1022501 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

福岡・博多 人力車出張サービスで思い出イベント       あなたの夢を運びます!博多人力屋

PR

Freepage List

Favorite Blog

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

松と鶴の双幅の掛け… New! 小さな宿のおかみさん

塩辛はつまみですが New! 釈円融さん

行雲流水、人生は旅… 新鮮美感@川島さん

山本周五郎展が9月… 博多の行政書士さん

堀田仁助という人 bigmouse7386さん

熊本セミナー「小さ… ベンチャー大学の栢野/かやの7380さん

My Present Diary~… NZmasumiさん
"ピカピカ車検"マイ… 修理屋マイスターさん

Comments

神谷商店@ Re[1]:呉服町界隈 飲食店閉店から学ぶ。(10/13) まるやまさん 当ブログへのコメントあり…
まるやま@ Re:呉服町界隈 飲食店閉店から学ぶ。(10/13) 丸功ちゃんぽん店主です。 呉服の店にご来…
神谷商店@ Re:早速のご返事、ありがとうございます!(11/14) くにさきさん  やはり、あの時の軽運送…
くにさん!@ 早速のご返事、ありがとうございます! 神谷さん やっぱりそうでしたか!!! メ…
神谷商店@ Re:チョッとお伺い致します(11/14) くにさきさん    おはようございます。 …

全5283件 (5283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2017.07.19
XML
カテゴリ:人力車の仕事
 前日の「ぐるたび」さん取材に引き続き、本日は遊び体験予約サイトアソビューさん経由のご予約で、新潟よりお見えのご夫婦を観光人力車でご案内。観光ガイドに終始大きく頷き、納得されるご主人の姿勢に当方の説明もつい延長気味に。終了後にお昼時となって食事処を質問され、ちょうど営業されていた近隣の天政さんをご紹介。お気に召したのであれば幸いです♪

rblog-20170720122305-00.jpg

 福岡~新潟は距離も遠く、中々往来することは少ない。私自身は過去の会社員時代に新潟県を二回訪問。一回目は佐渡のフルトライアスロンに参加するため、マイカーで岡山から移動。二回目は長野県松本市在住の頃、直江津(当時)経由で東北方面に向けマイカーを走らせたが、海岸沿いに延々と続く新潟県の広大さに度肝を抜かれ、新潟市で断念(-_-;)。関西の大学時代や就職後の転勤で全国各地を旅行することのできた環境のお陰で、様々な地方からお見えの方と会話が弾むことに改めて感謝!!

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま39位に。






Last updated  2017.07.20 12:23:07
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.18
カテゴリ:起業・自己啓発
 三連休明けの午前中は、大量にたまったメールをチェックし、秋口にお問い合わせをいただいているイベントの見積書作成し、大変お世話になっている方からの広告協賛依頼への返信を。タイトなスケジュールをこなした後、観光拠点現場へ。

 この日は提携している外部サイトぐるたびさんから取材依頼があり、80分フルコースの道のりを実際にご案内しながら写真撮影。ライターの方自ら観光人力車を体験しながらの取材で、実際に感じる目線の高さ・風の心地よさ・アナログな乗り心地をうまく伝えて下さればありがたい。思えば創業してから10年近く、博多の観光人力車プランは営業・休業の繰り返しで、うまく機能していなかった。2005年に博多の拠点を復活させて以来、日々試行錯誤の積み重ねで今がある。まさに待てば海路の日和あり(今は状況が悪くとも、あせらずに待っていれば幸運はそのうちにやってくるということ)を実感!!

rblog-20170719100039-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま35位に。






Last updated  2017.07.19 10:00:40
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.17
カテゴリ:時事ネタ
 三連休最終日の海の日。っていうか、今年は博多と小倉の祭りが15日(土)に重なり、プライベートでも東奔西走したため、あっという間の三連休。やはり山笠観覧時の睡眠不足が影響して、ずっと睡魔に襲われながらの現場仕事。最終日は当日早朝に電話が入り、筥崎宮で古希祝のお祓い後の食事会(筥崎宮迎賓館様)へ急遽人力車送迎の依頼が。お孫さん含めた集まりへのご用命、本当にありがとうございます!

rblog-20170718104133-00.jpg

 祭りが終わった後の町中はしーんと静まり返り、聞こえてくるのは蝉しぐれ。すでに連日30度超えの夏日だが、本格的な夏の到来だ。アウトドア派の私は夏大好きなのだが、あいにく婚礼人力車はオフシーズン。今年は観光人力車への引き合いが意外に多いため、ナイトクルージング含めたプランをネットで積極的にPRしていこう!

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま32位に。






Last updated  2017.07.18 10:41:34
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.16
カテゴリ:博多ネタ
 小倉の実家で祭りの後の朝を迎え、お昼前には新幹線で博多へとんぼ返り。午後より観光ご予約があり、炎天下、大阪よりお見えのご夫婦を60分コースにご案内。さすがにこの灼熱だと流れる汗が半端でなく、頭に巻いた手拭いがぞうきんのように絞れる。夕方には翌日のブライダルフェアに向け、近隣ホテルへの搬入作業も。

rblog-20170717092530-01.jpg
※小倉駅前の近代的ビル!

 業務終了後、地下鉄で福岡空港へ。自宅最寄りの祇園駅から空港までの所要時間はわずか8分!地の利に感謝しながらターミナル2Fに今年1月オープンしたザ・フードタイムズへ。山笠営業の際応援に駆けつけてくれた大阪のK氏を見送るついでに、こちらのフードコートで初の食事を。さすがに三連休中とあって大勢の人でごった返していた。こんなニュースポットのことも自ら体験しないことには人様にうまく説明できませんし。連休も残すところあと一日。猛暑にめげず少しでも多くの売上を創り出そう!

rblog-20170717092530-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま37位に。






Last updated  2017.07.17 13:21:35
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.15
カテゴリ:小倉ネタ
 難関の追い山笠見物に前後2時間ずつの仮眠で対応後、午前10時にはホテル会場へ現地入り。ご披露宴会場での人力車入場演出へのご用命で、結局13時頃までの拘束。その後観光拠点へ戻ったものの、さすがに疲労と睡眠不足ですごい睡魔が。夕方早めに現場を切り上げ、この日は新幹線で小倉へ移動し、小倉祇園太鼓に参加するため田町4丁目しらいんがたへ(笑)。

rblog-20170716110145-01.jpg

 毎年恒例のこの集まりは、半分は同窓会を兼ねたもの。一年に一回全身全霊で太鼓を叩いて大声で発声するのは、思いっきりストレス解消につながることも改めて実感。やはり一方的に観覧していただく山笠より、皆でコミュニケーション可能な小倉の祇園太鼓の方が自分の性には合ってるみたい♪

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま40位に。






Last updated  2017.07.16 16:21:25
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.14
カテゴリ:博多ネタ
 いよいよ博多祇園山笠クライマックスとなる追い山の前日。どんたく以来の登場となる大阪・堺のK氏と合流し、最後となる飾り山笠下見。午後よりご予約含めた観光人力車でのご案内を結局23時頃まで。中洲大通りが歩行者天国になってるのには驚かされた。いずれにしろ、追い山直前最後の観光営業を無事終えてから二時間ばかりの仮眠後、追い山見物へ。過去の教訓から自前の脚立持参は大正解!!

rblog-20170715092909-01.jpg

☆七番山笠「東流」
・表標題:○△□宏仁照花(マルサンカクシカク、コウジンハ、ハナヲテラス)
・人形師:白水英章氏
・内容説明:
 仙がい義梵(寛延三年~天保八年)は美濃国(岐阜県)の貧農に生まれ、十一歳で仏門に入り、行脚修行の後、寛政元年、三十九才に扶桑最初禅窟、安圀山聖福寺、第百二十三世の住職を努められました。
生涯を通じ権勢にこびず、多くの人たちから敬慕され、教化の為、招いた書画は独自の気品とユーモアに富み、広く世に知られています。

rblog-20170715092909-02.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま46位に。






Last updated  2017.07.15 09:29:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.13
カテゴリ:博多ネタ
 午後より事前ご予約で観光案内の依頼あり。集団山見せのこの日は、明治通りの呉服町~天神間が交通規制で通行止めとなり、逆にこの時間帯の博多部では山笠が動くことがないため、15時からの時間を観光案内に充当。今年発行のパンフには「山笠舁出時刻表」のページがあり、自分たち裏方ご案内役にとって邪魔にならない動きをするために非常に重宝!山笠巡り営業ができるのも残すところ14日(金)一日のみ。最長24時までのナイト営業含めて、博多の魅力をお伝え致します♪観光人力車への至急のご用命は神谷(カミタニ)まで。神谷携帯:09088369724

rblog-20170714081509-00.jpg

☆六番山笠「大黒流」
・表標題:神威佛光契 (ジンイブッコウノチギリ)
・人形師:西山陽一氏
・内容説明:
 神の御威光と佛の光 すなわち御慈悲とが固く結ばれ、万人に発展を促し、平和や安定をもたらす。

rblog-20170714081509-01.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま56位に。






Last updated  2017.07.14 08:15:12
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.12
カテゴリ:博多ネタ
 12日(水)は、15日(圡)早朝の追い山に向けたリハーサルの日。博多部と呼ばれる博多祇園山笠に関わる地域では、山笠が動く10日~15日までの間、すべてが山笠中心で交通規制がかかる。神谷の行動範囲は、観光拠点の西流、事務所の東流、駐車場の恵比須流とど真ん中に位置しており、この期間は山笠の動く時間帯を把握し細心の注意を払わないと大変なことになる。この界隈で物流業務にあたる方々は特に業務に支障あり、さぞかし大変かと。近隣の郵便局ポストには、山笠シフトによる集配時刻変更が掲示されていた。ちなみに13日(木)は集団山見せにより、呉服町~天神間の明治通りが通行止めとなり大渋滞必至のため、ご注意を。

rblog-20170713184839-00.jpg

☆五番山笠「土居流」
・表標題:決戦大江山(ケッセンオオエヤマ)
・人形師:中村弘峰氏
・内容説明:
 一条天皇の時代、京の若君や姫君が次々と神隠しに遭うことがあった。
安倍晴明の占うところによると大江山に棲む鬼の首領、酒呑童子の仕業だという。
帝は源頼光に酒呑童子討伐を命じた。
頼光は強力な家臣である頼光四天王(渡辺剛、坂田金時、碓井貞光、卜部季武)と藤原保昌らを従え大江山へ向かう。酒呑童子は山伏に扮した頼光たちを酒宴に招き入れた。頼光は神より給いし『神便鬼毒酒』を酒呑童子に勧め、たらふく飲んで全身に毒が回り動けなくなったところを一気に襲い掛かり、死闘の末ようやく成敗した。
この物語をテーマにすることで皆で力を合わせ大きなものに立ち向かい、何かを成し遂げるという、『一致団結』のメッセージを老若男女問わず多くの人々に発信したいと願う。

rblog-20170713184839-01.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま50位に。






Last updated  2017.07.13 18:48:41
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.11
カテゴリ:マーケティング
 先月くらいから手元の不要品処分と入れ替えの商品購入に、フリマ・アプリのメルカリとメルカリ アッテを積極的に活用。かつてはオークション(特にヤフオク!)で賄っていた市場だが、スマホ一つで簡単にできる手軽さもあり、完全にハマってしまった(笑)。ただメルカリの仕掛ける手法は、ヤフオクの不満・デメリットを明らかに意識した解消策を次々に打ち出しており、短期間で出品数1日50万品以上、月間流通額100億円超えとなったのも頷ける。ヤフオクと差別化した最も大きな点は以下3点。
・提示された金額(価格交渉できる可能性も)での即決で、タイムリーな決済が可能。
・送料込での取引が中心のため、支払い金額が明確。
・取引されたお金が一旦メルカリ側にプールされるので、このお金を利用したリピート購入の需要を自らが創出。
まっ、一般的なネット通販含め「すきま時間」を利用して、スマホ一台で断捨離と買い物の楽しさを享受できる点が一番の魅力かと♪1,000万円の時計をスマホで購入するのも現実に。

rblog-20170712095455-00.jpg

※参考サイト「急成長『メルカリ』人気の理由と“落とし穴”」

☆四番山笠「恵比須流」
・表標題:三級浪高魚化龍(サンキュウナミタカクシテウオリュウトカス)
・人形師:亀田均氏
・内容説明:
 中国太古の神話上の聖天子、舜(シュン)の時代、黄河は度々氾濫し、民衆は苦しんで居ました。舜は鯀(コン)に黄河の治水を命じましたが、失敗したので殺されてしまいます。その子、禹(ウ)が亡き父の遺志を継ぎ大事業に取り組むこと十三年、ついに成功します。禹は龍門山を三段に切り落とし、水を分散させます。
その三段の瀑布が『龍門の三級』です。
水の勢いは百雷の如しと言われ、この三段の瀑布を登りきった魚はめったにいません。
まさに『当竜門』です。恵比須さんのお力で魚たちは龍となって登ることでしょう。

rblog-20170712095455-01.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま47位に。






Last updated  2017.07.12 09:54:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.07.10
カテゴリ:博多ネタ
 週明け月曜日も前日ご予約をいただいたお客様の観光人力車案内でスタート。山笠期間限定の飾り山笠巡りで、中洲流に始まり川端中央街、東流へと移動。道中は極力オフィス街を避けて裏道に入り、管原道真公ゆかりの綱敷天満宮へもご案内。博多の町中に点在する歴史遺産の存在は、20年ほど前に遡る勉強あればこそ。今年の舁き山に登場する東流の仙涯和尚さんは私自身も一ファンであり、その説明には一段と力がこもる。普段はほとんどの方が気付いていないが、町中の電柱にも博多の歴史を学べる看板が至るところに!

rblog-20170711095817-00.jpg

☆三番山笠「千代流」
・表標題:天晴継承譽之鬼退治(アッパレケイショウホマレノオニタイジ)
・人形師:川崎修一氏
・内容説明:
 古来より邪気を払う意味で鬼退治の伝説は数多く存在します。そうした武勇を受け継ぐこと、すなわち継承を大人の鐘馗から子供の金太郎へ、として表現します。

rblog-20170711103232-00.jpg

Written by 人力車の博多人力屋

以下のリンクをクリックして下さると、一票投票されて人気blogランキングに反映されるシステムになっています(一日一票)。毎日更新の励みになります。→
人気blogランキング<起業・独立部門>
 ご支援クリックいつもありがとうございます!ただいま55位に。






Last updated  2017.07.11 10:32:33
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5283件 (5283件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


神谷商店さん

人力車ベンチャー人力屋オーナー神谷嘉三です♪

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
エンタメ  映画  家電  インテリア  獅子舞 

Recent Posts

Archives

Category

fortune


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.