233039 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アフィリエイト時事ネタ斬り!

PR

Category

Rakuten Ranking

Favorite Blog

Comments

ひろりん19484656@ 楽天ブログに載せる方法 AdSenseのIDを取得したのですが、楽天ブロ…
斬り丸@ Re:■アフィリエイトノウハウの情報商材がついに発売!(02/28) 「スーパーアフィリエイターの超実践テク…
斬り丸@ Re:■アフィリエイトノウハウ<中級編>発売開始!(04/01) 「スーパーアフィリエイターの超実践テク…
斬り丸@ Re:■アフィリエイトノウハウ<上級編>発売開始!(04/30) 「スーパーアフィリエイターの超実践テク…
2005/11/08
XML
アフィリエイトの実践的解説!連載第6回です。
今日のテーマは「アクセス解析を使いこなす!」です。

ひさしぶりの記事で少し間が空いてしまいましたが、その間も当ブログのアクセス数はそんなに減らなくなりました。
もちろん記事を書いた日のアクセス数が多いのは当然なのですが、記事を書かない日でも50人くらいは毎日いらっしゃって頂けているようです。
宣伝やSEOを全く行っていないこのブログでこの数字は良い方だと思います。
ページビューでは250PV/日以上あります。

大手ブログランキングで常に上位の楽天うさぴさんのところから来て頂けているのかな?
それとも当ブログの更新がわからない楽天広場を利用されていない方が、日々チェックに来て頂けているのかな?
理由はよくわかりませんがありがたいことです♪

ちなみに当ブログにはアクセス解析を設置しています。
楽天広場ではスクリプトタグが利用できないのですが、忍者ツールズのアクセス解析で、解析用ソース取得時に「モバイル専用」を選択するとスクリプトではない解析ソースが取得できます。
でも何もわかりません(笑)
ページ毎につけるとどのページがよく閲覧されているかがわかるくらいです。

これがこの「実践的に斬る!」シリーズで何度も「楽天広場から出た方が良い」と言ってきた理由の1つでもあります。
楽天広場のバカ野郎~っ!!!!

さてさて、アフィリエイトで稼ぐ為には、このアクセス解析のデータをじっくり分析するのがかなり効果的です。
スクリプトを利用したアクセス解析では、どのページがどれだけ閲覧されているかわかる他に、どこからお客様が来たのか、検索エンジンから来たのならどの検索エンジンからどんなキーワードで検索して来たのか、そのお客様は何度目の訪問か、2回目以降の訪問なら前回の訪問はいつごろか、更にサイト内でどのページからどのページに移動したか等がわかるのです。

これらの情報がどれだけ貴重なものかおわかりでしょうか?
特に大切なのが「どこから来たか」と「検索キーワード」です。
自サイトに来てくれるお客様の多いリンク元がわかれば、似たようなリンクを多く獲得することで、アクセスアップに効果があります。
また、検索エンジンからの訪問者は質が良く利用者も多いので、検索エンジン対策(SEO)が大事な訳ですが、この対策をするのに、検索キーワードのデータがないとなかなか売上げUPが難しくなります。

アフィリエイトを実践的に斬る!(4)で、サイトテーマとキーワードの選定が重要と書きましたが、キーワードを選定・最適化して単に運営しているだけではいけません。
実際にどれだけ効果があるかを測定する必要があります。

ここで紹介しているキーワードアドバイスツールは非常に優れたツールですが、単に検索数を教えてくれているだけで、そのキーワードでの競合率や利益率というものは一切わかりません。
キーワードアドバイスツールプラスという「月間検索回数の2乗 ÷ 検索結果件数」も表示してくれるツールもあり、より効果的とそのサイトでは説明されていますが、キーワードには単に検索結果件数が多いだけのものと競合サイトが多いものとがあり、検索結果件数は少ないのに競合サイトは多い商品等の区別が全くできないので、はっきり言ってその指標は使い物になりませんのでご注意を。(普通のキーワードアドバイスツールと同じ効果ということです)

また、キーワードアドバイスツールには決定的な弱点があります。
それは、このツールはリスティング広告の指標に使われるものであり、運営元のオーバーチュアと、YSTやGoogleのキーワードの判別が同じではないということです。
つまり、「アフィリエイトプログラム」と「アフィリエイト」「プログラム」はオーバーチュアは同じものと判断しますが、多くの検索エンジンでは別物と判断して異なる検索結果を返すのです。
「アフィリエイトプログラム」でページを最適化したのに全然このキーワードでアクセスがない。調べてみたら普通は「アフィリエイト」「プログラム」と間にスペースを入れて分けて検索されるのが普通で、その結果では自サイトは検索結果上位100位にも入っていなかったと言う場合がありますのでご注意ください。(アフィリエイトの例はあくまで「たとえ」です)

話を元に戻します。
アクセス解析で、どんなキーワードでお客様が来て頂けているか確認し、実際にそのキーワードで自分でも検索してみてください。
そして、自分のサイトが上位何番目に表示されるか見てみましょう。
この順位が上がれば集客率がUPする訳です。
予想もしていなかったキーワードでお客様が来て頂けている場合があり、その場合当然そのキーワードでの最適化は行っていませんので、そのキーワードで最適化することで簡単に順位が上げられます。

この順位を上げられる一番多い売上げUPに繋がる有効なキーワードは、ずばり「間違えワード」です。アフィリエイトに詳しい自分達は「アフィリエイト」と言う言葉を間違えませんが、お客様は必ずしもその商品に詳しくないのでネットで調べている訳です。
「アフェリエイト」と検索する人もいれば「アフリエイト」と検索する人もいるでしょう。
あ、もちろんあなたのサイトに「アフェリエイト」とか「アフリエイト」とか書いてなければ、検索結果に表示されませんから、そのキーワードでの訪問者もいませんので。
こういったキーワードをあらかじめ仕込んでおくのも良いですね♪

更に、表示された自分より上位のサイトを調査して、そのサイトでは扱っていない商品を自サイトに置いたり、そのサイトとは違うアプローチでお客様に問いかけることで、順位を上げなくても売上げがUPする場合もあります。

このようにアクセス解析のデータは、売上げUPの為の微調整、軌道修正には絶対に必須で、サイト立ち上げ時や季節が変わった時には必ず行いましょう。ライバルが多い場合や移り変わりの激しい分野ではより頻繁に行った方が良いです。
新商品掲載時や新ページ追加時にその商品やページを解析するのも同じように必須ですからね♪

結論!アクセス解析は必ず設置しましょう。設置できない楽天広場で売上げを上げることは難しいと言わざるを得ないですね~。

カリスマアフィリエイターのブログランキング






Last updated  2005/11/09 12:03:27 AM
[アフィリエイトなんでも斬り!] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.