「勝手にシンドバッド」を歌ってみたらこれがなぜか非常にウケた。まず映像にウケてた。ビーチでパツキンハイレグのお姉ちゃんがフラフープしたりする映像。中国の歌でこういった映像が出るのは無いでしょう。あと、歌詞のフレーズが日本語わからなくてもおもしろいようである。結局3回歌わされたので「イマナンジ」と「ムナサワギノコシツキ」はみんな覚えちゃったようだ。これは誰の歌でどんな意味なんだとか聞かれたけど、訳すの難しいなと思った。とりあえず「随便ni」的意思と答えといた。

料金は飲んで食べて4時間くらいいて、一人800円くらいだったかな。

中国でカラオケというと、普通のカラオケボックスともう一つキャバクラのようなのがある。もう一つのほうは日本人をメインターゲットにしていて値段もかなり高い。それが原因かわからないけど、中国での日本人のイメージでまず挙がるのは「すけべ」である。会社のビルの地下にも夜総会があって、となりのレストランでみんなで夜食とか食べてる時、日本人の集団ががやがや入っていったりすると、ちょっときまずい。

1票お願い致します! 人気blogランキング






最終更新日  2004年12月06日 19時48分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年11月29日
カテゴリ:北京生活
北京も上海もそうでしたが、中国どこでも似たようだと思いますが、交通状況はやばいです。車も自転車も人ももわれ先に行こうとするので、ボーっとしてるとぶつけられます。基本的には車優先です。2日に1度は事故を見ます。こないだは自転車のおばさんがタクシーにぶつけられて転んでしまったのを見ましたが、運転手は「どこみてんだ」と怒鳴って、その後大丈夫だろ、とおばさんの服をはたいてそれで終わりでした。

自分も最近は道路を渡るときは四方八方見回しています。しかしタクシーに乗ったときは運を天にまかせます。何度も「ぶつかった!」という紙一重の体験をしていましたが、不思議と急ブレーキで事なきを得ていました。しかし、こないだついにタクシー乗ってて後ろからぶつけられました。でも「こつん」という程度なのでぜんぜん怪我はしてません。こっちの車はすごく運転が荒く、斜線変更、追い抜きは当たり前です。こんな荒い運転してるから少しくらいぶつけられても平気なのかと思いきや、「こつん」とぶつけられたタクシーの運転手はえらく切れていました。しかしぶつけたほうの運転手と5分くらい言い争ってそれで終わりでした。

あと最近自転車もかなり使いますが、夜は危ないです。なぜかというとライトがないからです。どの自転車もライトがありません。もちろん自分のもありません。自転車なんて高校の時原チャリにしてから10年ほどまともにのってないので、感覚に慣れるのが大変です。よくぶつかりそうになりますが、こっちの人のチャリンコテクはレベルが高く、明らかにぶつかるタイミングでも向こうのほうがギリギリでよけれくれます。

とにかく交通事故には気をつけなくちゃと思います。






最終更新日  2004年12月01日 12時31分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年11月14日
カテゴリ:北京生活
土曜日に北京で唯一の日本人の友達、だーれんさんにお誘いいただき、25+αの会という北京の日本人の集まりに参加してきた。会場の日本料理屋の料理はすごくおいしかった。うにやすきやきなんかも食べられて幸せだった。この会には50人くらい集まり、普段生活してる上ではぜんぜん日本人に会わないけどいるところにはいるんだなと思った。だいたいは仕事で来ている方だったが、留学生も何人かいた。ジムを経営してる方、エステをやっている方、バーをやっている方などいろんな方と知り合うことができて楽しかった。みんなそれぞれこの国に可能性を感じて飛び込んできているのでその面で話が合う。

あと昨日今日とカンフーの練習を休まずちゃんとしたのだけど、筋肉痛がやばい。朝8時から始まるので土日でも毎日6時半に起きている。がんばって続けていこうと思う。先生は中国のチャンピオンらしい。今年の大会がもうすぐあるらしく張り切っている。今日は先生の友人という女性も来ていたのだが、ちっちゃくてかわいらしくて童顔で子供みたいなんだが、この方は太極拳のチャンピオンらしい。いまいち中国のカンフー界の仕組みがわからないのでどのくらいすごいのかわからないけど。






最終更新日  2004年12月01日 12時30分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年11月11日
カテゴリ:北京で働く
最近急に忙しくなってきました。
会議も多くなり、客先に出かけることも多くなりました。
メルマガもサボりがちです。ネット環境は結局自分では設定できず、パソコン相談会社みたいなところにいきました。たぶん近々整うと思います。

自分はまだ中国語が思い通りに使えないので、さぞかし大変だろうと僕の友人たちは思っていることと思いますが、実際それほど苦労はしていません。いまのところですけど。仕事を進める上で重要なのはコミュニケーションをとることです。日本で日本人と仕事をしていてもコミュニケーションがとりにくかったり、とれなかったりする人がいます。また、現在の仕事内容は記者会見やったりイベントやったりインタビュー仕込んだりと日本でやっていることと同じなので、だいたい仕事の進め方がわかるので多少楽です。

社内では、一応アメリカの会社ということで公用語は英語のようです。でも中国人同士で英語を話すことはしません。メールの場合はみんな英語を使っています。僕のような外国人と話す場合は、最初に英語と中国語どっちがいいか?と聞かれます。自分の場合勉強した時間は圧倒的に英語の方が多いので、単語は英語のほうが格段に知っています。中国語の場合人名とか個人名が多く出てくるとさっぱり聞き取れなくなります。話す方は最近は中国語ばかり話しているせいか中国語のほうがすぐ出てきます。一番いいのは英語で話してもらって自分は中国語なんですが、中国語で答えると向こうも中国語で答えるので結局中国語になります。

お客さんとのコミュニケーションは中国語、英語、日本語(日系企業担当なので)と3つの言葉を使ってやっています。お客さんとミーティングの時は、全員が理解できる言語が無いため、常に誰かが誰かに常に通訳している状況になります。お客さんの日本人社員は英語と日本語ができます。中国人社員は中国と日本語ができます。うちの同僚は中国語と英語ができます。そして私は一応3つできますが、英中を流暢に操れるわけではありません。でも今のところ会議中面倒だなと思ったことはあまりありません。要はコミュニケーションがとれてれば問題ないわけです。

とはいってもやはり中国語は勉強しなくてはなりません。同僚の助けも借りながら勉強しています。同僚のアドバイスによると、もっと声調をはっきり言うことと、zheとcheの発音をはっきり言うことが必要とのことです。よくわからない単語などの場合この辺を曖昧に発音して誤魔化してるわけですが、そこをズバリ指摘されました。

それからは意識してなるべくはっきりしゃべるようにしています。
しかし、北京のタクシーの運ちゃんはしゃべってることが曖昧というかアル化が激しいというか、意識して聞かないと全部「アー」としゃべっているように聞こえます。
北京の運転手は結構話す人が多くいろいろ話しかけられることが多いですが、よく聞き取れないことが多いです。これがはっきり聞き取れるようになったら日本に戻ってもいいかなと思います。






最終更新日  2004年12月01日 12時29分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年11月08日
カテゴリ:北京生活
週末生活必需品から携帯、マクラまでいろんなものを買いました。

まず自転車を買いにいきました。
150元(2000円くらい)でまあまあのやつを買いました。前かごが150円、鍵が200円くらいです。自転車で友達と2人乗りして、後ろの荷台でタバコなんか吹かしているとだんだん溶け込んでる感じがします。
会社の同僚は、会社に乗ってきたその日に盗まれたので、盗難には注意しようと思います。

あと、中国功夫を習い始めました。合気道を続けようと思いましたが、せっかく中国に来たということもあって、カンフーにしました。北京語言大学に週2回いっています。留学生気分も味わえます。中国の大学は内部に何でもあります。レストラン、郵便局、本屋、カフェその他遊ぶところなどなど。先生は体育大学の学生で、僕より若いですが、いいやつです。日本語ができないので中国語の勉強になります。
生徒は語言大の留学生が一人と近所にいる12歳の中国人の子供と自分の3人です。最初行ったときは、大人数で本格的にやってるのかなーと思ってたら指定された場所にいると誰もいません。ベンチに剣を持って座っている人がいたのでもしかしてと思ったらそれがそうでした。でも少人数のほうが楽しいです。練習は朝早いし、痛いし、疲れます。でも続けようと思ってます。

それで、そのカンフー練習用のジャージを買いにいったわけです。近所の三里屯服飾商場というのがあって、ここは結構安いのでかなりにぎわってます。そこで上から下まで、靴までナイキで揃えました。しめて3000円。本物かどうかわかりませんが、品物はいいので、そんなのどうでもいいです。値段交渉もしますが、だいたい「いくら?」と聞くと自分が思っていた値段よりも安い場合が多いです。でもふっかけられているのはわかるので、そこから3割くらいは値切らせます。めんどくさくなったら、言い値で買っちゃいます。店員がかわいければ交渉にも力が入って、ねばって長く話して仲良くなります。

あと、インターネットに接続するためモデムを買いに中関村というところにいきました。ここは秋葉原のようなところで何でもあります。1400円でモデムを買いました。でもまだネットには接続できません。中国からだとモデムの設定を変えないといけないんだろうか。かなり苦労してます。

そして携帯。これは非常に高い。安くても15000円くらいして、高いと10万くらいのもあります。日本の携帯はあまり人気がなく、NOKIAが一番人気です。15000円の携帯を買いました。でも最初さえ払っちゃえば通話料はすごく安
いです。最初に50元か100元のSIMカードを買って、それを使います。日本みたいに後から請求来てびっくりということはありません。もちろん日本みたいな月ぎめシステムもありますが、北京市民じゃないと最初に2000元必要とかよくわかんないので、それはやめました。

あとマクラがまだ無かったので買いました。
デパートで買ったので3000円くらいしました。バーバリーでした。でもなんかおかしいと思ってるとスペルが「BEVERLY」でした。なんかバーバリーって「U」のスペルがあった気がすると思ってWEBで調べてみたらやっぱりそうで、これは偽者でした。でも寝やすいからいいです。

あと、奮発して日本料理を食べました。
ラーメンと餃子とコーラで40元(550円くらいかな)。
通常100円で中華料理が食えるので結構な贅沢です。でもまずかった。なんかスープぬるいし、餃子の中に変なの入ってるし。結構日本料理には見よう見まねでやってる店も多いので注意です。だって材料ほとんど同じで日本料理の看板だせば5倍以上とれるんだもん。

今日服装も一通り中国で買ったもので揃えたら、
外国人と言われる確立がかなり下がったと思います。
あとは髪型ですが、どうもその辺の床屋に行くと角刈りにされそうで怖いです。美容院も結構ありますが、足つぼとかマッサージも看板に入っててイマイチ何をしているのかよくわかりません。

今日は中国での買いものについてレポートしてみました。






最終更新日  2004年12月01日 12時28分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2004年11月06日
カテゴリ:北京生活
現在北京で働いています。
まだ部屋に電話や布団が無かったり、買い足さなくてはならないものはたくさんありますが、やっと落ち着いてきました。

社内で日本人は自分一人で、周囲の社員は英語ができる人も多いようですが、なるべく中国語で頑張っています。この環境で1年くらいやれば中国語能力はだいぶ向上すると思います。みんな日本人と働くのは初めてらしく、「コニチハー」とか「ハジメマシテ ワタシは~デス」みたいな「最初の恋最後の恋」のドンジエのような日本語で話しかけてくれます。転校生のような気分です。でも台湾人やシンガポール、マレーシアやアメリカ人などもいて、彼らも少数派なので、あまり孤独感はありません。

中国で働きはじめて思ったことは、みんな楽しく働いているということです。冗談言い合って、ころころと良く笑います。これは自分の社内でもそうですが、レストランとかデパートにいってもそうです。みんな喋ってるし、地元のレストランだとカードゲームやってることもよくあります。
あと上下関係があまりありません。これらに関してよい点悪い点あると思いますが、自分は良い点のほうが多いと思います。

あと、みんな良く喋ります。特に女の子はすごいです。
ご飯中などマシンガンのごとく話します。机をたたいたり(リズムをとってるように思えます)、ハシを使ったりして話します。またそのときの表情の変化も激しいので、話していることはほとんど聞き取れませんが見てるだけでおもしろいです。

食べ物はだいぶ慣れてきましたが、毎日同僚とみんなで食べに行くため、何を食べているのかわかりません。大根みたいだけど大根じゃないなーとか肉だと思ってたら魚だったり、豚肉だと思ってたら犬肉だったりなどなど。あとみんな結構辛いです。辛いものを食べるとおなかをこわす体質でしたが
最近慣れてきました。

とりあえず雑感でした。






最終更新日  2004年12月01日 12時24分09秒
コメント(1) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全1000件 (1000件中 991-1000件目)

< 1 ... 98 99 100


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.