1190154 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

福岡・博多 人力車出張サービスで思い出イベント       あなたの夢を運びます!博多人力屋

人力屋奮戦記 創業期1



【独立記念日・平成8年3月1日】
無事福岡へ到着した2月末日、引越荷物を整理し名実共に会社から独立の自由人となった。3月1日、天神の街へと一人繰り出した。空は晴天、春先のおだやかな気候、目に飛び込んで来る何もかもが新鮮で心地よく感じられた。かつて同じ土地・福岡に住んでいた時には考えられなかったことだ。とりわけ自由人になったという解放感は何にも増して精神的高揚をもたらしてくれた。考えてみれば小中高校・大学・社会人と常に誰かの管理下に置かれその指示の下で生きてきた身にとって、この解放感は至極当然のことであったといえる。ただこの時はまだこれから始まる怒涛のような生活のことなど知る由もなかった。

【友達作り】
3月一ヶ月は仕事らしいことは一切せず、ただひたすら地元の情報収集とこれから始める仕事のプランのことなどを考える毎日であった。ただ色々な媒体から得られる情報は所詮「百聞は一見に如かず」であり、またこれから何をやるにしても一人の力では限界があると思った私はまずは友達作りから始めることにした。福岡に全く友人知人がいなかったわけではないが、8年間も福岡を離れていた私は以前の会社とは全くしがらみのない世界でゼロから友達を作っていこうと考えた。
福岡天神の百貨店・岩田屋前に行くと待ち合わせをしている人達がたくさんいるが、今の自分には待ち合わせをできるような人は誰もいない。でもいずれたくさんの友達ができて同じように待ち合わせできる日が来ればいいなあと心ひそかに思った。

自宅のポストに無料で入る「リビング新聞」に「ビジネスマン知的交友・夜の騒々塾 参加者募集」なる記事が掲載されていた。いわゆる異業種交流会で「講師のセミナー+参加者同士飲食しながらの交流会」の形式が気に入りとりあえず参加してみることにした。この時点で自分は無職で当然名刺なるものもなかった。これではいかにも怪しい人間に思われるので、博多駅で見つけた遊び感覚の簡易名刺作成機で50枚ほど名刺を作った。「イベントサークルJPN 代表」こんな肩書で、今は失業中だけどこれから起業に向けて準備中だということにした。
※「JPN」というのはかつての岡山支店時代、「社会人同士の合コン仲介ビジネス」みたいなことをやった時のネーミング。"Joint Party Network"がそもそもの意味であったが、思いを共有できるビジネスパートナーとネットワークを組んで自分達の仕事に結び付けていこう、という発想そのものに転じた。つまり"Joint Partner Network"だ。

3月4月の「夜の騒々塾」で出会った人の中で何となく自分のことを理解してくれそうな人が二人いた。Nさんという女性とK氏という男性だが、K氏のことは後述する。
Nさんが参加している別の異業種交流会で「一つ有る会」なるものがあってマスコミ関係者や会社経営者・フリーで仕事をしているような人が多いので一度参加してみてはどうか、という話になった。何かつかみどころがないが毎月20日に開催されるということで、5月20日に初めて参加してみることにした。
to be continued・・・





Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.