9879744 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

GAIA

全911件 (911件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 92 >

パワーか、フォースか

2021年10月16日
XML
「初雁」より「雲居禅師」P138

 天正10年正月25日、伊予の国の毘沙門堂の前に生まれたばかりの赤ん坊がムツキにくるまって泣いていた。
 赤ん坊は、小方左京兆というれっきとした武士の子だった。左京兆は、一条房家の家臣だった。房家は土佐の国司となったので、ともに移ってきた。房家の子、頼房の代になって臣下の長曽我部に逆意があることがわかって、頼房は伊予 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年10月16日 01時30分18秒


2021年10月08日
フィリピンとロシアの記者に平和賞 政権と闘うメディア率いる ノーベル賞
10/8(金)
ノルウェー・ノーベル賞委員会は8日、今年のノーベル平和賞をフィリピンの記者マリア・レッサ氏(58)とロシア紙の編集長ドミトリー・ムラトフ氏(59)に授与すると発表した。
 政権が強権主義を強める両国において、報道の自由を守る取り組みが評価された。

 レッサ氏はジャーナリ … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年10月08日 22時06分41秒
2021年10月07日
「気候変動はコロナとともに人類の危機」ノーベル物理学賞・真鍋淑郎さん会見 日本の学術界に注文も
2021年10月6日

今年のノーベル物理学賞受賞が決定した真鍋淑郎しゅくろう・米プリンストン大上席研究員(90)は5日午後(日本時間6日未明)、記者会見し「気候変動は新型コロナウイルスなどとともに人類の危機だ」と訴えた。研究の原動力について「好奇心」を強調。 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年10月07日 01時33分37秒
2021年10月05日
【速報】ノーベル物理学賞に真鍋淑郎氏
10/5(火)

今年のノーベル物理学賞にアメリカ・プリンストン大学上席研究員の真鍋淑郎さん(90)が選ばれました。

真鍋さんは地球温暖化研究の先駆的存在で1950年代末からアメリカにわたり、コンピュータを用いて気候の変動を分析する研究分野を開拓しました。

その後、二酸化炭素濃度の上昇が大気や海洋に及ぼす影響を世界に … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年10月05日 20時08分33秒
2021年10月04日
「消夏随筆」明治34年10月(『若き日の石橋湛山』p.25-29)
(略)
〇仏教家でも、昔は随分偉大なる人物が沢山あった。随ってその人によって弘通せられた当時は仏教も活きた勢力をもつことができた。
〇吾れは、その中でも日蓮上人を崇める。上人は実に血と涙とでできたような人であった。四箇の大難、かずかずの小難にも挫けず、遂に日蓮法華経を弘通したるその有様、実に吾 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年10月04日 20時07分26秒
2021年09月28日
Gさん
毎日7時まで御苦労様です。I先生は喜ぶことでしょう。港湾工学の先達者である廣井勇を、クラーク精神からの側から観測したGさんの功績が大きいと思います。・・・頑張って下さい。
三國(2016/2/26)

Gさん
I所長からいま電話があり。Gさんの著作を見て、大変に驚かられたらしい。3月に東京で「廣井勇博士研究会」が開催され全国から廣井氏を尊敬する港湾土木の教授連 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年09月28日 18時25分28秒
2021年09月26日
岡本さんがバイオリン1位 ミュンヘン音楽コンクール
2021/9/13

ドイツ南部ミュンヘンで開かれているドイツ公共放送ARD主催の第70回ミュンヘン国際音楽コンクールで12日、ドイツ西部クロンベルク在住の岡本誠司さん(27)=千葉県市川市出身=がバイオリン部門で1位になった。コンクールは若手音楽家の登竜門として知られる。

岡本さんは「クラシック音楽の … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年09月26日 17時00分24秒
2021年09月22日
東海大学新聞9月1日号に
サウジアラビアから国費留学生として東海大学に留学しそのまま教員となったアルマズヤッド・オスマン氏が「商いの原点」という書評で『石田梅岩 都鄙問答』を紹介している。
・石田梅岩は本書で健全な社会をつくり上げるため「人間」としてのあるべき姿を多面的に説く。加えて社会の繁栄を実現するため「人間」に投資し、人間性を磨く基礎を築き、現 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年09月22日 07時45分05秒
2021年09月09日
序章『バカの壁』の向こう側(「死の壁」p.9)

・『バカの壁』という本について、随分たくさんの取材を受けました。そうした取材のなかで、一番多かった質問の一つが「じゃあ、結局どうすればいいんでしょうか」という類(たぐい)のものでした。
 たとえば「あなたは、『身体を使え』と書いてあるが、具体的には何をすればいいですか」という質問です。本来ならば、それ … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年09月09日 07時15分53秒
2021年09月01日
三國先生とのメールから

2015年2月23日Gより
三國先生、ありがとうございます。I先生については承知しておりませんが、広井博士を尊敬されているとのことですので、「紳士の工学の系譜」につながる方でしょうか。日本の工学をノーブル(高貴)たらしめているのは、広井勇の札幌農学校精神によるところが大きいと思います。広井勇は浅野総一郎に「死ぬまで仕事をしなさい。 … [続きを読む >>]





最終更新日  2021年09月01日 19時17分19秒

全911件 (911件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 92 >


© Rakuten Group, Inc.