10022472 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GAIA

全て | 報徳記&二宮翁夜話 | 二宮尊徳先生故地&観音巡礼 | イマジン | ネイチャー | マザー・テレサとマハトマ・ガンジーの世界 | 宮澤賢治の世界 | 五日市剛・今野華都子さんの世界 | 和歌・俳句&道歌選 | パワーか、フォースか | 木谷ポルソッタ倶楽部ほか | 尊徳先生の世界 | 鈴木藤三郎 | 井口丑二 | クロムウェル カーライル著&天路歴程 | 広井勇&八田與一 | イギリス史、ニューイングランド史 | 遠州の報徳運動 | 日本社会の病巣 | 世界人類に真正の文明の実現せんことを | 三國隆志先生の世界 | 満州棄民・シベリア抑留 | 技師鳥居信平著述集 | 資料で読む 技師鳥居信平著述集  | 徳島県技師鳥居信平 | ドラッカー
2021年05月05日
XML
カテゴリ:ドラッカー
MSC論文エッセイ集

p.28 日本経済新聞朝刊2020年7月25付けで、アメリカのカーライル・グループ創業者デビット・ルーベンスタイン氏は「資本主義が抱える問題がコロナ禍で浮き彫りになったのでは」との記者の質問に答えて
「資本主義は完ぺきではないが、ほかに優れたシステムはない。広がる所得格差をどう是正し、社会階層の流動性を高めていくか。資本主義は再定義をせまられている。」を指摘している。


💛なにやら民主主義についてのイギリスのチャーチル首相の言葉を想起させる。
「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」

アテナイの民主政治はスパルタの組織的な政治体制とペロポネソス同盟に敗れ去った。
そのスパルタの軍国主義もともに対抗すべきアテナイを失ったことで、アケメネス朝ペルシアに滅ぼされることになる。

民主政治が専制政治に必ず勝利するというわけではない。
軍国主義の日本もそうであったが、その政治体制のなかにとりこまれている国民は自らの政治体制を是とし、圧迫する対外勢力を非とする。

ソクラテスの洞窟のたとえのように専制主義のなかにいる国民は自らの境遇を是とし、それから外に連れ出そうとするものに怒りをもって排除しようとする。

果たして現代のアメリカを中心とする民主主義国家と台湾をとりこもうとする中国の専制主義(民主主義の一形態と主張する)のどちらが優れた統治機能として働くか、アテナイとスパルタ、そしてアケメネス朝ペルシアの歴史的事例を見ても判然としない。

おそらくは中国の共産党体制は台湾を強奪することによって自らを解体する過程に入っているのかもしれない、ドイツのナチス体制や日本の軍国主義体制が敗戦によって解体されたように。
しかしそれは多大の犠牲を伴うことになるであろうか。

人類は「民主主義は最悪の政治といえる。」「資本主義は完ぺきではないが、ほかに優れたシステムはない。」を超えたシステムをつくりあげることができるのあろうか。






最終更新日  2021年05月05日 16時16分17秒
[ドラッカー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.