293524 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Camera di Allora.

PR

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

カテゴリ未分類

2020年05月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
連休が終わりました。例年なら民族大移動、今日は休み疲れで会社に行くのもシンドイ人が多いのでしょうが、今年はさっぱりでしたね。新幹線で乗車率5パーセントというんだから。観光・飲食もアウト!

今月中に終息してほしいですね。

私めといえば、障害者年金で暮らしており、現役世代からリタイヤしているので、世の中の好不況は余り関係ありませんが・・・

でもひとつフト思ったこと。去年3月末から6月中旬まで感染性胃腸炎で名大病院に、9月初めから12月初めまで座骨褥瘡悪化でまた入院。
これがもし今年だったら、コロナ騒ぎで春の入院は出来なかったかなと?怖いと言えば怖い話です。

褥瘡はなかな治らず、本当に往生してます。
いずれにせよコロナ流行終息し、塗炭の苦しみを味わっている、特に個人事業主さんたちが救われることを願うばかりです。






最終更新日  2020年05月07日 20時07分02秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年07月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
七月七日、七夕ですね。

名古屋は何とか晴れていますが、星は見えるのかな? 都心部は街の灯りとかで星など見えにくいというイメージがあって・・・・
いずれにせよ、星空を見る為に外出なんぞはしません。

それよりも、九州他各地で雨が降り続いて被害も出ているし、そちらの方が心配です。七夕とか言って浮かれている場合ではないですから。

個人的には、七月七日は今乗っている車椅子が来た日。
2005年の春から車椅子生活になって、とりあえずは、社会福祉協議会からの借り物の、病院などに置いてあるタイプを使っていて、自分の体格に合わせてセミオーダーしていた、車椅子が納品されたのが今日。なぜか記憶に残っています。

もう七年も車椅子に乗っています。足の踵に潰瘍が出来て病院で診てもらったのが09年の七月
010年七月に皮膚移植の手術をして、これも未だ完治せずで丸3年目。一旦完治しかけて喜んでいたのに六月中旬にまた悪化、イヤになっちゃいます。

七夕の話から脱線しました、七月は何か思い出に残る事が多いです。でも七夕に彦星・織姫のようにデートをした事はありません^^)






最終更新日  2012年07月07日 19時46分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今月10日ごろから4日間ほど、母の認知症が急激に進みどうなる事かと思っていましたが、我が畏友である気功師のS氏に、遠隔気功を施してもらいすっかり回復しました。

気功などと言うと信用しない人は、何それ効果あるのなんて思われるでしょうし、効果があったと科学的に照明できるわけではありません。でも、確かに母の症状が改善し‘せん妄’も収まり、食欲も戻り、ポータブルトイレも介助なしで自力で使えるようになったのも事実です。車いす生活者の私にとっては、体力的にも精神的にも大いに助かっています。

気功を含め、人間の小さな常識でははかり知れない世界があるというのは、私にとっては自明の理です。かといって特定の宗教集団に属してもいませんし、私自身対宇宙の法則(神仏と言ってもいいですが)とも言うべき至って個人的事象であって、より正確に言えば‘対’と言うより、つながっていると感じています。
ですから今回の母の事でも、即S氏の遠隔気功しかないなと思った訳です。

母は84歳、まぁ一応高齢といっていい年齢ですから、基本的な衰えは勿論ありますが、それなりに落ちついてこのまま在宅でみていける状態です。
S氏に感謝。






最終更新日  2012年01月24日 11時26分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
あけましておめでとうございます。

自画像 004.jpg

昨年は国内では大震災、それに付随して起きた原発事故・放射能汚染、そして台風もと災厄の多い年でしたが、今年は何とかそこから立ち直るべく良い年になるよう、草の根の1本として出来る事はやっていこうと考えています。

まずは我がブログの読者諸氏に謹んで新年のご挨拶まで。








最終更新日  2012年01月01日 20時51分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
母が退院して1週間。認知症に関してはやや改善しましたが、ほぼ寝たきり状態。

毎日午前・午後と2回ヘルパーさんに入ってもらってますが、それ以外の時間帯は私めが下の世話をしたりしています。深夜、こちらが寝た後でも呼ばれれば、見に行かざるを得ず、尿取りパッドの交換をしたり・・・

幸い近所で通院していた内科医が往診も可能という事だったので、とりあえず状態を診てもらいました。今後は2週に一度は往診に来てもらい内科的側面と認知症の進み具合を判断しながら、在宅か入院か高齢者施設への入所か、どうするか決めていこうという事になりました。

まずは在宅で、ヘルパーさんの他訪問看護師さんにも入ってもらい、しばらくはみていく予定ですが、施設の方も一応入所申し込みをしておいたらという、ケアマネさんの勧めで今日その施設(家から車いすで10分位)に行ってきます。
申し込んでも少なくとも3・4ケ月は待たされるようで、その時の本人の状態・改善具合によっては、断っても構わないようで、色々な状態に対応できるよう手は打っておこうという事です。

何せこちらも、車いすですから介護と言ってもできる範囲が限られてきますが、これも私めに与えられた試練というと大袈裟ですが、役割・役目かなと観じて人生修行の一つとしてやっていこうかと思ってます。

山に入っての山伏の行だけが修行じゃないでしょうし、修行の場は日常生活の中にゴロゴロと有るようです^^)






最終更新日  2011年02月21日 14時52分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年12月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
おはようございます。
更新はほとんど深夜で滅多に午前中などはしませんが今10時半過ぎ。めずらしい^^)

さてここのところやたらとNHKで紅白のいわゆる宣伝番組が多く、番組と番組の間にも民間のCMの感じで紅白の事をやってます。
何なんでしょうね?

毎年、紅白は基本的に見ない派としては、そこまでして視聴率を上げたいのかなと思う位で、今回もきっと見ないと思います。
母は母でとなりの部屋で自分のテレビを見てますから、時々紅白の音は聞えてきます。ただ母も通して見る訳ではなく、あちこちのチャンネルを見ています。
なぜかそんなに見たいと思わないんですね。

ニュースは基本NHKのを見ますし、番組によっては見ないこともないんですがねぇ。
「ブラタモリ」は録画しつつ観てるし、今やってる「坂の上の雲」もしっかり観てます。坂本龍馬のは、途中で史実と違うんじゃないのと思う部分があったりで、前半しばらくしか観ませんでしたが。
ともかく今年も紅白は見ないでしょう。







最終更新日  2010年12月27日 10時54分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年10月18日
カテゴリ:カテゴリ未分類
各地でクマが出没し、岐阜では建物内に入り込み、北海道・斜里町では街中に現れたとか。

人間も襲われて危害にあって、死亡者も出ているのでやむなしではあるのですが、クマにとっても棲息エリアの餌不足で人里に出てきて、そして岐阜や斜里町のように射殺されてしまう、なんだか可哀そうな気もします。

山中などで人間側がクマの領域に入ってしまう事もあるのでしょうが、今回のように完全に人間の生活圏に入ってこられると、射殺してしまうしかないんでしょうかねぇ。
クマが出るたびに麻酔銃を使って山に帰しても、また出てくる可能性はあるだろうし、たんび々に動物園へ収容という訳にもいかないのでしょう。

東京だったかに現れた猿は捕まったあと動物園に収容されたとか、でもクマの場合は生け捕りといってもね。やっぱり射殺しかないんでしょうか。
クマ受難の時代であるようです。






最終更新日  2010年10月19日 00時23分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年03月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
老母の事で担当医から電話があり、転院後のその先の話があり、転院先を退院後は施設へ入所させた方がよいと。

認知症の進行が認められるので、自宅よりは施設での介護を受けた方が、規則正しい生活・食事などが出来、認知症の進行も遅らす可能性が高くなる云々・・・
とは言われても、施設へ申し込んだにせよ待機してる人は多くすぐには受け入れてもらえないだろうし(だから今から申し込むだけ申し込んでおけという事なんですが)

今日も病院へ行ってきましたが、本人はともかく家に帰りたいですから。
何が本人にとって一番幸せなことなのか、認知症の進行が早くなろうと、在宅によって健康状態が悪化しようと、本人の望む通りにした方がよいのか。
あるいはさっさと施設へ入所させ、きちんとした管理を受け、多少なりとも寿命が延びたほうがいいのか。

人生観・幸福感を問われているような気がしてきて。
医者の立場からすれば、施設へ入所すべきとおっしゃるのも、ごもっとも。
しかし、私の立場としては本人の意思(認知症でその意思もあやふやな状態なんでしょうが)を最大限受け入れて、転院先退院後は少なくとも一度は帰宅させ、在宅で見れる・出来る限りの事をして、いよいよこれではアカンとなれば、施設を探し申し込む。

医者側・ケースワーカー側としては、それでは遅いという事なんでしょうがねぇ。
本人は83にもなって、あちこちの病院や施設へは行きたくない家にいたい、今さらちょっとぐらい長生きしたからどうだというんだ。刺身でも何でも好きな物を食べて家にいるのが一番・・・

こんな事を考えなきゃいけない事態になるなんて、想像すらしなかったんですがねぇ。
皆さん多かれ少なかれ直面する問題なんでしょうね。
とにもかくにも一度は帰宅させて在宅で面倒をみる。これが今現在の思い。






最終更新日  2010年03月12日 20時15分24秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年02月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類
水曜日の夜に母を救急車で病院に運び、そのまま入院。
木曜日はヘルパーさんも頼んで、入院に必要なタオルや洗面用具を持って行き・・・ 一人でもよかったのですが、母についてくれていたヘルパーさんに、様子を知っておいて貰うのもよかろうと思って、一緒に行ってもらいました。

金・土は天気も悪かったので、今日になって様子を見てきました。
点滴やら色々と管を付けられて、ベッドから起き上がって食事等は摂れますが、ベッドを離れることは出来ません、まぁ口だけは相変わらず達者で少し安心しましたが。

それでも、「退院後は老人ホームに入った方がいいかなぁ」などと弱気な事も口にしまして。
実際問題として、家に帰ってきても部屋の机や家具の配置の関係で、車いすで母のベッドサイドまで行き介護というのはできませんから、自力でベッドから立ち上がり、歩いてトイレに行き自分で用を済ましてもらわないと、。
それだけ出来てくれれば、普段の買い物や料理、あと私自身の事は出来ますし、ヘルパーさんには週2回入ってもらってるので、何とかなるんですが。

まぁ、なるようになるんでしょう。
あさって火曜日は自分の用事、皮膚科の受診日です。病院通いが続きますね^^






最終更新日  2010年02月07日 20時23分00秒
コメント(6) | コメントを書く
2010年01月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類

明けましておめでとうございます

我がブログの読者諸氏におかれましては、本年も良い年でありますように、祈念しております。

ブログ上ではありますが、ご交誼の程よろしくお願い致します。
 

2010年元旦

tiger.jpg

 







最終更新日  2010年01月01日 01時53分14秒
コメント(4) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.