000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

じんわりの脱力日記

PR

X
2006.11.30
XML
カテゴリ:じんわり村。
いやー、毎回楽しくやらせていただいている
じんわり村「食のセミナー」ですが、今回もまた
大盛り上がりでした。

参加者も常連が増えてきて、お互い顔見知りに
なっていたりして、席につくやいなや和気藹々と
会話する声が聞こえてきます。

今回は安心院(あじむ)イモリ谷から、納豆店を
営む榑松倫(くれまつ・りん)さんがゲスト講師です。

試食用の納豆と、お土産にと豆腐としいたけを
山のように持ってきてくださいました。

おかげさまで今回も定員15名満席です。

恒例となった参加者の自己紹介では、
「今回3回目の参加です」とか、
「毎回ここに来る時はワクワクします」
という言葉が聞かれてとても嬉しかったです。

そして、私は「菌と仲良くしよう」というテーマで
お話しさせていただいた後、榑松さんから、
「なぜ東京都世田谷区出身の僕がイモリ谷で
納豆屋をやっているのか?」から始まって、

「大豆の栽培方法」「納豆の作り方」などなど、
楽しいお話がありました。

わいわいがやがや試食の後、
「もうちょっとしゃべらせて」と私がひとしきり
話をしたら、榑松さんが、
「村長の話には納得できない点もあります」と、
農薬と土づくりの話で白熱トーク。

参加者の皆さん、身を乗り出さんばかりにして
聞いています。

それにしても・・・なんでかなあ・・・?
終わってからも楽しくて楽しくてたまらんのです。


参加者の皆さんと出口でひとりひとり挨拶して
「また来てくださいねー」とお送りした後、

セミナー企画・運営担当のLMS研究所京子ちゃん、
ゲスト講師『大きな豆の木』の榑松さんと3人で
後片付けしながら、「楽しかったっすねー」とまた
話に花が咲きます。

「今度、『こっちの料理ショー』ってのやりましょうよ。
 場所は山田別荘がいいな」

「なんですか?その『こっちの料理ショー』てのは?」

「えーとですね、山間の安心院イモリ谷チームと、
海沿いのチームがそれぞれ自慢の鍋を持ち込んで、
皆に食べてもらって競い合うんです。
ウチはドジョウ鍋で勝負しますよ」

「ほー、そりゃいいですな、やろうやろう」


・・・山田別荘のご亭主も女将もいないのに、
またぞろ勝手に話を進めている私たち・・・。

ちなみに山田別荘は、別府にある昭和初期の趣を
 残した瀟洒な和風洋館の料亭旅館です。


今回も楽しんでもらえたようで、よかったヨカッタ。

それにしても、セミナー参加者アンケートを見ると、
一番多かった回答が、
「榑松さんと村長の白熱トークが一番面白かった」
ですって。なんでやねん。seminer6-1seminer6-2nattou






Last updated  2006.11.30 22:17:22
[じんわり村。] カテゴリの最新記事


Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


じんわり

Favorite Blog

心の故郷特別号 New! よびりん♪   さん

久々にこけた mother-takagiさん

投票は小過にとらわ… かじけいこさん

口福な食卓 しゃんちぃさん
世界を結ぶ言葉のバ… さんく4649さん

Comments

love0420@ 大物だわ~☆ 娘さん、大物だわ! 「もしお母さん…
じんわり@ Re:お久しぶりです!(11/24) love0420さん >楽しそうですね~ > …
love0420@ お久しぶりです! 楽しそうですね~ 私も人と接すること…
じんわり@ Re:有機食材交流会・・・(10/29) love0420さん >いい響きですね~ >私…
love0420@ 有機食材交流会・・・ いい響きですね~ 私も参加してみたいで…

© Rakuten Group, Inc.