2885983 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

みんなのポケット6

PR

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

中国地方

May 23, 2022
XML
カテゴリ:中国地方
九州旅行の帰りです。
山口市の道の駅。




いろいろなことを知らないので、
よくビックリしたり、感動したり出来ます^^

こんなところで、静御前に会うとは、思いもしませんでした^^
日帰り温泉もありました。



足湯は無料です^^



なかなか良い感じでした。
タオルまで用意されていました❣!(記憶違いの可能性ゼロでは、ありませぬ^^)

そして、津和野へ向かおうと、出発しようとして
静御前の像があることに気付きました。








温泉入り口には、弁慶も。



弁慶は、来てないと思うんですが
平泉で立ち往生してますもんね。

大河「鎌倉殿の13人」
やはり三谷幸喜は凄いです^^
屋島の那須与一も、勧進帳も無視し
弁慶の立ち往生は、見せずに描いて❣!
見事!だとは、思いますが
これらの話を知らない子どもたちには、どうなんでしょう???^^
義経、頼朝の描き方は、私はイメージ通りで
ピッタリ来る^^と思っています。






Last updated  May 23, 2022 04:05:40 AM
コメント(0) | コメントを書く


May 19, 2022
カテゴリ:中国地方
朝、ちょこっとだけ寄ってみました。
歩いていません。。。^^
境港です。800メートルに200近い妖怪像が❣❣^^あるそうです。








































Last updated  May 19, 2022 05:30:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 18, 2022
カテゴリ:中国地方
松江城には、7時半ころ到着。
当然、天守はまだ開いていないでしょう。
まあ、外観をゆっくり一周して、開いてから入ろうと
歩き始めて❣!
いきなり、小さな看板が❣!
犬も歩けば棒に当たるです^^
8時40分から鉄砲演武がある❣❣と。
なんじゃ!?それは??
それにしても、なんで平日に???と思いつつ、
城を一周して、戻ってきました。
わけがわかりました^^
中学校の修学旅行のプログラムでした。
鉄砲演武を見た後、少人数ごとに、松江城をガイドするサービスのようでした。




1時間前から、準備、練習をされていました。





バスの到着はギリギリでした。
鉄砲隊のリーダーは80歳越えの薩摩隼人みたいな???お爺さん。
ものすごい元気と勢い❣❣
中学生は、「早く並べ!!時間がもったいないぞ!!若いのが、ぐずぐずするな!!」
挙句の果てには、責任者の先生は誰だ!?。。。
おじさまの目の前に居られた先生は、責任者ではなかった様子でしたが
「責任者か!?」の怒声に「はい」と^^
まあ、確かに打ち合わせ不足というか。。。
学校は縦に並べようとして
薩摩隼人??のおじさまは、横に並ばないと
後のやつは見にくいじゃないか。横に並べろ!!と^^
私は、こら、大変じゃ~と。。。^^
ただ鉄砲演武が始まると、
そんなことはぶっ飛ぶ勢いの火縄銃の発射音❣❣
生徒の皆さんも、驚き喜ばれていたようでした。
先生には、あとで若手の鉄砲隊ガイドの方が、謝っておられました^^
もちろん、若手鉄砲隊も、練習からけっこう大変な様子でした^^
まあ、しかしお元気ですわ。

さて、鉄砲演武
私は初めて見ました❣!
いやあ~超ラッキーです。
関西でも、やるときありますが、
あったとしたら、すごい人で見るのも大変だと思います。
それが、かぶりつきの最前列(もちろん、端っこ^^)で
ゆっくり眺められました。




ほら貝も響き渡っていました~





銃身を掃除し
種薬??手元の火薬を装填し
火縄を確認。




先ほどのおじさまも、緊張されたのか
怒鳴って興奮したのか
いきなり「放て~!!」と間違えておられました。。。
2度目からは、ちゃんと「構え!」「火ぶたを切れ!」
「放て~~❣!」と。




一斉射撃と、順次に打っていくのと
一人4,5発ずつくらい打たれたと思います。





いやあ、あの鉄砲隊にはどうすれば入れるのでしょう??
やってみたいです~^^
銃砲免許みたいなのが要るのでしょうか???

あ、そうそう。
音と言うか、動画はいつものごとくフェイスブックです。






Last updated  May 18, 2022 09:39:51 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:中国地方



これは、どこでもかどうかは知りませんが
けっこうありますよね。
階段外して、蓋ができる最上階^^





さて、この柱なんですが
周りを板で覆って、頑丈にしています。
姫路城では、大きな柱で数階もの天守を支える大黒柱ですが
松江城では、大きな木がなく、仕方ないので
一本の柱で2階分を支えると。
そして、2階と3階と支える柱と、3階と4階を支える柱を交互に
配置し、天守の重量を分散して支える工夫がなされているということです。











この写真、階段の向こうの柱は上階に突き抜けています。
そして右側の柱は、この階で終わっています。
こんな感じです^^(わかります???^^)

あ、それと、階段の前に武者が写っていますが
この日、たまたま中学校の修学旅行生が来ており
その案内をされていました。
おかげで、今回は、たくさんガイドを聞けて
いろいろなことを知ることが出来ました^^

さて、上の柱の写真に、松江城が姫路城の10倍の値がついた理由があるのですが^^




それは、松江城の柱が細いので補強のため、周囲を木で覆っている。
それをとめるために、たくさん かすがいが使われいるんです。
そして昔、廃城にはあまり値打ちなく、軍用に鉄が貴重で
大黒柱の姫路より、松江の方が圧倒的にたくさんの鉄が使われていたから
高額???だったそうです。

そして次の柱。



若者に?人気の柱。

その理由は。



柱のハートマーク^^
ここを触って、良縁を祈るとか??^^
私も、触っておきました^^皆さん、よろしく~~




窓です。これも普通ですが
窓の柱???が菱形になっています。
これは、鉄砲を撃つときなど、菱形なら、けっこうあちこちの角度で狙えるってことだと。




お!
こちらにもハートマークが❣^^




って、これは後藤又兵衛の甲冑です。
ハートマークではなく、松江藩の「猪の目」だと^^



後藤又兵衛は、黒田官兵衛が小寺の時に家来でした。
後、だれやったかに仕え、大坂の陣で大阪城に入って
活躍、討ち死にしています。。。
大河ドラマ「真田丸」では、哀川翔が演じていました~













修学旅行生は小人数のグループでバラバラにどんどんやってきて
それぞれにガイドがついていましたので
私は、あちこちのをつまみ食いして聞いており
天守到達までにかなり時間がかかりました^^




おお~
海が見える~~❣❣

目の前に、アオサギのコロニーが^^



鳴きまくってましたわ。
下を歩いているときは、糞が落ちてこないか心配で
おちおち歩いていられませんでした^^
セーフでした^^




寝ているのか、卵を抱いているのか??










いやあ!
松江城、良かったです❣!




ところが、これで終わりではありません!!
まだサプライズが???^^ありましたが、それは続編で^^

あ、そうそう。
松江城が現存12天守のうち、国宝に追加指定された理由ですが
それは、祈禱札が見つかり、それに1611年築城とあり
築城年がはっきりしたこと。
そして柱の構造がけっこう変わっていたことと
主にこの2点で、松江城だけが追加指定されたとか。

私のみた中では、松山城も良かった印象ですが^^


まさ忘れてました。
シャチの雄雌^^



右がオスです。
右の方が、うろこが大きい。
でも、メスに牙がある!^^
ってことでした。






Last updated  May 18, 2022 07:02:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:中国地方
松江城。
入場680円だったか?^^








なんじゃもんじゃの木と松江城 こっちの写真の方が良かった^^
一応、アップしておきます。








小泉八雲記念館?は城の隣にあり
共通券もありました^^









ここの天守は、撮影自由。良いですね。日本もはやくみんなこうなって欲しいです。
フラッシュや三脚は禁止で良いですが
撮影禁止は、なんでやねん??っていつも思います。

さて、入ってすぐ井戸です。



天守内に井戸??
大阪城は天守入り口にあります。
中じゃなくても良いとは思いますが^^
城内に井戸?あんまり記憶にないような?
堀尾茂助ですから、主人秀吉の水攻めや餓え攻めを散々見てきて
骨身にしみて感じていたのかも???








当然、オスとメスです。
さて、左右どっちがオスでしょう??^^

第2問^^



松江城は、売りに出されたとき180円でした。
姫路城は18円です。なぜ?松江城の方が高かったのか???
この柱の写真に答えがあります^^

第3問
この柱は、若者に人気です。
なんで??よ~く、見てくださいね^^

以上 答えは、後編で^^






Last updated  May 18, 2022 04:17:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:中国地方
国宝五城です。
5番手で割と最近の国宝指定です。




堀尾茂助の築城だと。
本当は、孫が当主で築城主ということだそうですが
まだ幼く祖父の茂助が実質上の指揮をとったようです。







う~~ん、全く記憶に自信がありませんが
私の記憶では、「新書太閤記」(吉川英治著)では、
稲葉山城攻略戦で木下藤吉郎の山道を案内するのが、茂助ではなかったかと???
(ちょっと調べてみましたがヒットせず。。。
 新書太閤記をチラ見しようと思ったら、肝心の1巻が見つからず。。。^^)
とにかく早くから秀吉に仕え
加藤清正や福島正則らの若手の兄貴分として秀吉家臣団?を
統率?していたとか だったと。

大手門になんじゃもんじゃの木が満開でした~❣❣















私はこれ(松江城)で、国宝五城は全部見ましたが
他の4つがなんか、洗練されている感じなのに対して
松江城は、一番野性味あるというか、なんか、昔を彷彿とさせる??
雰囲気があるような気がしました^^(天守の周り)



亀田橋(だったか?^^)
カワセミが居る!と思いましたが
現れず。。。^^(私はけっこう居る❣と思うと、飛んで来たりすることが多いんですが??^^)
















いやあ、良いお城でした。
天守については、また^^






Last updated  May 18, 2022 01:56:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:中国地方
15日牧野パークでのラウンド後、そのままHさんを迎えに行き出発❣!
この日の朝、空港まで送迎したので、けっこうヘロヘロ^^
鳥取の快活クラブに10時前到着。
翌16日、旭国際浜村温泉ゴルフ倶楽部(女子プロ開場になっており
アップダウンきついものの、広大な良いコース❣!)でラウンド後
2時にゴルフ場を出て、鳥取砂丘へ❣!
その夜は、皆生温泉 湯快リゾートかいけ温泉の泊まりました❣!
安かったんです~❣❣温泉も最高❣❣
17日松江城を見て、帰ってきました~
ヘロヘロです^^

鳥取砂丘到着は2時20分。
まずビジターセンターへ❣
これが良かった❣❣^^




なるほど。こうやって出来るのか。
それだけ北西季節風が強いのかな。




ちょうど2時半から風紋実験があると❣❣
かぶりつきで見ました~^^(お客は5人。。。)
お姉さんは、素晴らしい❣❣
しゃべりが芸人か!?と思ったくらい。
あとで聞くと、普通にしゃべるより、よく聞いてくれるかと
思ってと^^いやあ、なかなか頑張っておられます❣❣^^

しかもよくわかった❣!







動物の足跡も。
手前から、キツネ シカ イノシシです

5分ほどで足跡もかき消され、風紋が出来ます。
その風紋は移動していきます。
ペグシルが刺さっていたのは、黒い影の部分でしたが
ものの2,3分ですでにこれだけ移動❣!







いやあ!
いやあ!素敵なお姉さんで、写真も撮らせて頂きましたが。。。^^
ぱっちりした目が。。。^^

そしていよいよ砂丘へ❣!
サンダルではだしで行きました~




いつ以来なのか??
修学旅行では、来たはずですが記憶になし。。。
雨の中、大山に登ったのは覚えていますが^^

大人になってから、初めてか??
学生の時に来たような気も???・・・

とにかく、私の印象より広い❣❣^^
こんなに広大だったか???







風紋も見られました。




写真ではわからないでしょうが
ものすごく急坂です。
いくつも足跡が下まで続いていました~
私も行きたかったですが、時間と体力が。。。




敦煌の鳴沙山と月牙泉に似ているようだと^^

長者ヶ原



小川が流れており
そこがオアシスのように、草が生えています。




残念ながら、ハンミョウ(成虫)は夏だそうですが
巣穴はありました~





何かのうんちも!








シカ??とヒバリだそうです。




キツネ???

いやあ、たいして興味なかったですが
良かったです❣!
残念だったのは、砂の美術館が閉館中。。。
次は夏 7月22日?からだそうです。
行きたいです~~








Last updated  May 18, 2022 07:50:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 17, 2022
カテゴリ:中国地方
愛知の中学校の修学旅行のプログラムでした☺️
思いもよらず🎵
ラッキーでした🎵😆💕








Last updated  May 17, 2022 10:11:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:中国地方
昨日、鳥取砂丘


夜は、ゆかいリゾート皆生彩朝楽
温泉三昧🎵

今、松江城で鉄砲演武を待ってます🎵








Last updated  May 17, 2022 08:15:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 13, 2022
カテゴリ:中国地方
伏見稲荷か??^^







1955年創建 新しい神社です。
ここへ神社を引っ越そうとしたら
白狐が現れ、他の神社を建てるとは怪しからん神社を建てるなら
わし(きつね)を祭れと言ったとか^^





いやあ、知りませんでした。
面白い景色でした❣❣











竜宮の潮〇〇、見られませんでした。。。
見たかったです^^

ひょえ~~。投稿しようとしたら本文に公序良俗に反する表現があると!??
ここしかなさそうです。。。
ほな、クジラの潮〇きはどうなるねん???


















このあと、九州を目指しました。
そしてこの日の夜、関門トンネルをくぐりました~
通行料は、なんと!
驚きの160円❣❣^^
160円で九州へ渡れるんだ~~~






Last updated  May 13, 2022 05:00:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全37件 (37件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


© Rakuten Group, Inc.