301481 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Camera di Allora.

PR

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ウクレレその他楽器

2019年03月18日
XML
昨日のウクレレ弦張替え記事、ウクレレの画像を間違えていました。
ごめんなさい。
昨日の書き込みの画像、正しい物に差し替えましたので、今一度ご覧いただければ幸いです。


何せウクレレがたくさんあって、いえ今は7本だけですが、買ったり、売ったりして、それでも画像だけは残っていたりするもので・・・

昨日間違えて載せたのは最近買った、Lo Prinziのコンサートでした。




コンサートといってもボディーはソプラノより少し大きい程度で弦長はコンサートの380mmあります。
なかなか日本には入ってこない、米本土で造っている製作家で今は娘のドナさんの代になり、ウクレレ造りを続けています。
トップはシダーでサイド・バックはマホガニー、鳴りはいいです。ただネックが薄い! 厚めのネックの方が好きなので、コードを押さえる感覚がもう少し慣れないといけないなと思っています。
間違いついでの記事でした。






最終更新日  2019年03月18日 22時04分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年03月17日
ウクレレの弦、張りっぱなしにしていたのを2本のウクレレの張替え終了。
オレンジオイルと蜜ロウと荏油(えのゆ)のワックスがけ、それぞれ一晩ずつねかせてから張替え。
今回はTsubameともう1本はChihale



Chihaleは大阪の女性製作家・姫野千春さんの作。ボディー材は大島桜で、ギター材・ウクレレ材を扱っているところで調達し、姫野さん宛に送ってもらい造ってもらったオーダーメイド品。
ボディーはソプラノよりやや大きめ、弦長は370mm。今回オレンジオイルとワックスがけで木目がくっきりと浮き上がり、トップもバックも今までより良い感じになりました。






最終更新日  2019年03月18日 22時01分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月13日
久しぶりにウクレレをまた触りだして、長い事は張りっ放しのウクの弦を張り変えることにし、まずはその下準備から始めました。
今回はとりあえず2本張り替え予定ですが、まずは1本目。そんなに汚れてもいませんが、弦を外しボディーからネック・トップまで全箇所にオレンジオイルを塗ってクリーニング。一晩おいて、次に密ロウと荏油(えのゆ)のワックスでワックスがけ、また一晩寝かしてワックスを拭き取り、そして弦交換。1本ずつやるので4・5日はかかりそう。
弦は函館のOihata Ukulele というウクレレ製作家が扱っている弦をいつも使っていて、そこへ発注したので明後日には届くでしょう。
それまでは今日ワックス拭き取りまで済んだのは休憩中。今晩オレンジオイルがけを済ませたのは明日ワックスがけで明後日にワックス拭き取り。そして弦の張替え。楽器をやっている人は分かるでしょうが弾いたりだけでなく、このような手入れも楽しみの一つですね。




Tsubameのミディアム。ボディーはソプラノよりやや縦方向に大きく弦長は370mm、慣れているせいか370スケールは弾きやすいです。この個体は遠鳴りもするし、流石Tsubameと納得できる1本です。






最終更新日  2019年03月13日 23時25分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月28日
前回、社協がらみでウクレレ教室の事を書きましたが、そのため時々しか触らなかったウクレレに毎日触るようになり、2・30分は弾いて歌って遊ぶようになりまして。

一応、教える側なので月1の教室の時だけ弾くっていうのも、心許ないことなので毎日、教えるための練習っていう感じですね。
で、それだけで済ませれば十分なのに、久しぶりにウクレレ販売のサイトを見るようになり、また病気ですかね1本ポチッとやってしまって。でも今回は数は増やしたくないので使用頻度の低い1本を下取りに出して、10年持っていて買った時の半額になりましたから、それを頭金にして購入。




Lo Prinzi のコンサート。ボディーはソプラノとコンサートの間ぐらいの大きさ、コンサートとしてはやや小さめで、弦長は380mmとコンサートの弦長です。
Lo prinzi はなかなか日本に入ってこないブランドで、7年ほど前にヤマハの名古屋店で1回見たことがあり、あとはネットでもそれ以来8本ほどしか見てないので、希少な1本ではあります。トップはシダー、サイド・バック・ネックはマホガニー、チューナーはUPT。UPTは初めて使いますがいいですね、チューニングの楽なこと。ギアペグやUPTで慣れてしまうと、フリクションペグは敬遠したくなるかも。

という事で6年ぶりぐらいに、買ってしまいました。
マホガニー・マンゴー・スプルーストップのメープル・大島桜・ローズウッドは持ってますが、ウクレレ材の大定番コアがないんです。コアは3本ばかり持ってましたが、コア=ハワイアンのイメージでハワイの曲はほとんど歌わないので3本とも売ってしまいました。1本ぐらい残しておいた方がよかったかなと思っている次第。
夏がきたらコア材のを買ってしまうかも。






最終更新日  2019年02月28日 22時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月23日
2月末から3月にかけてウクレレを2本買ってしまったので、今年はもう買わないとこのブログにも書いたのですが・・・
その舌の根も乾かぬうちに、また買っちゃいました。ウクレレ爆買い3連発!!!

本当に自分でもあきれてる(少しだけ^^)のですが、「桐」そうあの桐のタンスや桐の下駄のあの桐がウクレレに造られていまして。
これはどう考えてもレア・アイテムには違いなく、買うしかないな、いつ買うの、今でしょ!
ukulele 042.jpg
あのFamousを造ってる三つ葉楽器さんの自社ブランドZephyrの桐ウク。とても軽いです、音の方も軽やかそして明るい。手持ちのウクはLowGが多いのですが、これはこのままHighGで使った方が良さそうです。

9本と一桁台に減らしたのですがプラ3で12本になっちゃいました。今回の3本で22万ほどですから、価格的には比較的安い方でなんとかそれ位の額は回すことが出来ます。
あと1本欲しいのがあって2年前くらいから目をつけていて、これはすぐ売れるだろうと思ってそのウクが載ってるサイトをずっとチェックしてるのですが、これが動かない。7月以降もまだあるようなら、買いかなとは思っているんですが。

人と人には縁があり出会う人とは全て縁あってのことですが、人と物にも縁があって縁のある物は自分のところに来る自分の物になる。そんな風に考えているので、ウクレレにせよ他の物にせよ僕が今持っている物とは全て縁があった。全ては必然。

たかだかウクレレの話を難しく持っていってしまいましたが、ウクレレを買う自分に対する自己弁護かな。
今日はここまで。また買ってしまったらまた書きます。






最終更新日  2013年03月23日 23時48分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月05日
2月末から昨日4日にかけてウクレレを2本購入。

「1週間で2本も買うか」と我が内なる声もあるのですが、買っちゃたんですねぇこれが。
S村楽器で買ったアプローズはソプラノでピックアップ付き(アンプを通すやつ)で、手持ちのウクにピックアップを付けるのに2万円弱はかかるので、軽いノリで買いまして・・・

で、昨日届いたのが All Mango製。これは‘買い’だろうと衝動買い、いや発作買いかな。uke mat
uke mab

美しい!! ネックもマンゴーですからね。アフリカン・マホガニーの色合いを薄くして、少し黄色・オレンジ系の色合いもある木目。弦はアクイーラでHighG。鳴りは明るく私めのレパートリーの中では「バラが咲いた」「涙そうそう」等々を歌う時に、LowGとはまた違う雰囲気の歌になるなと思っています。
実際にそうでしたが・・・

という事で、ウクレレ購入強化週間も無事終わりました。
今年はもう買わない!! 多分^^)






最終更新日  2013年03月05日 20時14分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月03日
先日発注したウクレレが入荷したので、取りに行ってきました。
ネットで買えば,3000円ばかり安いのは分っていましたが、近所のS村楽器のリペア担当者とは顔なじみなので、たまには彼から買ってあげないとね。

さて、Applauseのウク、アメリカのギターメーカーOvationのサブブランド。安いのは海外で造ってるって訳でこれもご他聞にもれず中国製。韓国製だと思ってたんですけど、いずれにせよ2・3万以下のウクは中国製がほとんど、国産がいいんですけどねぇ。

uke Ap
uke Ap2
見た目が面白いので音楽ボランティアでジイチャン・バアチャンに見せたら、受けるかな?とそれが主な購入理由。生音は一応なるけど、アンプを通さないと少し広い所では使えません、勿論ピックアップ付きですし、じゃないと見た目だけでは買えません。

昨日の晩、衝動・発作買いしたオールマンゴーは明日か明後日には届く予定。
ああ、またこれでウクが10本以上、マンゴーがきたら11本め。あと1本で1ダース、切りのいい所でもう1本買ってしまいそうな、自分がこわぁ~い!!
コレクションアイテムとしてはあと3本と、実用器としては1本思案中。
マンゴーの支払が終わってからの事で、コレクションとして考えてる分は誰かが先に買ってくれたら、それであきらめもつくんだけど、如何相成りますやら^^)






最終更新日  2013年03月03日 22時39分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月02日
先日頼んでおいたアプローズのソプラノ入荷したとのことで、明日引き取りに。

実はもう1本ネットで発注してしまい・・・

Headwayのコンサートそれが何とオールマンゴー。ボディー、トップ・サイド・バックは勿論、ネックまでワンピースのマンゴーのレア物。 普通マンゴーといってもネックはマホガニーがほとんどなんですが、これは珍しい。しかもフィンガーボード(400RのRadius指板が少し山状に丸い)もブリッジもマンゴー、 まさにマンゴーづくめ。

普通マンゴー材は木目のきれいな物がなくて、もう一つ手がでなかったのですが、これはきれいな方。ここまでのマンゴー材の物、ネックまでマンゴーというのはもう出ないんじゃないでしょうか。

ということで、完全な衝動買いかな。
いつも見ているウクレレ検索サイトに今日アップされたところで、早いもの勝ちじゃぁ~とばかりに、発注しちゃったんだな。
他にもぐずぐず考えていたのもあったけど、レア度といい実用としても使いやすそうだし。
マンゴーというと果物のイメージがまずあるでしょうが、僕の場合はウクレレ材として考える方が多いです。いずれにせよ、ウクレレ病も重症のようです。






最終更新日  2013年03月02日 23時21分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年02月23日
全くもって困った性向で、またウクレレ欲しい病が再発。

08年暮れにウクレレを買って以来09年には4本、010年4本、011年には1本だけで、012年は買うとしても1本だけのつもりが5月までに3本買ってしまい計13本。内4本は新しいのを買うためのトレードの感じで売却してるので現在は9本だけ、だけって事もないんでしょうが。

012年の5月以降は諸般の事情もあってウクレレを買う気がなくなって、夏から預金等を株に買い替えて今更ながらの感はありますが、マネーゲーム!!
私めがやる事ですから額もたかがしれてますが、リスクは勿論あるにせよ預金の利子よりは配当のパーセントは高いですから、まぁ守銭奴になってみたわけです。ほとんどは昨年末までに買ってお金も、もうそんなにないので株に関してはじっくり様子見。

閑話休題。株を買うのが一段落したら又ウクレレに目が行くようになって、だいぶ見る事もなかったネットでのウクレレ検索が始まり、良さそうなのがあるといいなぁと思ってこれが又欲しくなるんですねぇ、「子どもかお前は」と自分に言葉を投げつけてみるのですが。

基本的に弦楽器が好きで、車いすでなかったら昔からのギター路線でギターを買っているのでしょうが、以前はギターも買い替えたりしつつ5本くらいはありました。とするとウクレレにしてからの10本程もこんなものかなと思っています。
計算すると株に投じたよりもウクレレの方にお金は使ってますから(エライコッチャ)。

明日、楽器屋さんに行ってボランティア用の安いのを1本とりあえず見てきます。デイサービスへ行った時はなるべく利用者のジイチャン・バアチャンに触ってもらうようにしてるので、誰が触ってもいい用のウクレレ探しです。

韓国製 見てくれも変わっていてボランティア用には丁度いいでしょう。

あと1本(えっ!2本?)は、ネットで見つけたカッコイイのがあるんです。値段もそんなに高くないし、これに関しては大いに悩んでいる最中。売れ筋からはチョイ外れているのでしばらくは動かないと思っているんだけど・・・

いずれにせよ「ウクレレ病」かなり重症です。






最終更新日  2013年02月23日 21時23分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年05月26日
東京のFinewoodさんで材を調達し、大阪のChihaleさんに製作依頼していた、大島桜のウクレレが到着!!
uke sakura

東京のハンドクラフトフェスに出展後、送ってもらうことになっていたので今日になった次第。

見た目は奇をてらった所もなく、ごく普通。おとなしい楚々としたお嬢さんという感じ。
鳴りもOihataさんのフロロカーボンLow Gをこちらで用意して張ってもらいましたが、柔らかなトーンで耳に心地よいです。
スペックはソプラノ・ロングネックでトップ・サイド・バックが大島桜。ヘッド、ローズのつき板。指板・ブリッジ、ローズ。
サドル、牛骨。ナット、メープル(ナットにメープルは珍しいのでは)。指板のポジションマークは白蝶貝で桜の花ビラの形。フィニッシュはサテン仕上げ。フレットは0フレット有りで14ジョイント 18トータル。
サイズの方は全長560mm ボディ長240mm 肩幅130mm 尻幅170mm 弦長370mm

コンサートだと弦長は普通380mmですが、ソプラノボディーでの370mmというのがなぜか好きで、今回はそのようにしました。

これで我がウクレレも丁度10本。諸般の事情からもうこれ以上は趣味にお金を遣えないので、この大島桜がラストのウクレレになりそうです。
またウクレレ買いましたなんて事をアップしたら、宝くじでも当たったんだろうと思って下さい^^)






最終更新日  2012年05月26日 21時45分09秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.