アセンション詐欺に遭いましたか?

Profile


次元上昇2012

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Card

2018.11.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「戊辰150年・命の種もみ・会津只見 」 2018/11/05 18:45:00

「命の種もみ」
長岡城が落城し、藩士、市民など約2万5千人が八十里越えを通り、
約300戸の只見へ避難して来ました。
水害で食料供給が絶たれていた只見地区。
地元代官の丹羽族(にわやから)は食料調達に奔走するが万策尽き、
「十分な食料を提供できない責任は自分にある」と自害しました。
代官が、それ程の覚悟だったのだと農民は心動され、飢饉で僅かに残してあった翌年ぶんの種もみまで提供して越後からの避難民の飢餓をを回避しました。

三島億二郎らを侮辱する事に成る美談

https://twitter.com/aizubiyori/status/961990358086254592

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=lZTtzmteAY8

丹羽族が切腹したのは史実だろうが、
只見地方の農民の種もみを食わせたところで、
長岡の戦争避難民の二万五千人が助かる筈が無い。
明治時代に三島億二郎らが、只見地方の農民に恩返しに来て居ないし、御礼の言葉すら掛けて居ない。
三島億二郎と北越銀行、長岡赤十字病院は間接的にだが、現在も繋がって居る。
北越銀行、長岡赤十字病院の関係者は内心は、只見地方の創作された美談に立腹して居るだろう。
我自身(霊)に尋ねたところ、
長岡の戦争避難民は二万人
只見地方の農民が種もみを食わせたところで、二万人の長岡の戦争避難民が餓死する筈です。
何故、二万人の長岡の戦争避難民は會津領内で餓死しなかったのか?
河井 繼之助と今井 孫兵衛が會津領内の寺と旅籠屋に金を与えて、
米、塩、味噌、醤油、干し魚を購入させて、備蓄させて居たとしか思えません。
只見地方から會津若松に行った。
會津若松も危なく成ったので、牧野忠訓ら一行は米澤経由で仙臺に避難した。
二万人の長岡の戦争避難民も牧野忠訓ら一行に倣った。

>長岡城が落城し、藩士、市民など約2万5千人が八十里越えを通り、約300戸の只見へ避難して来ました。
水害で食料供給が絶たれていた只見地区。<

河井 繼之助と今井 孫兵衛が會津領内の寺と旅籠屋に金を与えて、
米、塩、味噌、醤油、干し魚を購入させて、備蓄させて居た。

水害で食料供給が絶たれていた只見地方の丹羽族が米、塩、味噌、醤油、干し魚の備蓄を横領して、部下や百姓を食わせた。
河井 繼之助の一行が只見地方に入り、
河井 繼之助と今井 孫兵衛が會津領内の寺と旅籠屋に金を与えて、
米、塩、味噌、醤油、干し魚を購入させて、備蓄させて居た食糧物資を丹羽族が横領して、部下や百姓を食わせた事を河井 繼之助の一行に追及されるので、丹羽族が切腹したのが真相でしょう。

>なかでも、家老、西郷頼母家の21名が入城せず自害した悲劇は有名ですが、
自害をした理由は「足手まといにならぬため」などとドラマなどで描かれてしまっていますが、実際には、西郷頼母が白河城での激戦を指揮し約700名の戦死者を出して敗れ、会津城下は戦死者の葬儀が毎日あちこちで行われていました。西郷頼母は免職され会津藩を離れていました。
西郷家の人々は他家のように、おいそれと入城する事ができるような状況ではなかったのです。
武家にとって名誉を汚すことは何よりの恥だったのです。<

此れは嘘です。
西郷頼母家は保科姓でした。
殿様の保科家からの分家です。
松平家に養子に入った松平容保を西郷頼母が見下して居た。
殿様を家老として諫言したを逸脱した、異常な迄の諫言
松平容保が西郷頼母を蟄居させたのは、当然の事なのです。
松平容保を見下して居た西郷頼母家は、
「自分達こそ、保科正之の子孫だ」と思い、西郷頼母邸を會津若松城に見立てて、放火して自害したのが真相






Last updated  2018.11.09 16:06:14


PR

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

次元上昇2012@ Re:Gatling gun(ガットリン・ガン)(07/20) 96 :名無し募集中。。。(大和田爆笑)@…
次元上昇2012@ Re:吉田松陰(07/01) 196 :名無し募集中。。。(大和田爆笑)…

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.