300988 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Camera di Allora.

PR

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >

国際

2020年06月17日
XML
カテゴリ:国際
北朝鮮がいきなり、攻撃的になってきましたね。
妹が正面に出てきてどうなっていくんでしょう?

表立っては韓国に挑発行為を行っていますが、実のところ米政府に対してのアピールかな?
まぁ米の他に中・露も出てきて調停役になるか、北の真の狙いどころは、米・中・露を引きずり出して、経済援助と核保有国と認めさせることかと思うんですが。

ほとんど文政権を気にしてない、相手にしてないようにみえます。
にしても、兄の首領様はどうしてるの? 体調不良説もありましたが、ほんとにどこか悪いのかな。そこで妹がしゃしゃり出て・・・ 兄も了承してるとは思いますが。

韓国も慰安婦援助団体の不正疑惑もあるし、徴用工の日本資産現金化の問題もあるし、経済も良くないし、そこへ北の軍事的挑発。文政権危うし!

いずれにせよ、何らかの落としどころを探して、半島の戦場化だけは避けてほしいものです。






最終更新日  2020年06月17日 19時37分35秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年10月31日
カテゴリ:国際
韓国の最高裁が徴用工への補償を認める判決を出しましたね。

1965年の日韓条約で、最終的に補償問題は解決しているというのが、日本政府も韓国政府も認めているのにね。韓国は法治国家ですから、国際的条約も国際法に照らして遵守すべきはずですが、韓国司法界はその点どう考えているのでしょうか。分かりませんね。
法よりも人身・情が上位観念としてあるのでしょうか。となると法治国家というより、人治・情治国家と言わざるを得ないですね。

日韓関係どうなるんでしょう、今回の判決で悪くはなっても良くはならないでしょうね。韓国は永遠に「恨」の感情から抜け出ることは出来ないんでしょうか。
隣国同士、引っ越しもできないしね。






最終更新日  2018年10月31日 19時43分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月30日
カテゴリ:国際
昨日は北が弾道弾ミサイルを発射し、なんだか1日中ニュースでやってて、NHKは朝から特別番組。
確かに北の首領様のやる事には辟易しますし、米も自制してほしいし、とにもかくにも核戦争なんぞはくわばら々。

ただ、昨日の国内の対応、Jアラートが作動して住民に予告すのはいいけど、北海道上空を飛び去った後も、JRの運転見合わせや、過剰な反応が多かったように感じました。
日本に向かってるというのなら分かるけど、飛び去った後にそこまでやらなくてもいいのでは。

あと避難訓練、あれって実際にミサイルが日本に着弾した場合、役に立つのか疑問。
直撃された場所は、頑丈な建物内であろうがアウトだろうし。

どこか仲裁に入ってくれるような国はないんでしょうか、中・露あたりがその役をやってくれたらいいんでしょうけど。
もうひとつ分からないのは、なぜ北がこれほどまで米に対して敵愾心を持っているのか。
朝鮮戦争は休戦中ですから当事国は韓国。その韓国に肩入れしたのが米だから米憎しになっている?
首領様の思考回路がよう分からん、独裁と自国民に対する恐怖政治・対米挑発。それしか首領様の欲望保持と自己保身の道はないのか。いやだねぇ・・・

一方、米もダブルスタンダード。米の仲良しクラブに入っていれば核を持ってもいいよでしょ。
安倍内閣の支持率もこの騒ぎで上がってしまうかな。
金は昨日65円上がって久々の5000円台回復、今日も18円上がっている。ミサイル発射のリスクオフで金市場にお金が流れたってことか。
世界は摩訶不思議。






最終更新日  2017年08月30日 14時08分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年11月09日
カテゴリ:国際
米大統領、トランプさんになりましたね。

まぁアメリカの大統領ですから、外国人がとやかく言う事はないのですが、世界への影響力の最も大きい国ですからね。
ネット記事でアメリカ発の色々な記事を読みましたが、二人とも評判が悪かったです。ある米人学者は「心臓発作で死ぬかガンで死ぬかを選ぶようなもの」と書いていました。

トランプさんも大統領になれば、希望的観測ですが、共和党や議会のしばりもあって選挙戦での発言通りにはいかないのでは。すぐにレイムダック化する見方も出てるし、年齢的にも一期四年で二期目はないでしょう。
米国内外じっと我慢の四年になるんでしょうね。

いずれにせよ世界があっと驚くトランプさんの勝利でした。






最終更新日  2016年11月09日 19時35分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月24日
カテゴリ:国際
英国がEU離脱を選択しました。
これで世界経済も混乱するし、ニュースでも大騒ぎですね。

他のEU加盟国の中でも、離脱派が力を得るでしょうね。ヨーロッパの混乱、世界の大きな流れはどうなるんでしょう。

日本の世界地図は、特に北半球は太平洋が真ん中で日本と米がそれを囲んでいる。こんな地図を子供の時からずっと見てると、環太平洋が世界の色んな事の中心・重大事項に関与してるとつい思ってしまいます。

ヨーロッパの世界地図は大西洋が真ん中、ヨーロッパと北米が東と西に。アラブ世界もヨーロッパに近く、アラブが文化・学術等々の面でヨーロッパに勝っていた時代もあり、欧米・中東の人々は世界の中心は欧米とアラブに有りと考えているようです。

彼らから見たら日本なんて極東そのもの、東の世界の果て・東の極みですからね。
そのヨーロッパのチャンピオンの1国である英がEU離脱。EUの英ロスシンドロームはいつまで続くのか。

原油価格は、これを書いてる現在の時点で47ドル台、ここのところ49ドル台を行ったり来たりしてましたから、即影響を受けてはいないようです。金先物も4.99%アップ、金は安全資産としてこの先、買いが入るのかな?
日本にとって問題は円高・株安、2010年で1ドル85円台でしたから、80円台行くのかな? 株は2012年夏が8900円台までいってるし。どうなることやら・・・

後は参院選への影響が有りや無しや、7月10日の投票時までに世界経済が落ち着いているか。まぁ落ち着いてないでしょうね、そうなると自公が有利?
私めは経済問題を参院選の争点としては考えておらず、立憲主義の危機・反原発の視点から投票するので、現政権及びその意をくんだ党には投票しません。

話が色々飛びましたが、英国も離脱によって経済面では苦境を招くのではと案じています。






最終更新日  2016年06月24日 15時39分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月15日
カテゴリ:国際

主にシリアからの難民がヨーロッパに大挙押し寄せていますが、一体この先難民問題はどうなるのか、考えてしまいます。トルコやレバノンでも難民は受け入れているようで、レバノンには既に108万人がいるそうで、飽和状態なんでしょうね。

そしてヨーロッパ特に受け入れに寛容なドイツを目指す。それにしても何十万人単位の難民受け入れとなると、場所の確保、そして受入国の経済問題もあるだろうし、国民の反発も出てるようだし。頭の痛い事。

国連も政治面では機能してないのかな。ロシアもシリアの反政府側・ISに爆撃を始めて、米は米で反政府側を支援。米ロの代理戦争になっても困るしなぁ。アサド大統領はニュース画像にも出てこないしメディアの露出度が低いのは、身の安全保持の為? 自己保身を考えるより自国民の安全を考えなきゃいけないのに、こんなことを言っても独裁者には馬の耳に念仏か。

根本的解決は、アサド氏でも反政府側でもいいけど(ISはダメだな)、シリアの戦火がやみ、一般国民が安心・安全に暮らせる国・政府が出来る事。このままじゃ難民のお先真っ暗、ヨーロッパ各国も大変だ。

ふと思ったのは、70年前の日本敗戦時、満州から多くの人々が今の難民同様に引き上げてきた訳だけど、大きな違いは自国へ帰る旅、まだ希望があるよね。今のシリア難民は外国への逃避行、希望はあるのか、余り無いだろうな、不安の方が大きいよね。

我々に出来るのは、雀の涙ほどであっても、焼け石に水であっても、可能な額でいいからUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)やWFP(国連世界食糧機構)に寄付金を送る事だと思ってます。私めも少額ながら実践しています、皆さんもぜひ協力を。

 







最終更新日  2015年10月15日 18時22分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月01日
カテゴリ:国際
ついに、湯川氏に続き後藤氏まで殺害されてしまいました。

後藤氏は出発前に、自己責任で行くという言葉を残して行かれましたが、この一連のISの行為で殺された人質の皆さんに責任はありません。
日本政府の対応を批判する声が国内にあるようですが、日本政府にも責任は無いと考えます。
当事国になってしまったヨルダン政府にも責任は有りません。
一連の残虐非道の行為の責任は批難され裁かれるべきは、全てISに帰されます。

ISはイスラム原理主義と思っていましたが、行動をみていると真のイスラム原理からも外れた単なる過激集団・殺人集団と言うしかありません。
IS支配地から日本は8500キロほど離れていますが、距離があるからと言って安閑とは暮らしていけない世界になってしまいました。

日本政府に一つだけ要望。
人道支援はもちろん続けるべきですが、ISに対して拉致・拘束・殺人の口実を与えない為にも、各国ごとに支援するのではなく、国連の各機関UNICEF.UNHCR.WFP等を通して行った方がより有益なのではと考えます。

最後に、湯川氏・後藤氏はじめISの犠牲となった人質ほか全ての人のご冥福を祈ります。






最終更新日  2015年02月01日 14時12分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年11月27日
カテゴリ:国際
一時は200隻を超える、サンゴ密漁船が小笠原諸島の領海内外を跋扈していたのが、今日27日には1隻も見当たらないと、海上保安庁が発表したようで。

何なのでしょうね?
ネットの記事では中国当局が日本の海上保安庁の実力・力量を探るために漁船を大挙くりだしたなんて説ものってましたが、無きにしもあらず。 
中国政府なら南シナ海での人口島を造るくらいですから、漁船の大量出動も朝飯前なのでしょう。

とりあえずは、このまま中国漁船の大量出没が止まってくれれば、それに越したことはないわけで、日本政府としては対中問題・対中外交、冷静に進めてほしいものです。
中国にせよ韓国にせよお隣さんの近さ、近いだけにかえって付き合いにくいですね。

自虐史観にも歴史修正主義にも、どちらにもくみしませんが、中韓両国の反日教育というのは、怨みをあおるだけで不毛ですね。
敗戦国である日本が経済的に成功したのが、気にいらないというのが深層心理にあるのやもしれません。
いずれにせよ中国漁船、遠路はるばる小笠原にはもう来んといてね。






最終更新日  2014年11月27日 22時36分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年07月04日
カテゴリ:国際
中国・習主席が北より先に韓国を訪れ、中韓共同で日本叩きをしてくれていますが、一体いつまで、歴史認識の違いのカードを使うつもりですかね?

国際法上、厳密にいえば第2次大戦中、朝鮮半島は日本の施政下にあり日本の領土。その日本領である朝鮮は中国にとって敵になるのでは。
勿論、抗日勢力は朝鮮にいたわけだけど、話の筋から言えば敵国の「光復節」の記念館を中国国内に造るとか造ったとかは、何か変な話に思えてしかたがない。
同じように侵略した台湾はじめ東南アジア諸国は、中韓ほど反日意識はないようだし、どちらかというと親日。

で、中国も植民地時代に侵略された欧米各国には、何にも言わない。阿片戦争にしても、あれは「清」の時代だからいいって話なのか。日本にしても欧米の植民地にならない為に、大陸に打って出ざるを得ない状況だったんだけど。
そんな事言っても、中国は聞く耳もたないだろうな。

韓国もずっと中国の衛星国家のような状態でそんな歴史の中から「恨」の思想が生まれてしまったのか、チャイナ・コンプレクスがあるのかなぁ。
まぁ、中国は言わずともしれた「中華思想」。元来「万里の長城」内だけが版図であって、その外側は蛮族の住む土地としてたのが、それをまぁ力ずくでチベットを奪いダライラマ猊下を放逐し、シルクロードの遥か彼方のウイグルまでも侵略しちゃってるもんね。で今度は海洋進出、海底資源があると分かったとたん、尖閣であろうが南沙・西沙であろうが、やりたい放題。
こんなやりかたいつまでも持たないと思うんだけど、ソ連崩壊のように共産党一党独裁体制もいつまでもつかな、なんて中国共産党指導部に知れたら、即お縄になるような事を考えたりもしています^^)






最終更新日  2014年07月05日 00時00分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年05月12日
カテゴリ:国際
司馬遼太郎さんがドナルド キーンさんだったか、山折哲雄さんだったかとの、対談の中でethnocentrism・自民族中心主義ということを言われて、イヌイットもそんな意識を持っていると話されたのが印象に深く残っています。

昨今のウクライナの問題などをみてると、この自民族中心主義だなとつくづく思うのですが、民族としての矜持を保つのはよいとしても、過ぎたるは及ばざるが如しの状態。
仲良くは出来ずともせめて共存はしてほしいと思うのですが、混迷は続きそうですね。

まぁ、自民族中心と言えばその権化の中国・中華思想ですね。
チベットもウイグルも全く違う民族・文化なのに我がものとして、侵略しその版図に組み込んでしまっています。
そして海洋進出。ASEANが束になって何と言おうと聞く耳は持っていないようです。

中国の一般市民、また在日の中国人(韓国・朝鮮の人も含めて)の人々には特段の悪感情は持っていませんが、あの共産党一党独裁の中国政府には、仏教徒の観点から言えばむさぼりが過ぎる、慢心が過ぎると思わざるを得ません。
せめて国際法を遵守してほしいものです。
日本も集団的自衛権やら、憲法95条の改正やら、きな臭い方向へ向かっていますがね・・・

自民族中心主義。自分自身の民族としての誇りを持つのは良しとしても、それ以上の過ぎたる部分は世界が乗り越えないといけない大きな壁なのではないでしょうか。

今日はちょっと真面目な話でした。







最終更新日  2014年05月12日 19時17分07秒
コメント(0) | コメントを書く

全28件 (28件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.