11070134 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GAIA

GAIA

全て | 報徳記&二宮翁夜話 | 二宮尊徳先生故地&観音巡礼 | イマジン | ネイチャー | マザー・テレサとマハトマ・ガンジーの世界 | 宮澤賢治の世界 | 五日市剛・今野華都子さんの世界 | 和歌・俳句&道歌選 | パワーか、フォースか | 木谷ポルソッタ倶楽部ほか | 尊徳先生の世界 | 鈴木藤三郎 | 井口丑二 | クロムウェル カーライル著&天路歴程 | 広井勇&八田與一 | イギリス史、ニューイングランド史 | 遠州の報徳運動 | 日本社会の病巣 | 世界人類に真正の文明の実現せんことを | 三國隆志先生の世界 | 満州棄民・シベリア抑留 | 技師鳥居信平著述集 | 資料で読む 技師鳥居信平著述集  | 徳島県技師鳥居信平 | ドラッカー | 結跏趺坐 | 鎌倉殿の13人 | ウクライナ | 徳川家康
2022年05月20日
XML
カテゴリ:イマジン
大谷翔平、マウンドで「クソッ」! 窮地を乗り切った“ギアチェンジの瞬間”に米識者も注目「こういう時は炎と情熱をたぎらせる」
5/20(金)

現地でもクローズアップされているのは、5月18日(現地時間)に行なわれたテキサス・レンジャーズ戦での一幕だ。6回裏に1死から二者連続でツーベースヒットを打たれて同点とされていた大谷が、なんとか2死までこぎつけて、相手の8番アンディ・イバニェスを迎えた局面だった。

 たった2球で追い込むも、そこから粘られた大谷。すると、5球目に外角低めへと投じたスライダーが大きく逸れて捕手のチャド・ウォラックが後逸。この間に進塁した勝ち越しのランナーを三塁に置き、ピンチで投げ込んだ渾身の100.8マイル(約162.2キロ)の4シームはコースから外れてボールとなる。

 あと1球。されど1球。焦って勝負を決めに行こうとするあまり、力んでしまい制球を乱してしまった大谷は、ここでウォラックが送ったサインに何度も首を振る。6回目でようやくサインに頷いた背番号17は、すっとバッターから目線を外すと、自らを鼓舞するかのようにFワードを用いて「クソッ」と叫んだ。

 そして勝負の7球目に投じた84.3マイル(約135.6キロ)のカーブで、見事にイバニェスを三塁ゴロに。なんとかピンチを免れたのである。

 おそらくフラストレーションも溜まっていたのだろう。それでも要所で自らを奮い立たせ、難局を乗り切った。惜しくもチームはサヨナラ負けを喫したが、大谷がここぞの場面で見せたピッチングは、現地識者や専門メディアで反響が広がっている。

 MLBなどを中心に研究を重ね、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏は「本気のショウヘイだ」と紹介。これに反応したエンジェルスの専門メディア『Angels Win』は「このバージョンのオオタニが大好きでたまらない。こういう時はマウンドで炎と情熱をたぎらせるんだ」と興奮気味に絶賛した。

 打順的には下位の打者ではあった。それでも自らを駆り立て、しっかりとゼロで抑えた大谷の熱投に、エースの気迫を見た。






最終更新日  2022年05月20日 07時09分56秒
[イマジン] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.