アセンション詐欺に遭いましたか?

Profile


次元上昇2012

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2017.05.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

http://mahorobas.sakura.ne.jp/isinji/20100502.htm

>5月1日には「草生津御固場にて、御新調の機関砲を見る、多大砲二門にて、値一万二千金の旨」(「戊辰戦争とガトリング砲」より『鈴木総之丞の日記』)
>とガトリング砲の射撃演習をやった節があり、こうした新型重火器の演習などを密偵がもし探っていたならば、長岡藩に抗戦の意志があると報告されてもやむを得ないと思います。

http://tsuginosuke.net/?p=1264

【稲川通信19】母 貞の述懐

 母の貞は明治二十二年三月二十八日、八十五歳で没している。継之助が没してから二十二年近くも生きたことになる。

貞は勝気ながまん強い雪国の女性だった。生来、経才があったというが、その才能は子に引き継がれたのだろう。亡くなる半年前、郷土史家で新聞人の広井一が、貞に会っている。暗い一室に、凜として据っていたという。
その貞が一番つらい思いを語っている。それは戦時中、潜伏先の濁沢村阿弥陀寺で襲われて捕えられたことだった。住職の神田月泉の配慮も空しく、高田に護送されて半年間の禁固に会った。「唐丸籠に乗せられた思いは生涯忘れません」と語っている。妻のすがはその際、髪をおろしている。
その貞のところに、毎年、継之助の命日近づくと訪問する老人がいた。古志郡加津保村の元庄屋鈴木総之丞である。号を訥叟という。藩政時代、継之助に北組の割元を命ぜられ、郡政改革に一役を買った人物だ。当時、栖吉村の紛擾に困り果てた継之助は、あるとき仮病を使い、総之丞を病床に呼びよせた。そして息もたえだえに栖吉村の庄屋職就任を懇望する。総之丞はそれほどまで評価してくれると感激して、涙ながらに受け入れると「がばっと」継之助が起きて、喜んだというのである。その際、継之助は一番大切にしていた師の山田方谷の書を総之丞に渡している。継之助が戦争中、敗走の道を追求し、直接「北組割元職」の返上を申し出ている。律義な性格だった。
その総之丞に向って、母の貞が、
 「世間様は、継之助がやったことを悪し様に申しまするが、本当にそうなのでしょうか」
と長岡弁でたずねたという。その際、総之丞は訥弁で、
 「そうは申しても、いつかは継之助様の真意がわかるときがきましょう」
と答えたという。そして二人は遠く東の方を眺めて、無言の刻をすごしたとある。

                                      (稲川明雄)

>藩政時代、継之助に北組の割元を命ぜられ、郡政改革に一役を買った人物だ。

北組の割元が草生津御固場にて、御新調の機関砲を見る事など、有り得ません。

増してや、軍事機密である、「値一万二千金の旨」なんて知った時点で斬首です。

『鈴木総之丞の日記』は後年に捏造された物ですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/quasar2012q/17594014.html?__ysp=44OV44Kh44OW44Or44OW44Op44Oz44OI


ファブルブラント商会(C.&J.FAVRE BRANDT)は、河井 繼之助に武器(兵器)を一つも売って居ないのです。 他 重要

ついでに書きますが、

我自身に尋ねたところ、

板倉勝静を裏切り、戦わずして薩長に降参した山田方谷を河井 繼之助は馬鹿にして居たそうです。

山田方谷が板倉勝静を裏切り、戦わずして薩長に降参した後も、河井 繼之助が山田方谷を尊敬して居た。 と言った類の話は、後世に捏造されたものだそうです。







Last updated  2019.04.01 15:34:21

PR

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

次元上昇2012@ Re:Gatling gun(ガットリン・ガン)(07/20) 96 :名無し募集中。。。(大和田爆笑)@…
次元上昇2012@ Re:吉田松陰(07/01) 196 :名無し募集中。。。(大和田爆笑)…

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.