000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワーキングマザーもどきの生活術

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

2017/4 東京桜巡り

April 28, 2017
XML
カテゴリ:2017/4 東京桜巡り
最終日の朝です

飛行機が11時の便だったので9時のバスに乗らなくてはいけなくて、この日も朝から雨。
地下鉄「東銀座」から銀座まで地下で行けるのかどうかわからなくて、地下鉄の駅員さんに聞いたら、行けるらしい。
少しアップダウンはあったけど、雨にぬれずにバス停まで行くことができました。
ホント、このホテルの立地は最高でした~。

昨日早く寝すぎてかなり朝早く目が覚めて、コーヒー飲みたくてファミマに買いに行き、昨日友人がくれたどら焼きを
パクリ! このどらやき、どら焼きというよりパンケーキ的な食感。すごくおいしかったです。食通の友人のお勧めだけあります。

まだ、お腹に余裕があったので、少しだけ朝ごはん食べる時間があると思い早めにホテルを出てきて
ニューヨークシティベーカリー」へ。
すごくおいしそうなモーニングメニューとパンの数々!
前から食べてみたかった、フランスパンをくり抜いてクリームチャウダーの入っているのにしました。
このパンが予想外に大きくて、おいしくて、すごく食べごたえありました。(どらやき食べたのにこれ食べれるって・・)コーヒーも大きなマグで出てくるし。
ここで、夫にオレンジ&チョコ入りのパンを買ったのですが、糖質制限している私たちは甘いものに飢えていて、帰るなりすぐにそのパンを食べた夫は感動して「今まで食べたパンの中で一番ウマイ!」だって。
でも、本当においしいベーカリー&カフェです。店内もおしゃれだし。今回の旅は私の行くところがそういう傾向だったせいか、ここでも半数が欧米人で日本にいて日本じゃないみたいな感覚でした。

rblog-20170416224501-01.jpg 

その後、JRバスで成田まで。
成田でちょっと大変なことが!!!

ジェットスターに数回乗っていますが、機内持ち込みの荷物を計量されたことはありませんでした、っていうか名古屋の時なんか「これいいわけ~~?」ていうくらいの大荷物の外国人多数。だったので、今回も余裕で搭乗口まで行くと
何やら、スーツケース持っている人にかったっぱしから声をかけている人が・・。
そうです、荷物を計量するように言っているのです、そこでパスした人はオレンジのタグをつけられる。
ヤバっと思った私は隅っこに行きこっそり、スーツケース計量してみると7kこえてるーー。
さて?と考えた。
もう、声かけられるまでいちかばちかだ!
で、搭乗がはじまり、それでもダグついていない人は声をかけられています。
マジヤバイと思ったら、前の4,5人の団体さん全員、計量へ行かされた、その間に搭乗してしまいました!
乗ってしまえばこっちのもん!
でも、これ、心臓に悪い。なので次回からはまじめに帰りは荷物預けようと思いました~。

帰りの飛行機もかなり揺れましたが、なんとか無事到着。
@2520円の飛行機代でも往復できて、感動でした。

函館行くより安いわ!
味をしめたので、ちょくちょく行きそうです、東京。
本当に桜、きれいだった。楽しかった。友人たちの協力があったからこそですが、東京、見直しました~。






最終更新日  April 28, 2017 08:43:36 PM


April 22, 2017
カテゴリ:2017/4 東京桜巡り
30分かかってかいた文章全部消えた~~号泣


ということで簡単に綴ります

二日目

この日は鎌倉へ
早朝蔵前をでて、次の宿の東銀座の
ザ・プライムポッド銀座


THE PRIME POD銀座東京

ここの立地すばらしい~~、景色素晴らしい~~、お値段スバラシイ~~1泊¥3500です

早朝なのに快く荷物を預かってくれました!
その後1時間くらいで鎌倉へ到着
まずは「円覚寺」へ。自然の中にあるお寺で、静かなたたずまい、建物もそれぞれ素敵で、国宝の鐘はものすごーい石段を登ります、部活です、まるで・・・。でもそこからの景色がまたキレイ~

その後「健長寺」へ。お花のお寺と言われるだけあって、到着したとたん息をのむような桜のアーチの向こうに三門が見えるという素晴らしいアングル。三門も法堂も本当に素晴らしく、感動しました。何より桜のとのコラボの素敵なことさくらこのお寺は必見です。

rblog-20170422085254-00.jpg

その後、徒歩で鶴岡八幡宮へ行き、鎌倉駅へ向かう途中ハトサブレ買って、駅でサンドイッチ食べて一休み。江ノ電へのって、大仏様を見に行きました。神社は好きじゃないけれど、鎌倉は私のツボにはまるお寺がたくさんあって、全然回り切れなかったので絶対また行きたいです。すごく気に入りました。秋の紅葉の時期も素敵でしょうねー。

大仏様の中にも入り、ポストカードのような写真を撮ることもできました。海も少し見て一休みして銀座へもどりました。

rblog-20170422085254-01.jpg

銀座へ戻りチェックイン。今回の旅のお宿は海外の方が半数以上だったので、日本なのに日本じゃないみたいな感じで旅行気分倍増~。お部屋は二段ベッドが並んでいるけど、NUIよりホテル感ありで、ベッドスペースにテレビ、セキュリティボックスもあるのでお部屋的な感じです。パジャマ、タオルもついています。

少しベッドで休んで、銀座をお散歩。三越、松屋、エルメス、GAP、ユニクロ、みゆき通りetcは徒歩圏、もちむかいの歌舞伎座も一周しましたよ。ただ、夕方から寒くなってきて外に出たくない感じ。デパ地下で江戸前寿司(糖質制限しているのでお寿司を食べたのは何か月ぶりだろ?)を買ってきてホテルのラウンジで銀座を眺めながら食べました。デパ地下は北国とあまり変わらなく、珍しいものもないし高いので私は面白くなかった。蔵前の方が私の好みです!

昨日、桜巡りの最高のガイドをしてくれた友人が歌舞伎が大好きなので、ぜひこのホテル見学においで~と誘ったら、仕事帰りなのに浅草の有名などら焼きを買ってきてくれました。夜は夜でここのラウンジからの銀座の夜景がきれいで、おしゃべりして、お部屋案内したりして楽しい時間を過ごしました。

この日の夜は連日二万歩歩いたのでさすがに疲れて、シャワー入ってラウンジでビール@¥500を飲んでバタンキュー。






最終更新日  April 22, 2017 05:18:41 PM
April 15, 2017
カテゴリ:2017/4 東京桜巡り
結論から言うと今回の旅の宿は「天才じゃない?」ってくらいよかった(ばかでしょーーーー)

まず、ラクーアは前回説明済みなので
2泊目のNUI
ドミトリーなんて何十年ぶりだし、すごくドキドキして「バスタオルは借りれるのか?」「スリッパはなくちゃ過ごせないのか?」たくさんの??が頭の中に散らばりました。
宿は蔵前の駅から近く、この方向音痴の私でも迷わず行けました。昔玩具を作っていたビルを全国の大工さんを集めてリフォームしたというだけあって、本当にツボでした。若い人のパワーてすごい!

ここが今回の一番のお気に入り。次回東京に行くときは家にしたいくらい気に入りました。
まず、「蔵前」という街が素敵。浅草にも徒歩圏だし、まわりにコンビニ、おいしそうなコーヒーやさん、歩いてすぐが隅田川、スカイツリーもこのとおり!

スカイツリーはこの日まで限定でパープルの照明だったらしいです。
rblog-20170415083958-00.jpg

このお宿で私が泊まったのは女性専用のドミトリー。
二段ベッドが4つ(だったと思いますが詳細はHPへ)あって、その部屋に入るには番号を入力するロックをあけなければ入れません。二段ベッドですが少しベッドマットに隙間がありそこに貴重品をおいて寝ることができます。私が宿泊した日は騒ぐ人もいなく、静かで問題なし子でした。
バスタオルは\150で借りれました。
ロッカーはありますが南京錠は有料で借りるので、自転車の鍵を持参していくのがいいかもです。あと斜めがけのお財布とか貴重品とか入れられるバッグは必須ですね。私は斜めがけバッグを移動するときはしょっていたので、問題なし。スーツケースを広げるスペースは部屋の中にあります。
トイレ、シャワーは部屋の外ですが、スリッパを忘れても、スニーカーでもあまり面倒ではありませんでしたが、あったほうが便利。ビーサン持参の方もいたようで「さすが~」と思いました。

何が一番気に入ったかというと、キッチンのきれいさとレンジ、炊飯器、皿、グラス、トースターなんでも揃っていること、そのキッチンに隣接しているダイニングが本当に素敵。
rblog-20170415083958-01.jpg

rblog-20170415083958-02.jpg

寝るところはベッドにライトがあってカーテンもありますが、キッチン&ダイニングにPCもコンセントもあるのでほとんどここで過ごし、寝るときだけベッドに移動するという感じ。シャワーも掃除が行き届きとても清潔。

1Fはカフェ&夜はバーになりすごくおいしい🍺が飲めます。スタッフも私の息子世代のような人ばかりですがとても親切。アラフィフのこんな旅、楽しです!

ここはドミトリーだけではなくダブルベッドのお部屋や二段ベッド一台のみのお部屋もあります。
長期滞在ができると思います。

ただ、最近はホテルとかしか泊まったことがないので、スリッパやチェーンキー持参必須は昔の記憶をよみがえらせてくれました。
1泊¥3200(現金払いのみ)メチャよいコスパ!
ここは次回から定宿になりそうです。






最終更新日  April 15, 2017 06:31:22 PM
April 12, 2017
カテゴリ:2017/4 東京桜巡り
ジェットスターからのセールのメールで成田まで片道¥2500❗️たまに、一人で桜を見にふらっと旅してみたいなーと思いポチしたら往復取れてしまった。往復¥5000位と手数料という激安フライト。
宿泊は、前から泊まってみたかったドミトリーの1泊¥3200の宿とオシャレなカプセル¥3500を予約。バックパッカー的旅にしようと思っていたら
首都圏在住の友人が桜巡りのガイドをしてくれることになり、大人気のコンラッドのアフタヌーンティーを予約してくれたので、急遽ジャケット持参となりました。

首都圏の友人も帰省して私が成田へ向かう同じ便で帰るため、席を並んで手配したいと思いましたが座席指定は有料で¥480くらいかかるのはよいのですが、クレジット手数料が同じくらいかかるらしいので、やめました。
ジェットスターは激安でしたが、普通通り48時間前にモバイルチェックインして普通に搭乗できました。今回行きも帰りも揺れましたが・・。

到着して、成田-東京駅まで初めてバスを利用
ここで今回の旅で勉強したことがありました。

ジェットスターの機内で通常¥1000のチケットを¥900で販売していますがその購入した券を成田で引き換えなければならないらしいので買わなかったのですが、結局成田で同じようにチケットを買うのに並ばなければならず、京成バスを利用する場合ジェットスターの機内で購入した方が得だったことになります。

しかーし、もっと便利なのがJRバス
チケットは買わずに車内で払えて¥1000.スイカやキタカで購入可能。銀座まで本数が多い!
私は帰りは銀座からだったのでてっきり京成だと思いバス停まで行きましたがこのJRバスでした。こっちのほうが成田についてすぐバス停に行けるので時間の節約になりますね。

さて、成田で京成のチケットを買ってバス乗り場へ向かう途中インフォメーションで聞いたらエスカレーターを降りてくださいと言われたのでその通りにしたら、すごく遠い!遠いとはきいていたがかなり歩いてから「やっぱり違う?」と思い聞くと「これは第二ターミナルへ向かっています。バス乗り場は戻って違うエスカレーターを降りますと」と。
え~~~~!この時点でかなり疲れていましたが戻ってやっとバスに乗って東京駅八重洲口へ。

八重洲口につくとぐったりしていましたが、その疲れも吹っ飛ぶような桜さくら

rblog-20170411084607-00.jpg

もっと見ていたかったのですがこの時点で10時くらいだったので、お宿のラクーアに向かいます。
また、これが遠い~。八重洲口から丸の内線に乗るのに、歩く歩く。これならJRで水道橋まで行って歩くのも同じくらいと思いました。

ラクーアでは女性専用の部屋のベッドみたいのがひとつあいていて、ゆっくり眠れました。もちろん温泉入ってね。
翌日の、今回の旅の目玉となるドミトリーの宿は歯ブラシもついていないので、ラクーアでヘアゴムと歯ブラシもちゃっかりいただきました。ラクーアは本当になんでも揃っていて文句ないけど、食べ物屋さんがやってなーい。🍺だけ飲んで寝ました。

翌朝は早朝から桜巡りなので、友人がのる地下鉄と同じ地下鉄に乗りホームでみつけるという難題でしたが、30年来の友人関係、私が待っていたホームにピタッと友人がのっている車両が止まるという連係プレイ~。そこから目黒川-上野へ。上野でもうひとりの友人とも無事会えてここから上野の桜をみて、オススメのカフェ、パン屋を経て、日暮里、千鳥ヶ淵へ。

rblog-20170412063423-00.jpg
谷中霊園
rblog-20170411084607-01.jpg

土砂降りになってきたので少しスタバで一休みしてから水上バスでコンラッドへ。

優雅なアフタニーンティー。
ここでも面白エピソード。席に着くと「コンラッドベア」がダブルハートでも1匹・・。体重のリバウンドがあった友人は最初は3人分頼んだものの、ヤバイと思い1個に変更したため1匹。熊好きの私は「これほしい」というと二人は快諾してくれましたが「やっぱりほしいよね」ということになり再度3人分に変更~。熊も無事3匹!でも、北国では食べることのできない洗練せれたアフタヌーンティだったので大満足。予約ありがとう~!スコーンとサンドイッチは食べきれずこっそり持ち帰りました。
この後、今回の旅の超目玉のドミトリーの宿へ行くのですが書くことがたくさんあるので次回へ続きます。

rblog-20170412063423-01.jpg

rblog-20170412063423-02.jpg






最終更新日  April 12, 2017 08:14:44 AM

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.