2589129 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みんなのポケット6

PR

全366件 (366件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

日本国内(関西以外)

Dec 3, 2021
XML
怖い名前の滝ですが???




どう見たら、骸骨に見えるのか??
白い流れを見ても、あまりピンと来ない??^^





右奥の岩が骸骨??
これも、あまり骸骨に見えないような???









Last updated  Dec 3, 2021 09:35:18 PM
コメント(0) | コメントを書く


Dec 2, 2021
荷担滝です。
入り口から2600メートル
高さは8メートルと一番落差が無いんですが
う~ん、どの滝も良かったですが、
一番撮影枚数が多かったのが、この荷担滝でした^^








光線の加減や、見る角度により
水の色も違うし、なかなか面白かったです。
















ここから、帰りに写した荷担滝です。
















Last updated  Dec 2, 2021 09:03:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 1, 2021
3番目が、千手滝のすぐ上流。
入り口から900メートルにある布曳滝(ぬのびき)です。




高さ30メートル。
遠いのかな?そんなに高くは感じなかったです。




暗かったです。望遠にすると、ぶれがひどく。。。^^





布曳滝の上からです。





五瀑の最後が、入り口から2870メートルにある琵琶滝です。




高さ15メートル
流れ落ちる滝と、丸く大きな滝つぼが琵琶に見えるからでしょう。








Last updated  Dec 1, 2021 08:28:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 30, 2021
四十八滝の中でも、特に見どころとなっている5つの滝です。
今回は、その一番手と2番手です~(入り口から近い順)

入り口から230メートルに
不動滝。




霊蛇滝の一段上の滝です。
高さ15メートル。





そこから570メートル進むと
茶店があり、その前に大きな滝つぼと
千手滝
千手観音にちなんだ名前だと。
高さ15メートル




ゴールの岩窟滝まで3キロちょいの道のりですが
次々と滝が見られるので、割と楽と言うか
あっという間に、到着って感じで
しんどさを感じないハイキング道でした~






Last updated  Nov 30, 2021 08:41:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 29, 2021
赤目渓谷入り口から、230メートルで
霊蛇滝(れいじゃたき)です。




この滝の脇に赤目牛像が。



奈良時代以前の大化の改新から大宝律令のころ
活躍した??役小角(えんのおずぬ:役行者 えんのぎょうじゃ の方が有名かも?)が
ここで赤い目の牛に乗って不動明王が現れたと!。。。
さらに江戸時代初期藤堂高次=高虎の嫡男
高次は伊勢 津藩の藩主で、高次の義兄の高吉が名張へ転封された。
高虎はなかなか子供が出来ず、丹羽長秀の子の高吉を後継ぎとして養子にしたあと
高次が生まれ、高次が2代目を継いだ。
高吉が邪魔になり、山奥に移封したそうです。
で、名張 赤目に訪ねてきたのかな?
その時に、難病の眼病が赤目不動尊の宝剣で完治したと???
これが、赤目の名前の由来だと。




私も目は、大変なことになっており^^
近眼 乱視 老眼 白内障 緑内障と。。。
しっかり撫でて来ました~

さて、霊蛇滝の上に赤目五瀑の一つ目 不動滝がありますが、
それは、また次回^^






Last updated  Nov 29, 2021 09:30:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 28, 2021
赤目のお土産に買いました。




美味しかったです~~
相方は、黄な粉や黒蜜をかけた方が美味しいと言ってましたが
私は、何もかけずにそのまま食べた方が美味しいと思いました。
葛餅のみで、十分甘さがあり、美味しかったです~~~

来年、初夏に再訪するつもりです❣!
その時も、買おうと思います❣❣^^






Last updated  Nov 28, 2021 09:20:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
超久し振りに行ってきました~
30年振りくらいかと^^
四十八滝というのは、たくさんって意味で
48もあるわけではないようです^^




シーズンは少し遅いか^^
かと言って、寒くもなく快適に歩けました~
コロナのせいか、観光客?ハイカー??は
けっこう少な目だったと❣❣
それでも、細い道では、行き違いを待つ列が出来たところもありました。
朝9時過ぎには着いたので、行きは空いてました~^^




布曳滝の上です。




火山が作った地形です。
柱状節理も見られます。




雛壇滝(ひなだん)




夫婦滝(めおと)




琴滝




岩窟滝(がんくつ)




岩窟滝だ終点??です。
30年前は、終点を突き抜けて歩くと、
バス停があり、バスで戻れたのですが
今は、廃線となり、往復歩かないとダメなようです。
入り口の日本サンショウウオセンターから3290メートル(徒歩90分)




さて、今回もナッカーにお出まし願いたいんですが^^



この滝、かなり激しい流れですが。。。
底に落ち葉が❣❣??




この流れの底の落ち葉は
なぜ??流れずにへばりついているのでしょうか???






Last updated  Nov 28, 2021 08:40:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 20, 2021
国道沿いの案内板には、鶏鳴の滝としか書かれていなかったので
知らなかったですが、行ってみると
八滝とあり、散策路になっています。
道は狭く、人気もありませんが、それがかえって良い❣❣^^




一番手前の初音の滝だけは見逃しました^^

白蛇(びゃくじゃ)の滝







蛇のように、細長い滝です。

さらに進むと、小さな砂防ダムがあり
湖(池?)が。



静かでした~




あ、これはカワセミが居るわ
と思う間もなく、飛んできました。
が、池は広くはるか彼方です。。。^^
とても見たり、写真を撮ったりするには、、、



ま、一応、証拠写真を^^
ヤマセミも居るのでは?と思いますが
見つけられず。。。^^
初夏なら、アカショウビンも来てるかも???


白布の滝  小さな滝です。





岩しだれの滝









神有の滝(かみありの滝)




この滝が、八滝の一番奥です。
ゆっくり歩いて、ダム湖で休憩して
のんびり歩いて、90分でした。まあ、60分あれば、楽しめると。
夏なら、サワガニを探したり、滝を浴びたり
もっとゆっくり出来るかも。




帰りです。
太陽も高くなり、上り下りで光線の角度も違います~




青空を入れたのと
入れずにアップしたのとどっちが良いですか??^^

















Last updated  Nov 20, 2021 08:09:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
307号線を信楽から、右折し422号線で
ジャパンクラシックへ向かう途中に、小さな看板があり
2キロ!ってことで、相当前からいつか行こうと
思いながら、どうせ大したことないやろうと
行かないまま、10年が過ぎ去りました^^

今日は、休養日でのんびりしようと思っていたので
暇つぶしに行ってみました~^^





国道から2キロでしたが、この道が。。。^^
1車線で、離合が出来ない。
対向が来たら、どうしよう??と少しドキドキしながら
進みましたが、来ませんでした^^良かった~~~
滝はハイキング道になっており、入り口に小さな駐車場があり
先着1台でした。90分滞在し
戻ってくると、5台に増えてました^^
危なかった。もう少し早く戻ると、5台のうちのどれかと
ぶつかったかも???^^




ここは、滋賀県?三重県??と思いましたが
タヌキが居るってことは、滋賀県甲賀市か。
ちなみに隣は三重県伊賀市です~伊賀も甲賀もお隣さんでした。

駐車場から125メートルで、鶏鳴の滝でした^^




正月の朝に山頂で鶏が鳴くそうです。




小さな滝(高さ13m 幅11m)ですが
悪くないです^^









正面から、横から、上からいろんな角度から
眺められます~




岩肌の色が!??



水の当たっていないところは、黒。
水が当るところは、茶色です!??
なんででしょう???
水に銅か何かの成分が混じっているのかな????^^
う~ん、ここは、またナッカーのお出ましを待ちたいところです^^
可能なら、解説をお願いいたします~^^






Last updated  Nov 20, 2021 04:33:23 PM
コメント(2) | コメントを書く
静かです😌💓
水の流れ落ちる音✨

カワセミがいました🎵
ヤマセミも居そうな⁉️
会いたいなぁ😃


快晴☀️
17度。暖かい✨☀️✨ですが、
木陰は、少しひんやり🍀







Last updated  Nov 20, 2021 11:01:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全366件 (366件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


© Rakuten Group, Inc.