10210335 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GAIA

全て | 報徳記&二宮翁夜話 | 二宮尊徳先生故地&観音巡礼 | イマジン | ネイチャー | マザー・テレサとマハトマ・ガンジーの世界 | 宮澤賢治の世界 | 五日市剛・今野華都子さんの世界 | 和歌・俳句&道歌選 | パワーか、フォースか | 木谷ポルソッタ倶楽部ほか | 尊徳先生の世界 | 鈴木藤三郎 | 井口丑二 | クロムウェル カーライル著&天路歴程 | 広井勇&八田與一 | イギリス史、ニューイングランド史 | 遠州の報徳運動 | 日本社会の病巣 | 世界人類に真正の文明の実現せんことを | 三國隆志先生の世界 | 満州棄民・シベリア抑留 | 技師鳥居信平著述集 | 資料で読む 技師鳥居信平著述集  | 徳島県技師鳥居信平 | ドラッカー | 結跏趺坐
2021年12月05日
XML
カテゴリ:ネイチャー
20代のころ、禅寺の土日座禅会に通って、座禅していたことがある。

臨済宗のお寺で、座禅のあとなど、かならず般若心経と白隠禅師の「座禅和讃」を読む、ときに「観音経」を読むこともある。そういうわけでその当時は暗誦できるようになった。

その後も般若心経と「観音経」は読誦していて、唱えることはできていた。
最近、お風呂のなかで般若心経と「座禅和讃」と観音経を唱えながらじっくり温まるのがここちよい。
坐禅和讃が伝える、自然な生き方 〜禅とヨーガ〜|フレアプラス|月島・白金高輪のヨガスタジオ
座禅のほうは膝を悪くして、脚が組めなくなって、やめていた。
加齢とともに柔軟性が失われ、脚もあがらくなくなっていた。

ところかである。今年の夏くらいから、生活習慣の改善に取り組んで、ストレッチを生活習慣として取り入れたら脚が組めるようになって座禅できるようになった。座禅とストレッチとセットにすると膝もいたまなくなった。

職場で「20代、30代で真剣に取り組んだものは、60代になって生きてくるもんだねえ。」

毎日、座禅(「どのくらいしているんですか?」「数息観」(すそくかん)といって呼吸を数えて集中する方法があって、100数えている、二、三十分くらいかな)とストレッチ(布団の上で下半身を中心に5,6種類のストレッチングをしている)をするのが楽しい。

人に強制されるのではなく、自分で工夫して取り組むのが楽しい。


金縛りと般若心経






最終更新日  2021年12月05日 11時30分58秒
[ネイチャー] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.