アセンション詐欺に遭いましたか?

Profile


次元上昇2012

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2019.08.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
利用者‐会話:諸橋嘉久

ご注意[編集]

ウィキペディアは自身の独自研究を公開する場ではありません。Wikipedia:独自研究は載せない、Wikipedia:検証可能性、Wikipedia:中立的な観点、Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかをお読みください。--Muyo(会話) 2014年8月26日 (火) 04:40 (UTC)

 

あなたはブロックされました。

あなたはブロックされました。しばらくウィキペディアの編集を行うことはできません。ブロックは時間がたつと自動的に解除されます。解除後、基本的な決まりを守って参加するなら、あなたの投稿は歓迎されます。今後の対話ならびに異議申し立て、解除依頼はあなたの会話ページで受け付けます。会話ページも編集できないブロックの場合は、IRCの#wikipedia-ja-unblock、もしくはメーリングリストで、会話ページの編集許可を求めてください。(ヘルプ、投稿ブロックへの異議申し立て・投稿ブロックへの異議申し立ての手引き参照)

 

上記の諸注意をご確認ください。信頼ある出典提示無き情報や自己の考えを述べた文章は削除されます。また、知恵袋は専門家による回答ではなく、信頼ある出典ではありませんので、リンク等はしないでください。--Los688(会話) 2014年8月26日 (火) 04:59 (UTC)

 

https://blogs.yahoo.co.jp/yuuhinooka2/34733963.html

 

https://ameblo.jp/donob10/entry-12092653464.html

 

http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/109.html

 

2015-11-06 16:00:05 テーマ:歴史秘話

 

 暗殺者 吉田松陰  昭和28年生まれの山口県史編纂室専門研究員を経て人間環境大學教授にした経歴を持つ、川口雅昭氏の研究によると、吉田松陰が黒船に乗り込んだときに、「アメリカに行かせてほしい」と頼んで断られたという史実は、実は、「アメリカに行かせてほしい」と言ったのは、吉田松陰の口実で、松陰は、そのとき、ペリーに会いたかった。なぜ、会いたかったかと言えば、暗殺するのが目的だった、という。

 

 つまり、暗殺するのが、本来の目的だが、「アメリカに行きたい」と言わないことには、ペリーに会うきっかけも得られない。そこで、松陰はうそを言ったのだ。

 

 その嘘が、現代でも、「松陰はアメリカに渡航して、アメリカの実態を見極めようとしたが、かなわなかった」という定説になったしまった、という。

 

 また、松陰の本心が、暗殺だったにもかかわらず、後世に「渡海が目的で、それがかなわなかった」と伝えられたのには、もうひとつ重要な理由がある。

 

 最初の黒船乗り込みの際に、「ペリーに会う事そのものに失敗して、戻された」松陰は、もう一度、暗殺をしようと考えたが、もちろん、その意図をおおっぴらにすれば、幕府も、アメリカも吉田松陰は、ペリー暗殺計画を立てて行動していると知って、松陰をけっして、ペリー周辺に近づけようとはしなくなる。

 

 これでは、目的を達することはできない。  そこで、松陰は、表向きは、「暗殺を隠して、「私は金子とともに、海外に脱出しようとした」と嘘を言い続けた。

 

 この嘘が、その後も、後世の歴史家の定説になってしまった。

 

 ところが、川口雅昭氏によると、肥後勤皇党の中村敬太郎が、1862年に、藩政府に提出した建議に、「吉田松陰は、ペリーを暗殺しようと斬りこみました。」と書いている。(実際には、斬りこんだのではなく、ペリーに会うきっかけをさぐって、かなわなかった。)

 

 安政元年12月には、松陰の師だった森田ほあんが、弟に手紙を書いて、「吉田松陰の本当の目的は、ペリー刺殺だった」と書いているという。

 

 とくに、松陰の書いた幽囚録は、「わたしの航海はやむをえなかった」という文言が自序にあって、これが、松陰「海外渡航目的」説を決定的にしている。しかし、川口雅昭によると、これは吉田松陰の嘘なのだ。

 

 松陰の兄、杉梅太郎が、お前は「国家になんの貢献をしたのか」と手紙で聞いたところ、松陰はこの兄に「悪人切り殺す事に失敗した漢の朱雲や宋のこせんを引き合いに出して、策が失敗したと述べたという。

 

 そして、西郷隆盛とともに、入水自殺を図ったことで有名な僧、月性げっしょうは、かねてから、「ペリーを刺殺するべきだ」と言っており、この月性に、松陰は、「わたしを蔑視するなかれ」と手紙を送っている。

 

 月性の同士宇都宮黙連の場合は、松陰の真意を汲み取った上で、獄につながれた松陰に、手紙に「ペリーを切っても功績は少ないぞ。」と書いた。

 

 これが本当だとすると、韓国の安重根も他国の大使を暗殺したという意味では、同じことになる。  しかし、おそらく、もし松陰の暗殺が成功していたとしても、その場合は、日本人は松陰を英雄、偉人とはみないのではなかろうか。

 

 現在、松陰が日本人にとって、偉人として受け取られているのは、「渡海しようとしたが、はばまれて」獄につながれたこと。「明治維新の中心人物の教育者」だった点で、偉人なのであり、日本に砲艦外交を仕掛けてきた当時のアメリカの外交使節のトップを暗殺した人、として歴史に記されていれば、いまほど、松陰は日本の偉人として記憶にのこらなかったにちがいない。

 

吉田松陰について[編集]

ウィキペディアはあなたの独自研究を公開する場ではありません。ソースもない記述を繰り返し記すことはおやめ下さい。なお貴方はすでに2度リバートしてますので、次に同様の行為をした際は再度投稿ブロックになる可能性があります。あと歴史上の人物に対し見てきたような記述をするのもお止めください。--119.175.128.11 2015年1月23日 (金) 02:54 (UTC)

 

https://blogs.yahoo.co.jp/yuuhinooka2/34733963.html

 

https://ameblo.jp/donob10/entry-12092653464.html

 

http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/109.html

 

2015-11-06 16:00:05 テーマ:歴史秘話  暗殺者 吉田松陰  昭和28年生まれの山口県史編纂室専門研究員を経て人間環境大學教授にした経歴を持つ、川口雅昭氏の研究によると、吉田松陰が黒船に乗り込んだときに、「アメリカに行かせてほしい」と頼んで断られたという史実は、実は、「アメリカに行かせてほしい」と言ったのは、吉田松陰の口実で、松陰は、そのとき、ペリーに会いたかった。なぜ、会いたかったかと言えば、暗殺するのが目的だった、という。  つまり、暗殺するのが、本来の目的だが、「アメリカに行きたい」と言わないことには、ペリーに会うきっかけも得られない。そこで、松陰はうそを言ったのだ。  その嘘が、現代でも、「松陰はアメリカに渡航して、アメリカの実態を見極めようとしたが、かなわなかった」という定説になったしまった、という。  また、松陰の本心が、暗殺だったにもかかわらず、後世に「渡海が目的で、それがかなわなかった」と伝えられたのには、もうひとつ重要な理由がある。  最初の黒船乗り込みの際に、「ペリーに会う事そのものに失敗して、戻された」松陰は、もう一度、暗殺をしようと考えたが、もちろん、その意図をおおっぴらにすれば、幕府も、アメリカも吉田松陰は、ペリー暗殺計画を立てて行動していると知って、松陰をけっして、ペリー周辺に近づけようとはしなくなる。  これでは、目的を達することはできない。  そこで、松陰は、表向きは、「暗殺を隠して、「私は金子とともに、海外に脱出しようとした」と嘘を言い続けた。  この嘘が、その後も、後世の歴史家の定説になってしまった。  ところが、川口雅昭氏によると、肥後勤皇党の中村敬太郎が、1862年に、藩政府に提出した建議に、「吉田松陰は、ペリーを暗殺しようと斬りこみました。」と書いている。(実際には、斬りこんだのではなく、ペリーに会うきっかけをさぐって、かなわなかった。)  安政元年12月には、松陰の師だった森田ほあんが、弟に手紙を書いて、「吉田松陰の本当の目的は、ペリー刺殺だった」と書いているという。  とくに、松陰の書いた幽囚録は、「わたしの航海はやむをえなかった」という文言が自序にあって、これが、松陰「海外渡航目的」説を決定的にしている。しかし、川口雅昭によると、これは吉田松陰の嘘なのだ。  松陰の兄、杉梅太郎が、お前は「国家になんの貢献をしたのか」と手紙で聞いたところ、松陰はこの兄に「悪人切り殺す事に失敗した漢の朱雲や宋のこせんを引き合いに出して、策が失敗したと述べたという。  そして、西郷隆盛とともに、入水自殺を図ったことで有名な僧、月性げっしょうは、かねてから、「ペリーを刺殺するべきだ」と言っており、この月性に、松陰は、「わたしを蔑視するなかれ」と手紙を送っている。  月性の同士宇都宮黙連の場合は、松陰の真意を汲み取った上で、獄につながれた松陰に、手紙に「ペリーを切っても功績は少ないぞ。」と書いた。  これが本当だとすると、韓国の安重根も他国の大使を暗殺したという意味では、同じことになる。  しかし、おそらく、もし松陰の暗殺が成功していたとしても、その場合は、日本人は松陰を英雄、偉人とはみないのではなかろうか。  現在、松陰が日本人にとって、偉人として受け取られているのは、「渡海しようとしたが、はばまれて」獄につながれたこと。「明治維新の中心人物の教育者」だった点で、偉人なのであり、日本に砲艦外交を仕掛けてきた当時のアメリカの外交使節のトップを暗殺した人、として歴史に記されていれば、いまほど、松陰は日本の偉人として記憶にのこらなかったにちがいない。







Last updated  2019.08.17 18:45:13

PR

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

次元上昇2012@ Re:Gatling gun(ガットリン・ガン)(07/20) 96 :名無し募集中。。。(大和田爆笑)@…
次元上昇2012@ Re:吉田松陰(07/01) 196 :名無し募集中。。。(大和田爆笑)…

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.