1359411 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴 陶 句 読

全6708件 (6708件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2022.05.26
XML
カテゴリ:俳句
​​
​さんざめく鳥の群れなし明易し​





​夕焼けや二週間振り五月かな​





​​






最終更新日  2022.05.26 15:13:37
コメント(2) | コメントを書く


2022.05.25
カテゴリ:「本」の紹介
​『気楽に、気うつ消し』​

漢方家・櫻井 大典 イラスト・林 ユミ 文・村上治子(イラスト内の?)

〜発行は・ワニブックス、副題「こころの不調に効く!」とあり、絵本のような楽しい173頁!
「『気』とは、からだとこころのエネルギーです。」・気うつを遠ざけよう〜31篇 ・どうして

気うつになるの〜15篇 ・より深く知識を知ろう〜9篇〜気滞・気虚/気・血・水〜五行論と
五臓〜肝・心・脾・肺・肺・腎〜季節の養生等々 を 明るい気持ちになるイラストで!!

「病気を未然に防ぐ"養生"の心がけ」「すべてを休んでリセットする」「睡眠は時間帯にもこだわ
って」「万能食材『補五臓』を摂ろう」中医学の『気滞』『気虚』〜「悪い思い込みがストレス

となり、体の中を循環している気が止まってしまうと、ますます不安感は増し、情緒不安定に
なってしまいます。」〜「ストレスを減らす=刺激を減らす」〜「とはいえ、ひとつだけ覚えて

覚えておいていただきたいのは、気を巡らせるためには、からだを動かすことが不可欠だと
いうこと。」・・ランダムの引用に付き一読を、「うつ」でない人にも役立つ「健康法」デス!!






最終更新日  2022.05.25 15:12:38
コメント(6) | コメントを書く
2022.05.24
カテゴリ:俳句

​十薬やパンデミックと戦争と​











最終更新日  2022.05.24 15:24:04
コメント(4) | コメントを書く
2022.05.23
カテゴリ:「本」の紹介
『読書の力』

・若松 英輔       ・亜紀書房

〜2020/12発行1968年生。カバー裏惹句〜「本を読むことは、書き手との対話である。 だが、
誰と対話するのかは慎重に選ばなくてはならないーー / 知識ではなく、人生の手応えを与え

てくれる『生涯の一冊』に出会うための方法を記す、読書を巡るエッセイ集」・・・ゥ〜ンそこ
まで言われてしまうと、かえって遠のきそう、、、。27人による24篇、151頁。

柳宗悦・王陽明・デカルト・ユング・リルケ・道元・西行・茨木のり子・大岡信・九鬼周造
・・・。「感情は感性によって支えられている。ときに感受性は激しく動く。だが、感性は

静謐のなかで、力強くはたらく。」ー柳 「苦しみや『かなしみ』が私達に教えるのは、答えで
はなく問いの深まりである。」ー九鬼 「私達に必要なのは、ありもしない『答え』めいた

ものではなく、たしかな人生の『手応え』なのではないか。」ー池田晶子から。フセン多数、、
著者「コロナ危機は、人類をほとんど不可避的に『たましい』の問題が日常化する地平へと
誘った。ー略・みすごしてきたー『たましい』の飢え、乾きもまた、直視せざるを得なくなる」

「この本は、好奇心を探究心に、さらに探究心に変貌させ得るかを己に問いつつ、見究めて
みようとした軌跡だったのではないか」と『あとがきに代えて』。


​『小田島隆の コラムの 切り口』​

・小田島 隆       ・ミシマ社

〜 このところ『ミシマ社』をメにすることが多くなってきていて。2020/3発行、コラム集190
頁。1・枠組みの勝利〜オレらは安くなった 他6篇 2・分析を装い、本音をぶち込む〜オバマ

大統領のスピーチ 他7篇 3 ・会話に逃げる〜FAQ 他7篇 4・オチに注目〜全員野球内閣 他
8篇 5・裏を見る眼〜『医学部入試』他5篇 6・長いコラムはかように〜デトックス他3篇 7・

短いコラムはかように〜告解 他4篇。・・・20年発行だが、話題チト古く、『切り口』も「オチ」
も イマイチ!!

'読了・21/6)






最終更新日  2022.05.23 15:03:46
コメント(6) | コメントを書く
2022.05.22
カテゴリ:俳句


​​運動会泰山木は見ずに咲く


☆ 17音ー(うんどうかい+たいさんぼくのはな)=2音!!!

小学校にある 大樹につき ↑ ボケました ☆







最終更新日  2022.05.22 14:46:16
コメント(4) | コメントを書く
2022.05.21
カテゴリ:「本」の紹介
​『それでも、幸せになれる』​

・鎌田 實  ​​     ・清流出版

〜  んっ、 いつきさんに続いて 清流出版?。 副題「『価値大転換時代』の乗りこえ方」と
あって、カマタさん コロナ下 二冊目の書?。 カバー惹句「これまでの"当たり前"は通用

しない。でも、ビヨンドコロナに希望はある。 勇気を出して『新しい人間』になろう。あなた
は、きっとしあわせに生きていれらる。」

「コロナを乗り越えた先、つまりビヨンドコロナの時代に、自粛期間中ほど "ゆったり" できる
かわかりません。でも自粛前の "せわしさ" にそのまま戻ることはないでしょう。QOL(クオリ

ティ・オブ・バランス)、生活の質を題字にするようになる。いつ死がやってくるかもわから
ない時代。自分の大切な時間を、時間泥棒に奪われたくないと考えるようになる。 僕たちの

国の欠点だったワーク・ライフ・バランスの悪さが、見直されていく。一人ひとり積極的に
そうし始めるように思います。」1章 価値観が大転換する時代の始まり〜・へこんでもいい

悩むだけ悩んでもいい他8篇 2章 無常の世界には『なりたい自分』に変わるチャンス〜・
誰かに憎しみの目をむけるな 排除の論理はダメ 他10篇 3章 不透明な明日を切り開く

生き方〜・自分の悩みばかり考えていると苦しくなる 心を愛で溢れさせ、悪いものを
入り込ませるな 他6篇 4章 コロナを超えて『新しい人間』を目指す〜コロナ後の世界に

こそ『バリデーション』という考え方  ・監視社会も支配されるのもまっぴら 自主的に
自粛できる国は素敵だ 他10篇、 全215頁。

フセンだらけですので、気になった一節〜「『断念することをほんとに知っている者のみが
ほんとに希望することができる、何物も断念することを欲しないものは真の希望を持つこと

もできぬ』これは哲学者である三木清の言葉です。ー略 僕は『あきらめない』という本も
書いていますが、時には『諦めること』『断念すること』も大事なのではないかと思います。」

 「バリデーションとは、認知症の分野で、世界的に注目されているケアの手法です。 ー略
患者さんの「悲しみ」「怒り」「恐れ」「不安」などの感情に対して向き合い "共感すること" を
軸としたコミュニケーションの手法なのです。」「ココロ・ブンカ」を大事にする時代を、と!!






最終更新日  2022.05.21 14:36:04
コメント(6) | コメントを書く
2022.05.20
カテゴリ:俳句
​​
​​万緑に樹の花白き草田男句​​














☆エゴ・ウツギ・ヤマボウシ・朴

【万緑の中や吾子の歯生え初むる】 〜草田男

『万緑』が【季語】となった 一句 ☆


​​






最終更新日  2022.05.20 13:28:33
コメント(4) | コメントを書く
2022.05.19
カテゴリ:「本」の紹介
『夏井いつき、俳句を旅する』

・夏井 いつき       ・悟空出版(地元愛媛かと思ったら新宿!)

〜先日 5/15 2週間ぶりの図書「館」の、短詩系書棚で手にしたもの! 〜22/3/24発行で蔵書日4/23
の新刊書!!  読了が5/16 そして今朝5/17の朝刊2ページにデカデカの 本書広告!!
につき、これまで ココでもしなかった【読了・即UP】すべく、只今入力中だが5/20upに。

〜夏井本、いつも 装丁・装幀。装画に凝っていて且つ 美しく・楽しく本づくりしているのが
伺い知れます!! 本書は、「立体 イラスト」と称した和田治男市が春夏秋冬を彩ってくれている。

その四季ごとの「小口」さえ彩って!!〜本文に触れなくてはいけないのでこれ以上は「広告」を!
でもひとつだけ【これは、夏井いつきの『折々の句』ですね。」と。

147頁の「小本」ではあるが、「季語解説」(本文対応マーカーまで!)「物故俳人一覧」「索引」「参
考文献」まである、それはそれは丁寧な"つくり"の「入門書」でもあり、解説・推敲・着眼等々

を改めて教えられる一冊である。 俳句づくりに欠かせない 前UP本とあわせ 楽しい2冊!!
本書では、芭蕉から三歳児まで107句をとりあげ、【詩の視座】を存分に広げ深めてくれます!!

多数の中から各季ひとつを〜【光負ふ蝶の背中は毛むくじやら】ー神楽坂リンダ 【日章旗よりも
ぼろぼろ黒揚羽】ー美杉しげり 【めいげつやダイオウイカのめはおおきい】ーたくみ3才 【猛り

だすもう焚火とは呼べぬほど】ーいつき 一昨日の 夏木本につづけようとの急遽入力uPで 舌
足らずをお許しを。俳句作る 詠む読むひともにも 必読 おすすめです!!!






最終更新日  2022.05.19 14:31:04
コメント(6) | コメントを書く
2022.05.18
カテゴリ:俳句
​​
二人静名付けしひとを褒めるらん





☆昼顔さん カブりまして ゴメンナサイ!☆​







最終更新日  2022.05.18 15:18:35
コメント(4) | コメントを書く
2022.05.17
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​『夏井いつきの 日々是「膏」日』

・夏井 いつき        ・清流出版

〜!! まぁず、つぎつぎと いろいろな本を おだしに、なっていて!!!

「この本は、俳句とともに生きる私の『喜びの遊び』を綴ったものです。人生に起こる出来事
を、是は是とし、非は非とし受け入れる。全ては俳句のタネだと腹を括る。そこから新しい

ものの見方がうまれてくるのだと、身をもって信じております。」〜カバー惹句・「はじめに」
「(略) 私が俳句と出会い、俳句によって好日を楽しみ、俳句によって人生を支えられる

経験をした時、嗚呼、俳句も『喜びの遊び』だったのだと強く思ったのです。 ー略 本書は
俳句と写真と文章で構成されておりますが、三つを一体の作品として味わっていただけたら

幸いです。ー略」 !!! そう!!  一句ごとに添えられた『アフロ』写真が スバラシイのよ!! 
2頁を使って、句と写真の春夏秋冬、さらに二頁での身辺エッセイ、全161頁はアッという間!!

「道後湯月町の」『伊月庵』「『夏井』は最初に結婚した時の姓」「名の『いつき』は本名を平
仮名書きしたもの」↑は"いげつあん"、俳句集団は「いつき組」〜逐一挙げませんが、「八年間
の遠距離再婚の末、やっと一緒に暮らし始めた夫」に籠めた讃歌でもある!!

フセン多数だが 本書は 手にして愉しむしか!! 【冬鵙や川はあかるき朝の音】他鳥の写真も
すばらしく。・・・文末のコーナーでは『季語を味わう」の解説も。 読んで・詠んで、見て!!!

・・そうそうこれだけは〜「この本に推薦の言葉を書いてくれたのが、梅沢富美男さん。『寝る
前に絶対読むな! 断言する。もれなく続きが気になって眠れなくなるぞ。僕がそうだった」と!


​☆今朝の新聞広告での『夏井いつき、俳句を旅する』が 大きく掲載されていて!
 丁度 昨日 読了したばかかり!! なので急遽 入力Up(ココでは初!!)しようとしたが
 長文になりますので、次の機会に〜明後日にでも、、、。☆


​​​​






最終更新日  2022.05.17 14:34:50
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6708件 (6708件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.