293457 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Camera di Allora.

詩集 3

   
   若き人へ若き私から
    

 若き人よ

 君は華美におぼれることなく質素にしなさい

 魚や肉は余り食べずに植物を食べなさい

 煙草は吸わぬほうがいい 酒は余り飲まぬよう

 自動車なぞにはなるべく乗らず 二本の足で歩きなさい

 たまには田んぼのあぜ道を思いっきり走るのもよいでしょう

 そして 雨に打たれた雀の姿を忘れないで下さい

 夜には星をじっと見つめるのを忘れないで下さい

 時には山へ入り静かに坐り

 純粋な宇宙線を頭のてっぺんからあびて下さい

 それからまた街へもどって働くのです

 心はどこにも とめておかぬよう

 君の異性にも父にも母にも心をとめてはいけません

 君に夫や妻や子があるのなら その夫にも妻にも子にも

 心をとめてはいけません

 形のあるものにも形のないものにも

 心をとめてはいけません

 心は いつもあそばせておいてやって下さい

 若き人よ 人生最高の目的は

 五蘊は皆空と観じ 無上正等菩提を証し それを伝えることです

PHOTO035.JPG




   私が愛したあの人は


 私が愛したあの人は 一人 二人 三人 四人

 私が愛したあの人は 五人 六人 七人 八人

 今から思えば遠いこと

 私の昔は私の抜け殻 風にカサカサ吹かれゆく

 愛したなんて錯覚で ほんとは何もなかったことを

 錯覚しつづけこの日まで 息をしてきたこの私

 真実まことにあの人を 愛していると思ったのも

 それは私の心の思い

 真実まことの私は 何も思わず生きている

 息もしないで生きている

 私が愛したあの人は ほんとは誰もいなくって

 私が愛したあの人は みんなみんなぬけ殻で

 私が愛と思ったのも 執らわれの日々の中での出来事で

 真実まことの私は 昔も今もこれからも

 何も愛さず生きている 何も思わず生きている

 息もしないで生きている

カターニァ・教会



   真夜中に

 真夜中に ひとりでじっとしていると

 世界の声がきこえてきて 涙がにじみでてくる

 真夜中に じっとたえてすわっていると

 世界の姿がみえてきて 私はますます静かになる

 ひそやかに息づき 心を凝らし

 私は世界に感応する

 真夜中に 私は世界宇宙の核となり

 森羅万象を支配し 天地星座を運行する

 真夜中は私の命の燃えるとき

 真夜中の太陽は白く白く燃え続け

 暗闇は白日のもとにひきずりだされる

 真夜中は燃え始め白き光芒を放つ

 燃えさかる真夜中に

 私の目はみつめみつめゆき 私の命は燃え燃えつづける

NY holiday


   ねがい

 はれわたる空を飛ぶ

 まっさおな海に泳ぐ

 緑ふかき大地にひれふす

 大いなるあなたの腕の中で眠る

 そして私は目ざめたとき

 この手のひらの中に

 宇宙をそっとつつみこむ

NY少女



    ひろう

 真夜中 街を歩いていて

 誰にもひろわれず

 私をまってくれていた

 一円玉をひろう

PHOTO025.JPG



    水中嘘歩き

 楽しいことも

 悲しいことも

 今はみんな水の中

 窓ガラスをトントンたたくと

 魚がいっぴき返事する

 あーあ 水の中 水の中

 嘘歩き 嘘歩き

 水の中じゃ 楽しいことも 悲しいことも

 みんな濡れて光ってる

 ピカピカ ピカピカ 光ってる

2005-04-16 13:29:36



     玄米

 一粒の玄米を 水にひたしておいたら

 いつのまにやら 芽をだしてきた

 ああ

 生きていたんだな

スイス89年.JPG



    遠い所にいるまだ見ぬ友へ

 僕が生きているのは

 あの星が輝いているからであり

 僕が今歩いているのは

 帰るべき家をさがして

 僕が煩悶しているのは

 自分自身にであり

 自分自身とは

 イコール世界宇宙であり

 世界宇宙は個人の象徴であり

 僕は生きています

 絶対孤独の存在の人間として

 哀しみの存在として 苦しみの存在として

 一瞬のうちに体内を噴き上げる 歓びのうずの中で

 僕は生きています

 遠い所にいるまだ見ぬ友よ

 僕が生きているのは

 あなたを愛しているからです


© Rakuten Group, Inc.