000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Camera di Allora.

PR

プロフィール


Allora

カレンダー

フリーページ

カテゴリ

コメント新着

Allora@ Re:志野茶碗(08/01) コメントありがとうございます。フィード…
ドイツ@ Re:志野茶碗(08/01) 世界中にYAKIMONOはあると思いますが,日…
jurious(じゅりあす)@ Re:株価が(06/02) お久しぶりです。 東海地方にいたのですが…
jurious(じゅりあす)@ Re:五輪開会式(02/08) 今、ブログ管理を見たら、以前は存在して…
jurious(じゅりあす)@ Re:五輪開会式(02/08) ご無沙汰しています。 五輪開会式は録画…

お気に入りブログ

初めての経験 嫌好法師さん

正しい方向へ jurious(じゅりあす)さん
2015年10月15日
XML
カテゴリ:国際

主にシリアからの難民がヨーロッパに大挙押し寄せていますが、一体この先難民問題はどうなるのか、考えてしまいます。トルコやレバノンでも難民は受け入れているようで、レバノンには既に108万人がいるそうで、飽和状態なんでしょうね。

そしてヨーロッパ特に受け入れに寛容なドイツを目指す。それにしても何十万人単位の難民受け入れとなると、場所の確保、そして受入国の経済問題もあるだろうし、国民の反発も出てるようだし。頭の痛い事。

国連も政治面では機能してないのかな。ロシアもシリアの反政府側・ISに爆撃を始めて、米は米で反政府側を支援。米ロの代理戦争になっても困るしなぁ。アサド大統領はニュース画像にも出てこないしメディアの露出度が低いのは、身の安全保持の為? 自己保身を考えるより自国民の安全を考えなきゃいけないのに、こんなことを言っても独裁者には馬の耳に念仏か。

根本的解決は、アサド氏でも反政府側でもいいけど(ISはダメだな)、シリアの戦火がやみ、一般国民が安心・安全に暮らせる国・政府が出来る事。このままじゃ難民のお先真っ暗、ヨーロッパ各国も大変だ。

ふと思ったのは、70年前の日本敗戦時、満州から多くの人々が今の難民同様に引き上げてきた訳だけど、大きな違いは自国へ帰る旅、まだ希望があるよね。今のシリア難民は外国への逃避行、希望はあるのか、余り無いだろうな、不安の方が大きいよね。

我々に出来るのは、雀の涙ほどであっても、焼け石に水であっても、可能な額でいいからUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)やWFP(国連世界食糧機構)に寄付金を送る事だと思ってます。私めも少額ながら実践しています、皆さんもぜひ協力を。

 







最終更新日  2015年10月15日 18時22分42秒
コメント(0) | コメントを書く
[国際] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.