2918385 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

じゃんす的北京好日子 東京編

PR

サイド自由欄

QLOOKアクセス解析

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


じゃんすー

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(78)

北京生活

(410)

北京のお店情報

(115)

北京でカンフー

(8)

華流最前線

(165)

北京で働く

(94)

北京でスノーボード

(8)

中国語学習

(40)

北京で驚いた体験

(60)

英語と中国語

(9)

北京観光

(12)

東京生活

(0)

逆カルチャーショック

(0)

海外出張中

(0)

最近読んだ本

(0)

先祖遡り

(0)

ランキング市場

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

お気に入りブログ

エルニーニョ現象 でんすけ@スマイルさん

ERに学ぶ医療現場… レジャ研所長さん

台湾フェスティバル hasshi49さん

だーれんの中国帰国… だーれんさん
リーガオブログ 北京リーガオさん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:お気に入りリンク追加:「ZAKKA縁側通信」「北京なないろ幼稚園」(10/18) cialis soft professional formulationvia…
http://buycialisonla.com/@ Re:お気に入りリンク追加:「ZAKKA縁側通信」「北京なないろ幼稚園」(10/18) farmaci generici cialis viagracialis er…
ばたさん@ Re:再見! ご愛読有難うございました!(09/03) http://www.batasun.com/ 始めました
matt@ TBtJEVfrqHI j5pz74 http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
matt@ hiKEjPGIqFtzcCly YqnMSr http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…

フリーページ

メルマガ ☆流星花園で中国語☆


F4関連DVD雑誌紹介


ご紹介頂きました!


読者の広場 その1


読者の広場 その2


読者の広場 その3


読者の広場 その4


読者の広場 その5


読者の広場 その6


読者の広場 その7


読者の広場 その8


読者の広場 その9


読者の広場 その10


読者の広場 その11


読者の広場 その12


読者の広場 その13


まぐまぐ大賞投票コメント


スノーボード in 北京


TOEIC中国語版


華流コラム


韓流の次は華流!? 


ジェリー来日予想


F4日本デビューか


台流?漢流?華流?


SMAP × F4


華流エンタメ・F4レビュー


F4 メンバー写真集


ジェリー・イェン出演作品


ヴィック・チョウ出演作品


ケン・チュウ出演作品


ヴァネス・ウー出演作品


レイニー・ヤン出演作品


現地発!華流コラム


日本人俳優@中国


中国の日本アニメ事情


中国コスプレ事情


チャン・ナラサイン会


「流星花園」のみどころ!


スポ根ドラマ「ピンポン」


「狂愛龍捲風」


「イルカ湾の恋人」


ロイ・チウの魅力!


『Silence~深情密碼~』


「Hi! 上班女郎」


F4ケン「おいしい関係」


「天空之城 City of Sky」


映画「男才女貌」


「満城尽帯黄金甲」


「紫日(前田知恵出演)」


流星花園公式ジュエリー


不能説的秘密 


カンフーダンク(大灌籃)


中国語学習のコツ/HSK


ネイティブから学ぶ使える中国語口語表現


HSK高等試験 受験偏


HSK高等試験 結果偏


HSK高等試験 特訓偏


中国語学習法披露します


HSK11級取得までの道


HSK11級取得までの道1


HSK11級取得の道2


HSK11級取得の道3


おすすめ中国語参考書


NHK中国語会話02年


NHK中国語会話03年


TLT中国語


中国語学習機「上海」


女は中国語で


中国語文法・完成


通訳翻訳に役立つ本


北京の街のルール


交通ルール偏


交通事故偏


自転車偏


タクシー偏


三輪車偏


ゴミ捨て偏


スーパー偏


北京グルメ情報まとめ


日中地震考


PR戦略@中国


第1回:広報担当者必読の中国広報事情


第2回:広報活動にともなうチャイナリスク


第3回:チャイナリスクの対応方法


第4回:社会貢献活動をPRすべし


第5回:欧米企業の社会貢献活動PRに学べ


第6回:中国でプレスリリースを発送する


第7回:中国メディア、記者対応の注意点は


第8回:大きい中国、市場はたくさん


第9回:中国でのPR戦略は多様化が必要


第10回:W杯報道に見る中国メディア事情


第11回:広告合戦勃発!外資vs中国


第12回:新聞雑誌、中国人はどこで買う?


第13回:中国のネット人口1億2300万人に


第14回:広報とホステスの深い関係


第15回:靖国参拝への中国メディアの反応


第16回 中国PR市場規模は2100億、日本の3倍


おすすめ中国関連書籍


中国行きのスロウ・ボート


氷点は読者とともに


北京コミュニティ


北京GREE会


北京観光


周口店北京原人遺跡(1)


周口店北京原人遺跡(2)


周口店北京原人遺跡(3)


雲居寺/石経山


雲居寺/石経山(2)


司馬台長城(1)


司馬台長城(2)


白龍潭


川底下村


過去のブログ


1999年10月~12月


2000年1月~3月


2000年4月~6月


過去のブログ2


原宿フィールドワーク


ファミリーヒストリー:先祖遡り


その1:除籍謄本で江戸時代の先祖を知る


通訳案内士最短合格を目指す勉強法(独学)


通訳案内士:英語試験独学合格のコツ


通訳案内士(中国語)受験記(平成30年度)


早稲田MBA受験記


早稲田MBAを選ぶべき10の理由


全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

北京観光

2008年07月20日
XML
カテゴリ:北京観光
古書店、印鑑屋、掛け軸の店、お土産やさんが立ち並ぶ 緑も多く、古い町並みを残しています。のんびりした雰囲気がよい感じでした
書画や絵も豊富 かわいい小物もたくさんあります

北京の骨董街「瑠璃廠(リュウリーチャン)」に初めて行きました。
北京在住の友人知人から「おもしろいよ」と聞いていたので1度は行ってみたいと思っていた場所です。

瑠璃というのは瓦のことで、故宮の屋根やレンガ造りの壁の瓦のことを瑠璃と呼ぶそうです。明の時代に瑠璃を作った工場がこの辺りにあり、それが由来とのこと。今は骨董関係や書画、古風な文房具、印鑑などの店が建ち並んでいます。

ガイドブックには「ぼったくりに注意」とも書いてありますが、秀水と比べたら全然ましです。あまりしつこく売ってくる店員はいなかったですし、適正価格で販売しているお店も多かったです。町並みがのんびりしているからか、店員さんたちものどかな感じでした。秀水だと最初30元とふっかけられて10元まで値切るのが面倒な小物入れも最初から10元で販売していました。


亀くん

通りにおじいちゃんが手に何かを持って立っていました。
なんだか惹かれてしまい、ふらふらと近寄ってみてみると、亀の置物でした。


親亀、子亀、孫亀

親亀から子亀が出てきて、そこからさらに孫亀が出てきます。


裏返すと印鑑に

裏返すと全部印鑑になっています。

手に乗せてみるとこれがズッシリと重い。

50元で購入しました。


亀を売るおじいさん
亀売りのおじいさん。
売っているのはこの亀1つのみ。
この亀は私が買ってしまったのでもう売り切れのようでした。
帰りにもう一度このおじいさんのところに行ったら、今度は歴代皇帝のメダル冊子を100元で販売していました。


場所:北京市宣武区
地下鉄環状線 和平門駅下車 徒歩3分、バスは瑠璃廠下車すぐ





blogranking ←ポチッと応援クリック頂けると嬉しいです。






最終更新日  2008年07月21日 23時40分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年06月20日
カテゴリ:北京観光

地球の歩き方(D 03(2008~2009年)

先日、インドに留学中だと思っていた牧場主さん と北京で偶然お会いしました。
その時、牧場主さんが「地球の歩き方」をお持ちだったので、見せていただきました。この「地球の歩き方 08-09年 北京・天津版」には私もちょこっと編集協力させていただきました。

北京の最新情報が網羅されていました。
北京のガイドブックはやはり最新版を持っていたほうがいいと思います。
私が今持っている「地球の歩き方」は北京に来た時持ってきたもの(2004年度版)なのですが、この数年で北京は相当変化を遂げたので今やほとんど役に立ちません。新光天地も万達広場も載っていませんし。


arukikata

おもしろい企画だと思ったのが、「在北京日本人のおすすめスポット」です。北京で生活している日本人、出張でたびたび訪れる日本人それぞれが自分のお気に入りスポットを紹介しています。この企画には私も参加させていただきました。


北京旅行のお供にはぜひ「地球の歩き方」を! 人気blogランキングへ


「北京ナビ手帳」「るるぶ北京」もおすすめです!


前田知恵さんが北京をナビゲート「北京ナビ手帳」
「るるぶ北京」発売!北京観光のお供に






最終更新日  2008年06月21日 20時01分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年06月18日
カテゴリ:北京観光
IMG_2651.JPG

ようやく北京オリンピックのチケットを入手しました。

種目は「ホッケー」です。


チケット入手に積極的に動いている中国人の知人を通して入手しました。
私自身は「まああせらなくてもいいだろう」と思っていて、中国人の友人知人に余ったら売ってねと声をかけておいただけでした。

今日連絡があったので早速受け取りに行きました。
種目も知らなかったのですが、「ホッケー」でした。
ホッケーの試合は観たことないですし、ルールもよくわかりませんが、とりあえず嬉しいです。


周りを見ていると、北京オリンピックのチケット入手に対する態度は様々です。
大きく以下の5つのタイプに分けられると思います。

1.自分が見たい種目のチケットを全力で取りに行っている人

2.とりあえずどんな種目でもいいのでチケットを入手しようとしている人

3.どうせ当日券があるだろうと悠長に構えている人

4.オリンピック自体にそんなに興味がなくさめている人

5.転売目的でバイトを動員してチケットをかき集めている人(上記3,4の人々を動員している)


私は7月くらいからチケットが取りやすくなるのではないかと見ています。あるところにはあるでしょうし、そういうチケットが出回るのではないかと。それに、開会式、陸上、飛び込み、卓球、バスケなど中国で人気のスポーツ以外は結局当日券が買えるのではないかと思っています。


それにしても、最近「オリンピックだから」という理由で様々な要求(理不尽なのも含め)を受けることが多いように思います。例えば以下のような感じです。

北京オリンピックなので家賃を上げます(私は2倍といわれましたが、5倍にすると言われた知人もいます)

北京オリンピックなので大規模なイベントは禁止です

北京オリンピックなのでお店の看板に英語を併記しなくてはいけません(Motoさんのブログご参照)

北京オリンピックなので寮から出て行ってください

北京オリンピックなのでビザの延長はできません

北京オリンピックなので電気の検査をします(きたむーのブログご参照)

北京オリンピックなので水道を止めます

などなど。。


「北京オリンピックだから~」といえば何でも要求が通る黄門様の印籠のようになっています。最近私の周辺では何か無理めな頼みごとをする時、「オリンピックだから~」と付けるのが流行っています(ジョークとして)。

よく中国在住の外国人は理不尽なめに遭ったときや遭った友人を慰めるときに「中国だから(仕方が無い)」、英語だったら「(Forget about it)It's China」と言いますが、最近は「オリンピックだから(仕方が無いよ)」というようになっています。これは外国人だけではなく中国人も使います。


北京オリンピック関連記事:
聖火アイス
福娃号(フーワー号)と北京オリンピックテレビ設置タクシーの画像
北京オリンピック団地
北京オリンピックメイン会場 写真レポート
北京オリンピックに関する中国人意識調査と福娃(フーワー)



【スウォッチ専門店】swatch 北京オリンピックモデルChina Dreams (チャイナ・ドリームス)
チームガイストII マグヌス モエニア(5号)北京五輪公式球「長城之星」 送料無料
★GoGoジャパン!★2008北京オリンピック日本選手団公式レプリカミズノ キャップA60BF-83501
☆☆数量限定☆☆【50%OFF!!】2008年北京オリンピック 野球日本代表 星野JAPAN 『キャラクタ...



やっぱり一番見たいのは開会式ですね。人気blogランキングへ






最終更新日  2008年06月18日 21時59分02秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年05月18日
カテゴリ:北京観光
IMG_2517.JPG

エアチャイナの福娃号(フーワー号、フーワーは北京オリンピックのマスコットキャラ)の画像です。やっと撮影できました。



IMG_2509.JPG IMG_2508.JPG
もうひとつ。前回画像を紹介できなかったタクシーに設置されている北京オリンピックテレビをやっと撮影できました。北京のタクシーではなく、上海のタクシーです。


タクシーに北京オリンピックテレビ設置


人気blogランキングへ






最終更新日  2008年05月19日 01時25分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月31日
カテゴリ:北京観光
司馬台の後、密雲県の北東30キロに位置する風景区「白龍潭」にいきました。司馬台長城観光のついでに寄りました。北京16景の1つです。


白龍潭入り口案内図
入り口の案内図。
みどころは双龍壁、五龍祠、龍泉寺の3箇所。
双龍壁は1972年に築かれたダムで、2匹の龍が描かれているそうです。
五龍祠は北宋時代の998年に作られました。雨が降らずに苦しんでいる農民のために、青竜が天に昇って雨を降らせたという伝説があります。
龍泉寺は元の時代1288年に作られました。寺の扁額の文字は李鴻章が書いたそうです。


~だそうです、という表現が多いのは実際には見に行かなかったからです。これらをまわるのに1時間かかると言われ、司馬台観光で疲れている身にはきつかったので入り口をちょっとぶらつくだけにしました。

ちなみに入場料は30元でしたが、我々が「帰る」というとどんどん値下げしてきて結局10元まで下がりました。


森林公園があり、山々に囲まれています
山々に囲まれて自然が多いところでした。



春に訪れたのですが、秋のような光景が広がっていました。
秋のような景色

秋のような景色2


聖境門
入り口を入りまもないところにある聖境門です。


なぜかラクダが
入るとすぐになぜかラクダがいました。


それにしてもここには全く観光客がいませんでした。
穴場のマイナー観光地ですね。



<バスで行った場合のアクセス方法>
・東四十条、崇文門から游12路バス
・東直門から「太師屯」行きバスで白龍潭下車(12元)


人気blogランキングへ


北京観光におすすめのガイドブック↓

中国語会話北京ナビ手帳
地球の歩き方(D 03(2007~2008年)
地球の歩き方ポケット(6 2007~2008年版)






最終更新日  2008年04月02日 00時13分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月30日
カテゴリ:北京観光
あいにくの天気だったので上のほうは靄がすごいことになっており、景色を楽しむことができませんでした。それどころか、数メートル先は靄で全く見えません。。

急な下り坂
下りも急な坂が多く、慎重に降ります。


下っていくうちにだんだんと霧が少なくなり、景色が楽しめるようになりました。

司馬台景色1


司馬台景色2


司馬台景色3



今回の司馬台に来た一番の目的は「滑り台」でした。
長城を上から滑り台で滑り降りたらどんなに気持ちいいことだろう、と想像していました。

しかし、実際にあったのは滑り台ではなく、ロープ。。
これでターザンのように一気に麓まで降りるわけです。
こっちのほうが滑り台よりもおもしろそうだ!と一気にテンションが上がりました。

で、一番乗りでやらせていただきました。
乗車券は35元とちょっと高い。


ターザン1
ここから一気に飛び降りるわけですが、ちょっとびびります。


係員のおばちゃんの説明を受けて、いざ飛びます。

かーーなーーりーーきもちいいーーー

でもすっごく寒いーーーー


これは予想以上におもしろかったです。
頑張って上まで登った甲斐があるというものです(9合目でギブアップしたけど。。)。


ターザン2 ターザン3
こんな感じで滑り降ります。
2人一緒に乗ったほうがスピードが出ておもしろいと係員のおばちゃんが言っていましたが、先に言ってよと思いました。


春なのに秋のような風景
降りたところから入り口まで、10分ほど山道を歩きます。
春なのに秋のような風景でした。


ダーシーと愉快な仲間たち1 ダーシーと愉快な仲間たち2
みんなで記念撮影。


みんな爆睡
帰りの車ではみんな爆睡。

楽しい遠足になりました!


<費用まとめ>
車チャーター費 1700元(1人170元)
高速代     150元
司馬台入場料  40元/人
ロープウェイ  30元/人
滑索(ターザン)35元/人

1人約300元でした。
※お弁当持参のためランチ代はなし

人気blogランキングへ



中国世界遺産 1 萬里の長城


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版2


北京観光におすすめのガイドブック↓

中国語会話北京ナビ手帳
地球の歩き方(D 03(2007~2008年)
地球の歩き方ポケット(6 2007~2008年版)







最終更新日  2008年04月01日 22時17分22秒
コメント(3) | コメントを書く
カテゴリ:北京観光
司馬台の万里の長城観光に行ってきました。
今まで八達嶺には何度も行ったことがありましたが、司馬台は初めてでした。というか、長城は八達嶺にしか行ったことがありませんでした。

「機会があれば行ってみたい」と思っていましたが、ダーシーさんにお誘いいただき、週末遠足に参加することにしました。同じように「機会があれば」と思っている人は多いようで、周りに声をかけてみたら10人集まりました。中国人でも司馬台に行った事が無い人は多いようで、10人中3人は中国人の友達でした。


ベンツをチャーター
なんとベンツをチャーター。
いつもお世話になっているグランドスラムさんに手配頂きました。10人で割れば1人200元程度です。


トイレ休憩(ニーハオ)
途中トイレ休憩。
中がどんな感じだったかはご想像におまかせします。。


2時間ほどで司馬台に到着です。
やはり車チャーターは楽です。


司馬台長城入り口
入場券(40元)を購入し、中に入るとすぐ「司馬台長城」のでっかい文字が迎えてくれます。8年ほど前に来たTさんによると、当時は全く観光地化されておらず、入場券を買った記憶も無いとのこと。しかも道もあってないようなもんで、かなり泣きそうになりながら歩いたそうです。


ロープウェイ乗り場
当日はあいにくの雨だったので、ロープウェイで途中まで上がることにしました。ロープウェイは片道30元です。


ロープウェイからの景色
ロープウェイからの景色です。
山々が連なり、圧倒されました。


かなり急です
ロープウェイを降りると、このあたりは雨から雪になっていました。
ここからさらに快車という乗り物に乗り換えるとさらに上までいけるのですが、ここからは歩こうということになりました。

そしたらかなりの急坂。。
やっぱり乗り物に乗ればよかったとちょっと後悔。



司馬台長城 横壁なしで危険
上の方は横壁がなく、けっこう危険です。
しかも雪が降っていたので滑りやすかったので慎重に歩きました。


9合目でお茶休憩
9合目でお茶休憩。
私はこのままずっと休憩。メンバーのうち6人ほどはてっぺんまで上りに行きました。


9合目
私は9合目でこのおじさんと雑談しながらみんなの帰りを待っていました。このおじさんはここで7年も働いているそうです。通勤はロープウェイを使っているのかと思いきや、徒歩で来ているそうで、通常2時間くらいかかる道のりをこのおじさんは40分で登るそうです。「慣れればそんなもんだよ」と言っていました。


落書き
長城に登った人は記念に自分の名前を刻んでいるようです。
あんまりいい習慣ではないと思いますが。


その2に続きます

その2では司馬台の景色、ターザンロープなどを紹介します 人気blogランキングへ


一緒に行った友達の記事
ありえない!今どき"雪"の司馬台長城
司馬台の"ターザン"
司馬台長城


jiyanさんの司馬台の写真はすごく綺麗です↓
長城は続くよどこまでも
この記事を見ると天気がいい日に行きたかったな~と思います。



中国世界遺産 1 萬里の長城


関口知宏の中国鉄道大紀行 最長片道ルート36,000kmをゆく 春の旅 決定版2


北京観光におすすめのガイドブック↓

中国語会話北京ナビ手帳
地球の歩き方(D 03(2007~2008年)
地球の歩き方ポケット(6 2007~2008年版)







最終更新日  2008年04月01日 19時33分30秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年03月28日
カテゴリ:北京観光
千手観音
千手観音さまもいました。


塔
境内の塔


お寺の屋根
お寺の屋根


北塔
一番圧巻だと感じたのはこの北塔です。


北塔2
北塔全体写真


北塔の彫刻2
北塔に刻まれている彫刻


北塔の彫刻
戦っている2人の人間などが刻まれていました。


一休さんみっけ
一休さんみっけ!


お寺で働く女の子
お寺で働いている女の子。住み込みでしょうか。
精進料理は食べていなそうです。


雲居寺内の小道
お寺内の小道


以上雲居寺レポートでした。

帰りは雲居寺から白タクに乗り、917のバス停に行きます(20元、20分程度)。そこで「917 天橋行き」のバスに乗り、約2時間半でした。


北京市内に到着。
天橋のバス停付近に紅蓮ダックの支店できていたので入ってみました。

締めは北京ダック
多くの中国人客でにぎわっていました。
外国人・観光客向けのお店ではないですが、安くておいしいダックが食べられます。

北京ダック2
北京ダックは、極品118元、精品68元、普通48元の3種類あります。精品68元を注文しました。おいしかったです。安くておいしいダックならここは使えますね。ダック以外のサイドメニューは可もなく不可もなくという感じ。


北京ダック3
鴨湯が特徴的でした。
味はまあまあですが、こくが無かったです。


紅蓮火考鴨店
住所:北京市宣武区永安路26号
電話:010-8313-6109


<費用まとめ(3人分)周口店~雲居寺・石経山>
-交通費-
北京自宅→天橋バス停 25元
天橋→周口店路口(長距離バス) 27元(1人9元)
周口店路口→周口店遺跡博物館(白タク)10元
周口店遺跡博物館→雲居寺(白タク)60元
雲居寺→917バス停(白タク)20元
917バスで天橋まで 36元(1人12元)

-食事-
中華ランチ 60元(1人20元)
夜北京ダック 180元(1人60元)

-入場料-
周口店 90元(1人30元)
雲居寺 120元(1人40元)

合計:628元(1人210元)


200元程度でこれだけ充実した郊外観光ができて大満足でした。


次回は司馬台をレポートします。人気blogランキングへ






最終更新日  2008年03月30日 12時14分22秒
コメント(5) | コメントを書く
カテゴリ:北京観光
雲居寺

周口店観光を終えた後、近場にある雲居寺と石経山に向かいました。

入り口にいた白タクと交渉し、50元で行ってもらう事に。
周口店から雲居寺・石経山まで車で30分程度です。

雲居寺は隋末期から唐初期にかけて建設されたという歴史あるお寺です。
途中仏教弾圧を受けながらも、1000年以上続いてきました。


最寄のレストラン
まずは腹ごしらえ、ということで近場の中華レストランへ。
2件しかなく、選択の余地はほとんどありません。

中華で昼飯
久々のローカル中華でした。
なかなかおいしかったです。おすすめはきのこ料理だそうで、これもなかなか美味でした。3人で60元(900円)程度。観光プライスといっても安いです。


石経山
石経山です。ロープウェーがあれば頂上に行ってみたかったのですが、現在世界遺産申請中という理由で停止していました。


巨大線香
寺の入り口には線香を売る露天がたくさんありました。
巨大線香(3本で20元)を購入し、寺に入ります。


線香着火中
火をつけて、お供えします。


仏像です。
各殿に仏像があり、それぞれお布施ができます。
お布施した場合、記帳できます。ご縁があるよう5元お布施しました。
仏像


お坊さん
お坊さんです。


仏像2

その2に続く

その2であお寺内にある北塔など紹介します 人気blogランキングへ






最終更新日  2008年03月30日 12時06分18秒
コメント(1) | コメントを書く
2008年03月26日
カテゴリ:北京観光
周口店観光の続きです。


洞窟1
北京原人の頭蓋骨が発見された場所です。


洞窟3
北京原人が暮らしていた洞窟です。



洞窟2
上から見た鳩の洞窟
鳩がたくさんいるのでこの名前がついたそうですが、今は鳩は見かけませんでした。


鳩の洞穴
鳩の洞窟内。
迫力ありました。


岩の裂け目
北京原人遺跡で一番好きなポイントはココ!
インディジョーンズに出てくる風景のようで興奮しました。


岩の裂け目2
裂け目から見える青空が最高。


北京原人の住処1
このポイントを抜けると洞窟があります。


北京原人の住処3

北京原人の住処2
洞窟内に入ることができます。
奥から北京原人がのそっと出てきそうな雰囲気でした。


以上、北京原人遺跡観光レポでした。


人気blogランキングへ
AX






最終更新日  2008年03月26日 14時00分48秒
コメント(3) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.