10042497 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GAIA

全て | 報徳記&二宮翁夜話 | 二宮尊徳先生故地&観音巡礼 | イマジン | ネイチャー | マザー・テレサとマハトマ・ガンジーの世界 | 宮澤賢治の世界 | 五日市剛・今野華都子さんの世界 | 和歌・俳句&道歌選 | パワーか、フォースか | 木谷ポルソッタ倶楽部ほか | 尊徳先生の世界 | 鈴木藤三郎 | 井口丑二 | クロムウェル カーライル著&天路歴程 | 広井勇&八田與一 | イギリス史、ニューイングランド史 | 遠州の報徳運動 | 日本社会の病巣 | 世界人類に真正の文明の実現せんことを | 三國隆志先生の世界 | 満州棄民・シベリア抑留 | 技師鳥居信平著述集 | 資料で読む 技師鳥居信平著述集  | 徳島県技師鳥居信平 | ドラッカー
2021年10月17日
XML
カテゴリ:イマジン
楽天Kobo電子書籍ストア: クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン - 鴻上尚史 - 4310000021650

クール・ジャパン!? 外国人が見たニッポン (講談社現代新書) 新書 – 2015/4/16
鴻上 尚史

p7.「アイスコーヒー( iced coffee)」の衝撃

・日本でクールなものはなあに?の質問の中に
「アイスコーヒー」に驚きました。
「どうして『アイスコーヒー』がクールなの?」
イタリア人「私の国にはなくて、日本に来て初めて飲んで感動したから」

*1891(明治24)年、文筆家・石井研堂が自著『明治事物起源』の中で、東京・神田の氷屋で「氷コーヒー」というメニューがあることを紹介しています。 ... この方式のアイスコーヒーにおいては、日本が発祥とも言われています。

p.8 ヨーロッパやブラジルの人がアイスコーヒーを発想しなかったのは、「コーヒーは香りを楽しむもの」というルールがあるから。冷たくすると、香りを楽しめなくなると思っているので。
缶コーヒーが世界に受け入れられていないのは、これが原因。


p.13. 人生を変えた「ストレート・パーマ」
*番組では Japanese Straightening と言っていた。
アメリカ人女性「私にとってのクール・ジャパンは、『ストレート・パーマ』です。」
「私はものすごい天然パーマでした。ストレートの髪にしたくて、いろんな美容室に行ったがどうしてもストレートにならない。ある美容室で『日本人の経営している美容室にいけ』と言われて、半信半疑で行くと、私のちぢれたくせ毛を見事にストレートにしてくれた。」
「日本のストレート・パーマが私の人生を変えてくれたの。
 プールで泳いで、水面から出た瞬間に、髪を左右に振って水を払うことができる、どれだけその動きを夢見たことか。」
僕(鴻上)は思いました。彼女にとっての日本は、彼女の人生を前向きな方向に変えた国として胸に刻まれるだろう。それは日本人にとっても悪いことではなかろうと。・・・・・・相手を知り、自分の国を具体的に知ることは、自分自身を知ることにつながるんじゃないかと思う。世界にはこんな見方があり、こんな考え方がある。多様であることを楽しむことは、自分の人生を豊かに深くすることになると。

Japanese Hair Straightening: What to Know

The History of Japanese Hair Straightening
Also known as thermal reconditioning, Japanese straightening was all the rage in early 2000s New York City. For women with curly hair who have long envied silky straight tresses, it seemed like a miracle procedure. You walked into the salon with curly hair, dropped $400 to $800 for hours of chemical treatment and flat-ironing, and walked out with super sleek, straight hair that stayed straight until it grew out. The treatment was so popular that it jumped coasts and became a hit on the west coast and then in big cities across the country.
ストレート・パーマの歴史
2000年初頭のニューヨークでは、ストレート・パーマが流行していました。絹のように真っ直ぐな髪に憧れていた巻き毛の女性にとっては、まるで奇跡のような施術でした。カーリーヘアでサロンに入り、何時間もかけて化学処理とフラットアイロンをするために400ドルから800ドルを支払うと、帰りには伸びるまで真っ直ぐな超絶ストレートヘアになっていました。このトリートメントはとても人気があり、アメリカ西海岸を飛び越えて、アメリカの大都市でもヒットしました。
ストレート・パーマは、フラットパーマのように特殊な溶液を髪に塗布して行います。この溶液は、髪に形を与える結合を破壊し、フラットアイロンをかけたときにピンとしたストレートになるようにします。髪に溶液をつけて洗い、ドライヤーで乾燥させた後、セラミックアイロンで1/8インチ(約1.5cm)の小さなセクションに分けてフラットアイロンをかけます。その後、パーマ液と同様に中和剤を塗布し、スタイルを固定します。すべてのプロセスは、手間と時間がかかります。髪の長さや太さにもよりますが、サロンでの滞在時間は数時間を想定しています。






最終更新日  2021年10月17日 04時28分07秒



© Rakuten Group, Inc.