210512 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

めざせ!Richトーナメンター

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


Richトーナメンター

Favorite Blog

バストーナメンター… かなもん23さん

Comments

匿名ですが@ Re:2021年6月26日 五位ダム(06/26) そこボート禁止ではないです? 問題になり…
Richトーナメンター@ Re[1]:2020JB檜原湖第一戦(07/19) Kouさんへ ご連絡ありがとう。45歳のおっ…
Kou@ Re:2020JB檜原湖第一戦(07/19) 初めまして、私富山県に引っ越してきたば…
たろう@ Re[4]:リベンジ!(05/06) 自分は大谷、白岩、熊野、小撫で年に数回…
Richトーナメンター@ Re[3]:リベンジ!(05/06) 魚津でバス釣りしたいですね。 昔はフロー…

Freepage List

Category

2021.10.10
XML
カテゴリ:トーナメント日記
2021年10月10日 昨日から、プラのため桧原湖にチェックイン。
コロナ感染もあり、今年初めての桧原湖です。
昨年は極寒だったのですが、今年はとても暖かいです。
天候 曇り、水温18度、ちなみにプラは全く釣れませんでした。

今日は曇りで、風がやや強い日になりました。
久々に桧原湖の皆さんとお会いしました。
2020年檜原湖の王者、ゼッケン1の斎藤プロです。

昨年は、目の前で沢山のお魚を沢山釣りあげられて、トーナメント中はかなり心を折れました。
しかし斎藤プロも、コロナのため、今年初めての桧原湖参戦です。2年連続1位は難しそうです。


貫禄のオーラが漂う山木プロです。
ちょっとふくよかになった様子です。
私の憧れであり、目標の方です。


小池プロです。
いつもアドバイスをしてくます。
しかし、結果でお返しすることができません。
申し訳ないです。

いよいよ2021年第4戦のスタートです。
コロナ禍のルールを守っている方は第1戦目ですが・・・。

昨日のプラでも、さっぱり釣れないので、早稲沢の8〜10mを7gのキャロシャットでのスタートです。シンカーが重いので基本はステイもしくは船の流されるままに動き、時折誘いをいれます。
魚探でワカサギの群れが映る場所で2時間ほど粘りましたが私には反応がなく、岩盤に移動したのですがポイントには入れず、月島北のフラットへ行きました。



基本ステイでワカサギを捕食しているバスを狙って8mラインを基本に2.7.gのキャロで、ワカサギの塊を見つけながらの釣りになります。
周りではポツンポツンと釣れているのですが、私には全く釣れません。

やはり私はシャローマンなので6m以上のディープはかなりしんどいです。
5gのキャロシャットに替えてランガンです。

月島のシャローから南のハンプへ行き、ドラッキングを繰り返しをしているだけでした。
気づけば、終了間近、あきらめて帰着です。

今年はノーフィッシュで大会が終わり、桧原湖のスモールに出会うことができませんでした。
片付けの最中、ワームを見切られないように魚を釣ることがキモだと小池師匠に教わりました。
また少しのカラーの違いで食わないとも教わりました。

上位の方々は何十万円もする魚探でシューティングで釣るらしいが、お金のない私には高級魚探を購入する事ができません。いつも思いますがトーメントにハンデぐらい欲しいですね。

昨日のトレーラーのタイヤのバーストもあり、皆さんに気をつけて帰りましょうと挨拶をして、早稲沢のデッドスローエリアを抜けてフルスロットル、いきなり帽子が吹っ飛びました。
私の後ろにいたボートの方が拾ってくださり助かりました。
本当にありがとうございます。

片付けが終わり、柏屋の薄皮饅頭を購入して富山に帰ります。
しかし、この後、人生最大の不幸が私に襲いかかります。つづく・・・。






Last updated  2021.11.01 18:53:09
コメント(0) | コメントを書く
[トーナメント日記] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.