210601 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

人力車

37.おんぶ

37.おんぶ

君の小さな体が少しずつ
大きくなっていくのを感じている
話す言葉も 書けるひらがなも 
ほんの少しずつ増えていく
口の周りにチョコをいっぱいつけて
たれた鼻水は右手でぬぐい拭き
ほっぺたに横っ飛びした鼻水が
乾くまではしゃぎまわっている
いたずら 後かたづけ 兄弟げんか
怒られて叱られて泣き疲れて
眠った君を背中にしょって
おんぶしてる時に思う
どうか幸せになってほしい
心も体も決して傷つけず
当たり前にごくごく普通に
せめて私達夫婦よりも
少しだけでいいから
幸せになって欲しい

お出かけの時は忘れずに
お気に入りの人形抱っこしていく
紙でできた財布には
おもちゃのお金をたっぷり入れて
まるでお母さんのミニチュアみたいに
お父さんをぶつぶつ叱っている
ママゴト遊びだけは
人前でやらないで欲しいと本気で思う
ブランコ 砂遊び 自転車こぎ
これやってあれやって せがみ疲れて
眠った君を背中にしょって
おんぶしてる時に思う
どうか幸せになってほしい
人も自分も決して傷つけず
花のように 空のように
せめて私達夫婦よりも
少しだけでいいから輝いて欲しい
私達が永久に眠るその日まで
君の笑顔よ そこにいて
君がここから出て行くその日まで
私達は願い続ける


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.