210999 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人力車

20.君に届くまで  

20.君に届くまで  

いくつもの偶然で 僕と君は出会い
緑の屋根の下で  君は泣き出しそう
不安や悲しみも わけあえるのなら 
過ぎた日を思い出して 悩まないで
信じるって何か 気づかないまま
とどけ僕の声 一人でいいから 
歌い続けたい 君に届くまで

 
いくつもの思い出も かさねあわせるから
丘の上を目指して 胸をはり歩いていく
未来もその先も 語り合えるなら 
明日をなやんでいるのは どうしてなの
頼れるって何か気づかないまま
とどけ 僕の声 一人でいいから   
歌い続けたら 君に届くかな

ただいまの声を待っていて  
おかえりと微笑んで
ぬいだくつをそろえてしまって
届いた君の歌 一人だけじゃない  
歌い続けたよ 君に届くまで
歌い続けたい 君に届くまで 



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.