10032723 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GAIA

全て | 報徳記&二宮翁夜話 | 二宮尊徳先生故地&観音巡礼 | イマジン | ネイチャー | マザー・テレサとマハトマ・ガンジーの世界 | 宮澤賢治の世界 | 五日市剛・今野華都子さんの世界 | 和歌・俳句&道歌選 | パワーか、フォースか | 木谷ポルソッタ倶楽部ほか | 尊徳先生の世界 | 鈴木藤三郎 | 井口丑二 | クロムウェル カーライル著&天路歴程 | 広井勇&八田與一 | イギリス史、ニューイングランド史 | 遠州の報徳運動 | 日本社会の病巣 | 世界人類に真正の文明の実現せんことを | 三國隆志先生の世界 | 満州棄民・シベリア抑留 | 技師鳥居信平著述集 | 資料で読む 技師鳥居信平著述集  | 徳島県技師鳥居信平 | ドラッカー
2021年10月20日
XML
カテゴリ:ネイチャー
iPSで免疫細胞「キラーT細胞」に高い増殖力、京大iPS研が成功
10/20(水)

免疫細胞を体外で培養し移植する手法は近年、がんなどの新たな治療法として注目される一方、培養過程で細胞の老化や疲弊によって増殖力が低下していくことが課題だった。これまでもiPS細胞で若いキラーT細胞を作ることはできたが、増殖力を十分に担保するのは難しかった。

 同研究所の金子新教授らは今回、iPS細胞からキラーT細胞に分化誘導する際に生理活性物質「インターロイキン21」などを加えることで、成熟度が初期段階にあたる活発なキラーT細胞を作製。細胞の増殖力を調べたところ、iPS細胞の元となったT細胞に比べて千倍以上に増え、マウス体内での残存期間も大幅に改善した。さらに、がんのモデルマウスに移植すると腫瘍の成長を抑え、何も移植しない場合より生存日数が少なくとも20日以上長くなったという。

 金子教授は「iPS細胞を使うことで若くて活発な免疫細胞を大量に作ることが可能になった。移植時の合併症リスクも軽減できる。今後は臨床応用につなげていきたい」と話している。






最終更新日  2021年10月20日 22時51分36秒
[ネイチャー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.